目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


京都 前らへんの日

 世の中どうにもならないことが多すぎる。

 砂糖と間違えて塩入れちゃったりとか、帰ってきたテストの点数だとか、普段使いのメルアドで就活先にメール送っちゃったりとか・・・・・・いや、これらは取り返しのつかないことか。

京都 前らへんの日
野分

 たとえミサイルぶっ放しても、天候は扱え切れないと思う。

 京都に行く事になり、あれこれ新幹線の往復チケットの値段を調べたりしていたのですが、それ以上に問題となったのは、天候。
 台風が近づいているとかで。
 
 どうも私が京都に行く日に、台風がやってくるらしい。
 どう見ても、日本に上陸してくる気満々の台風でした。
 だいぶヤキモキされました。

 だけど、台風に詳しい鹿児島の人によると「秋に来る台風は、それていくから」という話を聞き、また上記のサイトで様子を見ていると宮崎を通って、太平洋の方へ行こうとしているのだったので、一安心しました。

 ヤキモキするのに、途中であきてきたと言うのもある。
(・・・・・・心配してくれた人たちがまだいるというのに)

 級友メンバーの一人に「ちょうど台風に追っかけられて行くのね」と言われて、それも面白そうだと思ったのもある。


 さてさて、次回から京都篇。
 今のうちに言っておきますが、長丁場になります。書き終わるのがどれくらいになるだろうとちょっと計算してみようと思いましたが、やる前にやめました。
 ゆっくりお付き合いくださいませ。


【08`09/19】京都 一日目 (その壱)

2008年9月9日(火)
 読みたかった本がやっと手元に来たので、さっそく読んでみたら、面白い内容だったので、満足。その満足に浸っているところに、一通のメールが送信されてきました。

 叔父(京都在住)からの久しぶりのメール。
 なんだろうと思い読んでみると、「京都に来ませんか。」との事。

 前に京都行きたいみたいなことを言っていてので、覚えてくれていたんだという嬉しさと、さっき読んでた本が京都を舞台にしたものだったから、なにか思いが繋がったのだろうかと驚いた。

 連休を利用し、6日間お世話になることになりました。
(たぶんここまで長居するとは、叔父も思っていなかったのだろうけど、行ける時に行かせていただきました。)


2008年9月19日(金) 京都 一日目
京都タワー ~台風と私と、どきどき、北上~

 心配されていた台風は福岡直撃コースを取らず、宮崎を通るコースで行ってくれました。(宮崎在住の話によると、夜はものすごい雨風だったらしい。)

 そのため、新幹線が止まるだのどうのこうのは、全くありませんでした。

博多駅出発09:30、新幹線のぞみ
080919001.jpg
 ちなみに、“博多駅”は駅ビルが取り壊されているので、すっきりしています。

080919002.jpg
 九州新幹線の乗り入れのための再開発中。大きな新しい駅ビルもできるようですが、かなり時間がかかりそうです。

080919003.jpg
 新幹線は憬れの乗り物!
 指定席の窓側です。

 電車(新幹線だけど)の旅には、やっぱりお茶とおにぎり。
080919004.jpg

 京都へと向かうのですが、新幹線は陸の乗り物。途中、関門海峡を通ることになります。
 前の旅では関門海峡でクルージングしたものの、渡りきってはいないので、通るところを写真におさめようと、窓にへばりついて今か今かとその瞬間を待っていました。そして、トンネルに入り、窓の外は真っ暗。
 

 県境の長いトンネルを抜けると山口であった。


 ・・・・・・あれ?

 思い出してみれば、以前新幹線で大阪行った時も、関門海峡を通るところは見えなかったなぁ。

 気を取り直しまして、

 車内販売のアイスクリームは見逃せない!
080919005.jpg
 前回バニラを食べたので、今回は抹茶。
 かっちんこちんに固まっているので、しばらく置いておくべし。

 食べ終わって、鞄から取り出しましたのは、観光マガジン。
 一通り読んでおいたのですが、読めば読むほど行きたいところが増えてきて、収拾つかなくなってた。
 だから、今ここで、リストアップ。
 細かいところは叔父達と合流してから決める事にして、自分の興味のある所をメモしておきました。
 
~参考にした本~
・『歩く京都 ’09』 まっぷるマガジン(昭文社)
・『Flower Do it! 風光る京都 ~沖田総司と歩く新選組の舞台~』 協力/渡辺多恵子 (小学館)

 主に利用したのは前者。
 後者は、たまたま見つけて買っていたのを思い出して、鞄に詰め込んでみました。中学・高校時の友人達が『風光る』読んでいて、途中まで借りて読んでたんですよね。今、ちょっと集めてます。

 そうこうしているうちに大阪駅に。
 前回新幹線に乗ったときはここまででしたが、今回はもう一つ先の駅まで乗ります。


【08`09/19】京都 一日目 (その弐)

京都駅到着12:14
080919006.jpg
 見えている建物は駅ビル(ホテル辺り)。デパートやら劇場やら入っている大きな駅ビル。博多駅もこんな感じになるのでしょうか。


 新幹線のホームから降りていくと、まず歓迎してくれたのは、持ち主不在の学生バックの群れ。(見張り役らしい教師が傍にいた。持ち主達はお土産を買いに行っているようでした。)
 さすが京都。修学旅行の学生にいきなり遭遇してしまいました。

 そして、“伊右衛門”のポスター。
 CMが好きで、出てくる二人が好きで、久石譲の音楽が好きで、そしてペットボトルの形が好きで、お茶を買うときは必ず“伊右衛門”を買うと決めているくらい大好き!あと、味も。
 どれくらい好きかというと、授業の間の休み時間に、一人でCM再現をやってみるくらい好き。
 そんな大好きすぎる“伊右衛門”に出迎えられるなんて、縁起が良いと一人満足。

“京都駅ビル”烏丸口
080919007.jpg
 ここに来たのは、中学の修学旅行以来。
(あの時は、飛行機だったので、新幹線で京都に来るのは今回が初めてということになりますね。)
 一日自由行動の時に、京都駅スタートだったのを思い出してちょっと懐かしく思ったり。

 実は、その中学の修学旅行のとき、私“京都タワー”を見た覚えがないんです。同じ班のメンバーは間近で見たとか言ってたのですけど・・・・・・。
 だから、今回こそは見つけよう!と意気込んでたのです。

 あ、あった。

“京都タワー”
080919008.jpg

 烏丸口出て、真ん前。
 ちょっと雨降ってましたけど、見逃しようがないくらいの位置にあるのは、まさしく“京都タワー”。
 見逃したという人がいるのが不思議なくらいに、バッチシ見えました。

 たぶん、あの時の私は見上げる事をしなかったのだろうと。
 駅前にバス乗り場があるので、乗る予定のバスを探すのに必死になっていたからじゃないかなぁと。
 見知らぬ土地で、自分達で予定組み立てて移動するのって初めてだったから、緊張していたんでしょう。
 それにしても余裕なさすぎだよ・・・・・・。


 駅を出て、すぐそこにある“市バス・地下鉄案内所”にて『市バス専用一日乗車券(500円)』を手に入れます。
 このカードがあれば、市バス限定で一日乗り放題。範囲が決められてますが、たいていは気にせずガンガン乗れちゃいます。市バスは一律220円だから、3回バスに乗るとお得になるのです。

 叔父との待ち合わせは3時。
 時間があるので、ちょっとどこかに行ってみようと。早速バス停に行って、時間をチェックしてみると、まだしばらくやって来ない様だったので、郵便局へ。

 級友達へのお土産は絵葉書にしようと既に決めてました。一応切手は持参してきたのですが、京都らしい切手の方がいいよなぁと思い、記念切手を購入しました。

 局員の言葉が京都だった。
 今更ながら京都に来たんだなぁと。
 あのゆったりした口調は、九州では聞かないなぁ。

 その土地に行って、やっぱりいつもの自分の土地と違うのだと実感するのは、その土地の言葉を聞いたときだと思います。
 日本全国姿かたちはほぼ同じだけど、言葉はその土地で培われるものだからかな。

その郵便局の前で発見した郵便ポストその①
080919010.jpg

その郵便局の前で発見した郵便ポストその②
080919011.jpg
 知人に出すハガキがあるのを思い出して、投函しておいた。
(出発前に出しそびれていたのだけど、結果オーライ)
 
080919012.jpg
 かわいいのだけど、この郵便ポストの前って、人通り少なかったなぁ。


【08`09/19】京都 一日目 (その参)

 弱冷房の車内。
 窓から見える曇天。
 建物が次々と過ぎ去っていくのをぼんやり見つめて、私は思った。

 このバスは、どちらへ向かってらっしゃるのでしょうか・・・・・・

 京都の地図がまだ頭の中にはっきりと浮かんでこない私でしたが、絶対目的地へ向かっていそうにないのは分かった。
 だけど、バスの行き先にちゃんと目的地のトコ行くって出てたはずなんですけど。前と横で2回確認したから、間違えたということはないはず。

 ここは慌てず騒がず、とりあえず『歩く京都』に付いていた地図を広げてみる。
 うん、よく分からない。
 
 裏はどうなっているのかと、引っくり返してみたら、路線図が載っていた。
 うん、今気付いたよ。
 
 車内アナウンスを頼りに、探してみたら、目的地には行ってくれるのだという事が分かった。
 そして、そこに辿り着くのに、ぐるっと大きく回ってから行くのだというのも分かった。
 ものすごくヤラレタッと思った。

 なるべく遠くに行かないよう選んだのに、バスで遠回りしてどうする!

 よくよく路線図を見てみると、例えば二条城へ行くにしても、バスの番号によって通るルートが違っているようでした。
 だから、“市バス・地下鉄案内所”で乗車券カード買ったときに、路線図もくれたのですね。今やっと理解したよ。
(普段地下鉄で移動するので、バスではそういうことがあるというのを、すっかり忘れてました。)
 
 一発目で失敗して、それに気がついて、ある意味ラッキーだ。
 乗っちゃったし、途中で降りるのもなんだか負けたみたいで悔しいから、車内観光と洒落込ん(?)でみましょうか。目的地には行ってくれるのだし。

 ただ、叔父との待ち合わせには遅れるだろうけどね。(ごめんなさい)

“東寺”
080919013.jpg
 
 真直ぐ京都駅へ行ってくれるバスが停まるバス停に行って、時間を確認してみたら、そのバスが一時間に一本だったので、(他のバスもあまり来ないようで)せっかくなのでちょっとぐるっと一周してみた。

 看板によると、明日の20日から催し物があるとのこと。
 
 ここでも修学旅行生を発見。
 そして、『歩く京都』を持っている観光客を発見。なんだか仲間を見つけたような気持ちに。

080919015.jpg

080919014.jpg
 現存する木造の塔では日本一という高さを誇るこの五重塔。
 過去に4回の落雷で焼失(現在のは江戸時代に創建された5代目)しているためか、すぐそばに消防署(おそらく支部)がありました。

 今度こそはと乗ったバスはちゃんと真直ぐ“京都駅”に行ってくれました。
 そして、バスを乗り換え、目印の二条城へ。

 なぜかこのバスに一緒に乗ったのは、大量の小学生。
 引率らしい大人と全員おそろいの封筒を持っていて、子ども会か?と思ったのですが、一人が「修学旅行」と書いたしおりを持っていました。
 見る限り年齢ばらばらだったから、一学年ではなくて、一学校の修学旅行かな?
 世の中にはいろいろな学校があるんですね。

 そして到着の二条城。
 私は叔父に待ち合わせ場所として指定されたのが、全日空ホテルだったので。

 遅刻確定だったので、連絡しました。

 ホテルの喫茶室で待ち合わせ。洒落てるなぁと思いつつ、キャリーケースを引っ張って、駆け足で向かいます。
 さすが全日空。入口から洒落てます。ドアマンは普通のキレイな制服なのですが、ホテル内の女性従業員は着物でした。
 胸の内は、「すごい」をもうちょっと崩した言い方を連発していました。
 
 喫茶室で叔父と合流。
 大きな窓の前の席だったので、外に造られた滝と、池で泳ぐ色鮮やかな鯉がよく見えました。ここの鯉は、たまにはねる。

 叔父と久しぶりに会ったのは嬉しかったです。
 会うとすればお正月ぐらいだったので、この時期に叔父と会うことになるのはレアだなぁと思いつつ、ケーキセットを食べさせていただきました。
 ふわふわのショートケーキ!

 そして、叔父は美術館の情報を持ってきてくれてました。
 プリントアウトしたものをホチキスでまとめてあるあたり、叔父らしいなぁと、どっちかというとそっちに気をとられてました。(ちゃんと読んだよっ)
 美術館は京都にありすぎて、どこに行こうかと迷っていたので、とても有力な情報でした。

 はじめっから遅刻しましたが、まぁ無事合流という事で。


 忘れがちですが、台風接近(京都からはずれたけど)だったんですよ。
 叔父の家で待っていた祖母は心配してくれていました。
 私は「そう言えば、そうだったなぁ」と、すっかり忘れてましたけど。


【08`09/20】京都 二日目 (その壱)

 意外と知らない人が多いのですが、「ラジオ体操」は夏休み以外もやってます。

 全国周る「今日は何とか県のどこどこに来ています~」というのは夏休みだけですが、毎日(日曜はどうだったかなぁ)ラジオ体操はやってます。

 6:30に起きて、ラジオ体操をして、第二体操まで頑張ったその後の二度寝って最高なんですよねぇ。あれほど気持ちの良い二度寝の仕方は他にはないと思っています。
 二度寝をするという堕落感に浸りつつ、残りわずかとなった時間を睡眠で貪るのがたまらない。

 そんな私ですが、京都滞在期間中は二度寝をしませんでした。というか、していられなかった!


2008年9月20日(土) 京都 二日目
ロード・オブ・ザ・フィロソフィー


 今回は京都に来ていませんが、祖父が朝散歩するというのを聞いて、私も散歩して来ました。

 朝ごはんは散歩から帰ってきてから食べることにしたので、あまり遠くまで行けませんけど。
 だけど、歩いて“二条城”に行けちゃうんですよね。

08-09-20 006
 中には入りませんでしたが、周りをぐるっと周ってみました。
 始めは寝ぼけているような感じでしたが、歩いていくうちにだんたん頭がすっきりしてきました。

“神泉苑”
08-09-20 011
9:00~(20:00)なのでまだ開いてませんでした。

 京都では、歴史的な建物の前には必ず立て看板があります。そこにはその建物の歴史が書かれてあるので、とても参考になります。
 目印にもなるし、目を通してみると意外な歴史を発見したりする事も。
 08-09-20 013
 ここの看板は古かったですが、たいていは新しいものだったり、あえて古いものを残してあったりしてあります。
 よくみるとセミの抜け殻が。

 二条城の周りは散歩コースになっていて、ウォーキングやジョギング、犬の散歩をしている人をたくさん見かけました。
 普通の運動公園の周りの感じです。
 だけど、京都の人はごく普通に二条城の周りで散歩してるんですよ。なんて羨ましい。そういった場所に恵まれている辺り、さすが京都です。
 二条城なんてテレビのドラマでやっとみるのが(本物ではないけれど)精一杯なのに。 

08-09-20 024
 二条城の北側。
 朝から二条城は贅沢だ。
 周りの人はごく普通に散歩しているのですが、私は一人感動しながら歩いていました。

 二条城チケット売り場すぐ隣の自動販売機。
 よく見ると木目調。
 隣のロッカーと合わせてあった。赤だと派手すぎて浮いてしまうだろうからか。

“二条城”
08-09-20 028
 これまで読んできた新選組の本が頭の中を駆け巡る。
 幕末関連の本は最近読み始めたので、まだ数が少ないので、無理矢理新選組を引っ張っておきました。

(幕府側の人間について、今度探して読んどこう)

 ここは8:00~(16:00)なので、開いてました。
 
 ですが、一周してさすがにお腹がすいたので、一旦帰りました。
 二条城に行くのはまた今度。

 今日の予定では、別の所に行くのです。「R」に。



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について