目次
2008年9月、福岡:天神辺り
【08`09/29】福岡 先輩と後輩と 序章(その1)
【08`09/30】福岡 先輩と後輩と 序章(その2)
2008年10月、福岡:博多
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その1)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その2)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その3)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その4)
【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その5)
2008年10月、福岡:スペースワールド
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その1)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その2)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その3)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その4)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その5)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その6)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その7)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その8)
【08`10/25】 福岡 先輩と後輩と 二章(その9)
【08`10/25】福岡 先輩と後輩と 二章(その10)
2008年10月、福岡:大宰府
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その1)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その2)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その3)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その4)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その5)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その6)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その7)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その8)
【08`10/26】福岡 先輩と後輩と 三章(その9)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

1 / 28ページ

【08`09/29】福岡 先輩と後輩と 序章(その1)

 Y先輩という先輩がいる。
 私が中学生の時からの部活の先輩で、今でも連絡を取り合っている先輩の一人である。
 今東京にいるというその先輩が、今度宮崎に用があるとの事で、そのついでに福岡にも来るとのことだったので、久しぶりに会うことになった。

Y「宮崎からは高速バスで来るよ」
私「それでしたら、プラカード作って待ってますよ」

 その時は、それは冗談ということで話はオシマイになりました。

福岡 先輩と後輩と 序章

2008年9月29日(月)
 先輩が乗るという高速バス「スーパーフェニックス号」は、福岡の天神に20:15に到着予定とのこと。
 けっこう時間があったので、おとなしく本を読んでいたのですが、予定より早く読み終わってしまいました。
 今から天神に行くには早すぎて、これからまた新たに本を読むには遅すぎる。そんななんとも中途半端な時間。
 何かをしないでいるのももったいないので、作ってみることにしました。
 歓迎のプラカード!
 構想ひらめき、製作時間30分(途中休憩15分含む)!

 天神のコンビニでこれを拡大カラーコピーして、完成。
 それでもまだ時間があったので、近くの家電量販店に行ってみました。この前の京都旅行の写真をプリントしてみようと思って。写真があるとY先輩にも話しやすいですし。
 が、USBにデータを詰め込みすぎていて、機械の読み込みにえらい時間がかかり、その上私が使った機種が上限999枚しか読み込んでくれず、結局プリントできなかった・・・・・・。
 時間ぎりぎりとなってしまい慌てて高速バスの降車の所に行ってみるものの、既に先輩はおらず、駅口の方にいるとのメールが届きました。いつも数分遅れるのに! なんでこんな時にだけ!!

 待ち合わせの場所として指定されることの多い、西鉄天神駅北口。
 あそこは、人が多いんだよなぁ。
 まぁ、Y先輩は知らないからな、私が冗談を冗談で終わらせなかったこと。
 相変わらずY先輩は外さないよなぁと思いながらエレベーターで地上へ。

 いつも通り人が多く、ちょっと探すのに苦労しましたが、大型ヴィジョンの端っこにY先輩を発見。先輩も丁度私を発見したらしく、手を振ってきました。

 私は満面の笑みを浮かべ、鞄から取り出しますのは自信作!

IMG_4555.jpg
(家で撮影)

 取り出したその瞬間に先輩の顔が凍り付いて、私を連れてビジョン前を早々に立ち去りました。
「もう二度とするな」と喜んでくれました。
 私の力作が非常に目立っていたと褒めてくれる先輩の早歩きに、やや駆け足でついていく私。
 そんなに気に入ってくれたのならと、先輩にこのめい作をあげる事にしました。先輩は受け取ると、素早くこの作品を鞄に入れてくれたのでした。

 充分過ぎるくらい役目を果たしてくれたので、作ったかいがありました。

 久しぶりに会うY先輩をからかうのはここまでにして、二人で向かうは赤坂。
 地下鉄空港線に乗り、一駅。
 先輩が知人から紹介されたと言うもつ鍋のお店へと行きます。

 先輩は赤坂店ではない方に行ったことがあるとのことでした。
 それで、赤坂店に行くのは初めて。
 私はちゃんと“もつ鍋”を食べるのは初めてでした。


 居酒屋風の賑やか過ぎるくらいのところと聞いていたのですが(赤坂店じゃない方が)、どうもちょっとそことはまた雰囲気が違うよう?

 階段を上がりきってみると、そこにあるのは、シンプルで落着いた雰囲気のある、学生が気軽に行くような安いが売りの居酒屋とはまったく異なる、会社帰りのスーツではなくて私服で仕事しているような人達が利用するようなお店でした。
 Y先輩の使い込まれたリュックサックと私の履き慣れたジーンズが場違いにしか思えない。
 一瞬ためらってしまうものの、店員に見つかり、席へと案内されていきました。
 通路の途中に飾られているのは、一輪挿しの薔薇。ライトが当てられ、一本で十分に華やかさをふりまいていました。
 先輩のリュックサックと私の傘はお店が預かってくれたので、壁際の二人席が狭いと感じることはありませんでした。周りを見るとやはり会社帰りの人たちでいっぱいです。赤坂なのですから、当然なのですけど。
 
 メニュー表の「お通し代として」の一文に、お酒は飲まない方向で素早くと決まる。もともとお酒が飲みたかったわけではありませんでしたし(と見栄を張っておく。)
 その代わりにと頼んだのが、“牛ホホ肉の甘煮”。
 口の中で甘くとろけていく牛ホホ肉。
 これも高かったのですが、お酒頼まないのだし、せっかく来たのだからと頼んでみたら、正解でした。

 「もつ鍋ができあがるまでお楽しみください」とメニューに書いてあったのですが、その“もつ鍋”がすぐに来た。そして、出来上がったものを出してくるので、すぐに次が楽しめた。もうちょっとゆっくりでもよかったかな。

 “もつ鍋”は味噌味。
 このあたりは、先輩に任せました。
 あと、火加減も先輩に任せました。
 それに、野菜を入れるタイミングも先輩にお願いしました。
 やっぱりY先輩は頼りになりますねっ★
IMG_4564.jpg
 “もつ鍋”のもつがどんなものかと、びくびくしていたのですが、変なものじゃなかったです。噛んでみるとおもしろい感覚がします。生臭さとかそういうのもなかったですし、おいしかったです。
 せっかくだからいい所行こう! と挑戦してみたかいがありました。
 “もつ鍋”は福岡の味だから。できるだけ負けない所を行っておこうと。
 挑戦の後日がある意味戦いでしたけど。

 しめは、ちゃんぽん麺。
 私が野菜を食べつくしてしまったせいで、麺だけの寂しい鍋になってしまった。
 ニラも美味しかったんですもの!

 人気店らしく、月曜日なのに、空いている席はあまり見かけませんでした。
 立地も関係あるかもしれませんけど。

 ちなみに、会計は、お勘定をレジに持っていくのではなく、そもそもお勘定がなくレジで名前を言うようになっていました。
 やっぱり赤坂、学生はお呼びでない?

 でも、居酒屋特有の騒がしさというのはないですし(別のお店がそんな感じらしい)、おしゃれなので、自分達でちょっと背伸びして行くには充分なところでした。

2008/12/17


【08`09/30】福岡 先輩と後輩と 序章(その2)

2008年9月30日(火)

 先輩が福岡に来て、時間が合えば私が通う大学の学生食堂で、お昼を食べます。
 広い大学なので、学生食堂と名の付く食堂だけで4つ、カフェテリアだとかレストランだとかも含めると8か9ぐらいあります。
 前回は第4食堂(丼の第四)でしたので、今回は第一食堂(定食メイン)。
 第一食堂の魚定食の魚は朝卸売市場で仕入れたものが使われていて、魚が好きな私にとっては嬉しい食堂。
 最近値上がりしてしまいましたが、それでも¥400で、ご飯、豚汁、お魚、小鉢2つと満足のボリューム。
 
 携帯電話を見てみれば、級友から「第2にいるよ」とのメールが入っていました。
「デザート食べたくないですか?」と先輩を第2食堂へと誘導。
 素朴な味の手作りプリンとオレンジのムースを買って、級友達の姿を探します。
 私は全員の事を知っているのですが、当然先輩と級友達は面識全くないです。
 だけど、会わせてみたかったのは、先輩も級友達もバスケに理解があったから。(私は除く。)
 無理に引き合わせた感は否めない。 

 その時、昨日のプラカードの話になりました。
 話を聞いた級友二人が「せめて『WELCOME』と書いてあげようよ!」とツッコミ。
 私の行動自体には、問題がありすぎてツッコミきらないとか。
 
 この後、私は授業だったので、ここで一旦先輩とお別れ。


 そして、再び会うのは午後6時。
 『浜勝』の100号店があるのを先輩が見つけたとのことで、行ってみることになりました。

  ランチの時間過ぎていて、串かつにするか、いつものかつにするかで迷いましたが、いつものかつで。
 この『浜勝』100号店、禁煙か喫煙か、串かつかで階が分かれています。
 先輩も私も煙草吸わないのでそこは迷わず禁煙。

 まさか、英語の授業が一緒だったひとのバイト先とは思わなかった。
 というか、予想してなかった。
 びっくりした!
 驚きのあまり、同級生なのに敬語全開。
 広い大学なので、会う約束していないとすれ違うことすらないのですが、まさか天神で出会うことになるとは!!
 「天神で石投げると、だいたいこの大学生か卒業生の人に当たる」というのがまことしやかに流れている噂ですが、知り合いに当たるとは思わなかった。
 だけど、ものすごくいい人で、授業でしか話すことのなかった人だったのですが、いろいろと気にかけてくれました。
 その事にもびっくり。
 人に優しくするのも大切なことなのだなと教わりました。
 この人苦手だなと思ったら、可能な限り避けようとするのが私なのですが、この考え方だと損をするなと思いました。

 どぎまぎする私を、テーブルの向かい側に座る先輩は笑いっぱなし。
 覚えておきなさい!! このお返しは必ずしてあげるんだからね!!!

 そして、福岡空港へ。
 見送りますよ~と申し出たのは、全ては動く歩道のため!
 動く歩道の上をあえて歩くという楽しみを味わうために、あとお世話になった先輩を見送るために空港へ行きました。
 また近く来ることになるという話をされて、その時はまたどこかへ行きましょうと約束。
 時間になり、ゲートを潜っていった先輩に手を振り、すぐに向かう動く歩道。
 合計2往復しました。
 満足!!



 まさかあんな事になるなんて、この時誰も予想することはできなかったのであった。
 【次回】福岡 先輩と後輩と 一章

2008/12/18


【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その1)

2008年10月24日(金)

 リアルに眠いです。
IMG_4656.jpg
 地下鉄七隈線にて。
 ノーマイカーデーだったので、一日乗車券を500円で購入できました。通常600円。

 今から天神南駅まで行って、地下鉄空港線に乗り換え。
 この乗り換えで歩かされるのですが、はっきりいって、いい加減にしろと怒鳴りたくなるくらい歩かされます。
 眠いので、それどころではないのですけど。

 と言うのも、ここ一週間睡眠時間削りまくっていました。
 たぶん、試験勉強してたときより寝てない。
 そう、全てはこの日とこの次の日と、さらにその次の日のため!!

 コンビニで拡大カラーコピーをして、丁寧に丸めてから鞄にしまいます。

プラカード作戦あげいん

 忘れていたと言うか、日にち間違えて覚えていたりして本人にツッコまれたりしましたが、この日は誰もが持っている大切な日。
 先輩Yの誕生日でした。
 自分の誕生日に休みとって、大好きなプロバスケットボールの試合を見に来福してきたのです。
 わざわざ東京からやって来るのを考えると、本当に好きなんだなぁと思います。

 福岡在住の唯一の後輩として、先輩を歓迎しに福岡空港まで行ってきました。
 プラカードを持って。
 空港と言ったら、プラカードでしょう! 実際、見たこと無いけど!! 映画では空港のシーンでプラカード持ってというのは見たことあるのですけどね。
 
 と、いうわけで作ってみました。

福岡空港、到着口ロビーにて
IMG_4663.jpg
 「せめて『welcome』を入れてあげようよ」という級友達のアドバイスを取り入れてみました。
 加えるのは、忘れちゃいけない“HAPPY BIRTHDAY”のスパイス!
 文字は大きく若干読みやすく、かつ、一瞬で読んでは理解不能。事情が分かる人でないとなんと書いてあるのか、つかみきれない。

 人間の頭はうまい具合にできているなぁといつも思うのですが、そのうちの一つを悪よ……げふんげふん、利用してみました。
 予想できる文であれば、文の頭を読むだけでその文に何が書いてあるのかを理解してしまうものだと思います。
 たとえば、「ようこそ、福岡へ」と書いてあれば、ちら見して「ようこ」が見えれば、後ろの文字がはっきり見えなかったとしても「ようこそ、福岡へ」と自然と頭の中で補完されるだろうと。はっきり見えなかった「福岡」が補完されるのは、ぼんやりとそのような文字の形が見えたとか、ここが福岡であるという言わばヒントがあるおかげなのかもしれない。(実は変化球で「ようこそ、福井へ」と書いてあったとしても、ここが福岡というのがあるので、思い込みで「ようこそ、福岡へ」と書いてあると思い込むのかもしれませんね。)

 色鮮やかで、そう難しくない「Don’t FORGET」でヒトの注意を引き、「Welcome to FUKUOKA」でなるほどと納得させつつも、真ん中のあえて細字で書いたシンプルな「年齢計算二関スル法律」で一気に混乱させる。
 「年齢~法律」というのは、誕生日に一つ歳を重ねることになりますよということを定めた法律。マニアックな法律ですけど、誕生日関連ということで。

 作戦名:気にしたら負けだ!

 わくわくしながら飛行機の到着を待ちます。
 遅れてますという表示出てました。後で聞いたら、一人ぎりぎりアウトで乗ってきた乗客がいたそうです。
 
 カタカタと表示が動き出し、「到着」が出てきました。
 今か今かと待っていたら、荷物を預けていない乗客が次々とゲートから出てきます。
 先輩Yにはあらかじめプラカードを作った事を告げていたので、後からゆっくり出てくると言っていました。
 最初は先頭客が出てくるところからずっとプラカード持ち続けておこうかなと考えていたのですが、腕疲れるだろうなと思って、先輩Yの姿を探して、若干タイミング速くに出してしまおうと計画変更。柔軟に対応です。

 そして、発見。
 先輩Yがゲートを出てくる直前で、ばっとプラカードを広げます。
 先輩Yも気がついたけれど、先輩の前にいた人も気がついた。何人かはスルーしていきましたが、一人は何回も振り返ってなんて書いてあるのか読もうとしていました。
 勝った。
 心の中でガッツポーズ!

「出すタイミングが少し速かった。他の人が見ていたよ」と先輩Yが言いましたが、あれはわざとです。

※プラカードは、この後先輩Yにさしあげました。


 久しぶりの動く歩道を満喫し、向かいますのは博多駅!
 博多口の方で、脚立に乗り挨拶をするのは、おまわりさん。
 何かのキャンペーンではなく、毎朝(土日はどうかはしりませんけど)通勤、通学の人たちに挨拶するために立ってるそうです。

 新幹線乗り入れのために現在大絶賛建設中の博多駅。
IMG_4667.jpg

 今日は博多駅→キャナルシティ博多→天神と徒歩で移動して行きます。

2008/12/22


【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その2)

 博多駅に着いたのが朝の9時ぐらい。
 この日は先輩Yはプロバスケの試合(観戦)があるし、私も学校に用があったので、お昼ぐらいまでしか時間なかったので、あまり遠くに行くわけにはいきませんでした。
 そんな時は、キャナルシティ博多。行けば何かあるし、何かやっているので見に行くだけでも楽しめる。
 だけど、キャナルはだいたい10時からなので、直行してもすることないのでとあるところに寄っていくことにしました。

 しばらく前に見つけて、気になっていたところ。

“博多塀”
IMG_4675.jpg
『豊臣秀吉が博多の町の戦災復興、いわゆる太閤町割りを行った時、神社・仏閣や豪商の屋敷に築かれた土塀は、兵火による焼石、焼け瓦を粘土で固めて作られ、「博多塀」と呼ばれました。』(看板より)
 
 復元されたのではありますが、博多にひっそりとあったりします。

“楽水園”
入園料:100円
 9時から開いていると、落ち葉を掃いていた係りの人が教えてくれました。
IMG_4676.jpg
 博多に日本庭園なんてあったんですね。驚き。復元らしいですけど。

 水琴窟修理中の文字。
 ちょっと残念。ここのも聞いてみたかった。

 池には色鮮やかな鯉が泳いでいました。
IMG_4683.jpg
 多すぎ!!
 受付で鯉の餌売っていたのですが、買いませんでした。ごめん、鯉よ。何も持っていないのだ。

IMG_4684.jpg

IMG_4689.jpg
 木の幹にしっかり蔓が根付いています。

IMG_4692.jpg

IMG_4694.jpg

 池を見ながら、鯉があきらめたなぁというのを眺めていたら、何かを踏んづけてしまい、ばきっと音がしました。
 その音に反応し、こちらに向かって泳いでくる鯉の大群。
 その瞬間を私は見逃してしまいましたが、先輩Yは鯉が一斉に反応してたと言っていました。

 何を踏んづけてしまったのかなと思って、見てみたら、どんぐりでした。
 周囲にどんぐりが落ちているので、上を見上げてみると、確かにどんぐりの木がありました。
「先輩、どんぐりなってますよ~」と上を指す私につられて先輩Yも見上げるのですが、なかなか見つからないようでした。
 と、そこへ、こつんと先輩Yの頭にどんぐり落下。
 先にしびれをきらしたのはどんぐりらしかったです。

IMG_4696.jpg

 ゆっくり回ったので、そろそろ次へと行きましょう。
IMG_4711.jpg

IMG_4716.jpg
 “博多塀”はどこを見ても少しずつ違うので、面白い。ずっと見ていたくなってしまいます。

2008/12/23


【08`10/24】福岡 先輩と後輩と 一章(その3)

“キャナルシティ博多”
IMG_4726.jpg

IMG_4731.jpg
 ロボットが巡回警備しています。

IMG_4732.jpg
 ロボットの胸の画面を押すと、おみくじできます。
 なので、よく小さな子に囲まれ、連打されている光景が見られます。

IMG_4744.jpg
 10時。
 中央の広場で曲に合わせて噴水ショーが始まりました。
 「キャナル」ですから。

IMG_4747.jpg
 あ、こっちにも来るんだとカメラ向けたら、私に向かってロボットがやってきた。
 不審人物ぢゃないです! と思わず逃げた私。

“コールド・ストーン・クリーマリー”
IMG_4728.jpg
 級友Tからここの事を教えてもらって、行ってみました。
 なんか、人気らしい。
 氷の鉄板の上で、歌を歌いながら、アイスをねるというパフォーマンスをしてくれるらしい。東京で人気で、やっと福岡に上陸。
 福岡では歌わんじゃろ~と話していましたが、歌ってました。

(あ、歌うんだ~)

 開店と同時に店に入ったので、一番乗り。
 他にお客がおらず、先輩と私だけ。他にお客がいれば、その人達が盛り上がってくれていたのでしょうが、私は凝視していました。ノリが悪いと言われればそうですが、何よりもびっくりした。
 先輩Yにぽかんとしてたねと言われましたが、先輩だって似た様なものだったぢゃん!

 きんきんに冷えているらしく、霜の付いた鉄板。
 へらでまず使うスペース分だけ霜をこすりとり、その上にアイスクリームを乗せて、トッピングを加えていきます。先輩と私の二人だったので、店員さんも二人で腕交叉させてトッピング取ったりしていました。歌う時も、へらを二人でかちんと軽くたたいたりしていました。

 私が注文したのは、メジャーなイチゴ。先輩は確か期間限定の栗だったと思います。
IMG_4748.jpg
 この後、何度かキャナル行くことあったので、そのたびにこのお店を見かけることがあったのですが、いつも長蛇の列でした。
 あ、本当に人気なんですね。


 お昼は“ラーメンスタジアム2”
 全国各地の人気ラーメン店が入れ替わり立ち代り8店舗ずつ出店しています。
 近くは地元博多、遠くは北海道と、あちこちのお店の味がここで楽しめます。
 私は何も考えずに豚骨に行くのですが、あちこちの味を知っている先輩Yにチョイスをお願いしました。
 つけ麺の美味しいお店が二つも出ているということ。
 どっちにするのかしばらく悩んでいるようでしたが、お客が多いほうのお店を選びました。

“六厘舎”(期間限定出店)
8IMG_4751.jpg
 つけめんって何だろうと思っていたのですが、おそうめんみたいにして食べるラーメンなのですね。
 かつお節(だったと思う)がほのかに香る。
 ちゃんとラーメンでした。
 麺の芯までこってりと言うわけではなく、表面こってりコーティングという感じでした。

 一応時間おいたのですが、アイス後で食べればよかったなぁと。
 人気だと言うから先に回したのですが、金曜日朝早くならそこまで心配する必要なかった。

2008/12/23



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について