目次
2008年11月、福岡:柳川
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-①
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-②
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-③
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-④
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑤
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑥
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑦
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑧
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑨
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑩
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑪
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑫
2008年12月、福岡:岐志
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その1)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その2)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その3)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その4)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その5)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その6)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その7)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その8)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その9)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その10)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その11)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その12)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その13)
2008年12月、福岡:百道浜
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その1)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その2)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その3)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その4)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

11 / 30ページ

【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑪

 北原白秋記念館を出て、西鉄柳川駅へと歩きで行きます。

 北原白秋記念館を出て、すぐのところにあるお肉屋さん。
IMG_6666.jpg
 ここの“うなまん”が美味とのこと
IMG_6667.jpg
 私はまだお腹一杯だったので、買いませんでしたが、うーん、惜しい事をしてしまった。Uがおいしそうに食べているのをみていただけですませてしまったので。


 Tに「本当に行くの??」と何度も確認された事項。
 「いや、やっぱり、行っとかないとね」と私。「なんてったって、Tのおすすめの場所なんだから」。
 「いやいや、すすめた事ないから」とTが返してきました。
 勿論、Tがすすめたというのは冗談でして、寧ろ反対の事を言われてきました。
 「あそこは、本当に何もないよ」
“柳川城址”
IMG_6671.jpg
 沖ノ端から歩いてすぐ、というわけではありませんが、それでも歩いて行くことは可能な距離。

IMG_6673.jpg

IMG_6674.jpg

IMG_6675.jpg
 ほんっとになんっにも無いです。
 奥に行ったら、説明書きの看板が建てられているくらい。

 それでも行きたかったのは、やっぱり歴史の一ポイントとして見ておきたかったからです。あと、Tが何も無いのに観光名所として組み込むのはどうかと思うと言っていたので、彼女にそこまで言わせる所がどんな所なのか興味があったから。(3:7の割合)

 とりあえず「ベッキー!!」と迷惑にならない程度に叫んでおきました。

 戸次道雪(べっきどうせつ)の事です。柳川城落せなくて、もんのすごく悔しがって、「自分の遺体に甲冑着せて、柳川城見えるところに埋めなさい」と命じた人。さすがにそれは無茶な話で、息子(養子)であった王子が別の所に埋葬させたなんて話があった・・・・・・はず。

IMG_6681.jpg
 すぐ隣が校庭で、学校との境となるフェンスなし。オープン!
IMG_6686.jpg

 柳川城は火災でなくなってしまったらしいですが、城がなくても私は楽しめた。

2009/01/28


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑫

 調子がおかしくなったのは、しばらく歩いてからのこと。
 正直、今日はしゃぎすぎました。
 自分の体力考えないで動いたので、お腹に来た。食べ過ぎたというのもちょっとはあると思う。“御花”行く前に舟で一緒だったおじさん達からもらったポテチを食べきってしまったのは、考えなしでした。
 どうにもならなくて、途中、図書館で休憩させてもらいました。
 
 しばらくして、回復。
 歩けるくらいにはなりました。

“三柱神社”
立花鑑連(道雪公)、立花宗茂、誾千代を祀る神社
IMG_6697.jpg
 本殿は放火により燃えてしまって、再建中でした。
 仮の祭殿におまいり。

IMG_6700.jpg


“立花うどん”
IMG_6704.jpg
 参考にした『九州ウォーカー』にうなぎだけでなく、うどんも名物とのことで、行ってみました。
「観光名物とは違うと思うけどなぁ」と行ったのは、T。だけど、よくここには食べに来るとの事でした。

IMG_6705.jpg
 手前のかけうどんが私、左のわかめうどん、右のつきみうどんがそれぞれTとUのです。
 なかなか腰のある麺で、外側がふわふわとした食感でした。





 この後、駅へと歩いていって、帰るのですが、夜の冷え込みにやられて、顔が青くなった。誰が見ても体調不良だとわかるようで、駅で別れたTに心配されました。
 駅前はイルミネーションで飾られていたのですが、それを撮る余裕すら無い状態。
 この状態で電車に乗る不安はありましたが、帰らないとどうにもならないので、乗り込みました。ちょっとありましたが、Uの励ましと周りの親切とのおかげで回復。

西鉄天神駅にて 
IMG_6706.jpg

 どれくらい回復したかと言うと、この後ゲーセン行ってUFOキャッチャーに挑戦してみたり、カラオケでUとオールしたりとかできるくらいに回復しました。

 その時GETしたにょろにょろの抱きマクラ。命名・レイブン。(11月にGETしたので、11から。Novemberにしなかったのは・・・わざとです。)
IMG_1469.jpg



 後日、あの後どうなったのかとTに訊かれ、隠さずに正直に話したら、割と本気のチョップをいただきました。

2009/01/28


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その1)

2008年12月
 もう爆発寸前!!
 この時、卒業旅行の話をまとめたくて、旅行会社からパンフレットをもらってきて比較したり、交通手段を調べたりと奔走していました。
 卒業旅行の話は少し前から出ていたのですが、なかなか参加するメンバーと会うことができずに、まったく話は進展せず。さすがに12月入ったので、そろそろまとめないと話が流れかねませんでした。
 だけど、なかなか全員揃わず、足並みが揃わない・・・・・・。
 あれこれ提案するのは私ばかりで、こいつら本当に行きたいのか?と思ったりしてしまうこともしばしば。提案されれば提案されたで、何で今頃・・・もっとはい言ってよ!と私のイライラは積もるばかり。
 都合が合わず不参加の友人に励ましてもらったりして、なんとか保っていました。
 今考えると、一人で突っ走ってしまってた部分もあるかなと思うところも無いわけではなかったりするのですけどね。

 そんな事があっていたりしましたが、なんだかんだでどっかに出かける私。
 ならん時はならんし、なる時になる。
 ま、今は今を楽しんでしまおう!

 東京の先輩こと先輩Yがまたもや福岡にやって来るというのを本人から聞かせれ、せっかくなので、どこかに出かけようといういつもの話の流れになりました。
 なんでこんなに先輩Yが福岡にやって来るのかと言いますと、先輩Yが応援している“ライジング福岡”というプロバスケチームの試合が福岡であったからです。
 先輩のライジング熱はすさまじいもので、バスケットのシーズンとなれば東奔西走、南船北馬! すさまじすぎて、逆に「お好きなんですね~」ぐらいしか言えなくなる。なんというか、言葉にできない・・・・。
 後輩はスポーツ観戦は好きでないので、先輩Yと試合会場まで一緒に行くことはありません。
 それで、バスケの試合が無い間をぬって、行っているのです。

 今回はどこに行ったのかと言いますと、
「そうですねぇ・・・。あ、先輩、この前ニュースで、牡蠣小屋の話題が出ていたんですよ」
という後輩の発言がきっかけとなり、行ってまいりました!

 牡蠣を求めて、糸島半島へ!

2008年12月19日(金)

 朝、ぼーーーっとしながら、トーストを食べていると、先輩Yから電話が来ました。
「福岡(空港)着いたけど、どこにいる?」
「あ、今、家です。」
 平然とした風に答えていましたが、この時ただ起きているだけで、頭が働いてませんでした。
「あー、待ち合わせとか決めてませんでしたよね?」
「いや、そうだけど。動く歩道好きだから、(来ていると思ったから、)まだそこに行かないで待ってたのだけど・・・・・・」
 その後、博多駅集合することにして、電話を切りました。

 

……寝坊しますた。
  
 この時、なんっの準備もしてなくて、慌てて準備をしました。
 一応、今回目的とする場所への行き方と時刻をあらかじめ調べてありまして、その時間に間に合えばいいよねと自分に言い聞かせる。
 準備すまして、ダッシュで家を出ました。
 地下鉄七隈線乗って、やっと思い出したのが、前回先輩Yが来た時に早起きして行ったなぁということ。
 あの時、歓迎の意を込めまくって、プラカードなんてのも作ったなぁと懐かしんでみた。
 今回ですか? 作ってませんね。作る時間がなかったというのもありますが、ネタ切れしましたし、

なんと言うか、飽きた。

 途中でだんだん目が覚めてきだして、そのあたりで博多駅集合だと都合が悪い事を思い出したか指摘されたかで、天神集合に変更。

 天神にて、なんとか合流成功。
 予定の時間より早かったので、ゲーセン行きました。
 音ゲーで店内対戦したのですが、難易度間違えてリアルに難しいのを選択してしまい、1曲しか遊べず、そして先輩側の操作盤が壊れていたようで、散々な結果に・・・。
 だけど、おかげでばっちし目が覚めました。
 
 地下鉄空港線・天神駅から地下鉄に乗ります。
 目指すは筑前前原駅!

・・・・・・行けるの?

 地下鉄空港線は姪浜駅という筑前前原駅前よりも手前にある駅で終わっているはずなんです。
 それに筑前前原駅って、JRの駅だし。
 地下鉄に乗って、行けるの???
 先輩Yが行けると自信を持って言っていたので、若干怪しみましたが、鉄道については安心していいだろうと思い、信じました。

 そしたら、姪浜駅を越えても、まだ尚地下鉄は走り続ける?!
 地下走ってない!!
 車窓から風景見れちゃってます。
 連結?とかそういうものらしいです。
 
 へぇ~と思いながらも、それで全てが解決したわけではなく、新たな心配事が浮上。
 今日は地下鉄は一日乗車券が500円で売ってあったので、それを購入しました。(通常600円ですが、特定の日(ノーマイカーデー等)だと500円で販売)
 一日乗車券はカードを改札口で通せば後は乗り放題!なのですが、JRにまでそれが通用するとは思えない。
 どうするんだろう、と思っていたら、先輩Yが見回りしている車掌さんを引き止めました。
 行く駅までを告げると、なにやら車掌さんが機械に入力して、レシートを出してきました。
IMG_6780.jpg
 こういう風に料金を支払うシステムになっていました。

 先輩Yが「これは東京では見かけないよ~」と面白がったもの。
IMG_6781.jpg
IMG_6782.jpg

 電車に揺られて40分。
 筑前前原駅に到着!
 この駅で先輩がロッカーに荷物を預けてから、駅を出ました。

 バスの時刻表を確認してみたら、まだバスが来るまで時間があったので、駅前の観光案内所で地図をもらいに行きました。

バス停前にて
IMG_6788.jpg
 地下鉄の車両なのに、地上にあるのが違和感あって仕方ない・・・。どじょうが空飛んでるぐらいに思えてなりませんでした。


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その2)

 糸島半島について調べてみたのですが、調べれば調べるほど、そこがドライブコースだという事しか出てこない。
 
 一応私は運転免許を取得しています。が、ほとんど活用されてません。
 それに車を持っていないので、レンタカー借りることになるのですが、二人だと割る人数が少なすぎて、結構高くなってしまうんですよね。

 移動手段は公共機関という「しばり」。
 そんなしばりがありつつも、それでも岐志漁港を目指したのは、執念と言うかなんというか、「おいしい牡蠣食べたい!」という情熱だったと思います。

 糸島半島あたりに牡蠣小屋のある地がいくつかありました。
 だいたいの牡蠣小屋のある地は駅から近かったり、まぁなんとか行けそうな所にありました。
 が、岐志漁港は駅から離れていてしまって、バスが通っているか分からない・・・・・・。

 正直、別の所に変えて欲しいというのが後輩の中にあった。
 先輩Yがまったく諦める様子がなかったので、お任せすることにしました。
 
 それで、先輩がバスが通っているのを見つけてくれました。
 なんでも岐志漁港近くにある旅館か何かのHPを探し出してて、そこに書かれてあるアクセス方法から見つけたのだそうだ。

 その発想はなかった!!
 先輩Y,GJ!!!

 西鉄ではなく、昭和バスというバス会社のバス。
 筑前前原駅前のバス停はすぐに見つかりました。

 マイクロバスより少し大きな、いつも見かけるようなバスより小さなバス。

バス車内より
IMG_6792.jpg
 海だーーー!!!

 途中のバスのアナウンスにびっくりした。
「加布里から終点まで自由に降りられます」
 なんでも、バス停なくても停車ボタン押したら、降ろしてくれるらしい。

“前原駅北口”→“岐志”
20分ほどで到着
IMG_6794.jpg
 片道520円。
 高い。高いけど、他に手段がないんだ。

 バス停から案内の看板に従って進んでいきます。
“岐志漁港”
IMG_6795.jpg
 あまり海とは馴染みが無い私にとって、こんなに漁港に近づくのは初めてかもしれない。

 もう少し進んでいくと、ずらっと並んでいるビニールハウス
これが、“牡蠣小屋”です。
IMG_6797.jpg
 ど・こ・に入ろうかなぁ~♪

 全部開いてはいませんでした。
 いくつか閉まっている、いや、閉まっている方が多かったような気がするので、いくつか開いているという感じでした。

2009/01/31


【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その3)

こちらに決めた!
 なるべく人が入っている所がいいという先輩Yの意見により。グルメ関係の先輩の意見は信用できるので、おとなしく相槌を打っておきます。
IMG_6800.jpg
 中はあったかいです。
 炭囲んで食べるので、それが火鉢代わりになってます。灰が飛び交うので、その点は注意してください。 

牡蠣1キロ
IMG_6801.jpg

 「あとで、焼き方教えに来ますね」と、店員さんに言われたのですが、来なかった・・・。
 隣の席に座っていたおねーさん(敬意を込めて)達が、食べるタイミングを教えてくれました。ありがとうございました。

IMG_6803.jpg
 牡蠣飯を食べながら、牡蠣が焼けるのを待ちます。

IMG_6804.jpg
 ・・・・・・や、焼きすぎてしまった。
 焼きすぎると身が縮んでしまうのです。
 一番最初のこれと、次の焦がしたのを教訓にして、次からは上手く焼けるようになりました。
 
 牡蠣は火で焼くというのではなく、牡蠣の殻に密封された中、牡蠣の汁で蒸すという感じなのらしい。牡蠣の殻の隙間から煙が出てきだしたら、だいたい食べ頃。

 焼きすぎると牡蠣の汁がはぜてくることがあるので、注意。
 熱いです。
 これは自分のテーブルにある牡蠣だけでなく、隣のテーブルの牡蠣による攻撃であることもあるので、注意する必要があります。
 来るとは思ってなくて、飛んできた時にはびっくりした。熱いよりもびっくりした方が大きかったです。

サザエでございま~す!
IMG_6807.jpg

上手くできた!
IMG_6808.jpg
 “岐志”の牡蠣は「海のミルク」と呼ばれているらしく、おいしいらしい。
 そして、身が大きい!

 牡蠣は蛤(はまぐり)とかと違って、殻がぱっくり開いたりしません。
 ナイフを殻の隙間にさし込んで、開けさせます。(ナイフはテーブルに置いてあります)

 お好みで醤油、ぽん酢などをかけたりします。
 レモンとかだいだいもおススメです。レモンは最後の一欠けらでした。(最初店員さんに訊いたら、きらしているとの事だったのですが、見つけてくれました)

 牡蠣は中の汁が肝心なので零さないよう、置く必要があります。
 たいてんはすぐ安定してくれるのですが、中には手強い奴も!

富士山型。(勝手に名前付けた)
IMG_6811.jpg
 逆富士に置かなければならず、なんか勝手に動いて、なかなか安定してくれない!
 なんとか網の上に置くも、しばらくすると勝手に傾く。
 網の目にひっかけるようにして、なんとか安定させる。
 だけど、またことんと傾く、それをまた―――と何度も何度も何度も何度も繰り返しました。

 順番からして、本当は先輩Yが食べることになっていたのですが、譲ってもらいました。
 これで先輩Yが強行に食べてられたら(そんなことする先輩ではありませんが)、たぶん乱闘に発展していたと思う。

じゃーーん!!
IMG_6814.jpg
 今日一番の大きさを更新しました!!
 頑張った甲斐がありました!!
 すっごく、すっごくおいしかったです。

最後に牡蠣汁を飲んで、フィニッシュ!!
IMG_6819.jpg

 テーブルの炭代、牡蠣1キロ、えび2匹、サザエ3個、牡蠣飯二パック、牡蠣汁2杯。
 これでだいたい二人で割って、1400円くらい。
 会計の時、「安い!」と叫んだのは、先輩Yです。

IMG_6822.jpg
 満足♪

2009/01/31



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について