目次
2008年11月、福岡:柳川
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-①
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-②
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-③
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-④
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑤
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑥
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑦
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑧
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑨
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑩
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑪
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑫
2008年12月、福岡:岐志
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その1)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その2)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その3)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その4)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その5)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その6)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その7)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その8)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その9)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その10)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その11)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その12)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その13)
2008年12月、福岡:百道浜
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その1)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その2)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その3)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その4)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

16 / 30ページ

【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その4)

 ここまで来たのだから、あちこち行ってみました。
 先輩Yも後輩も、糸島半島は初めてで、何があるのか知りません。
 この辺りの事前調査は後輩が担当しました。

 予定ではバス使おうと思っていたのですが、運賃高いので、歩いて行くことにしました。
IMG_6826.jpg

IMG_6828.jpg
「『ぽにょ』にこんなシーンなかったですか?」と言ったのは、後輩。
 ぽにょとソースケが二人で辿り着いたところが、こんな感じでしたよね。

IMG_6831.jpg
 モノを燃やすのとは違って、土が焼かれる焼き物の香りがするなぁと思ったら、“唐津焼”の工房があるようでした。

IMG_6834.jpg
 上三つの写真を見て、気づいた人もいると思うのですが、歩行者通る道が無いんですよね。
 車が通る事しか想定されていない道路。
 根性で歩いていきました。
 もっと先に歩いていくと、やっと歩行者用の道路があったのですが、ほとんど車道の端を歩いてました。ドライバーには迷惑な話だったでしょう。 

あ、着いたみたい。
IMG_6839.jpg
 この看板を右に。

 何かに車で5分とあったのですが、5分で着くような距離じゃないと思う。
 捕まる覚悟でとばしたら、多分着くだろうけど。

IMG_6840.jpg

IMG_6848.jpg
 ごうごうとすごい音がしていて、風の音だと思っていました。
 ですが、この階段を上らないと、音の正体が見えません。

“芥屋の大門”(けやのおおと)
IMG_6850.jpg
 ごうごうと荒々しい、波の音。

IMG_6855.jpg
 波が斜面を駆け上って、砕けていく。

 目の前のダイナミックな風景に圧倒されました。
 海の荒々しさに驚かされる。
 私の良く知る海は太平洋で、こんなに海が荒いのは台風が近づくかどうするかしないと見られない。今日は天気がいいし、風も穏やかですから、この海は常がこの激しい状態なのでしょう。それを考えると、太平洋が「太平」とあるのが納得できる。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その5)

案内の看板によると、展望台があるらしい。
IMG_6935.jpg

IMG_6870.jpg
「『トトロ』にこんな場所ありませんでしたっけ?」

IMG_6873.jpg
「なんというか、『もののけ』っぽくないですか?」

 さっきから、ジブリを髣髴させるような場所がでてきます。

IMG_6874.jpg
 先に左から行ってみることにしました。
 200mなんて近いよと思っていたのですが、道がすごかった。獣道以外の何ものでも無いだろうというような道。
IMG_6876.jpg
 一応道らしくものあるのですが、獣のマーキングの跡なんかが所々あったりして、獣道化していました。

IMG_6880.jpg


  この後、サーフィンの練習をしている人を見かけました。
 さっき看板を見かけたのですが、黒磯海岸すぐのところに駐車場があるみたいでしだったので、そこから来たのでしょう。
 あまり人も見かけないので、サーフィンの練習にもってこいのところ。
 海岸の石が危険ですけど。

IMG_6882.jpg
 さっきの反対側に出たのですね。
 
 ちなみにこの“芥屋の大門”は期間限定で遊覧船が出てるようでした。
 12月は出てないと書いてあったので、ちょっと残念です。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その6)

IMG_6908.jpg
 来た道を戻って、今度は展望台を目指します。

IMG_6909.jpg
 これが、展望台です。
「え? これ??」とかなり拍子抜けするようなつくりですが、この上に立てば、周りを一望できます。
遠くの島や、遠くの漁港。かなり見晴らしがよかったです。

IMG_6918.jpg
 さっき行った“黒磯海岸”

IMG_6919.jpg
 “芥屋の大門”の裏っかわ。


 また戻って、“芥屋の大門”
IMG_6926.jpg

IMG_6934.jpg
 こちら側は“黒磯海岸”と違って、海岸までは下りられないようになっていました。海岸ははるか下。
 
 よせてはかえす波、なんて生易しい代物ではありませんでした。
 押して押して引きまくる。海岸なのに、波が砕けてるんじゃないかと、音もすごくてどどん、どどん、と最早海岸の波の音じゃない! 松竹映画のオープニングにあるような波の音です。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その7)

“芥屋の大門”から“岐志漁港”に戻る途中、後ろを振り返ってみて。
 この先、ずーっと行ったところに“芥屋の大門”。
IMG_6937.jpg

IMG_6944.jpg

“岐志漁港”に戻ってきました。
片道40分くらいですかね。ゆっくり歩いて。
IMG_6947.jpg

IMG_6955.jpg

IMG_6957.jpg

 時間があったので、遊んでました。
 海を覗くと、小さな魚がふよふよ泳いでました。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その8)

IMG_6968.jpg

 “岐志漁港”からは“姫島”への連絡船が出ています。
 その名も“ひめしま”
 本数かなりすくなくて、“岐志漁港”からでるのが四本。“姫島”から出るのも四本。勿論、一日のうちの話です。

IMG_6969.jpg

IMG_6976.jpg
 往復920円。
 降りる時に、渡すのだそうです。

 乗っているのは島の住民らしく、それぞれに固まっていました。
 観光客は先輩Yと私以外に見かけませんでした。

 動き出して、がんがん飛ばしていくのですが、たまに船がホップ、ステップ、ジャンプ!とかします。窓の外見れば、波しぶきがあがりまくってます。
 15分しか乗らないのですが、ちょっとスリリング風味な15分間でした。

 “ひめしま”に乗って、ちらっと思い出したのは、PS2『ぼくのなつやすみ2』略して『ぼくなつ2』。
 主人公が夏休みを利用して海の近くで民宿をやっている親戚の家に一ヶ月間お世話になるというゲーム。その主人公が連絡船に乗って、その地にやって行くんですよね。
 ・・・イベントのコンプリートができなかったんですよね。ソフトの故障で画面がフリーズしてしまって、遊べなくなってしまって。今でも悔やまれる・・・。

 そんなほろ苦い思い出を思い出していました。
 そんな事を思い出している乗客が乗っているとは知らずに、“ひめしま”は“姫島”へと到着しました。

2009/01/31



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について