目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

20 / 179ページ

試し読みできます

昼食に昨日の予想通り、
残った巻き寿司が出る。
今度はきちんときってくれてあったので、
かんぴょうが抜け出てしまうことなく、
ぱくりと気持ちよく食べる事が出来た。
もう来年からは丸かじりはやめようかなと思うが、
たぶん来年の今頃にはすっかり忘れていて、
きっと丸かじりするんだろうなぁ。
そしてまたかんぴょうを引きずり出して、
げんなり。


20
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

久しぶりに自炊する、
夕べの鍋の残りの出汁で味噌汁を作り、
ひじきの煮物と子持ちししゃもで夕食。
最近かなり体重が気になっているので、
鍋の最後におじやを食べる事を控える事にした。
夕べの鍋の具材からしっかりと出汁が出ていて、
普段の味噌汁とは違って味が濃かった。
少し味噌を少なめに入れたのだけれど、
それでもいいおかずになるくらい。
やっぱり貝類を少し鍋に入れると、
出汁が違うんだなと再確認。

ここ最近は寒さも和らぎ、
少し過ごしやすくなってきたけれど、
過ごしやすくなればなるほど鍋の季節が遠ざかるのかと思うと、
ちょっとだけ寂しいですね。


21
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食におからの煮物をいただく。
子供の頃食べていたものは、
最近食べるものよりももっとずっと、
かすかすとしていてまさに搾りかすといった感じだった、
ような気がする。
調理法の違いもあるのだろうけれど、
食品用のものとその他に使われるものでは、
豆乳の絞り加減に違いがあるのだろうか?
と思うくらい、
しっとりと舌触りのいい煮物でした。


22
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に餃子でスープを作る、
水餃子と言っていいのかどうかわからないのでスープ。。
出来合いの餃子20個入りのうち10個、
白菜四分の一、
水菜一束、
たまねぎ一個、
えのきたけ一束、
しょうが少々、
すりゴマ少々、
市販の鶏がらスープの素適量、
を鍋に入れた時点で具材であふれそうになる。
入れようと思っていたニンジンを断念、
いまいち色合いに鮮やかさがたりなかった。

水を加えて煮立たせて、
先に入れておいた餃子を砕きながら煮込む。
鶏がらだけでは出汁がさびしいかと思ったので、
出汁取りのつもりで混ぜた。
野菜が柔らかくなったところで残りの餃子をいれ、
餃子に火が通るまで煮込む。
仕上げにごま油をまわし入れて出来上がり。

部屋中ににんにくの匂いが充満したけれど、
結構食べられました。
少し胡椒を利かせたらまた味が変わっていいかもしれないので、
明日残りで試す事にします。


23
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

先日のおでんの時、
いつも残るおつゆがもったいないなと思い、
高野豆腐に吸わせて食べてみた。
次の日のおかずが一品助かりました。


24
最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について