目次
2008年9月、福岡:天神辺り
【08`09/29】福岡 先輩と後輩と 序章(その1)
【08`09/30】福岡 先輩と後輩と 序章(その2)
2008年10月、福岡:博多
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その1)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その2)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その3)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その4)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その5)
2008年10月、福岡:スペースワールド
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その1)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その2)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その3)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その4)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その5)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その6)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その7)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その8)
【08`10/25】 福岡 先輩と後輩と 二章(その9)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その10)
2008年10月、福岡:大宰府
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その1)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その2)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その3)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その4)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その5)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その6)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その7)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その8)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その9)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

11 / 28ページ

【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その4)

“ブギウギスペースコースター”
IMG_4934.jpg
 難易度は一番最初に乗った“クリッパー”と変わりません。
 ただし前向きに乗る分については、の話し手です。
IMG_4936.jpg
 前向きの席と後ろ向きの席のどちらか選べるのです。
 前向きで乗りました。時間あったら、次は後ろ向きに乗ろうかという話はしていたのですが、乗れなった……。残念。

“コスモファイター”
IMG_4938.jpg
 宇宙船を模した乗り物に乗り込み、懐かしいファミコンを思い出させる画面を見て、レバーのボタンを押して、画面に出てくる敵の宇宙船を撃っていくというアトラクション。
 二名一組で乗るとのことで、乗ったのですが、…一人でよくないかい? レバー操作一人分しかなくて、しかも交代するタイミングつかめなくて、私が多めに操作してしまった。レバーを前や後ろに動かしてみると乗り物もまた上向いたり回ったりして動いていました。
 そこはかとなく感じられる古臭さがちょっとツボだったりする。ドット絵のナビゲーター役のおねーさんどこかで見た気がしてならなかったり。最後にウィンクしてた。たぶん、先輩見逃してたと思う。

IMG_4939.jpg

“イベントスクエア”
IMG_4942.jpg
 次どこ行こうかとぶらぶら歩いていたら、何か開けたところに出ました。
 地面になにか模様が描かれている? と思ったら、ナスカの地上絵?!

 遠くを見れば、観覧車。
 たぶんここが観覧車から見えるようになっているのだろうなと思った。先輩も同じ事を考えていたらしい。

IMG_4943.jpg

“ふわふわエッグ” 
IMG_4944.jpg
 キッズ用。
 飛んだり跳ねたりできます。

「私、見かけは子供じゃなくても、心は子供のままですから!!」と言って駆けだそうとしたら、先輩Yに止められた。
 それからしばらく諦めきれなくて、なかなか立ち去れなかった。
 今回の一番の心残りがココ。

2008/12/28


【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その5)

“ツインマーキュリー アドベンチャークルーズ”
 また水をかぶるアトラクション。
 荷物をロッカーに預けます。
IMG_4961.jpg
 私たちは前が先輩Y、後ろが私でした。
 ちなみに先輩Y自ら「苦手だから前に乗らせてほしい」と言ってきました。
 ……前の方が怖いと思うのですが。もろに落ちる所が見えるから。私は「後輩」ですから、先輩の言
うことを黙って聞いていました。
 めっさ怖がる先輩の後ろ姿を見るのが面白かったです。というか、先輩Yが大きい方なので、前が見えない。
 
IMG_4965.jpg
 この瞬間を写真に撮られます(もうちょっと上のあたりを、ズームで)。アトラクションの記念写真。
 めちゃくちゃビビっている先輩Yと、前がどうなっているのか見ようとしている後輩のなんとも良い写真だったので、一枚500円でしたが私は買いました。

IMG_4966.jpg
 ここが一番水をひっかぶる。

 ほとんどの人がカッパを購入していたのですが、中にはカッパを買わない「猛者」がいました。“惑星アクア”は着なくてもなんとかいけそうでしたが、“マーキュリー”は買わないとア・ウ・ト!!
 びしょびしょどころではなく、ずぶ濡れ。
 「猛者」達は制服着てたのですが、大丈夫だったのでしょうか。冬ほど寒くはないのだけど、夏の暑さはなくなってきたので、風邪ひいてないといいのですけど。


 やってまいりました! “ザターン” 
IMG_4969.jpg
 パンフレットでも絶叫度No.1!

IMG_4981.jpg

IMG_4982.jpg
 一瞬でここまで。

IMG_4983.jpg
 そして、落下!!!!
 
 先輩Yは棄権。(建造物の高さのため)
 後輩一人での挑戦です。
 さすがに私も無理かなぁと思ったのですが、ここまで来たのだから乗ってしまおう!と。何ごとも新しいことにチャレンジすることが大事なのですから。

 荷物持たないようにと係りの人に言われたので、荷物は先輩に預けました。(ロッカーあったのですけど、100円戻ってくるロッカーとは知らなくて)

 一番前に乗りました。
 やるからにはとことんやってしまう! それが、私ですから!!
 (すいません、席替えてもいいですか。あー、もう替えれそうにないなぁ)

 準備ができるまでイケメンのおにーさんのトークで間をもたせます。
 この時、ポケットに何も入っていないですかとイケメンのおにーさんが確認してくれます。
 かなりの速度が出るらしく、その時物が落ちるとこれもまたかなりの速度になる、百円玉がひしゃげるくらいかなりの速度が出るとイケメンのおにーさんが言っていました。
 (重要な事で3回言いました)

 出発の合図が出て、レバーをぎゅっと掴みました。
 ぷしゅっと音がして、前に出ました。ちょっとだけ。 あれ? どうかしたのかなああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・・・
 リアルに不意打ち食らいました。
 一瞬にして、傾斜。
 そして、上昇。
 空へと駆け抜ける。
 このまま突き抜ける。
 そして、落下。
 足を踏ん張るのをやめ、身を任せる。
 風を切り、
 髪は天を指し、
 顔は地を向き、
 地面に近づく。
 
 快感っ!

 全てが吹っ飛んでいく、
 恐怖も
 悩みも
 後悔も
 恐れも
 何もかも
 落下とともに、全てが、空へ。

 この落下感、ものすごく癖になる。
 すっきりする。
 たまらない。
 
 二回乗りました。
 今回二回乗ったのは、このアトラクションだけ。

 ここでも記念写真撮ってるのですが、一回目は見るのを忘れて、二回目は後ろの左側に乗ったのですが、左側の人は写真に写らない。
 先輩が地上に残って撮ってくれていまして、一回目のは後輩が緊張しているのがよーく写っていて、二回目は出発した瞬間の良いのが撮れていました。
 先輩Y、二回も一人で乗ってしまった上に、写真撮っていただいて、ありがとうございました。

 “ザターン”はおススメ! 絶対乗った方が良いです!! 乗らなきゃ、人生の32分の13損しています。
 乗るまでが怖かったですけど。乗ると落下がたまらない。
 二回目は軽く失敗して、ちゃんとシートに背を付けてくださいという注意があったのに、ちゃんとしてなくて風圧で首が押さえつけられた。このままだと落下する時やばいと思って、上り切った瞬間に若干スピード和らぐので、その時体持ち上げました。乗る時は気を付けてください。しばらく背骨痛かった。
 それでももう一度乗りたいと思った。さすがにこれ以上先輩Yをもう一度待たせるのは、先輩に悪いし、それに何よりお腹すいた。

2009/01/02


【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その6)

“ハンバーガー専門店 tip top
IMG_4989.jpg
 遠足で来ている学校の生徒は、渡されているチケットでお昼を買っていました。

IMG_4990.jpg
普通のハンバーガーが私の。
 
 中で食べるか、店の前(外)で食べるか。
 先輩Yが迷わずに外を選ばれましたので、外へ。
 寒そうだけど、さっきの“ザターン”で待っててもらったので、今度は私が付き合う番ですから。

 他に外にいた学生達とちょうど入れ違いで、ほぼ貸し切り状態(外だけ)。
 ゆっくり食べれるなぁと思っていたら、遠くから何やら音楽が。
 
後輩「あれは、パレードじゃないですか? こっちに向かってきてますよ!!」
IMG_4991.jpg
 ベストポジション!!
先輩Y「デ○○○ーランドだと、こんな良い所は取れないよ!!」

“GO! GO! ROCK!”

まず来ましたのは、ヘンドリックス。
IMG_4993.jpg
 こちらに気づいて、ポーズ取ってくれました! ありがとう!!
 ちゃんと撮れたよと伝えるためにサムズアップしたら、先輩Yもなるほどするものなのだと思ったらしく、サムズアップし始めました。せ、先輩ちょっ、違っ・・・。
 ・・・・・・ま、いいや、本人が楽しそうなのだし。

次に来たのは、ラッキーラビット。
IMG_4996.jpg
 反対側の人たちに反応して、こちらに気づかず。彼がメインなのに~。
 
最後に来たのは、ヴィッキーラビット。
IMG_4999.jpg
 彼女も気づいていてくれたのですが、夢中になっている先輩Yの姿も写ってましたので、こちらを。
 先輩Yが楽しんでいただけたようで何より。 

 パレードの真ん中にはカウボーイハットをかぶった二人の男の子。
 応募するとパレードに参加できるらしい。

IMG_5002.jpg
 パレードの後について、子供たちがぞろぞろと。
 何も知らずに外に出ましたが、とてもいい場所でした。

 この後、広場でダンスしてました。
 子供達も参加できるよう、ダンスを教えたりしていました。
 それを見て、先輩Yが何やら思いついたようでした。(仕事的な意味で)
 
IMG_5004.jpg
 広場(“イベントスクエア”)から歓声が聞こえてきているのですが、“ザターン”の悲鳴も聞こえてくるという。
 ちょっと二つのギャップに笑ってしまった。

 イベントが終わった後、小さな男の子が覚えたてのダンスを踊りながら、広場を離れていくのは微笑ましかったです。

2009/01/02


【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その7)

“エイリアンパニック エボリューション”
 どうやら一組ずつの入場らしい。
 他のアトラクションはほとんど待ち時間なく乗れたりしていたのですが、ここは結構待ちました。30分くらい。
 ○ィ○○○○○○と比べたら何てこともないらしいと言ったのは先輩Y。
 床の模様が、目の錯覚を起こさせる模様で。模様が動いているように見える。なぜそのように見えるのか、先輩Yによる解説がありました。円をずらして描くとそう見えるようになるらしい。
IMG_5008.jpg
 やっと次の次が自分達の番となった時、
「あ、思い出した。私、苦手なんですよ、こういうお化け屋敷系のアトラクション」と後輩が言い出した。
 苦手だからいつも避けていたので、自分が苦手なのをうっかり忘れていたのでした。
 そう話していると先に入っていた遠足らしい小学生達のグループがキャーキャー言いながら出てきた。それを見て後輩の顔が強張ります。次に入ったカップルは笑みがあったのですけど、パニック系に変わりはない。
「やめる??」
「いえ、ここまで来たからには引き返しません」
 言ってる事は潔いのですが、顔は完全に強張っているようでした。

 案の定、怖かった。怖いー。リアルに怖いー。
 おどかされるのが苦手なんです。
 こういうのはさっさと行ってしまうのが得策! と進んでいくのですが、先輩が途中で立ち止まってた。構わず進んだのですが、曲がり角と構造と脅かしの3点が一気につながるものを目撃してしまいました。つまり、うっかりタネを見てしまいまして―――ごめんなさい! 悪いのはこのなかなか前に進まない先輩Yが全部悪いんです!! 見ちゃって、ごめんなさい!! 
 申し訳なさいっぱいで先輩Yの後ろに回って背中を押して、前に進みます。駆け足で。
 わけがわかっていない先輩Y。
 怖がってるということで、ギャーギャー叫びながら。

 だけど、最後の最後、出口のカーテンが見えて、ほっとしたら、その途端ぱっと一瞬。
「きゃーーーーーーー・・・・・・」
 キレイな悲鳴が出ました。
 空へと響く高らかな声。
 今まで自分でも聞いたことがないような悲鳴。
 いつもは叫んでいるという認識のもと、あえてぎゃーぎゃー騒いでいました。なのに、油断した。
 あまりの自分の失態に、しばし出口でふさぎこみました。
 係りの人が近づいてくる気配と、周囲の視線に気づき、ぱっと立ちあがると、また先輩Yの背中を押して、その場を立ち去りました。

IMG_5011.jpg
 先輩Yは珍しいものを聞いたと私の横を歩きながら言ってきます。
 認めよう、怖かった。だけど、それだけじゃないんです!! 
 それを言ったら、負け惜しみにしか聞こえないと思ったので、黙っておきました。

“カーニバルストリート”
有料ストリート。
縁日の屋台みたいに、的当てとかがありました。
IMG_5013.jpg

 ハンマーでゴングを鳴らすのに挑戦。
IMG_5016.jpg
 ここでさっきの悔しさを晴らすべく挑戦! 
 が、3回やるも目標点数まで行かず。
 不完全燃焼です、先生っ!!

IMG_5020.jpg
 ハロウィン近いので、飾りもそのようになっています。
 ちなみに、今日行くのか明日行くのかで迷ったのですが、一日違っていたら、コスプレイベントの会場になってました。結構万単位の人が参加する大規模イベントらしい。ハロウィンに関連してのイベント。
 土曜に行こうと決めた後にパンフレット見て、日曜がそのイベントがあるというのを見つけて、びっくりした。
 一日ずれていたら、確実に人ごみにもまれていた。
 今日はほぼ待ち時間なく、あちこち乗れました。他の人との比較はできませんけど。何しろ初めて来たのですから。 

“スペースドーム”
IMG_5021.jpg

 中はこんな感じ。
 宇宙ステーションな感じ。
IMG_5031.jpg
 軽く中で迷子になります。出口がわからなくて。

 “ブラックホールスクランブル”というアトラクションは点検のために一時休止中の看板がありました。スペースワールドでは交代でアトラクションの点検をするらしい。安全に勝るものはありません。特に、絶叫系の乗り物はそうだと思う。

“ミッション トゥ マーズ”へ。
動く座席に乗って、大画面で大迫力の映像を楽しむというアトラクション。
 大迫力なのはわかるのだけど、ストーリーがいまいち。面白そうなのだけど、10数分のアトラクションではちょっとストーリーが込み入りすぎている気がする。もうちょっと簡潔にしたら、もっと面白くなるのだと思う。隣の“ブラックホールスクランブル”待ちのお客が流れているらしく、アトラクション始まる前の映像による説明の時、おばちゃんたちがうるさかった・・・。
 うーん、ちょっと残念。
 映像は迫力あるだけに。

“ブラックホールスクランブル”
 ドームの中にあるジェットコースター。
 真っ暗やみの中を疾走!
 見えないのがまた怖かったり。
 前席のシートで前が見えないのではなく、真っ暗で何も見えない!!
 それに、屋内のジェットコースターということで外とはまた違った絶叫感。このままドームの屋根突き抜けちゃったりしないのかな!!

有料アトラクションですが、“アミュースビジョンランド”
シートに座ってゴーグルを覗き込むと、映像と音が流れてくるという。
 F1の映像を選択。
 先輩がF1好きなので。
 テレビでたまにレースを見ることがありますけど、本当に速いですね。
 先輩Yは細かく分析してるようでした。

さらにさらに、ドーム内では、スケートができます。
“アイススケート フリージングポート”
スペースシャトルの発着所が氷漬けにされたという設定。
IMG_5037.jpg
(シューズレンタル¥200)
(手袋200円で販売。 このスペースワールド限定の手袋をはめたかったので、購入。色は青とか黒と蛍光とかもありました。)

 スペースワールドのキャラクターが子供たちと遊んでいました。
 彼女たちが去る際、私たちの前を通って行ったのですが、テンションあがる先輩と、スケート靴の紐結ぶのに集中する後輩。
 先輩が意外と楽しそうだったのは予想外だった。今まで聞いたことがなかったから。

IMG_5042.jpg
 後輩は久しぶりのスケート。なかなかスケートリンクってないですよね。
 ものすごく滑れるというわけではないですが、楽しめる程度には滑れます。
 先輩Yは初のスケート。 二時間ほどでしたが、それにしてはけっこう滑れるようになられていました。途中でからかっても、聞こえてないというか完全無視。真剣そのもの。何事にも全力すぎるくらいに取り組むのが先輩Yの仕様です。

2009/01/04


【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その8)

ラスト!
“スペース・アイ”
IMG_5044.jpg
 やっぱり、最後のシメは観覧車!

 ここでもう一度確認。
 先輩Y:高い所が苦手。
 後輩:絶叫が苦手(なのに、乗りたがる)。そして、やたら高い所に行きたがる。

IMG_5048.jpg
『高さ100m、直径80m、ゴンドラ数48基という九州最大級の巨大観覧車』(スペースワールドHPより)

 先輩が高い所苦手と知りながらも、観覧車には乗っておきたい後輩。
 先輩はどうするのだろうかと尋ねてみたら、意外とすんなり「乗る」という返事が返ってきました。
 一体どんな心境の変化だ。
 先輩Yが機嫌よく話してくれたのによると、ジェットコースターは一度高い所へ上って、そこから一気に下る。その上がるところがあるので今まで避けてきたが、今日乗ってみて、そんなに怖いとは思わなかった。もしかしたら、高い所がそんなに苦手でなくなったのかもしれないとのこと。

 なるほど、先輩がのたまいませませいたらされますことですので、後輩ごときが軽はずみに物申すなどということは控えた方がよろしいかと思いますので、自分の中心で心置きなく思い存分あらん限りの力を振り絞って叫ばせていただきますと、それは、違うと思う

 ゴンドラの中はハロウィン仕様。 
IMG_5052.jpg

 どんどん高くなってきます。
IMG_5054.jpg
 そして、案の定、身動きしなくなる先輩Y。
 ちゃっちゃか乗りたくて、黙っていましたが、ジェットコースターは一瞬ですが、観覧車は15分ですからね。同じ高所に分類されるとしても、どう感じるかに違いは出てくるだろうなぁとは思ってた。

 先輩Yの後方にイベント広場が見えてきました。
 広場に描かれたナスカの地上絵がキレイに見えてきました。

窓の隙間から。
IMG_5055.jpg

IMG_5056.jpg
 一番テッペンに近づいてくると、スペースワールド全体が見渡せます。隣り、イオンというのも良く見えます。
 遊んだアトラクションを探してみたり。

IMG_5061.jpg

IMG_5070.jpg

 高い所はやっぱり、いいですね。
 遠くまで見えて。
 夕暮れ時、長くなる影。
 楽しかった時間ももう終わり。
 寂しいけど、最後に全部いっぺんに見れたので満足。
 
 先輩にはちょっと悪いですけど。

2009/01/06



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について