目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

49 / 179ページ

試し読みできます

昼食はバナナで済ませる。
先日から引いている風邪でいまだに調子が悪く、
食欲がいまいちだった為。
最近バナナをいただく事が多かったので、
まだしばらく自分で購入する必要がないくらい、
なので今日は少し贅沢をして二本食べた。

もう冬もほぼ終わって、
ミカンの季節もすっかり過ぎてしまって、
手軽に食べる事の出来るフルーツが、
今の所バナナしかないように思う。
果物専門店にいけばもっと色々あるのかもしれないが、
わざわざ遠くに行って買うのでは、
手軽さの面で問題。
結局いつでも買えて値段も手ごろなバナナが、
一番口に入りやすい。
バナナがこれからも身近でおいしい果物であり続けてほしいと、
心のそこから思います。


49
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食後に大学芋を食べる。
彼岸のお墓参りの会食時にオードブルとして出た為だが、
なんとなく居場所が違うんじゃないかと思う。
エビフライや白身魚のフライの間に、
突然甘い大学芋。
箸休めの意味があるのだろうなとは思うのだけれど、
その他のおかずの真ん中にあると、
蜜が周辺にくっついて困る。
もう少し端っこにいてほしかったと、
個人的に思いました。

今日食べた大学芋は、
さつまいもではなくジャガイモで作られていた為、
少しあっさりとした甘み。
この辺の素材の選び方が、
オードブルとして出す為の心遣いなのかもしれないなぁ、
と思いながら食べていた。
だけれどやっぱり、
大学芋は食事ではなくておやつだと思う。
大学芋自体がしっかりと甘いので、
一緒に飲む物はあっさりとしたお茶で食べるのが好きです。


50
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にすき焼きをいただく。
昨日の彼岸のお墓参りに行ったとき、
残り物のお肉をいただいて帰っていたので、
さっそく使わせてもらう。
肉以外の具材は、
わけぎ
白菜
エリンギ
焼き豆腐
糸こんにゃく
締めとしてうどんを入れた。

山のようにあったわけぎだけれど、
煮てしまうと二口位の量になってしまって、
正直物足りない位だった。
その反対に、
白菜は沢山入れすぎたため締めを食べた後にも残り、
明日のおかずにまわす事にした。
明日豚肉を追加して、
卵でとじてどんぶりにして食べる事にします。


51
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食は昨日の予定通り、
すき焼きの残りの野菜に豚肉を追加で入れた豚丼。
甘辛く煮付けられた野菜が、
一晩たってさらに煮詰められて味がなじみ、
そこに豚肉をいれ卵でとじてあった。

ふにゃふにゃになるまで煮込まれた白菜の茎、
溶けるほどに柔らかいわけぎ、
味だけが濃くなったたけのこ。
煮詰まっていて味が濃くなりすぎるところを、
卵がほどよくまろやかにしていて、
おいしくつゆの一滴までいただく事が出来ました。

昔実家ですき焼きをした翌日は、
高野豆腐でつゆを吸わせておかずにしていたことを思い出し、
何だか懐かしくなりました。


52
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

久しぶりにひじきの煮物を作る。
ひじき2パック
ちくわ4本
水煮大豆2パック
にんじん2本
こんにゃく2枚
えのきたけ1株
以上の材料を、
水:酒:みりん:めんつゆ(ストレート)=全て1カップずつ
醤油1/2カップ
の煮汁に入れ沸騰してから30分ほど煮て完成。

今回はめんつゆがストレートだった為、
少し薄めの味に仕上がってしまった。
だけどこの後何日もかけて繰り返し火を通すので、
そのうちちょうどいいおかず味になるんじゃないかと思う。
きのこの部分はシメジやまいたけにすると、
もっときのこの香りが出ておいしいかもしれない。
肉の類が欲しい時は、
脂分が出ない鳥の胸肉なんかがいいと思います。
味付けは結局その人の好みだと思うので、
砂糖を足すなり醤油を足すなり塩を足すなりして、
調節するとおいしく出来上がるんじゃないでしょうか。


53
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について