目次
2008年11月、福岡:柳川
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-①
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-②
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-③
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-④
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑤
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑥
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑦
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑧
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑨
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑩
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑪
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑫
2008年12月、福岡:岐志
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その1)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その2)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その3)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その4)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その5)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その6)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その7)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その8)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その9)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その10)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その11)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その12)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その13)
2008年12月、福岡:百道浜
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その1)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その2)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その3)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その4)
奥付
奥付

閉じる


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-①

 福岡に来てから、九州各地出身の人と仲良くなりました。県のサラダボウル。
 その中に、柳川出身の子がいまして、前々から柳川には興味がありました。それで、せっかくだから行ってみようということになりまして。
 熊本出身のUと宮崎出身の私は、柳川に行ってきました。

2008年11月30日(日)
 今日も乗ります地下鉄七隈線! ファイトだ! 七隈線!!
IMG_6267.jpg
 朝から妙にテンション高かったです。
 実は、朝5時起床。

 こんなに朝早くから何していたかというと、予習してました。ええ、勿論、柳川についてです。
 北原白秋が柳川出身というのは、情報誌『九州ウォーカー2008no.22』を読んで知っていたのですが、立花宗茂が柳川藩主というのを行く直前(ぶっちゃけ前日の29日)に知りました。
 王子! ここにいらっしゃいましたか!! 
 立花宗茂は戦国時代の武将で、爽やかエピソードが多いです。というか、私が爽やかエピソードしか知らない。
 せっかく行くのであれば、ちゃんと知ってから行ったほうが楽しめるだろうなぁと思い、図書館探索を決行!
 それで見つかったのが、『西日本人物誌〔13〕 立花宗茂』河村哲夫(西日本新聞社)。
 これを読んでいたというわけです。
 ちなみに『西日本人物誌〔3〕 北原白秋』横尾文子 (西日本新聞社)も28日に読んでおきました。

 
 地下鉄天神南駅にてUと合流。
 そして、西鉄天神駅へ。
 インフォメーションセンターで『柳川特盛りきっぷ(¥4,980)』を購入。
 IMG_6268.jpg
 柳川までの往復電車代+川下り+食事の3点がセットとなっている切符。

IMG_6269.jpg
 私「いやぁ、私、朝五時起床なんだよね」
 U「私は午後11時起きだよ」
 なんでも徹夜で作業していたらしい。(1時間くらいは寝たらしい)
 ・・・大丈夫か?

 特急でだいたい45分。
 到着!
IMG_6270.jpg

ではでは行くとしましょう。
IMG_6271.jpg

IMG_6274.jpg
 階段に書かれてあるのは、柳川方言です。
 さすが、観光地。芸が細かい。

 先ほど紹介した『柳川特盛りきっぷ』
 食事できるお店がいくつかありまして、その中なら一つ選ぶという仕組みになっています。私達が選んだのは、『御花』というところ。
 インフォメーションセンターの係りの人に、柳川駅到着したらお店に電話で予約してから行ってくださいと言われていました。。なんでも『柳川特盛りきっぷ』用の料理らしいので、準備が必要だとか。
 川下りの時間を入れて、だいたいの時間を告げます。

 そして、西鉄柳川駅にて、柳川出身のTと合流。
 三人での行動となります。

2009/01/27


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-②

第4弾! “柳川ウォーカー”

  IMG_4626.jpg

 

 

   制作はリアルに二日かかりました。
 今回はしおりの表紙です。中身の計画表はUが作ってくれました。
 が、あれだけ計画が大事だと主張していたUがしおりを忘れました。そんなオチが付きました。

 Uが立てていた計画はだいたい次のようなもの。
柳川駅到着

川下り

『御花』にて昼食、その後“松濤園”

白秋生家

うなまん、購入

柳川城跡

『立花うどん』

柳川駅へ


 まずは川下り。
 『柳川特盛りきっぷ』についているので、指定されている『松月乗船場』へ。
 乗船場まで歩きかなと思っていたのですが、西鉄柳川駅から無料送迎バスが出ていました。受付も西鉄柳川駅にありまして、案内してくれました。すでに他にお客がいるとのことで、バスに乗り込みます。
 5分乗るか乗らないかしたら、もう到着。近かった。
IMG_6278.jpg

IMG_6281.jpg
 Uと私はすでに乗船券を持っている(付いてますから)のですが、Tはまだ購入していないので、受付へ。(西鉄柳川駅内の案内所でも売っているのですが、乗船場の受付でも購入できます。)
 ネット上で割引クーポンを見つけていたので、それを提出・・・・・・した事にしてもらいました。忘れてしまって。事情話したら、ネットのクーポン割引きにしてくれました。ありがとうございました。

 “どんこ舟”に乗って、出発!
IMG_6283.jpg
 始めて乗るし、一体どんなものだろうと、ドキドキ。
 特に時間がどうなっているのか分からなくて、計画立てる時に電話で聞いたりしました。
 何分に出ると決められているのではなく、人数揃ったら出発とのこと。待ち時間は最大30分だとか。
 今日は私達より先に8人の人が来ていたので、すぐ出発できました。

 今年は福岡が例年より早く初雪が見れたということもあって、もしかしたら? と思っていたのですが、残念ながら炬燵舟ではありませんでした。
 炬燵舟は12月から。
 つまり、明日からです。
 
 だけど、毛布が置かれていたので、それに潜り込んで座りました。
 あ、ちなみに、“どんこ舟”は土足禁止です。靴脱いで乗り込むので靴下はちゃんと履いておきましょうね。

2009/01/27

 

 

 

 

 


~ちょこっと制作秘話~
IMG_4610.jpg
 家にあった薄い紙をトレーシング・ペーパー代わりに使用。
 『九州ウォーカー2008no.22』を参考にしていきます。
 太宰府・秋月・柳川特集だったこの号。柳川ページを開いて、使えそうな文字をせっせと写していきます。文字の配列もできるだけ似せます。
 
 「KyusyuWalker」の部分は「YanagawaWalker」に自力で変えます。文字数多いので、ちょっと苦戦しながらも、いい感じに。

 黒木メイサの所をあえて空白にしたのは、行きたくてたまらなくて紙面上から飛び出しちゃいました! みたいな意味合いを持たせたかったから。


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-③

船頭さん
IMG_6285.jpg
 棹を操り、そして柳川観光のガイドもしてくれます。

IMG_6291.jpg
 “どんこ舟”の前方には先に来ていたおじさん達。何か会社の集まりかなにかみたいでした。私達は後方、船頭さんの前。

 乗船場の受付で飲み物やお菓子が売ってありまして、舟の上で飲んだり食べたりすることができます。
 おじさん達が持ち込んできたのは、お酒とおつまみ。
 「君達はお酒飲めるのかい?」と私達の近くに座っていたおじさんが訊いてきました。そしたら、Tが「私はあまり飲めないんですけど、この子はお酒大好きですよ」と私に振ってきました。Tの隣ではUがそうそうと頷いています。急な振りに驚きつつも、「芋焼酎、お湯割で!」と答える私。
 こう答えると、お酒を知っていると思われます。私、それしか知らないんですけど、本当は。
 そうしたら、紙コップを渡してくれて、お酒を注いでくれました。越後のお酒だそうです。ちょっと辛口。

“柳川古文書館”
IMG_6293.jpg
 入館無料だそうです。
 時間あったら、行きたいな。

IMG_6294.jpg

“柳川城堀水門”
IMG_6297.jpg
 柳川川下りとありますが、川ではなくて、堀を下っていくのです。
 石垣に縦に刻まれた溝が見えるでしょうか? そこに板を通して、水を堰き止めることができるのだそうです。

IMG_6307.jpg


IMG_6315.jpg
 ちょっと通り過ぎてしまいましたが、茶色の歌碑のあるところ。
 そこは堀の向かい側にある家の庭なのだそうです。

“なまこ塀”
IMG_6319.jpg

 観光のために建てられた建物ではなく、そこにある他人様の家をも観光ガイドの中に組み込まれていきます。
 植物についてもあれこれ紹介があったりしながら、ゆっくりと下っていきます。

 途中、カササギ(国指定天然記念物)を見かけました。
 烏みたいな姿なのですが、お腹のあたりが白くなってる鳥。
 私はカササギときいてもピンッと来なかったのですが、高麗烏と聞いていたらすぐに反応していたはず。
 高麗烏は立花宗茂が朝鮮出兵に行った際、害虫対策のために柳川に持ち帰ったと、本に書いてあったから。

2009/01/27


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-④

 柳川川下りでは、13の橋をくぐって、終点沖の端へと行きます。
IMG_6323.jpg

 河童伝説があるとか。ここ以外にも河童の像がいくつかありました。
IMG_6330.jpg
 この河童さんの右腕は、福岡県西方沖地震(2005年)の時に被害を受けたそうです。

 結婚式の会場。
IMG_6331.jpg
 花嫁さんはこの堀を下るのではなく、日吉神社(そこで神前式を行うらしい)から上ってくるのだそうです。そして、ここの式場で披露宴を行うのだとか。
 
“あめんぼセンター 図書館・水の資料館”
IMG_6332.jpg
 鴨がついてきそうになった。
 餌をやるとついてくるそうなのですが、持っているのが、おじさん達からもらったポテチしかなかった。
IMG_6334.jpg
 Uが挑戦。おつまみ用の辛いポテチだったためか、一口食べたらびっくりしてどこかへ行ってしまいました。

IMG_6340.jpg
 おめめぱっちり、に見えませんか?

IMG_6342.jpg
 ちょうど紅葉の時期。
 だけど、ずらっとモミジの木の列というところはありませんでした。
 いろんな植物が満遍なくといった感じです。

2009/01/28


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑤

“並倉”
IMG_6347.jpg
 赤レンガの倉庫。よくドラマのロケで使われるのだそうです。

 柳川川下りにはいくつかコースがありまして、一つは内堀コース、もう一つは外堀コース。それから、逆に上っていくコースがあります。
 今回私達は内堀コース。(他にコース選択できなかったので、おそらく別の“どんこ舟”の会社がやっているのかと)
 その内堀コースは、上に載せた“並倉”の前は通りません。“並倉”より少し手前で右折してしまいます。

“水辺の遊歩道”
IMG_6358.jpg

 だんだん晴れてきました。

日吉神社前にて、水上売店。
 看板犬がお出迎え。
IMG_6384.jpg
 水上売店でお酒やおつまみ、飲み物等が、舟に乗ったまま買えます。
 さらにお酒を追加するおじさん達。
 そして、Uが甘酒を購入していました。
 それから、なぜかしきりにちくわをおススメするお店の人。
IMG_6388.jpg

 ここから花嫁さんが舟に乗って、上っていくのだそうです。
IMG_6392.jpg
 写真部に所属したことのあるTによると、写真撮るために舟を追いかけたことがあるとのこと。
 Tは柳川の人なので、いつかここから舟に乗るのでしょう。その時は、私が追いかけてるのかな? ・・・・・・なんだか簡単に想像できてしまった。

“柳川高等学校”
IMG_6396.jpg
 テニス練習場裏。
 強豪、柳川高等学校! 松岡修造さんもこの学校出身だとか。へぇ~。
 所狭しと栄光が貼り出されてます。

“田中吉政公銅像”
IMG_6404.jpg
 柳川の堀を整備させた人。

私「田中吉政は、柳川の堀の立派に整備させたのだけど、頑張りすぎて、藩の財政赤字にしちゃったんだよ、ね?」
T 「そうそう、ちゃんと勉強してきてる」
私「でも、そのおかげで王子(注:立花宗茂)が再び柳川に戻ってくることになったんだよね」

 船頭さんのガイドでは赤字の下りは話されませんでした。
 でも、やはり地元民T。それなりに話を知っているようでした。

“弥兵衛門橋”
IMG_6408.jpg
 他の橋はもっと幅がゆったりとあるのですが、ここは船頭さんにとって難しい場所らしい。

IMG_6411.jpg
 お、さすがぶつからない・・・とおじさんの一人が褒めた矢先に、軽くぶつかりました。
 橋の下は上が広く、下へ行くほどだんだん幅が狭くなっていくつくりになっているそうです。今日は水位が低いので、かなりぎりぎりの幅になっていて・・・と船頭さん。(堀の整備中らしい)
 Tも、前に乗った時はこの橋は乗客もかがまないと通れなかったから、水位低いのは確かだと言っていました。

 魚を取るための装置。
IMG_6417.jpg
 ここに置いてあるのは、観光用のために置いているだけだそうです。

2009/01/28



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について