目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

60 / 65ページ

【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)

 リベンジの時間がやってまいりました。
 再びやってきました“西本願寺”
 5日目でうっかり車内より観光となってしまった所です。

“太鼓楼”
08-09-24 610
 後ろにある立派な建物は、参拝会館で別の建物です。

 壬生から“西本願寺”へと屯所を移してきた新選組。
 『使用されたのは西本願寺の北集会所・太鼓楼など。』(『風光る京都』など)と書いてあるのですが、“西本願寺”に残されているのは“太鼓楼”だけ。
 北集会所は明治に解体されて、姫路市のお寺に移されて現在も残っているらしい。
 ちょっと深読みしたくなってきますね。

08-09-24 613
 これだけ。
 バスが来るまで時間があったので、うろちょろしていました。(バス停のすぐ近く。)
 “西本願寺”のはしっこにあるので、ほとんど誰も来ません。

 先月「風光る」の新刊出たんですよね。
 西本願寺屯所移転の話から抜けてしまっているのですけど、そろそろクライマックスが近づいてきたなぁというところでした。
 終わらせて欲しくないのだけど、早く続きが読みたい!

 そんなこんなで次の記事から京都あちらこちらポイントのラストです。

2008/12/13


【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)

 ラストに訪ねたのは、“二条城”!
 二日目に周囲を散歩したり、目印としてしていた“二条城”ですが、中にはまだ入っていませんでした。
 中学の修学旅行の自由行動の時に行ってはいるのですが、あの時は“二条城”よりも地下鉄に乗ったこと方が重要だった。ホームに扉がある! とびっくりしたのは今でも鮮明に覚えています。

 入場料600円。
 8:45~16:00(ここで一番気をつけなければならないのは、時間だと思った。)

“東大手門”
08-09-24 616
 順路に従い左へ。 

“唐門”
08-09-24 621

08-09-24 623
 “車寄せ”から入るのですが、その前で係りの人達がが「“二の丸御殿”は4時で閉まりますので、先に見学してください」と呼びかけていました。

“二の丸御殿”
08-09-24 625
 15代将軍慶喜が大政奉還をしたのがここ(大広間一の間)。

 二の丸御殿内ではきらびやかな障壁画を見ながら、設置されている音声ガイドがそれぞれの部屋がどのような用途で使われていたのかを解説してくれます。

 どこの障壁画も眩しいくらい金色だったり、色鮮やか。それは現在、障壁画の保存のために古色復元模写と原画の保存修理をしているからみたいです。重要文化財だけで1000点近くあるとのことらしいのですが、その意味では本当に「お城」ですね。

 障壁画も素晴らしいのですが、私は鴨居の彫刻が印象に残りました。表と裏が同じではなく、異なる絵柄なのに、それが一枚の木を彫られたというもの。けっこう深く彫られているのに、それでも表と裏違うものが彫られている、どれだけ厚いことか! それをしっかりと支えている柱もまたすごい気がします。

 じっくり見ていたかったのですが、人の流れが早くてそうもできませんでした。
 係りの人が急がせるんだ。
「もうすぐ4時近いのに、人の波が止まらないのですけど」とトランシーバーに向かって話しかけている係りの人。
 バッチリ聞こえちゃってたんですねぇ、これが。

 確か一回りして4時過ぎてましたけど、まだ入りたそうにしている人が何人かいました。
08-09-24 631

08-09-24 639
 二の丸御殿は、中の作品保護のためか完全に締め切られています。

“本丸御殿”
08-09-24 649
 「メンテナンス中のため、当分の間は公開を見合わせている」(『“歩く京都”より』)
 えーと、前回はどうだったかなぁ・・・・・・。

 庭園があるのですが、ちょうど日が傾いてて眩しかった。

2008/12/13


【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)

 去年ゼミの旅行で“熊本城”へ行きました。
 その印象が強烈に残っているためか、“二条城”は城? と首を傾げてしまう。

“天守閣跡”
08-09-24 651
 この階段みたいなのを登った先が“天守閣跡”

 この階段みたいなのは「がんき」と言って、“本丸御殿”の周りをぐるりと囲んでいます。「敵の侵入時はどこからでも駆け上がれるようになっていた」とHPの説明に書いてあった。
 それを知ると、確かに城だなぁと思う。

08-09-24 652
 “本丸御殿”がばっちり見えます。
 遠く山に見えるのは、“大文字”。くっきりと「大」の文字。
 そして、空は快晴。今日一日天気に恵まれました!

08-09-24 654
 かなり急な階段です。

08-09-24 658
 この後、手摺をしっかり握って下りました。

“本丸御殿”
08-09-24 659

08-09-24 662
 こういう石垣、それも大きいものを見るとやっぱり城だなぁと思います。
 攻めたり、守ったりするのが城の醍醐味だと思う。

 さすがに“二条城”は広くてですね、あとちょっと時間がおしてたりもして、この後早歩きで“東大手門”へと向かいました。そのままくるりと反転して、逆流するのが最短距離だったのかもしれませんが、逆に時間かかりそうだったので、やめておきました。けっこう迷惑になりそうだし。順路に従い、ほぼ駆け足。
 広すぎるよ!!

“東大手門”
08-09-24 681
 あれ? 閉まってる??

08-09-24 684
 脇の門から出るようになっていました。
 16:00少し前くらいだったのですが、たぶんこれ以上新しく入ってこないようのためなのでしょうか。

2008/12/14


【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)

 叔父の家へと戻り、私を待ち受けていたのは、帰る準備です。
 ある程度荷物をまとめてはいたのですが、テトリスの要領で詰め込むのが大変でした。壬生寺で購入した新撰組飴が一番の難関だったと思う。意外とかさばる。まぁ、6袋も買えばそうなるのでしょうけどね。
 キャリーケースって蓋の上に乗っかって、体重かけつつチャックを閉めるものですよね。
 閉め切ったあの達成感は気持ちよかった。

 あの時は全部入れたと思っていたのですが、コンタクトレンズのケースを入れ忘れていました。(後日、叔父が送ってくれました。すいません。)


 新幹線が20:29発だったので、夕飯を食べる時間があるとのことで、今日もまた叔父が食べに連れて行ってくれました。

 京都駅八条口近くのホテルのレストランへ。

 ホテルまでタクシーに乗って行ったのですが、そこでちょっとしたミラクル。
 六日間、見かけてからずーーーと気になっていたとあるタクシー。
 屋根に小さな扇風機みたいな風車がのっかっているんです。
 あれはエコだよな、京都議定書だよなぁとごくたまに見かける度になんとなく気になっていました。
 そのタクシーに最終日の最後に乗ることができました!!
 
 株式会社エコロ21というタクシー会社のエコロタクシー。
 屋根の上の風車はやはり電気をつくるためのものでした。小さいのでちょっとしかつくれないらしいのですが、充分目立つ存在です。
 そして、アイドリング・ストップ機能付きの特別仕様車を導入しているとのこと。
 「エコロ21」のエコロはエコロジーのエコロと叔父が気付きました。私は「エコ」だったら二人いるなぁとそっちの方を考えていました。
 
 京都に数千台と走るタクシー。
 エコロタクシーはそのうちの23台。
 別会社の四つ葉のクローバータクシーよりもレアだったりしませんか!
 タクシーであんなにはしゃいだのは初めてだったと思う。
 ちなみに、このタクシー会社。他と違いオーナーという人がいないそうです。運転手さん達が一つの会社を立ち上げているのだとか。だからこそ、環境について考えたあれこれの仕掛けを導入できるのだと言っていました。風車(風力発電付き行灯)の設置には費用がかかってしまうので、普通だったらそんな利益に直接繋がらない事をしないけど、自分達だからこそできると誇らしげに話してくれました。

 
 あれこれ教えてもらいましたが、ずっとタクシーに乗っているわけには行かず、目的のホテルに到着。
“新・都ホテル”
 入口入って左に行ったところにあるレストランです。
 母には「八時の新幹線? どれだけいるつもりなのよ」と呆れられましたが、変更しなくて正解でした。
 ここの料理も美味しかった。
 ホテルのレストランとか普段行かないので、しっかり味わって食べました。

 祖母が食べきらないからとメインのお肉を私のお皿にのせてきたのですが、私もそんなにたべきらないよと祖母とやり取りがありました。・・・・・・見苦しくて、ごめんなさい。
 結局、食べました。
 お肉は柔らかくて、味がしっかりしみ込んでいて、おいしかった。
 そのあと、クリームブリュレも食べさせてもらいました。
(「食べれない」とか言っていたのは、あれですよ、幻聴ですよ。)
IMG_4538.jpg
 ソースが芸術的。
 四日目に湯葉と湯豆腐のお店に連れて行ってもらった時に、「写真撮るのが好きな人は料理も撮るよね」と叔父が言っていましたが、私は食べるのに夢中でそれどころじゃなかったです。叔父に言われて、初めて気付いたぐらいですから。
 最終日にして撮ったのは、これからそのソースの形を崩してしまうのがもったいなかったから。
 この後、おいしくいただきました。

「学食を食べれなくしてあげるよ」
 そう言って、叔父はあちこち美味しい所に連れて行ってくれました。
 それも美味しい+αな豪華なところ。
 私はどこの賓客ですか! と心の中で何度思いました。
 普段行けないような所に連れて行ってくれた叔父に感謝です。 
 学食安いし、おいしいんですよ~と言っていた私ですが、叔父の前ではもう言えない。レベルが違いすぎる。


 そして、京都駅へ。
 新幹線のホームのある八条口には歩いてすぐつきました。
 反対側の烏丸口(京都タワーのある方)の賑やかさを考えると、ちょっと寂しい感じです。駅の裏って表と違って、寂しい感じなのだと思うのですが、それにしても差がありすぎる。
 そこで叔父がお土産にと『御池煎餅』を買ってくれました。それも二缶!
 他にも二日目には虎屋の『栗羊羹』も買ってきてくれてていました。

 私がお土産にと持ってきていたのは『筑紫餅』だったのですが、祖母が全部食べてしまったので、叔父に回ってなかったり。
 

 甘えに甘えた六日間でした。
 「満喫京都旅行」とパック旅行にそう銘打ってありそうですが、今回の私ほど満喫できる人はそういないと思います。
 叔父と会うのはお正月ぐらいでしたし、祖母ともそんなに会う機会がなかったので、何年分を一気にという感じです。
 お世話になりました。


 改札口の前で別れて、エレベーターに乗って、二人が見えなくなって、これから一人暮らしに戻るというのを考えるとちょっと寂しくなったり。
 
 新幹線に乗って、席探したら、隣の席のはずのおじさんが座っていましたが、「すいません」と話しかけたら、すんなり隣の席に移ってくれました。
 怖い人だったらどうしようとかちょっとびくびくだったのですけど、怖い人じゃなくて良かった。

 窓側の席に座って、さっそく開けてみたのは銀色の筒状の缶:『御池煎餅』です。
「人によって好き嫌いに差がある」
と叔父が言っていたので、私はどうなのだろうかと思いながら食べてみたら。
 私的大ヒット! 甘い砂糖がまぶしてあるお煎餅でした。
 後日、級友達と食べてみたら、そのうちの一人が「お煎餅と言うから、甘くて驚いた!」と言っていました。お煎餅はしょうゆ味というイメージがあったらしいです。それに固くもないです。どちかというとさくさくしていました。

 虎屋の栗羊羹は、帰ってから食べたのですが、羊羹の甘さと栗の甘さがいい感じに合わさって、おいしかったです。さすが期間限定!
 こちらはうっかり、独り占めしました。
 少しずつ食べていくつもりが、すぐ食べきってしまったもので。
 羊羹一本食べきったその食欲は、秋でしたから。

 途中(確か広島)で隣の叔父さんが降りていきました。席移動してもらって、よかった。
 博多駅までまだ時間があるので、なにかすることないかなと思いついたのが、修学旅行の時に書かされた感想文。
 今回も感想文を書いてみました。
 今はもうこっぱずかしくて読み返すことできませんけど。

 博多駅に到着。
 工事の赤いクレーンが見えると、帰ってきてしまったなぁと思いました。

2008/12/14


京都 後日談

 とある話によると、
 六日間頑張りまくって、七日目に休んだというのがあるのですが、
 私は六日間満喫しまくって、七日目講義でした。

私の恋した公式

 巨人の応援をする祖母の隣でテレビを見ていたときに、CMでアインシュタインが出てくるのがありました。コーヒーの詰替えのCMだったのですが、そのときに黒板に書かれた「E=mc²」の公式を指して、「いいね、まじ、かんたん」と言っていたのは、ツボにはまってしまいました。

 そして京都から帰ってきて、一番初めにあった講座は、物理。
 文系向けの入門講座で、物理の仕組みみたいなのを扱っています。教授が丁寧に教えてくださるので、理解しやすい。
 それまで物理なんて選択したことがなかったので、全てが新鮮。相対性理論というのがどういうものなのか分かったり、ダイオードがどんな仕組みなのかとか、今まで気になりながらも放っておいてしまっていた事を教わりました。
 その講義を受けている級友二人に勧められて受け始めたのですが、講義に潜り込んでみたのは正解でした。

「ただいま~、帰ってきたよ~」
と講義終了後、級友二人に話しかける私。
「あれ? どこか行ってきたの?」
 木曜日しか授業をとっていない級友T。
「うん。ちょっと京都に六日間ほど。あ、それでねお土産がありましてね」
 鞄からお土産を取り出そうとする私に、級友二人の視線が突き刺さる。
 何を言われるのか、私はだいたい見当がついていた。
「・・・・・・あのさ、今週“試験”とか言ってなかった?」
「言ってた。今週の土曜だよ」
 完全に呆れた顔をして私を見る二人。
 それ以上何も言ってこなかったのは、呆れたというより、見放されたからだと思う。

 叔父に誘われて、京都に行くかどうか、実はちょっと迷いました。ほんのちょっとだけ。
 試験日直前に帰ることになるから。
 手帳としばらくにらめっこしました。
 京都に行きたいという方に完全に傾いていたのですが、わずかながらもマジメな自分が踏ん張ってました。
 だけど、あの時はいろいろモヤモヤとしていて、頭ではわかっていても、どうもそれが自分では納得がいかないという事がありまして、そのままの状態で試験受けてもいい結果は出せないだろうなぁと思っていました。
 それにここで京都行けなかったら、次いつ行けるか分からない。叔父には仕事があるわけで、今回ほどタイミングが合うのはもうないかもしれない。お正月あたりに叔父に会えてもいろいろ終わってしまっているし、何より京都、行きたい。行かなかったら、今の自分の状態だったら、うじうじ後悔しまくるはず。
 でもでも、試験があるんだよなぁ・・・。
 ぐるぐる思考が回りだしたので、あれこれ考えるのを止めました。
 自分、完全に京都行きを望んでいるのだというのが分かったから。
 本気で試験だけを考えているのなら、まず悩まないだろうと。
 
 京都に行って、すっきりして、試験を受ければいい! そう決断して、叔父に返信メールを送りました。

 試験のことほとんど忘れて、六日間を満喫しました。

 京都行きを決めたのは私だし、叔父にも会えたので、試験当日はいつもよりも落着いていました。たぶん今までで一番腹が据わっていたと思う。
 結果は、合格でした。
 また次の試験があるので、ぼやぼやできないのですが、まずは一つ結果を残せてよかったとほっとしました。
 心配かけてごめん、級友二人。


 実はそんな舞台裏(?)があったりもした京都編。
 京都満喫しました。
 京都は見るところがたくさんあって、とても六日では全てを余すところなく見ることはできませんが、六日間という期間を考えるととても密度の濃いものだったと思います。
 それは六日間もお邪魔させてくれて、美味しい所に食べに連れて行ってくれて、美味しいものをお土産としてくれたりとあれこれ叔父がしてくれたおかげに他なりません。それに祖母もあれこれ世話してくれたおかげでもあります。
 ありがとうございました。
 
 楽しかった旅行を忘れないためにこの旅行記を書いているのですが、私だけでなくて私を支えてくれる方々がいるという事を忘れないためにも感謝の言葉を書いておきたいと思いました。

 京都から帰った後も、写真を撮るという私の話を聞いて、祖父からデジカメの入門書を送ってくれたり、叔父からは京都の写真が送られてきたりしています。
 花びらの形をしたにおい袋のお土産は級友達に好評でした。壬生飴6袋の挑戦は今現在も続いています。
 そんな感じに京都編の話は続いていますが、9月の京都編はこれでおしまいということで。
 長々とお付き合いありがとうございました。

2008/12/15


●おまけ●
9月京都編には、それぞれの日にサブタイトルを付けていました。

前らへんの日=のわき

一日目=京都タワー~台風と私と、ドキドキ、北上

二日目=ロード・オブ・ザ・フィロソフィー

三日目=日本雨天

四日目=キンカクジ:ゴールデン・テンプル

五日目=旅行者Xの健闘

六日目=京都の休日

後日談=私の恋した公式

 分かっている人多数と思いますが、全部、映画タイトルをもじったものです。
 洋画・邦画交互にもじってみました。
 これを考えているときが一番楽しかったりする。京都編を書き始めた頃、妙に更新が遅かったりしたのはそのためだったり(笑)



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について