目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

38 / 179ページ

試し読みできます

今日はひな祭りだった為、
夕食にちらし寿司を食べる。
具には鮭のほぐし身とスライスしたきゅうり、
一緒に食べた味噌汁も大根とにんじんと豆腐、
サラダもかにかまぼこ、
今日は全部紅白の食べものでまとめられていた。
鮭のちらし寿司にはいりゴマが入っており、
大変香ばしく美味。
味噌汁はいつもどおり安定して安心の味わいで、
かにかまサラダもマヨネーズとの相性が抜群で美味。

ひな祭りといえばちらし寿司と言うのは、
いつごろから始まった習慣かは知らないけれど、
たいして関係のない私もおいしい思いが出来たので、
いい行事だなと思います。



38
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

今日の夕食に鍋をたべる。
鍋の中身はいつもの通り、
白菜
春菊
えのきたけ
しめじ
豚肉。
今日は締めに季節の物を足してみる。
今日採ったばかりのふきのとう、
みじん切りにしてまずはうどんの段階にいれる。
少し細かく切りすぎたためか、
ぜんぜん歯に当たらなくて香りが口の中に広がらない。
そのまま残った出汁でおじやにする、
こちらのほうが入れたふきのとうが沢山口にはいり、
香を感じる事ができた。
ふきのとう独特のほろ苦さもあり、
春らしくなってきたなぁと思いました。


39
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

今日の昼ごはんに、
昨日採ったふきのとうの佃煮を食べた。
昨日のおじやに入れたときよりもずっと、
ふきのとうの香りが強く出ており、
苦味もまた強かった。
けれどその苦味もまたおいしさの一つ、
おもわずご飯が余計にすすんでしまった。

佃煮の残り汁にもいい香りが移っており、
捨ててしまうのはもったいないので、
残り物のイカ天につけて食べてみるとまたおいしかった。
それでもまだ残ったので、
とろろ昆布に吸い取らせてご飯のお供に。
最後の最後まで、
つゆの一滴も残さず楽しむ事が出来ました。


40
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にハヤシライスを食べる。
ハヤシライスといえば使用する肉は牛肉が一般的のようだが、
今回は豚肉で作られていた。
牛肉に比べて何となくあっさりとした仕上がり感で、
油も牛に比べてしつこくない感じ。
これは私が牛肉よりも豚肉が好きなせいかもしれないけれど、
食べていて違和感を感じる事はなかった。

私が子供の頃は、
ハヤシライスはまだメジャーではなかったような気がするが、
いつの間にやらカレーとシチューの間に紛れ込んでいた。
おいしい物が増えたので、
これはいい変化だったと思う。
食べる物がたくさんある時代に生まれてよかったなと、
思いました。


41
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

今日の昼食に納豆汁を飲む。
納豆とねぎをたっぷりと入れて、
熱々の所をご飯と一緒に食べた。
納豆は賞味期限を少し過ぎていたので、
そのまま食べるのを控えて火を通す事にしたための、
納豆汁だった。
賞味期限はその食べものをおいしく食べる事の出来る期限、
わかってはいるのだけれど、
お腹を壊してしまったら損なので、
熱々にしておいしく頂ました。

小泉武夫氏の著作によれば、
納豆菌と大腸菌を戦わせたら、
百戦百勝で納豆菌の勝利だそうで。
そんな強力な納豆菌が賞味期限を少し過ぎた位で、
傷むはずはないと思うのだけれど、
少し心配性が過ぎたかもしれない。


42
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について