目次
2008年11月、福岡:柳川
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-①
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-②
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-③
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-④
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑤
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑥
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑦
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑧
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑨
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑩
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑪
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑫
2008年12月、福岡:岐志
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その1)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その2)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その3)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その4)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その5)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その6)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その7)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その8)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その9)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その10)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その11)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その12)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その13)
2008年12月、福岡:百道浜
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その1)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その2)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その3)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その4)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

18 / 30ページ

【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その6)

IMG_6908.jpg
 来た道を戻って、今度は展望台を目指します。

IMG_6909.jpg
 これが、展望台です。
「え? これ??」とかなり拍子抜けするようなつくりですが、この上に立てば、周りを一望できます。
遠くの島や、遠くの漁港。かなり見晴らしがよかったです。

IMG_6918.jpg
 さっき行った“黒磯海岸”

IMG_6919.jpg
 “芥屋の大門”の裏っかわ。


 また戻って、“芥屋の大門”
IMG_6926.jpg

IMG_6934.jpg
 こちら側は“黒磯海岸”と違って、海岸までは下りられないようになっていました。海岸ははるか下。
 
 よせてはかえす波、なんて生易しい代物ではありませんでした。
 押して押して引きまくる。海岸なのに、波が砕けてるんじゃないかと、音もすごくてどどん、どどん、と最早海岸の波の音じゃない! 松竹映画のオープニングにあるような波の音です。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その7)

“芥屋の大門”から“岐志漁港”に戻る途中、後ろを振り返ってみて。
 この先、ずーっと行ったところに“芥屋の大門”。
IMG_6937.jpg

IMG_6944.jpg

“岐志漁港”に戻ってきました。
片道40分くらいですかね。ゆっくり歩いて。
IMG_6947.jpg

IMG_6955.jpg

IMG_6957.jpg

 時間があったので、遊んでました。
 海を覗くと、小さな魚がふよふよ泳いでました。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その8)

IMG_6968.jpg

 “岐志漁港”からは“姫島”への連絡船が出ています。
 その名も“ひめしま”
 本数かなりすくなくて、“岐志漁港”からでるのが四本。“姫島”から出るのも四本。勿論、一日のうちの話です。

IMG_6969.jpg

IMG_6976.jpg
 往復920円。
 降りる時に、渡すのだそうです。

 乗っているのは島の住民らしく、それぞれに固まっていました。
 観光客は先輩Yと私以外に見かけませんでした。

 動き出して、がんがん飛ばしていくのですが、たまに船がホップ、ステップ、ジャンプ!とかします。窓の外見れば、波しぶきがあがりまくってます。
 15分しか乗らないのですが、ちょっとスリリング風味な15分間でした。

 “ひめしま”に乗って、ちらっと思い出したのは、PS2『ぼくのなつやすみ2』略して『ぼくなつ2』。
 主人公が夏休みを利用して海の近くで民宿をやっている親戚の家に一ヶ月間お世話になるというゲーム。その主人公が連絡船に乗って、その地にやって行くんですよね。
 ・・・イベントのコンプリートができなかったんですよね。ソフトの故障で画面がフリーズしてしまって、遊べなくなってしまって。今でも悔やまれる・・・。

 そんなほろ苦い思い出を思い出していました。
 そんな事を思い出している乗客が乗っているとは知らずに、“ひめしま”は“姫島”へと到着しました。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その9)

“姫島”
 なぜこの島に来たのか? 疑問に思う人もいるでしょう。
 私も“姫島”は危うくスルーするところでした。
 あれこれ調べていた時に、見つけちゃったんですよね~。

IMG_6981.jpg
 時は幕末。
 志士達を匿う尼さんがいました。
 匿われた志士の中には、あの高杉晋作もいたり。
 そんな事をしていたので、藩に目をつけられ、遠く姫島へと幽閉されてしまったのでした。
 それが野村望東尼のお話。

IMG_6991.jpg

 ちょうど学校の下校時間だったらしく、小学生や中学生達とすれ違いました。
 中には挨拶をしてくれた子もいました。
 こちらも挨拶を返すと、しばらくしたら後ろの方から、「挨拶しなかったでしょう」「したよー」と言い合っこしたりしてて、可愛らしかったです。

IMG_6992.jpg
 看板のおかげで、迷わなくてすみます。
 何個もあったので、看板を見失うなんて事がなかったです。

IMG_6993.jpg

IMG_6994.jpg

“野村望東尼御堂”
IMG_6996.jpg
 中は狭いし、暗いし、そして、寒そうでした。3畳くらいしかないし、おまけに海風吹きさらし。障子くらいは貼られていたと思うのですが、それで寒さがしのげるとは思えない。

IMG_7004.jpg
 
 姫島に幽閉された野村望東尼は、高杉晋作指示により結成された救出隊により、救出されます。

IMG_7007.jpg

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その10)

 “姫島”はきちんと整備されていて、連絡船“ひめしま”を降りて少し歩くと、綺麗に舗装されていました。
 港周辺だけでなく、ちゃんとその先進んだところも整備されていました。

IMG_7015.jpg

小学校、中学校
IMG_7021.jpg
 おしゃれな学校です。
 
 これより奥へは進めません。
 姫島の前半分が生活圏で、後ろ半分は道が無いので進めないようになってました。

 連絡船の出港時間にまだ時間があったので、写真撮ってました。
 海からの風が止むことなく吹きつける。
 防風林がないからかというのは、しばらくしてから気付きました。

IMG_7025.jpg

IMG_7040.jpg

IMG_7041.jpg

IMG_7044.jpg
 猫の警戒が半端なかった。
 かなり警戒されてしまった。

IMG_7050.jpg

IMG_7052.jpg
 通りすがりの漁師さんに訊いてみたら、小鯵だそうです。
 こんなに高く上げるのは、たぶん猫対策なのでしょう。

 この後、漁師小屋が連なる道の前を通ったのですが、漁師さん達、作業中でした。
 通っていいかと訊いたら、いいですよという答えだったのですが、し視線が痛いです・・・。お仕事中お邪魔しました。

IMG_7061.jpg

IMG_7064.jpg

IMG_7065.jpg

IMG_7066.jpg

IMG_7068.jpg

IMG_7069.jpg
 夕焼け小焼け、周りがほんのり赤く色づいて。
 日が沈む前の幻想的な風景になっていました。

2009/01/31



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について