目次
2010年12月から2011年2月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
2011年3月から4月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
2011年5月から8月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
2011年9月から11月
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
page 15
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
page 21
page 22
page 23
page 24
page 25
page 26
page 27
page 28
page 29
page 30
page 31
page 32
page 33
page 34
page 35
page 36
page 37
page 38
page 39
page 40
page 41
page 42
page 43
page 44
page 45
page 46
page 47
page 48
page 49
page 50
page 51
page 52
page 53
奥付
奥付

閉じる


2011年5月から8月

試し読みできます

夕食にワラビの煮物を食べる。
今くらいの時期になると、
ワラビが手に入る量が多くなり沢山食べる事が出来る。
春というのはありがたい季節だと、
毎年思う。

普段煮物類はかなり薄味でもおいしく食べるのだが、
ワラビは少し濃い目の味付けの方が好み。
濃い味付けだとワラビの香りが飛んでしまいそうだが、
そんなことはなく、
口の中から鼻に抜けていくワラビの香りが、
春を思わせる。

しかし、
ワラビの食べ方も私は他にどうしていいかわからない。
自分で調理しているわけではないので、
その辺は作ってくれる方にお任せするしかないが、
アイデアとしては、
おこわか山菜そばとか山菜ラーメンあたりだろうか。
とりあえずこの位の食べ方しか思い浮かばない所に、
自分であまり作らない者の発想の貧困さが出ているなぁと、
落ち込む。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にペンネとかにかまぼこのサラダを食べる。
茹で上げたペンネとかにカマボコときゅうりが、
マヨネーズで和えてあった。

ショートパスタの中では、
ペンネが一番好きかもしれない。
子供の頃から食べていた、
昔ながらの少し曲がったマカロニは、
どうもいまいち噛み応えが少なくて昔からいまいち。
初めてペンネを食べたのは成人してからだったと思うが、
その大きさとしっかりした歯ごたえ噛み応えに、
大変なうれしさを感じた事を覚えている。

初めて食べた時は、
確かミートソースに絡めてあったと記憶している。
ぶっといペンネの穴にしっかりと詰まったミートソースが、
噛み締めるたびに口の中に出てきて、
思い出しただけでもよだれが出る。
昔は近所のスーパーなんかでは多様なパスタが手に入らなかった、
今は極めて近くで購入できるようになっている、
つくづく食べる物に恵まれた時代だと思う。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に煮込みハンバーグを食べる。
表面をこんがりと焼き上げたハンバーグを、
トマトソースで煮込んで仕上げたもの。
付け合わせはゆでたアスパラガスと、
粉ふきいも。
しっかりとした味付けのハンバーグに対して、
あっさりとした付け合わせの組み合わせがちょうどよく、
ハンバーグのソースを絡めて食べると、
それもいいおかず。

今はハンバーグも手作りで食べるのが普通になったけど、
子供の頃のハンバーグといえば、
マルシンハンバーグだった。
今でも時々冷蔵庫の中で見つけ、
お昼のおかずが無い時に焼いて食べる。
油で外側を固めてあり、
熱したフライパンにそのままのせて焼くだけ。
味は自分の好みでつけて食べる、
このハンバーグだけはウスターソースで食べる。
懐かしくて現役のおいしさ。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食におろしとんかつ弁当をたべる。
今日は用事で外に出ていた為、
昼食はいくつかの種類の弁当の中から選ぶ事になったから。
実際には選んだ訳じゃなく、
弁当の入った袋の一番上にあった物を取ったら、
これだっただけ。

外で購入するとんかつ弁当といえば、
とんかつに袋入りのソースがついている物が、
昔はほとんどだったのではないだろうか。
あまり外で弁当を買って食べた事がないから、
この辺は本当はよくわからないけれど。
まぁとにかく、
私はおろしとんかつ弁当を食べたのは初めてで、
お弁当屋さんも種類を増やすのに大変そうだなと思った。

とんかつにおろしポン酢の組み合わせは、
考えた人の天才性を認めざるをえない。
こってりとパワフルなとんかつの油に対し、
大根おろしとポン酢という極めてあっさりさっぱりした、
和風のKIWAMIとでもいうべきたれでいただく。
日本人で良かったと思える味の組み合わせだと思います。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に赤飯を食べる。
子供の日に合わせて作った物を頂いた。

昔赤飯を作る所をみていると、
大変な手間がかかっていたように思う。
色付けのキビから色を出して色付けしたもち米を、
炊くのではなく蒸して作っていたように記憶している。
しかし、
最近は電気炊飯器の性能が向上しているので、
普通にご飯を炊くのと同じように作れるらしい。
色づけも小豆を入れて炊くと、
結構いい色に仕上がるそうで。
まぁ自分で一切作っていないので、
どんな風に作られていても何一つ言う事はありませんが。

赤飯に入っている豆は、
小豆かササゲだそうで。
こだわっていない限り、
豆の種類は大したことじゃないと思う。
今回頂いた物はどっちだか聞いていないけれど、
ふっくらと炊き上がったもち米と、
しっかりと柔らかくなった豆が口の中でほぐれあって、
とてもおいしくいただけました。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にサラダ巻きを食べる。
中身はサニーレタス
かにかま
卵焼き
ツナ
マヨネーズ醤油とわさび醤油で味に変化をつけていただいた。

いつの頃から巻き寿司の定番になったのだろう、
一般的になった事の原因は、
かにかまと回転寿司の普及あたりだとみますが、
どうなんでしょう?
もしくはカリフォルニアロールからの派生か?

一見洋風に感じられるサラダ巻きだけれど、
中身は魚肉製品と卵と菜っ葉。
実は純和風と言っても過言ではないのではないかと、
ツナとわさび醤油の相性を口の中で楽しみながら、
ふと考えてみました。
洋風であろうと和風であろうと、
この具材を巻き寿司にした人は天才だと思います。
ごちそうさまでした。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に大根サラダを食べる。
大根とちくわをマヨネーズで和えてあり、
大変さっぱりとした一品。

今の時期の大根は、
まだ冬に作る品種を時期をずらして作ったものなのか、
辛味が少なく穏やかですっきりとしたみずみずしさだった。
昔暖かい時期に採れる大根は、
はらわたがひっくり返る位辛味の強い物が当たり前だった、
ような気がする。
祖父が作っていてくれた物は、
特に辛くて子供だった私には少々つらいものがあった。

今でも真夏にいただく大根は辛味が大変強く、
冷やした麺類の薬味として抜群の相性。
暑さでぼーっとした頭が、
いやおうなしにしゃきっとしてしまうくらいの辛味が、
昨年の夏を乗り切るのに重宝したのを、
急に暖かくなって来たこの二三日のせいで思い出しました。
今年もそれなりに無事過ごせますように。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にカレーを食べる。
今回のお肉は安売りの時に買い込んで冷凍しておいた、
ささ身。
そのため実にあっさりとした口当たりに仕上がっていた。

今日は大変暑かったため、
あっさり目の今回のカレーではいまいち塩気が足りない、
ような気がした。
そこで今回は、
付けあわせを福神漬けではなくミブナの古漬けにしてみた。
せっかくだから冷蔵庫にあったたくあんも一緒に食べてみた。

どちらの漬物もカレーに負けることなく、
口の中でしっかりと自分の味を出していた。
たくあんはカレーの具の中にはまったくみあたらない、
しっかりとした歯ごたえがおもしろい。
らっきょうよりもさらにしっかりと強い歯ごたえに塩味。
古漬けはさらに自己主張が強く、
カレーの中にありながら鼻に抜けるその匂いが、
食べ物としての年季を感じさせる。
ただ今回使ったカレールーは、
市販の物の中でも比較的スパイス度が低い物なので、
漬物の匂いが勝ったのかなと思う。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にカレーを食べる。
今回のカレーも今日で最後、
一番美味しくなって来た時に食べ終わる事になり、
うれしいやらさびしいやら。

最後なのでトッピングも少し多め、
メンマや漬物など昨日までに入れていたものに、
さらにピリ辛ソーセージとなぜか筑前煮もあった。
カレーの中身のお肉はささ身のため、
実にあっさりしているところに、
ソーセージの力強さがうれしい。
筑前煮は、
白いゴハンのおかずにするほうがやはり美味しいとおもう。

カレーは美味しい、
給食で食べていたころからずっと美味しい。
今の鈍くなった味覚で給食のカレーを食べたら、
スパイスの度合いなんかが物足りなく感じるだろうけれど、
鶉の卵が入っていた給食のカレーを、
また食べてみたいなと思う。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にたらこスパゲティを食べる。
先日TVの料理番組で見たレシピで作ったソースを使い、
作った物だった。

私はその番組を見ていないので、
レシピの詳しい内容はまったくわからない。
聞いたところによると牛乳が入っているらしい、
卵と牛乳の組み合わせとは栄養価の高さに感激。
魚卵ではあるが、
卵であることには違いない。
たらこの持つ塩味と魚介の風味に、
牛乳とその他何かのまろやかさが加わり、
クリーミーな口当たりのおかげでのどをすべるようにお腹に入る。

パスタは美味しくて好きなのだけれど、
一つ難点がある。
ご飯と違っておかわりが難しい。
ゆでてオリーブオイルを絡めておけば伸びないらしいが、
一皿食べてあとどの位おかわりするか出来るか、
その辺の微調整が難しい。
一皿食べ終えてからおかわり分をゆでるとなると、
今日使ったパスタだと8分かかってしまう。
まぁ腹八分目で少し物足りない位にしておいた方が、
次の機会が楽しみになるので、
その方がいいかもせれません。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

もうすぐ仕事が繁忙期に入る為、
極端に更新速度が落ちるかまったく更新できないか、
どちらかになるかと思います。
ごめんなさい。

夕食に味噌汁を食べる。
気のせいかもしれないけれど、
何だか随分久しぶりに味噌汁を食べたように思う。
今回の具材は、
わかめ
にんじん
大根
非常に具沢山でこの味噌汁だけでもいいおかず。

味噌汁を飲むと、
いつもほっとする。
別に特別な思い出があるわけでもないのだけれど、
いつもほっとする。
最近はインスタントの物も具のあるものが多くなり、
いつでも一人分食べる事も出来る。
いつでもほっとできる。
真夏は冷やさないと無理だけど。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にキャベツとベーコンの煮物をいただく。
その他の具材はジャガイモとにんじんとたまねぎ、
スープたっぷりキャベツ入り肉じゃがといった感じか。
肉じゃがよりもやさしい味付けで、
野菜がたっぷり取れる。

そろそろ露地物のたまねぎが旬を迎える頃だろうか、
最近たまねぎが食卓によく並ぶ。
少し前にはさらしたまねぎを食べたが、
たいへんみずみずしく美味しかった。
水にさらしたからみずみずしくなっているのかもしれないが、
新たまねぎだと思って食べたら、
そのみずみずしさもひとしお。

昔たまねぎといえば軒下につるしてあったもの、
比較的簡単に保存できる野菜として重宝する。
でもなぜか冷蔵庫に入れておくと、
すぐに傷んでくるような気がしてならない。
温度だけでなく接触面積が原因で、
腐ってしまうのかなぁ?と思いながら、
煮物の溶けかかったたまねぎを口に運ぶ。
たまねぎおいしいです。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

第一繁忙期終了。
くたびれました。


昼食に牛丼を食べる。
有名なチェーン店の様に、
牛肉とたまねぎを煮込んだモノを、
栄養価アップのために溶き卵でとじてあった。
甘辛く煮込まれた牛肉とたまねぎのコクのある味を、
溶き卵が少し穏やかにしていて、
やさしい味になっていた。

牛丼をお店で食べたのはもう随分前の事、
今ほど牛丼を売り物にしたチェーン店が何種類もなく、
それほど価格競争をすることも無かった頃だったと思う。
私の住んでいるところが田舎であるせいだともいえるけれど。
そんな状況であってもその他の外食店と比べると、
格段に安い値段設定だった。

今はさらに安くなっていることが多いけれど、
あまり無理しないで末永くほどほどの安さで、
庶民の味方を続けて欲しいものです。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に豆ご飯を食べる。
今日食べた豆ご飯はえんどう豆の品種のせいか、
きれいな薄赤色に染まっていた。
ほんのりと赤いご飯に少し紫がかった豆が美しく、
季節の味をより一層美味しく感じさせてくれた。

この季節にはえんどう豆の豆ご飯は恒例、
祖父が好きだったことを思い出す。
しかし、
祖父が食べていた豆ご飯は、
豆の熟度が随分と進んでいて、
緑色よりも黄色が強く出ている位に熟していた為、
豆ご飯にすると少しモソモソとした食感。
正直私はいまいち苦手だった。

最近食べるものは、
豆がまだ若いうちに食べる事が多い為、
しっとりとした食感の出来上がりになっている。
昔の豆ご飯が熟度の進んだ物を使っていたのは、
未熟な豆を採ると重さが乗らないからだったそう。
若い豆を遠慮なく食べる事が出来る今は、
色々あるけれどありがたい時代だなと思います。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食にコロッケを食べる。
スーパーで売っている5個いりのポテトコロッケだが、
最近のお惣菜は出来合いの物でも美味しくてありがたい。

良く精肉店のコロッケは美味しいと言われるけれど、
よほどお肉の比率が高くない限り、
それほどスーパーのセット売りの物と味は変わらない気がする。
店先で上げている所を見せて、
揚げたてを食べる事が出来るというので、
気分的に美味しくなっているような気がする。
良心的なお肉屋さんなら肉の比率の高さで、
本当に美味しいけれど、
一見のお肉屋さんでコロッケを買うときは、
食べてみるまでわからない。
まぁそこの所も楽しみの一つと言えなくもないけれど。

そろそろ新じゃがが出回る季節。
新じゃがはでんぷんの質がまだコロッケに向いていなくて、
ホクホクとした仕上がりになりにくいらしいけれど、
季節の味として楽しみにしている。
家で作るとひき肉の比率も思いのままなので、
お肉が多ければ美味しいというわけではないけれど、
すごく贅沢なミンチカツと見まがうばかりのコロッケも出来る。
今年も楽しみです。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

繁忙期が無事終わった事を受けて、
身内でお疲れ様会を開く。
スーパーで先日に予約しておいたお寿司とお惣菜類を購入し、
ささやかなパーティを楽しんだ。

スーパーでお寿司が気軽に買えるようになったのは、
いつの頃からか分からないけれど、
よくよく子供の頃を思い出せば、
当時からあったような気がする。
しかし、
いまのように数多くの種類のネタの握り寿司が、
あったようには思わない。
太巻き位しかなかったんじゃないだろうか。

今日買ったセットの中には、
サーモン・つぶ貝・なども入っており、
海鮮巻きの中にもたっぷりのサーモンが入っていた。
昔と一番違うのはサーモンの入っている率が、
大変高い所だと思うのは私だけだろうか。
気軽に美味しいお寿司が食べられるのは、
大変ありがたいなと思います。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

今日突然思い出した事、
少し前に遊んだゲームの事。

「ナムコクロスカプコン」というゲームを遊んでいて、
その中にベラボーマンとワンダーモモのペアが出てきました。
この点が個人的に実に残念、
ベラボーマンの相方は、
ダルシムであってほしかった。

と、
思っていたのを思い出しました。
多分久しぶりに新しいゲームを買ったからだと思います。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

久しぶりに買ったゲーム、
「ゼノブレイド」。
面白いです。

第二繁忙期に入る為、
またしばらく更新できません。
ここしばらくも更新できていませんでしたが、
ゼノブレイド遊んでたせいでもあります。
繁忙期までにクリアしたかったけど、
無理でした。

20日前後でまた戻ってくると思います、
その時はまたよろしくお願いします。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

第二繁忙期終了。
今年は本当に苦しかった、
繁忙期の途中で風邪と疲労で二度のダウン。
何とか無事に終わる事が出来ました。

夕食にカレーを食べる。
今日は二日目なのでトッピングを乗せて、
少し味を変えて楽しむ。
今日のトッピングはチーズ、
鳥の胸肉を使ったあっさり目のルーにチーズのコクが乗り、
大変美味しくいただけました。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にナスの魚肉ソーセージはさみ揚げを食べる。
半分に切ったナスに切れ目を入れて、
そこに魚肉ソーセージをはさんでてんぷらにした物。
今から旬に入る採れたてのナスのみずみずしさに、
魚肉ソーセージと揚げ油の程よいコクが加わって、
ゴハンのおかずにいい一品。
ビールが飲めれば良いアテになるのだろうけれど、
私はアルコールがだめなので、
その辺の楽しみはわからないのが少し残念。
その分沢山ご飯を食べるので、
まぁあまり気にならない。

これからますますナスが出回ってくるので、
色々な調理法で楽しめるのかと思うと、
夏の暑さも何とかなりそうな気がします。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食後にチョコケーキを食べる。
スポンジにチョコレートが混じった程度ではなく、
しっかりとチョコが入ったしっとりタイプ。
チョコの甘さが利いているけれど、
決して甘すぎることなく沢山食べる事が出来る。

甘さ控えめカロリー控えめというのが、
飲み物やお菓子の流行のようだけれど、
やっぱり甘いものはしっかりと甘い方がいい。
ちょうどいい甘さが市販の物でも手に入ればいいのだけど、
自分の好みに合うものにはなかなか出会えない。

手作りというのはありがたいものだなと、
食べながらしみじみ思いました。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

お昼にブドウをいただく。
先日おすそ分けでもらった物が、
冷蔵庫で程よく冷えていて、
ちょうど食べごろになっていた。

品種は昔からおなじみの種無しブドウ「デラウェア」、
手のひら二つ分ほどの房に、
小さな実がギッシリと詰まっていて、
一房食べ終えたら少しお腹が膨れる位のボリューム。
甘さも果物ならではの爽やかな甘さに、
少々の酸味があり気持ちのいい美味しさだった。

昔から家で食べるブドウといえば、
大体この品種だった。
お盆になると仏壇のお供えにのっている事が多く、
仏様のお下がりをいただくという感じがなつかしい。
夏も本番になってきて、
食べる物も夏らしくなってうれしいかぎりのこのごろ。
沢山食べて無事に乗り切れる事を祈ります。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にしらすおろしを食べる。
なんとも思わずに口に入れると、
辛い。
久しぶりに辛い大根を食べたので少し驚いたが、
二口目からは何とも懐かしく思いながらいただいた。

昔祖父が生きていた時はいつも、
夏場の大根おろしははらわたがひっくり返る位辛かった。
去年位からまた辛い大根を食べる機会が増えてきて、
食べるたびに懐かしく思う。
今日は今年初めての辛味大根、
昔のように辛くはなかったのは、
私が年を取ったからかもしれない。
この大根の辛味は、
夏場の冷やした麺類の薬味として使うのが、
私の好きな食べ方なんだけれども、
いつでも入れすぎて食べるのに難儀してしまう。
もう少し賢く年をとらなければいけないなと、
毎年思っている所が駄目なところだなぁと思います。
きっと今年も入れすぎてしまうと思います。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にきゅうりの酢の物を食べる。
薄く輪切りにしたきゅうりを、
酸味を少し抑えた酢で味付けした、
暑いこのごろにぴったりの涼しい一品だった。

先日のナスに続いて、
きゅうりも今が本番の野菜。
農家の方の工夫のおかげで、
年がら年中食べる事が出来るけれども、
沢山食べようと思うとやはり旬に食べるのがよいのでは。
今回は酢の物で食べたけれども、
適当な大きさに切って叩いてたれを絡ませただけでも、
美味しくいただける。
お酒好きな人はもろみをつけてかじったり、
マヨネーズつけただけでもおいしい。

ゴハンのお供には漬物にして。
少し強く塩を利かせて、
深く漬かって酸味の出てきた糠漬けを、
自分の好みの塩加減に塩抜きし、
しょうがを利かせた物がすごく好き。
暑くてつらい夏だけれども、
食べる物が美味しいおかげでなんとか過ごせます。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に焼き肉を食べる。
焼き肉を食べるのは随分久しぶりな気がする、
多分一年ぶりくらいじゃないだろうか。
なぜご無沙汰になったのかはわからない。

今日のお肉は、
鳥・豚・牛の三種類、
牛はカルビ豚はトントロ鳥は塩焼き用をまんべんなく購入。
野菜はたまねぎに始まり、
キャベツ
なす
ピーマン。
お肉より少し多い目に用意した。

今回の焼き肉の締めはチャーハン。
少し残しておいたトントロと野菜を細かく切りなおし、
チャーハンの具材にした。
ホットプレートに残ったお肉の旨みと、
お肉を焼いた後の残りの油、
何一つ残すことなく美味しくいただけました。
いかにも体に悪そうな感じですが、
いつもいつも健康の事ばかり考えていると息が詰まります。
美味しく沢山食べたならば、
その分沢山体を動かしてつじつまを合わせられれば、
それでいいかと思います。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食に豆とナスの煮物を食べる。
豆はサヤインゲンナスは長ナス、
肉の類は一切入れない穏やかな味の煮物に仕上がっていた。

サヤインゲンはその他おひたしや、
胡麻和えで食べる事が多いけれど、
煮物にすると一番沢山食べる事が出来る。
ゴハンのおかずとして大変いい一品。
豆は栄養価が高いと聞くので、
暑い夏を乗り切る為の食材としてはもってこいなのでは?
旬の今なら手ごろな値段で手に入るだろうから、
経済的にもありがたい。

この先大雨や台風があまりこなくて、
沢山夏野菜が採れることを祈ります。
しかしあまり沢山採れても、
市場で価格が下がりすぎてしまうので、
生産者の方達にはつらい所かもしれません。
ほどほどに量が採れればいいのでしょうか?
難しい所です。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に切り干し大根の煮物を食べる。
いつ食べても懐かしいと感じる事の出来る、
ゴハンのおかずにぴったりの一品。

今日は家族がお墓参りに行ってきたので、
そのお土産にいただいてきたものを夕食のおかずに。
私は用事が重なって行けなかったので、
申し訳なく思いながらも美味しくいただいた。
醤油と出汁と砂糖で煮たと思われるやさしい味、
ゴハンの上に少しずつ乗せて、
箸で一緒に口の中に入れると、
子どもの頃から知っているような美味しさ。
今日もごちそうさまでした。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にゴーヤの佃煮を食べる。
ゴーヤとちりめんジャコが甘辛く煮付けられていて、
ゴハンのお供にぴったりの一品。

白ご飯にぴったりのこの佃煮を、
今日はハヤシライスの付け合わせにしてみた。
甘めのハヤシライスソースに甘辛の佃煮、
合わなさそうだけれどそんなことはなかった。
ハヤシライスソースに佃煮のコクが加わって、
よりゴハンが進んで困る位だった。

ゴーヤが一般的になってきたのは、
20年位前からだろうか?
最近はエコブームのおかげで、
グリーンカーテンへの利用などでよりいっそうなじんだような。
けれど初めて食べた時は、
正直なんでこんな苦い野菜を食べるんだろうとか思っていた。
いまではチャンプルーで大皿一杯食べるんだから、
我ながらいい加減なものだなと思います。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にニラレバ炒めを食べる。
夏の太陽をたっぷりと浴びて深く濃い緑のニラと、
鳥のレバーを醤油味で炒めてあった。

ニラと言えば生命力の強い野菜だそうで、
一度収穫しても株を残しておけば、
また同じ株から葉が伸びてきて、
二回三回と植え替えることなく収穫できるらしい。
今回食べたのは何回目の収穫のものかしらないけれど、
結構な歯ごたえだった。
シャキシャキとはしているのだけれど、
決して噛み切ることは出来なかった。
よく言えば野性味あふれる自然のあじわい、
しかし少し硬すぎるきらいがあった。

ニラと言えば歯に挟まる食物の代表格、
東海林さだお氏のエッセイでもたびたび出てくる、
美味しいけれど困った食べ物。
夕食に食べたのだけれども、
歯医者に行かなければならなかったので、
食後の歯磨きに大変苦労しました。
歯科衛生士の方、
臭かったらすいませんでした。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

今日は実家のお墓参り。
親類が集まってお昼は会食だった。
お寿司やその他、
普段の食事なら一品でメインディッシュになるようなおかずが、
大皿に沢山盛られていた。

少し前までは、
親類が集まったときは大概すき焼きをしていたのだが、
お盆はあまりにも暑くて、
どんなに美味しく出来ても箸が進まなかった。
結局親類が帰ってから、
家族の夕食になってばかりだったので、
中止になってしまった。
すき焼きは中止になってしまったけれど、
人が集まるときはやはり食事が豪華。
うれしいかぎりです。

皆長生きして、
また来年も同じ顔が集まりますように。
そして来年も御馳走が食べられますように。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

今日は実家のお墓参り。
親類が集まってお昼は会食だった。
お寿司やその他、
普段の食事なら一品でメインディッシュになるようなおかずが、
大皿に沢山盛られていた。

少し前までは、
親類が集まったときは大概すき焼きをしていたのだが、
お盆はあまりにも暑くて、
どんなに美味しく出来ても箸が進まなかった。
結局親類が帰ってから、
家族の夕食になってばかりだったので、
中止になってしまった。
すき焼きは中止になってしまったけれど、
人が集まるときはやはり食事が豪華。
うれしいかぎりです。

皆長生きして、
また来年も同じ顔が集まりますように。
そして来年も御馳走が食べられますように。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昼食に夏野菜のオムレツを食べる。
前日の夕食に食べたパスタのソースが余ったものを、
オムレツの中身にしたもの。
トマトがしっかりと効いていて、
とってもイタリア風の味わいで美味しかった。

よく昔のトマトはもっと青臭くて野生的な味がした、
という風な話をそこここで見聞きするけれど、
しっかりと熟す前に食べていたのではないかと思います。
特にいたずら小僧だった人たちの場合、
そのような気がします。

農家の方の工夫のおかげで、
今では一年中食べられるトマトだけれど、
旬に食べるのが経済的。
普段から栽培している人と仲良くしておくと、
沢山とれる旬には分けてもらえる場合もあるので、
より家計が助かる。
もらった時は、
気持ちなりのお返しを忘れずに。
またいつか美味しい野菜を分けてもらえますように。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

今年のお盆は忙しかった。
自分の家と親戚のお盆参りと、
初盆の法事が重なってまったくゆっくり出来なかった。
しかし、
ゆっくりとは出来なかったけれど、
行く先々でずっとご馳走だったので、
その点はすごくありがたかったしうれしかった。

特にうれしかったのは、
鮎の塩焼きを沢山いただけたこと。
自分でお金を出して食べようとしても、
まぁめったに食べる事は出来ないであろう食べ物。
その時の食事は他にも美味しい物が沢山ならんでいたので、
最後になって残っているのを見て、
名残惜しく思った。

背骨ごと食べる事の出来るちょうど良い大きさで、
頭から丸かじりするとはらわたのほろ苦さが口に広がり、
身の味と一緒になりなんとも美味しく幸せな気分に。
また来年も美味しくいただけますように。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食後にバナナのケーキを食べる。
ホットケーキミックスと生のバナナから作ってあるようで、
一口食べるとバナナの香りと甘みが広がり、
美味しかった。

ホットケーキミックスが出来たのはいつ頃からか、
私が子供の頃にあったような記憶がない。
私が単にホットケーキミックスで作ったホットケーキを、
食べた事がないだけかも知れないけれど。
子供の頃食べたホットケーキは、
母が自分で小麦粉と膨らし粉と砂糖と卵と牛乳だったか?
とにかく自分で粉を配合して作ってくれていた。
しかし、
なかなかうまく量の調節ができないのか、
いつもぺったりとしたふくらみの少ない仕上がりだった。
それでも美味しかった。

今のホットケーキミックスは、
牛乳か水で溶いて焼くだけできれいに仕上がる様子。
苦手な人でも上手く出来、
もともと料理の出来る人はより上手に。
今日もご馳走様でした。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

昨夜夕食にささ身のウメマヨを食べる。
フライパンで焼き上げたささ身に、
種を取って刻んだ梅干しとマヨネーズを混ぜたソースを掛け、
いただいた。
ごま油で焼いたささ身の香ばしさに、
梅干しの塩気と酸味、
マヨネーズのコクのある旨みが加わって、
大変食欲をそそる一品だった。

ささ身自体は非常に淡白であっさりしすぎているため、
このソースの味の濃さが非常に合う。
梅干し一つでもゴハンの一杯や二杯は食べられるのだから、
このおかずでゴハンが進まないわけがない。

少しソースが多めにかかっていたので、
隣にあった大根サラダに少し乗せて食べたら、
これもまたぴったり。
サラダなのに突然おかずになってしまって、
ゴハンが足りないくらいだったが、
何とか食べ過ぎないように気をつけることができた。

夏場でも食欲が落ちないのはいいことかもしれないが、
気をつけていないと、
あっという間に太ってしまう。
難しいものです。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にぶっかけうどんを食べる。
先日読んだ本の影響で、
物凄くうどんが食べたくなっていたので、
私のリクエストでメニューが決まった。
トッピングは前日のてんぷらの中から、
かき揚げとちくわのてんぷらの残りをのせて。
薬味はだいこんおろし、
辛味の効いたすっきりとした味わいだった。

揚げたてのカリッとした衣の感じもいいけれど、
一日たって油と具の味が落ちついたてんぷらも、
また違った味わいがして美味しかった。
ぶっかけのつゆに浸してかき揚げを食べると、
揚げたてのものよりも多くつゆを衣が含んで、
大変いい味が付く。
濃い目の味付けになったてんぷらの後口を、
キリッと辛味の効いた大根おろしが絡んだうどんが、
すっきりと胃袋の中に持っていってくれる。
夏場にはぴったりなメニューでした。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に大根の味噌汁を食べる。
今日の大根はいつもと一味違っていた、
夕食に備えて作ったはずなのに、
なんだか大変大根に味が染みている。
いろいろ思い出してみると、
そういえば昨日まで残っていた大根の煮物がなくなっている事に、
気が付いた。
納得。

夕食のメインはお好み焼きだったのだけれど、
後で聞いたところ、
こちらにも入っていたそうで。
まったく気が付かなかったけれど、
そういえば焼き始めた生地が少し水分が多めだったような気が、
しないでもないような気が・・・。
言われてからそんな気がしているので、
多分気のせいだったんだろうと思う。
煮物の大根が入っていても、
これといって違和感を感じることなく、
いつもと同じように美味しく焼きあがったので良し。

味噌汁の方も、
いつもより少し甘みが強くなっていた気がするけれど、
これはこれで美味しかった。
残り物もムダにせずに済んでいい夕食でした。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食に大根の味噌汁を食べる。
今日の大根はいつもと一味違っていた、
夕食に備えて作ったはずなのに、
なんだか大変大根に味が染みている。
いろいろ思い出してみると、
そういえば昨日まで残っていた大根の煮物がなくなっている事に、
気が付いた。
納得。

夕食のメインはお好み焼きだったのだけれど、
後で聞いたところ、
こちらにも入っていたそうで。
まったく気が付かなかったけれど、
そういえば焼き始めた生地が少し水分が多めだったような気が、
しないでもないような気が・・・。
言われてからそんな気がしているので、
多分気のせいだったんだろうと思う。
煮物の大根が入っていても、
これといって違和感を感じることなく、
いつもと同じように美味しく焼きあがったので良し。

味噌汁の方も、
いつもより少し甘みが強くなっていた気がするけれど、
これはこれで美味しかった。
残り物もムダにせずに済んでいい夕食でした。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にカボチャサラダを食べる。
ゆでたカボチャとタマネギ、
カリカリに焼いたベーコンをマヨネーズで味付けてあった。
カボチャの甘みにカリカリベーコンの香ばしさが加わり、
マヨネーズでさらに美味しく出来上がっていた。

今日食べたカボチャは通称へぼカボチャ、
正式名称は調べてみないとわからないけれど、
少し変わった形をしている。
つるが付いている部分から四分の三程度までは、
ヘチマのような状態、
一番下の部分で丸くふくらんでいる。
一見するとひょうたんのような面白い形だが、
味わいはしっかりとカボチャ。
シワシワのちりめんカボチャとつるつるの西洋カボチャの、
ちょうど間位の食感と甘み。

難点は、
したの丸くなっている部分の食べる所が少ないところ。
種がしっかり詰まっていて、
煮物にしたら皮ばっかり食べている感じになってしまう。
面白い所は、
上のヘチマみたいなところは、
輪切りで煮物に出来る所だろうか。
輪切りのカボチャってあまり見た事がないので、
少し変わってて食べるのも面白い品種です。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にカレーソースオムライスを食べる。
今回はその中にさらにチーズが加えられており、
しっかりしたカレー味にもう一つコクが加わって、
元気にならざるをえない一品だった。

ここ最近のことなんだけれど、
お昼にカレーを食べて帰ると、
家の夕食もカレーである確立がやたらと高い。
今年に入って三回目、
カレーを食べて二三日目に重なるならよくあったけれど、
同じ日に重なる事は記憶にない。
カレーが好きなので一週間位カレーでも平気だから、
なんとも思わずに美味しく食べているけれど。
そんなに好きじゃない人はこういうとき、
一体どうして過ごしているのだろうと思う。

次のカレーの機会には、
三日目はカレーうどんで食べたいなと思う。
カレーうどんはおいしいんだけれど、
外で食べると大体服がひどいことになるので、
食べる為には黄色い服を着ていくなどの対策を採るか、
しみを作る覚悟を持って望まなければならない。
しみにならないカレールーやカレー粉が発明されたら、
きっとすごく売れると思うんだけど・・・。
どうでしょう?


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25

試し読みできます

夕食にぶっかけそばを食べる。
よく冷えたそばにつゆがかけてあり、
薬味はシンプルに刻みネギのみ。
今日も昼間は残暑が厳しかったので、
冷たいそばがのどを通るのが大変気持ちがよかった。

今日はぶっかけで食べたため、
つゆが最後の方で薄くなって味気なくなることは、
それほど気にならなかった。
しかし、
普段冷やした麺類を食べる時は、
つゆにつけるたびに薄くなっていくのが難点だと思う。
麺を盛る器がざる状であっても、
麺と麺の間にある水分のせいでつゆが薄くなるのは避けられない。

そこでふと思い出したのが、
最近カップ焼きそばのCMで見かけた、
ソース練りこみ麺。
これはつゆにつけて食べるタイプの麺にこそ、
採用してほしいアイデアだと思う。
そうめんやうどんは、
その色の白さも美味しさのうちかもしれないので、
これはもともと黒っぽいそばになら相性がいいのでは?
どっかに売ってないかなと思いつつ、
程よく薄まったそばのつゆをネギと一緒に飲みました。
今日も美味しかったです。


最終更新日 : 2016-06-25 17:26:25