目次
2008年11月、福岡:柳川
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-①
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-②
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-③
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-④
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑤
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑥
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑦
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑧
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑨
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑩
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑪
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑫
2008年12月、福岡:岐志
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その1)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その2)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その3)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その4)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その5)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その6)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その7)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その8)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その9)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その10)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その11)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その12)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その13)
2008年12月、福岡:百道浜
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その1)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その2)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その3)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その4)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

22 / 30ページ

【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その10)

 “姫島”はきちんと整備されていて、連絡船“ひめしま”を降りて少し歩くと、綺麗に舗装されていました。
 港周辺だけでなく、ちゃんとその先進んだところも整備されていました。

IMG_7015.jpg

小学校、中学校
IMG_7021.jpg
 おしゃれな学校です。
 
 これより奥へは進めません。
 姫島の前半分が生活圏で、後ろ半分は道が無いので進めないようになってました。

 連絡船の出港時間にまだ時間があったので、写真撮ってました。
 海からの風が止むことなく吹きつける。
 防風林がないからかというのは、しばらくしてから気付きました。

IMG_7025.jpg

IMG_7040.jpg

IMG_7041.jpg

IMG_7044.jpg
 猫の警戒が半端なかった。
 かなり警戒されてしまった。

IMG_7050.jpg

IMG_7052.jpg
 通りすがりの漁師さんに訊いてみたら、小鯵だそうです。
 こんなに高く上げるのは、たぶん猫対策なのでしょう。

 この後、漁師小屋が連なる道の前を通ったのですが、漁師さん達、作業中でした。
 通っていいかと訊いたら、いいですよという答えだったのですが、し視線が痛いです・・・。お仕事中お邪魔しました。

IMG_7061.jpg

IMG_7064.jpg

IMG_7065.jpg

IMG_7066.jpg

IMG_7068.jpg

IMG_7069.jpg
 夕焼け小焼け、周りがほんのり赤く色づいて。
 日が沈む前の幻想的な風景になっていました。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その11)

IMG_7070.jpg
最終便の出港時間(17:00)が近づいてきました。
 岐志発の15:50のに乗って来たので、だいたい1時間くらいですね。

船の後ろ
IMG_7072.jpg
 席があるのですが、だれも座ってないし、行こうともしないので、立ち入り禁止かな?と思っていました。
 船員さんに訊いてみたら、座ってもいいとのこと。
 岐志から行くのと違って、追い風だから船はそんなに揺れないし、ちょうど日が落ちるところが船の上から見えるとの事。
 それを聞いて後ろに乗ろうと言う話になったのですが、それを聞いていた船員さんがにやりと不敵な笑みを浮かべました。先輩はその笑みの意味が分からないようでしたが、なんとな~く私は分かったような分からないような。

IMG_7073.jpg

IMG_7082.jpg
 さようなら、姫島。

IMG_7084.jpg

IMG_7089.jpg

IMG_7100.jpg

IMG_7108.jpg

IMG_7112.jpg

IMG_7116.jpg

 風はがんがん吹き抜けていきますが、思っていたよりかは寒くはありませんでした。
 だんだん日が落ちていくのが良く見えます。

IMG_7122.jpg

IMG_7125.jpg

IMG_7133.jpg
 とうとう日は水平線の向こうへと行ってしまいました。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その12)

IMG_7135.jpg

IMG_7151.jpg

IMG_7152.jpg

 夕日の赤は鮮やかで、それはそれできれいだけれでも、日が暮れた後の夜がやって来たばかりの頃は、深みがあって、また別の美しさがあります。
 赤とか青とか、紺とかそういったよく知られた色の名前じゃなくて、もっと他の紅とか群青とかそういった普段使わないような色の名前を引き出してきても、まだ足りない!

“岐志”バス停前にて
IMG_7154.jpg
 1時間に1本しかないので、気長に待ちます。

 この後、また“昭和バス”に乗ったのですが、先輩Yが“加布里”で降りたらどうだろうかと言ってきた。“加布里”という駅があるそうで、バス代の高さを考えると“加布里”のバス停で降りて、駅から電車に乗ったほうが安くなるのではとの事。
 行く時もそんな事を言っていまして、“加布里”のバス停通った時に辺りを見回してみたのですが、駅が見当たらなかったんですよね。住宅しかない。・・・本当に“加布里”に駅あるんですか? 地図に載っているのを見たような気が私にもするのですけどね。
 それで、赤信号になるのを見計らって、バスの運転手さんに“加布里駅”について訊いてみました。
 そうしたら、やはり“加布里駅”はあるのだけれども、少し歩いた先にあるとのこと。夜だと暗いので見つかりにくいだろうとの事でした。
 確かにバスの窓の外は真っ暗。
 ここが知っている土地であればいいのですが、不慣れなので、“加布里”では降りずに、“前原北口”で降りました。

 筑前前原駅のエレベーターに乗っている途中で、はたと気付いたこと。
「先輩。先輩って、荷物前原駅に預けてませんでしたっけ?」
「あ、そうだ」

 ・・・・・・外が暗くて、助かった。

 この後、また40分ほど電車に揺られて、途中で地下鉄になって、天神へ。
 天神駅の窓口で運賃精算しました。

2009/01/31


【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その13)

 先輩Yが泊まる予定のホテルへ案内したりして、珍しく後輩活躍。

 そして、せっかくなのでキャナルシティ博多へと行きました。
 クリスマスイルミネーション。
 今年も気合入ってますね~。
IMG_7158.jpg

IMG_7162.jpg

IMG_7169.jpg

IMG_7170.jpg

IMG_7171.jpg

ムーミンたちもクリスマス仕様。
IMG_7172.jpg

IMG_7174.jpg

IMG_7176.jpg

 上に上がって、下を覗き込んで、噴水ショーを見ました。
IMG_7179.jpg
 白のツリーは照明が当てられて、赤や黄、青と色を変えていました。
 小さな泡みたいなのが、雪の代わりとして下の会場に降っていました。


 そして、天神に戻って、新天町前のミスドでドーナツを食べました。甘いものが無性に食べたくなって。
 そしたら、座った席の窓の向こうに宝くじ売り場がありました。
 天神ですから客が絶えないのは当たり前なのですが、それにしてもひっきりなしに宝くじが買われていく。
 なんだろうと思っていたら、12月19日の今日が、年末ジャンボ宝くじの最終日だったのです。

「先輩、今日けっこういい調子だったじゃないですか。晴れてたし、目的の牡蠣も食べれたし、行ききるかどうか分からなかった姫島も行けたし、それに連絡船の上でサンセット見れたんですから、今日の私達ツイてますよ。どうです? ちょっと宝くじ買ってみましょうよ」
 本当に今日一日予定以上に満たされた一日でした。そんな日だから、もしかしたらもう一つくらいおまけで来るんじゃないかなと後輩は思い、先輩Yに提案しました。
 しかし、先輩Yは静かに後輩を諭しました。
「宝くじは一枚、二枚で当たるものではない。10枚とか100枚とかそういった束で買って、それでも尚且つ1000円とか3000円くらいしか当たらなくて、元が取れるかどうかなんだ、そんな甘い考えでは当たらないよ」
「ですよね~」
 後輩はおとなしく引き下がました。
 だけど、心の中では別の事を考えていました。
 先輩Yがあまりにも正論すぎる事を言って他人を諭すときって、大抵次の日くらいにそれを引っ繰り返すような出来事が起きるんだよなぁ、と。

2009/01/31


【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その1)

 今日は先輩Yの希望で福岡市博物館へ。
 福岡市博物館で開催中の特別展『カメオ展』へ行く予定となっていました。
 私はカメオが何なのかよく分からず、それほど興味なかったのですが、福岡市博物館の常設展示の方に金印が展示してあるというのを知って、俄然行く気になりました。
 近くに福岡タワーがあるのも見つけて、行けたら行こうみたいな事を話していたのですが、先輩Yはこちらはあまり乗り気ではないようでした。

2008年12月20日(土)

 福岡市博物館へのアクセスをHPで調べたり、ネットで確認したりしました。
 これで準備万端!と思い、勢い込んでバス停行ったのですが、予定とするバスが分からず、路線図を見るも路線図が読み取れなくて、どれが目的のバスのかが分からない。
 福岡市博物館への行き方はいくつかあるのですが、せっかく行くのだから、正面から行きたい!というこだわりがなぜかありまして(いや、ホントになんでそんなこだわってたんだろう)、しかもそれが他のと違って本数が少ない路線だったりした。

 なんとか見つけ出して、時刻表調べてみたら、もうすぐ来るようでした。
 ほっと一安心していた―――のですが、なかなか来ない。
 この日は、Yahoo!ドームで就活のイベントがあっていたので、増便出たりとかしていたのですが、それを考えたとしても、来なさすぎる。

 もう一度確認してみたら、もう来ていてもおかしくない時間―――。
 そこで先輩Yが気付いたのが、後輩が9時台のを見るべきなのに、10時台を見ているということ。後輩も先輩Yの指摘で気付きました。
 そこで先輩Yが何やってんだ~と軽く後輩の頭にチョップしました。

 ぷちんっ、と私の中で切れました。

 なかなか進展しない卒業旅行の話し合い。やっと決まったと思ったのに、話し合いにその日参加しなかったメンバーが別の方法はないかと提案してきて、また話が振り出しに戻ってきた。せっかく上手い具合に行きかけたのを阻害された気がしたりもしたのだが、また私が突っ走っているだけなのかと、努力とか頑張りとかそういったものは結局自分の自己満足に過ぎないのだろうとか思ったりしながらもまたあれこれ調べたりして、自分の提案を練り直す。
 そして別件ではもっとなかなか決めきらないと言うかそもそも相手がどう思っているのか計りかねていてヤキモキ。これもまた私だけが先走ってしまっているだけなのかとも思ったり、母にその辺りを指摘されたりして、あーそうなのかもなーと思ったりして、また自分だけが突っ走っているのだけかと軽く落ち込んだり。
 というかそれ以上にバスの路線図もろくに読めない自分が情けない! しかも、見るべき時間帯を間違えていたなんて、どんなケアレスミスだよ! あー、私って本当に何一つだって満足できないんだ。

 自分で自分を追いつめたのは、他でも無く私なのですが、先輩Yのチョップがトドメでした。
 先輩Yはなにやってんだよ~と冗談交じりにチョップしてきたのですが、私は冗談で自分の頭を叩かれるのが好かんのです。
 
 軽く先輩Yに蹴り返しましたが、それだけでは私の怒りはおさまりきらない。
 本気で蹴ればよかったと若干後悔しつつ、Yahoo!ドーム行きのバスを待つ就活生の視線があるのに気付いていたので、ふざけて蹴ったというぐらいに見えるくらいに抑えないといけないとか、なぜかそんな事は冷静に頭にあった。
 これ以上先輩Yと一緒にいたら、自分が何仕出かすか分からなかったので、その場を逃走。
 三越の辺りを上から下へ。縦横無尽に歩いたり、走ったりしました。
 そして、途中でリアルに先輩Yを撒きました。
 通りに懐かしの福岡の写真が展示してあって、マリリン・モンローが来福していたのを始めて知りました。
 本気でこのまま帰ろうかと思ったりするのを、金印、金印のためだと言い聞かせて、なんとか三越周辺で留まっていました。
 しばらくして、落着いてきたので、バス停に戻り、程なくして先輩Yと合流しました。
 
 わけがわからないのが先輩Y。
 かなり困らせてしまいました。
 実はこんな事が今あってまして、と説明する後輩。
 そういう事だったのねと先輩Y。

「先輩。私の気持ちがおさまらないので、このままだと希望溢れる就活生に傷害を加えてしまうかもしれません。それにこのままだと西鉄の備品に八つ当たりして損害を被らせてしまうかもしれません。
 なので、福岡タワー行きましょうね」
 今だから思うけど、こいつ、鬼や。


 そんな事がありましたが、就活イベントの人員整理のために配備されていた西鉄職員に路線図の読み方を教わったりして、挫けずに『博物館南口』経由のバスに乗り込みました。
(※『福岡タワー南口』、『博物館北口』のバスの方が本数あるし、時間もあまり変わりません。“福岡タワー”から歩いてすぐの所にあるので、行く場合はそちらで行く事をおススメします。)

“福岡市博物館”
IMG_7202.jpg

2009/01/31



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について