目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

81 / 179ページ

試し読みできます

夕食に鳥腿肉のから揚げを食べる。
その他にもかき揚げや小松菜の煮物などがあったが、
やはり何よりもから揚げがメインのおかず。

最近鶏肉のから揚げといえば、
ずっとささ身を使ったものだった。
ささ身は大変あっさりとしていて、
高たんぱく低脂肪でヘルシーでかつおいしい。
しかし、
やはり鳥のから揚げは腿肉に限る。
その肉のジューシーさと皮についた適度な脂肪分、
しっかりと噛むほどに肉の味が口の中に広がる。

確かにささ身に比べると脂肪分が多く、
昨今の健康志向からすれば逆行しているかもしれない。
だけどそれがどうしたと、
皮のうまみを食べずして何が鶏肉かと、
メタボ判定何のその、
コレステロール値知った事か、
鳥のから揚げは、
腿肉。


81
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にぶりの照り焼きを食べる。
最近魚といえばかなぎちりめんを食べる事が多かったので、
切り身の魚がうれしかった。
少し前に鮭ともやしの味噌蒸しを食べたと思うが、
それ以来だと思う。

しっとりと焼き上げられたブリの切り身に、
甘辛い照り焼き味が良く合いゴハンが進む。
もうすぐ五月でブリの季節ではないけれど、
季節はずれにも気軽に食べる事が出来るのは、
すごく幸せなんじゃないかなと思う。

子供の頃ブリの照り焼きといえば、
お正月のおせち料理の一品だった。
保存食であるはずのおせちの中に、
どうして旬の脂の乗ったブリの照り焼きが入るようになったのか、
脂は傷みやすいと思うのだけれど。
そういえば、
よその家のおせちをあまり食べた事がないから、
私の身近なローカルなおせちだけかもしれない。
いつ食べても美味しいからまぁいいけれど、
それに美味しいものはすぐになくなるから、、
二日も三日も残っているはずがないので、
保存の心配なんていらないと思う。


82
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に焼きそばを食べる。
具材は
キャベツ
ニンジン
もやし
そこに季節の味わいタケノコが加わっていた。

普段と同じ野菜のシャキシャキした食感に、
タケノコのポリポリした食感が加わって、
いつもと違った新鮮な味わいだった。

タケノコもシャキシャキした食感ではないのか、
と思うかも知れないけれど、
繊維に対して垂直に切ってあったので、
シャキシャキではなくポリポリと歯切れがよく、
春の味わいを楽しめました。


83
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にメンマを食べる。
今年採れたタケノコを使った、
新鮮そのもののメンマに仕上がっていた。

ゆでてあく抜きしたタケノコを、
ネットで調べたレシピにしたがって味付け。
今日はメンマそのものと、
野菜炒めの中に入れられていたが、
そのものだけでもゴハンが進むので食べすぎてしまいそうだった。

だけど残念な事に、
珍しくお腹の状態がいまいちだった為、
今日はゴハンのおかわりが出来なかった。
火を通したおかずだからまた明日以降でも食べられるが、
やっぱり出来立ての方が炒め物はおいしい。
メンマの方は一日置いたほうが、
味がなじんでおいしいかも知れないので、
こっちは明日が楽しみです。


84
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にワラビの煮物を食べる。
今くらいの時期になると、
ワラビが手に入る量が多くなり沢山食べる事が出来る。
春というのはありがたい季節だと、
毎年思う。

普段煮物類はかなり薄味でもおいしく食べるのだが、
ワラビは少し濃い目の味付けの方が好み。
濃い味付けだとワラビの香りが飛んでしまいそうだが、
そんなことはなく、
口の中から鼻に抜けていくワラビの香りが、
春を思わせる。

しかし、
ワラビの食べ方も私は他にどうしていいかわからない。
自分で調理しているわけではないので、
その辺は作ってくれる方にお任せするしかないが、
アイデアとしては、
おこわか山菜そばとか山菜ラーメンあたりだろうか。
とりあえずこの位の食べ方しか思い浮かばない所に、
自分であまり作らない者の発想の貧困さが出ているなぁと、
落ち込む。


85
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について