目次
2008年11月、福岡:柳川
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-①
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-②
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-③
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-④
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑤
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑥
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑦
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑧
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑨
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑩
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑪
【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑫
2008年12月、福岡:岐志
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その1)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その2)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その3)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その4)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その5)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その6)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その7)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その8)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その9)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その10)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その11)
【08`12/19】岐志 先輩と後輩と2 一章(その12)
【08`12/20】岐志 先輩と後輩と2 一章(その13)
2008年12月、福岡:百道浜
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その1)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その2)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その3)
【08`12/20】福岡 先輩と後輩と2 二章(その4)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

5 / 30ページ

【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑤

“並倉”
IMG_6347.jpg
 赤レンガの倉庫。よくドラマのロケで使われるのだそうです。

 柳川川下りにはいくつかコースがありまして、一つは内堀コース、もう一つは外堀コース。それから、逆に上っていくコースがあります。
 今回私達は内堀コース。(他にコース選択できなかったので、おそらく別の“どんこ舟”の会社がやっているのかと)
 その内堀コースは、上に載せた“並倉”の前は通りません。“並倉”より少し手前で右折してしまいます。

“水辺の遊歩道”
IMG_6358.jpg

 だんだん晴れてきました。

日吉神社前にて、水上売店。
 看板犬がお出迎え。
IMG_6384.jpg
 水上売店でお酒やおつまみ、飲み物等が、舟に乗ったまま買えます。
 さらにお酒を追加するおじさん達。
 そして、Uが甘酒を購入していました。
 それから、なぜかしきりにちくわをおススメするお店の人。
IMG_6388.jpg

 ここから花嫁さんが舟に乗って、上っていくのだそうです。
IMG_6392.jpg
 写真部に所属したことのあるTによると、写真撮るために舟を追いかけたことがあるとのこと。
 Tは柳川の人なので、いつかここから舟に乗るのでしょう。その時は、私が追いかけてるのかな? ・・・・・・なんだか簡単に想像できてしまった。

“柳川高等学校”
IMG_6396.jpg
 テニス練習場裏。
 強豪、柳川高等学校! 松岡修造さんもこの学校出身だとか。へぇ~。
 所狭しと栄光が貼り出されてます。

“田中吉政公銅像”
IMG_6404.jpg
 柳川の堀を整備させた人。

私「田中吉政は、柳川の堀の立派に整備させたのだけど、頑張りすぎて、藩の財政赤字にしちゃったんだよ、ね?」
T 「そうそう、ちゃんと勉強してきてる」
私「でも、そのおかげで王子(注:立花宗茂)が再び柳川に戻ってくることになったんだよね」

 船頭さんのガイドでは赤字の下りは話されませんでした。
 でも、やはり地元民T。それなりに話を知っているようでした。

“弥兵衛門橋”
IMG_6408.jpg
 他の橋はもっと幅がゆったりとあるのですが、ここは船頭さんにとって難しい場所らしい。

IMG_6411.jpg
 お、さすがぶつからない・・・とおじさんの一人が褒めた矢先に、軽くぶつかりました。
 橋の下は上が広く、下へ行くほどだんだん幅が狭くなっていくつくりになっているそうです。今日は水位が低いので、かなりぎりぎりの幅になっていて・・・と船頭さん。(堀の整備中らしい)
 Tも、前に乗った時はこの橋は乗客もかがまないと通れなかったから、水位低いのは確かだと言っていました。

 魚を取るための装置。
IMG_6417.jpg
 ここに置いてあるのは、観光用のために置いているだけだそうです。

2009/01/28


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑥

IMG_6423.jpg
 赤い屋根が“十時邸”
 そして、その前にある像が表しているのは“待ちぼうけ”。「ある日せっせと野良稼ぎ~♪」の『待ちぼうけ』です。北原白秋作詩。
 他にも北原白秋作の作品が刻まれた詩碑、歌碑や、その弟子作の詩碑などが置かれています。

IMG_6424.jpg
 Uが飲みきらんからと言って、私にくれた甘酒。撮る前にけっこう飲んでしまった。
 しかし、まだ朝の10時くらいだったはず。
 それに、紙コップ空になったら、おじさん達からまた注いでもらったりしました。
 ・・・・・・朝からどんだけ飲兵衛やってたんだ、私は。

IMG_6425.jpg

IMG_6432.jpg
 ピクリとも動かないので、置物かと思ったのですが、生物です。

IMG_6447.jpg
 柳川なのに、西海岸。ちょっと笑えてしまう。
 古着屋さんだそうです。

IMG_6448.jpg
 あちらは上っていく“どんこ舟”

2009/01/28


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑦

IMG_6479.jpg
 なぜかあった“どんこ舟”に乗るドラえもん(らしきもの)。

 もうすぐ舟の終着点:沖ノ端です。

“出会い橋”
IMG_6483.jpg

“御花”の裏手にあたるところ。
 ここからお殿様が舟に乗られたのだとか。
IMG_6485.jpg
 
 ちょうどこの裏が“松濤園”になっています。
 “松濤園”は松島を模して作られた庭です。なんで松島かというと、そのあたり出身の女性が嫁入りしてきて、その人が寂しくないようにと松島を模したらしい。
 
IMG_6496.jpg
 舟唄を歌う船頭さん。

 そして、沖ノ端に到着。
 70分ほどでしたが、賑やかな舟でした。特におじさん達が。
 お酒のお礼をいい、おじさん達と別れました。

 観光地として整っているなぁと思ったのは、この終着点・沖ノ端に見るところ、食べるところが集まっていました。
 どこも歩いていける距離。

2009/01/28


 舟に乗り始めた頃、他県から来たらしいおじさん達の一人。特に陽気な人が、「船頭さん、あなたここの出身じゃないでしょ? そんなになまってないから」と言っていました。
 「いえいえ、柳川です」と答える船頭さん。
 「Tも柳川だよね~」と私。
 そうしたら、船頭さんが「どちらにお住まいですか?」とTに訊いて、Tがどこそこと答えると、「あぁ、Tさんとこのお孫さんですか」と返ってきました。
 まさか、まさかの、まさかの展開。
 ないだろう、それはないだろうと思って、軽く言ったつもりだったのですけど。一瞬、微妙な空気が流れた。え、あ、ごめん。やりづらい、よね?

 その後、陽気なおじさんが空気を読んだか知らずかはわかりませんが、「柳川の方言はどんなのがありますか」と訊いてきた。
 そこでなんとか持ち直した・・・・・・はず。

 ちなみに、お嬢さんは「ごんしゃん」。長男は「とんか・じょん」で、次男坊は「ちんか・じょん」と呼ぶそうです。


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑧

“御花”に行く途中にて。
IMG_6522.jpg
 笑ってしまった。

“御花”
IMG_6529.jpg
 立花家四代目:立花鑑虎(あきとら)が遊息所として構えた別邸。

IMG_6538.jpg
 家紋。かっこよすぎる!!

 Uと私は『柳川特盛りきっぷ』で来ていて、それに食事券がついていまして、“御花”での食事が選択できました。“御花”での食事を選択すると、“御花”の無料入場券もさらに付いてきました。
 ですが、Tはそのきっぷできていないので、入場料が別に必要でした。<¥500>

 予約した時間より早くついてしまったので、すこし時間を潰してからお店に入りました。 
 “松濤園”がよく見える窓側の席にて。
“御花特盛りセット” 
IMG_6547.jpg
 左上の柳川鍋はどじょう鍋。
 そして、後からやってきたのは、うなぎのミニせいろ蒸し。
IMG_6552.jpg
 うな重は食べたことあったのですが、うなぎのせいろ蒸しは初めて。
 お米すべてにしっかりタレが染み込んでいます。

 それぞれの量は少ないのですが、計8品でてくるので、お腹一杯になります。かなり。

 こちらはTが注文した、うなぎのせいろ蒸し。
IMG_6548.jpg
(撮影したのはT)
 Tはいつも同じ店で食べているらしく、ここ“御花”のを食べるのは初めてだとか。
IMG_6550.jpg
(撮影したのはT。メニューに載っているみたいに!という私の注文に応えてくれました)

2009/01/28


【08`11/30】私を柳川に連れてって☆-⑨

“松濤園”(しょうとうえん)
IMG_6569.jpg
 野鴨が渡来してまいた。
 池の縁まで下りれるようになっていましたが、見ていてきれいなのは、やはり縁側ですね。縁側から眺めよう、そのように作られているようでした。
 
 川下りの時には曇っていましたが、ここに来て、快晴。見事な秋晴れとなりました。
 縁側に座っていると、ぽかぽかして気持ちいい・・・・・・を通り越して、暑いくらいでした。
 それでも、やっぱりまったりしてしまう。

 後ろは広い畳の部屋になっていて、ねっころがってみるおじさんとかいました。
 私はポーズとって、Tに撮ってもらったりしていました。

金箔押桃形兜(きんぱくおしももなりかぶと)
IMG_6592.jpg
 戦国時代に多く用いられていた形の兜。
 立花家には文禄・慶長の役に使用されたと伝えられるものもあるとか。

“西洋館”(裏)
IMG_6606.jpg
 パネル展示で、福岡西方沖地震の被害の様子が写されていました。一部建物が崩れたりしていたみたいです。今は復旧工事を経て、直されてました。

IMG_6609.jpg

IMG_6617.jpg

二階
IMG_6618.jpg

IMG_6626.jpg

 階段だとか、二階の部屋だとか、ここでも私がポーズとって、Tに撮ってもらうなんてことして、遊んでいました。

 一旦受付のあるところに戻り、受付の後ろにある階段を上がります。大きなクスノキがあり、トトロ!
と思っていたら、後ろの別の人も同じ事を考えたらしく、「トトロみたい」と言ってました。樹齢かなりありそうな、幹周り立派なクスノキでしたからね。それを囲うように建物が建てられているので、正確にはトトロの世界からはかけ離れているのですけど。

 二階テラスにて
IMG_6644.jpg

IMG_6645.jpg
 松濤園眺めるのに最高な縁側も見えます。

IMG_6647.jpg

 テラスの奥の方に行くと、さっき通ってきた“出会い橋”が見えました。
IMG_6653.jpg
 そして、堀を下っていく“どんこ舟”。船頭さんが「うさぎ追いし~♪」と歌ってました。

 この後、“御花”内にある史料館にも行きました。
 輿入れの際に持ってこられた嫁入り道具とか、甲冑とかが展示してありました。
 甲冑だとかに家紋が刺繍されていたのですが、職人芸です。あんな複雑な家紋、よく刺繍できるなぁと。
 それから、立花家の家系図が印刷されたパネルもありました。今でも続く家で、子孫の方は今でも柳川に住まれているとか。
 
 起き上がり人形も展示してあったのですが、小指よりも小さな人形にちゃんと顔が書かれてあるのをみると、なぜそこまで頑張った!と作った本人に訊きたくなりました。

009/01/28



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について