目次
2008年9月、福岡:天神辺り
【08`09/29】福岡 先輩と後輩と 序章(その1)
【08`09/30】福岡 先輩と後輩と 序章(その2)
2008年10月、福岡:博多
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その1)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その2)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その3)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その4)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その5)
2008年10月、福岡:スペースワールド
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その1)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その2)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その3)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その4)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その5)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その6)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その7)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その8)
【08`10/25】 福岡 先輩と後輩と 二章(その9)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その10)
2008年10月、福岡:大宰府
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その1)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その2)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その3)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その4)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その5)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その6)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その7)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その8)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その9)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

9 / 28ページ

【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その2)

開園9:30
現在の時刻もそんな感じ。
 
 メインエントランスにて。
 チケット売り場で入場券との引き換え。
IMG_4875.jpg
 やって参りました! “スペースワールド”!!
 今まで行ったことが無いという先輩Yと後輩の私。

 先輩Yは高い所が苦手。
 後輩はジェットコースターが苦手。

 なんで“スペースワールド”に行った?!と各所からツッコミが来そうなメンバーです。
 
 遊びで行ったんぢゃないんですよ!
 今、私は九州観光マスター試験という検定試験の勉強をちょこちょこやっていまして、やはり机の上の勉強だけでは満足できなくなり、実際に行ってみようと思うようになったのです。
 やはり百聞は一見にしかずですよね。
 
 べ、べつにスキップして入場ゲートとか潜ったりしてないんだからね!

IMG_4879.jpg
 この門をバックに係りの人に写真を撮られました。
 数字の書かれた紙を渡されて、帰りに抽選が当たれば何かもらえるとのこと。
 何がもらえることになっているのだろうか?

 受付でもらったパンフレットを見ながら、どこに行こうかと先輩Yと歩きながら相談。
 行くまでの計画は立てましたが、中に何があるかとかその辺りの計画はあえて立ててません。二人とも何があるのか知らないので、計画を立てられなかったというのもありますし、計画に縛られずのんびりまわろうというのもあります。

“惑星アクア”
IMG_4893.jpg

IMG_4886.jpg
 名称からだいたい予想ついていた。
 係りの人に聞いてみると、やっぱり水をかぶる所があるとのことで、カッパ購入。

IMG_4887.jpg
 激流下りのアトラクション。
 シートが意外と柔軟に動くので、流れに合わせてぐねぐねと動きます。
 最初に選んだアトラクションとしては正解でした。 

“4Dヴィジョン ポップステラ”
IMG_5012.jpg
(↑午後に撮った写真)

 開場するまでちょっと待ち時間ありました。
 た、隊長! また発見であります!!
IMG_4896.jpg
 雑誌の撮影説有力に。

 特殊なメガネを渡されて中に入ります。
 席に座る前に、テレビで映像を見せられました。
 環境破壊によって、動物達の住処が失われていっているということ。どうやらこれから始まるものと関係があるらしい。
 
 中はシアターになっていまして、座席に仕掛けがあるよう。
案内役のおねーさんが「言いわすれるところでした。動物達はイタズラ好きですからりんごを投げられたり、水をかけたりすることがありますので、注意してくださいね」

 うん、や ら れ た!

 メガネのおかげで映像が立体的に見えるのは分かってました。座席になにか仕掛けあるのは分かっていたのですが、座席が動くものだと思ってた! 実際に風が送られてきたり、水しぶきがかかるとは! びっくりした!

“宇宙博物館”
IMG_4898.jpg
 これはアトラクションではなく、博物館。
 ロケットの歴史とかの説明がされていました。それに入口のところには現在建設中の宇宙ステーションの模型!
 過去と現在、そして未来。
 宇宙というものはロマンですね!
 冬の夜空でオリオン座を見つけるたびにわくわくしてきます。
 地に足つけて歩いていくのだけでも大変なのに、わざわざ宇宙へ行こうと考え、そしてその実現のために技術を進歩させていく。どこまで行ってしまうのだろうかと思いつつも、それでもどこまでも行かせてくれない宇宙の広さ。
 宇宙船地球号だとかのなんとかの話をテキトーに思い出してみたり。 

 本物のアポロカプセルに宇宙服といった、貴重な資料が展示されていました。
 正直、なんでこんな所に?と思ってしまうくらいしっかりとした博物館でした。

 勿論、ガガーリンについても。
 ここで興味を引いたのは、有名すぎる彼の発言について。「地球は青かった」ですが、「空は暗かったが、地球は青かった」と言っていたらしい。あれ前半分カットされて覚えられている? 先輩Yはインパクトある方が覚えられたのだねとかなんとか言ってました。短いほうが覚えやすいしなー、簡略させるよなと思っていたことは、自分だけに言っておきました。

 そして、スペースシャトル・チャレンジャー号についても。
 笑顔でその誇らしげに写る宇宙飛行士達の写真には胸を締め付けられました。二年間もスペースシャトルの打ち上げが延期されたというのは、それだけ影響を及ぼすに十分な事故だったのでしょう。

 こじんまりとした博物館ですが、中身はぎゅぎゅっと詰まってました。

2009/12/27


【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その3)

「先輩! 次あれに乗りましょう!!」
 後輩が指さす先はジェットコースター。
IMG_4899.jpg
 一回転があるというコース。
 いきなり難易度高いの来た!

 先輩Y→高い所が苦手。
 後輩→ジェットコースターが苦手。(そのくせやたらと乗りたがる)

 まずはそんなに怖くないのから乗ろうという先輩Yの意見が出されたため、難易度を下げました。

“クリッパー”
IMG_4903.jpg

 宇宙飛行の準備運動という感じのテーマらしい。
 スペースシャトル型のジェットコースター。
 
 一番前に乗りました。
IMG_4904.jpg
「荷物は足もとに置いてください。遠心力で落ちませんから」と係りの人。
 だけど、その遠心力を信じきれなかった。
 鞄落ちないか心配で、足踏ん張ってしまいました。
 前に何かで、ジェットコースターに乗る時は足を踏ん張るよりも身を任せたほうが楽だというのを聞いた。だけど、ギャーギャー叫んでいる私はそんな余裕なし。こらえるよりも叫んだほうがあまり負担ないというのはかろうじて思い出していました。
 鞄は床にくっついているかのように動きも浮きもしませんでしたけどね。

 後輩が隣でギャーギャー叫んでいるのを聞いていたからか、「これ先に乗って正解だったろう」と言ってくる先輩Y。
 叫ぶのを楽しんでたんです!!
「ぢゃあ、次はあれですよねぇ~」と後輩はさっき見た一回転ありのコースへと進んでいきます。

“ヴィーナスGP”
IMG_4910.jpg
 今度は一番後ろ!
 一番前は一番前でレールが見えるので怖いですが、一番後ろは一番揺・れ・る! 振り回される!! あと、落下のタイミングが最初の人たちと若干ズレるのでそれもまた怖かったりする。

 この”ヴィーナスGP”はちょっと変わったシステムで動いています。その名も「ノリッド・システム」!!
 乗客のノリの良し悪しでスピードが変わってくるのです。
 どうやって判定するのだろうと思ったら、係りの人が「ヴィー」と掛け声をかけたら、乗客が「ナス!!」と声を出すよう指示されます。その乗客の声の大きさによって、速さが変わるというらしいです。
IMG_4919.jpg
 一周回ったら、タイムが出るのですが、私が乗ったときの方が、私の前に乗った時よりノリがよかったので、若干タイムが速かったです。

 一回転は、実際に乗ってみると一回転した! というよりも、急角度を勢いよく駆け上がっていくという感じがしました。下から見ていると一番上でさかさまになった時に落ちそうなのですが、遠心力でシートに押さえつけられているらしく、下に落下すらしないのです。
 遠心力の底力を思い知りました。
 小学校の時、よく水入れたバケツ振り回してましたけど、よく失敗してびしょびしょになってたので、遠心力のことを信じられなかったのです。遠心力働かなくしていたのは、私だったのですね。今度やる時は気をつけたいと思います。

“アストレスタ”
IMG_4927.jpg
 『月の石』が展示してあると書いてあったので、迷わず入ってみました。

IMG_4933.jpg
 先に行ったのは月の石。その次に鉄隕石に行きました。
 隕石は触れることができるようになっていまして、実際に触ってみますと、すべすべしていて滑らか。表面が溶けているためでしょうか。大気圏突入!という感じでした。

IMG_4931.jpg
 私がはしゃぎまくったのは、書くまでもない。

 月。
 小学校の時やたらはやっていたものを真っ先に思い出したり、これでピッピが進化するんだとか考えたりしていましたが、受験でお世話になった竹取物語も引き出しておきました。
 
 太陽の光を反射して光る衛星。
 欠けたり満ちたりする空のあかりが、かけらですが、こんなに近くにあるのだと思うと不思議な感じがしました。そこらへんに落ちていそうなのですが、これが価値があると思うのはかけらでも「月」だから。
 細かいところは地球と月はまったく違うのでしょうが、それでもやはり同じ世界に存在する星だというの点は同じなのだなと思いました。ものすっごく大きな枠組みの中ですけど。
 だけど月にロマンを感じるのはそれは、遠く離れた、そうそう簡単に行けないところにあるからなのでしょうか。
 手に届かないからこそ憧れる。

2008/12/28


【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その4)

“ブギウギスペースコースター”
IMG_4934.jpg
 難易度は一番最初に乗った“クリッパー”と変わりません。
 ただし前向きに乗る分については、の話し手です。
IMG_4936.jpg
 前向きの席と後ろ向きの席のどちらか選べるのです。
 前向きで乗りました。時間あったら、次は後ろ向きに乗ろうかという話はしていたのですが、乗れなった……。残念。

“コスモファイター”
IMG_4938.jpg
 宇宙船を模した乗り物に乗り込み、懐かしいファミコンを思い出させる画面を見て、レバーのボタンを押して、画面に出てくる敵の宇宙船を撃っていくというアトラクション。
 二名一組で乗るとのことで、乗ったのですが、…一人でよくないかい? レバー操作一人分しかなくて、しかも交代するタイミングつかめなくて、私が多めに操作してしまった。レバーを前や後ろに動かしてみると乗り物もまた上向いたり回ったりして動いていました。
 そこはかとなく感じられる古臭さがちょっとツボだったりする。ドット絵のナビゲーター役のおねーさんどこかで見た気がしてならなかったり。最後にウィンクしてた。たぶん、先輩見逃してたと思う。

IMG_4939.jpg

“イベントスクエア”
IMG_4942.jpg
 次どこ行こうかとぶらぶら歩いていたら、何か開けたところに出ました。
 地面になにか模様が描かれている? と思ったら、ナスカの地上絵?!

 遠くを見れば、観覧車。
 たぶんここが観覧車から見えるようになっているのだろうなと思った。先輩も同じ事を考えていたらしい。

IMG_4943.jpg

“ふわふわエッグ” 
IMG_4944.jpg
 キッズ用。
 飛んだり跳ねたりできます。

「私、見かけは子供じゃなくても、心は子供のままですから!!」と言って駆けだそうとしたら、先輩Yに止められた。
 それからしばらく諦めきれなくて、なかなか立ち去れなかった。
 今回の一番の心残りがココ。

2008/12/28


【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その5)

“ツインマーキュリー アドベンチャークルーズ”
 また水をかぶるアトラクション。
 荷物をロッカーに預けます。
IMG_4961.jpg
 私たちは前が先輩Y、後ろが私でした。
 ちなみに先輩Y自ら「苦手だから前に乗らせてほしい」と言ってきました。
 ……前の方が怖いと思うのですが。もろに落ちる所が見えるから。私は「後輩」ですから、先輩の言
うことを黙って聞いていました。
 めっさ怖がる先輩の後ろ姿を見るのが面白かったです。というか、先輩Yが大きい方なので、前が見えない。
 
IMG_4965.jpg
 この瞬間を写真に撮られます(もうちょっと上のあたりを、ズームで)。アトラクションの記念写真。
 めちゃくちゃビビっている先輩Yと、前がどうなっているのか見ようとしている後輩のなんとも良い写真だったので、一枚500円でしたが私は買いました。

IMG_4966.jpg
 ここが一番水をひっかぶる。

 ほとんどの人がカッパを購入していたのですが、中にはカッパを買わない「猛者」がいました。“惑星アクア”は着なくてもなんとかいけそうでしたが、“マーキュリー”は買わないとア・ウ・ト!!
 びしょびしょどころではなく、ずぶ濡れ。
 「猛者」達は制服着てたのですが、大丈夫だったのでしょうか。冬ほど寒くはないのだけど、夏の暑さはなくなってきたので、風邪ひいてないといいのですけど。


 やってまいりました! “ザターン” 
IMG_4969.jpg
 パンフレットでも絶叫度No.1!

IMG_4981.jpg

IMG_4982.jpg
 一瞬でここまで。

IMG_4983.jpg
 そして、落下!!!!
 
 先輩Yは棄権。(建造物の高さのため)
 後輩一人での挑戦です。
 さすがに私も無理かなぁと思ったのですが、ここまで来たのだから乗ってしまおう!と。何ごとも新しいことにチャレンジすることが大事なのですから。

 荷物持たないようにと係りの人に言われたので、荷物は先輩に預けました。(ロッカーあったのですけど、100円戻ってくるロッカーとは知らなくて)

 一番前に乗りました。
 やるからにはとことんやってしまう! それが、私ですから!!
 (すいません、席替えてもいいですか。あー、もう替えれそうにないなぁ)

 準備ができるまでイケメンのおにーさんのトークで間をもたせます。
 この時、ポケットに何も入っていないですかとイケメンのおにーさんが確認してくれます。
 かなりの速度が出るらしく、その時物が落ちるとこれもまたかなりの速度になる、百円玉がひしゃげるくらいかなりの速度が出るとイケメンのおにーさんが言っていました。
 (重要な事で3回言いました)

 出発の合図が出て、レバーをぎゅっと掴みました。
 ぷしゅっと音がして、前に出ました。ちょっとだけ。 あれ? どうかしたのかなああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・・・
 リアルに不意打ち食らいました。
 一瞬にして、傾斜。
 そして、上昇。
 空へと駆け抜ける。
 このまま突き抜ける。
 そして、落下。
 足を踏ん張るのをやめ、身を任せる。
 風を切り、
 髪は天を指し、
 顔は地を向き、
 地面に近づく。
 
 快感っ!

 全てが吹っ飛んでいく、
 恐怖も
 悩みも
 後悔も
 恐れも
 何もかも
 落下とともに、全てが、空へ。

 この落下感、ものすごく癖になる。
 すっきりする。
 たまらない。
 
 二回乗りました。
 今回二回乗ったのは、このアトラクションだけ。

 ここでも記念写真撮ってるのですが、一回目は見るのを忘れて、二回目は後ろの左側に乗ったのですが、左側の人は写真に写らない。
 先輩が地上に残って撮ってくれていまして、一回目のは後輩が緊張しているのがよーく写っていて、二回目は出発した瞬間の良いのが撮れていました。
 先輩Y、二回も一人で乗ってしまった上に、写真撮っていただいて、ありがとうございました。

 “ザターン”はおススメ! 絶対乗った方が良いです!! 乗らなきゃ、人生の32分の13損しています。
 乗るまでが怖かったですけど。乗ると落下がたまらない。
 二回目は軽く失敗して、ちゃんとシートに背を付けてくださいという注意があったのに、ちゃんとしてなくて風圧で首が押さえつけられた。このままだと落下する時やばいと思って、上り切った瞬間に若干スピード和らぐので、その時体持ち上げました。乗る時は気を付けてください。しばらく背骨痛かった。
 それでももう一度乗りたいと思った。さすがにこれ以上先輩Yをもう一度待たせるのは、先輩に悪いし、それに何よりお腹すいた。

2009/01/02


【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その6)

“ハンバーガー専門店 tip top
IMG_4989.jpg
 遠足で来ている学校の生徒は、渡されているチケットでお昼を買っていました。

IMG_4990.jpg
普通のハンバーガーが私の。
 
 中で食べるか、店の前(外)で食べるか。
 先輩Yが迷わずに外を選ばれましたので、外へ。
 寒そうだけど、さっきの“ザターン”で待っててもらったので、今度は私が付き合う番ですから。

 他に外にいた学生達とちょうど入れ違いで、ほぼ貸し切り状態(外だけ)。
 ゆっくり食べれるなぁと思っていたら、遠くから何やら音楽が。
 
後輩「あれは、パレードじゃないですか? こっちに向かってきてますよ!!」
IMG_4991.jpg
 ベストポジション!!
先輩Y「デ○○○ーランドだと、こんな良い所は取れないよ!!」

“GO! GO! ROCK!”

まず来ましたのは、ヘンドリックス。
IMG_4993.jpg
 こちらに気づいて、ポーズ取ってくれました! ありがとう!!
 ちゃんと撮れたよと伝えるためにサムズアップしたら、先輩Yもなるほどするものなのだと思ったらしく、サムズアップし始めました。せ、先輩ちょっ、違っ・・・。
 ・・・・・・ま、いいや、本人が楽しそうなのだし。

次に来たのは、ラッキーラビット。
IMG_4996.jpg
 反対側の人たちに反応して、こちらに気づかず。彼がメインなのに~。
 
最後に来たのは、ヴィッキーラビット。
IMG_4999.jpg
 彼女も気づいていてくれたのですが、夢中になっている先輩Yの姿も写ってましたので、こちらを。
 先輩Yが楽しんでいただけたようで何より。 

 パレードの真ん中にはカウボーイハットをかぶった二人の男の子。
 応募するとパレードに参加できるらしい。

IMG_5002.jpg
 パレードの後について、子供たちがぞろぞろと。
 何も知らずに外に出ましたが、とてもいい場所でした。

 この後、広場でダンスしてました。
 子供達も参加できるよう、ダンスを教えたりしていました。
 それを見て、先輩Yが何やら思いついたようでした。(仕事的な意味で)
 
IMG_5004.jpg
 広場(“イベントスクエア”)から歓声が聞こえてきているのですが、“ザターン”の悲鳴も聞こえてくるという。
 ちょっと二つのギャップに笑ってしまった。

 イベントが終わった後、小さな男の子が覚えたてのダンスを踊りながら、広場を離れていくのは微笑ましかったです。

2009/01/02



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について