目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

57 / 65ページ

【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)

作庭の革命児が表す
 “永遠のモダン” 重森三玲のにハマる!
 『歩く京都』にそう書いてあり、やってきた“東福寺”。
 さっき見てきた“方丈庭園”も、そして見れなかった“龍吟庵”も重森三玲によるものらしい。
 せっかくなので、もう一つ見ていくことにしました。

 “東福寺”の“日下門”を出て、“臥雲橋”を渡り、駅へと向かう途中に道を曲がるとありました。

“霊雲院”
08-09-24 535
 拝観料300円。

九山八海
08-09-24 538
 中心に据えてあるのは遺愛の石という霊石らしい。

“臥雲の庭”
08-09-24 542
 “九山八海の庭”を復元させ、“臥雲の庭”を新しく作ったのだそうだ。
 その意味でも新しいのだけど、モダンらへんの意味でも新しいと思った。

 日本庭園をものすごく見てきたというわけではないし、ここ最近興味を持ったよというのですが、マンションだとかアパートだとかで育った私にとって、庭はすごく興味深い。見慣れていないからこそ、面白いと感じます。
 こういった庭を管理・維持していくという余裕と、庭を造って楽しむという余裕、どちらも必要で、どちらもあるからこそこういった庭園があるのだなぁと思いました。

08-09-24 545
 静かにゆったり、自分のペースでのんびり庭園を眺めることができました。

08-09-24 546

2008/12/10


【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)

 京都駅に戻ってきました。
08-09-24 567
 ここからバスターミナルでバスを探して“東本願寺”を目指します。
 
 バスに乗っている途中にマクドナルドを発見。
 赤くない?!
 渋めの色合いをしたマクドナルドの看板。
 中学の修学旅行の時、景観に配慮してとかなんとかそんな事をバスガイドのおねーさんが話していたっけな。あの時は探そうともしませんでしたけどね。バスで見かけたという人がいたのですが、自分は見れなくて悔しかったから。(一体、なぜそんな意地を張ったのか、今となっては理由不明。)

 バスから降りて、“東本願寺”へ。
08-09-24 571
 ま、まさか?!

“御影堂門”
08-09-24 574
 門の後ろにある保護屋根で覆われているのが“御影堂”。
 世界最大級の木造建築が一回り大きくなっています。(2008年末まで修復工事中)

 
 ちょっとズームして撮影してみた。
08-09-24 576
 この後、信号二つ渡らないと辿り着かなかった。

 この噴水もまた大きい。
08-09-24 578

08-09-24 579
 蓮の花が咲いていました。

“御影堂”
08-09-24 589
 ちょっとだけ影が見えないこともない。
  
“御影堂門”
08-09-24 591
 右下にいる人で大きさを考えると、いかに巨大なのかが分かります。

08-09-24 595
 かっこよかったので。

“御影堂”
08-09-24 600
 こちらも右下の人と建物の大きさを比較してみると、いかに巨大かが分かります。
 こんなに大きな建物を修復するとなると、どれだけの技術が使われて、どれだけかかるのでしょうか。とにかく大きいということは分かりますけど。

 青い空に白が眩しい。

右:“御影堂”、左:“阿弥陀堂”
08-09-24 602
 どちらも大きい!
 ちなみにこの“阿弥陀堂”そして“御影堂門”は2011年に修復工事が始まるとwikipediaに書いてありました。
 今は丁度修復ラッシュみたいですね。

2008/12/11


【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)

 “東本願寺”から“西本願寺”へ。
 Go to the WEST!!
 私は「西」も「最」もどちらも好きです。
08-09-24 607

 “西本願寺”へと向かう途中にあるお店にちょっと立ち寄ります。
 叔父から「セカンドハウス」というお店のケーキが美味しいと聞いたので、行ってみることにしました。『歩く京都』の地図にもそのお店が載っていましたし。
 (だけど叔父は、実は“セカンドハウス東洞院”の事を言っていたらしい・・・・・・。)

“SECOND HOUSE七条西洞院店”
08-09-24 608
 広々とした店内は、ログハウスっぽい雰囲気でした。
 時間帯が良かったのか混んでいませんでした。

 ケーキセットを注文。
08-09-24 609
 ケーキはメニュー表にも一部載っていましたが、ショーケースの中からも選ぶことができました。
 王道のイチゴケーキ!
 そしてケーキには紅茶が合う!
 ゆったりと過ごすひと時。ほとんど歩いてばっかりなので、まったりと休むことができました。
 ちなみに、上の写真のドル札っぽいのは、勘定です。
 
 メニュー表見ていたら、クッキーのお持ち帰りどうぞみたいな事が書いてあったので、帰る際に買いました。
 叔父の誕生日が9月。誕生日といったらケーキを連想するのですが、叔父はあまりケーキを食べないとのことでした。クッキーとかそういったものなら食べると言っていたので、良い所で見つけました。
 それにケーキだったら持ち帰る際に不安が付き纏う。うっかり遠心力を過信しすぎて、振り回すという事を私がしかねない。持ち帰るのならば、クッキーは比較的安全です。
 いろんな種類のクッキーが売ってあったので、ちょっと迷いましたが、チョコチップクッキーを選択。選んだ理由は、私が好きだから。(だって、叔父が好きなのクッキーまでしか聞いてなかったんだもん。)それにチョコレートには疲労回復だとか頭が冴えるっぽい効果があるじゃないですか! だから、チョコチップを選択したんです。

 叔父がケーキをあまり食べない理由というのが、お腹にたまるから、そうなると頭の働きが鈍くなるからみたいなことらしいのですが、似たような事を誰かが言っていたような。
 「満腹だと頭が鈍くなる」と弟が言っていたと聞いたことがある。
 ポジションが弟だと似るんですかね?

2008/12/12


【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)

 リベンジの時間がやってまいりました。
 再びやってきました“西本願寺”
 5日目でうっかり車内より観光となってしまった所です。

“太鼓楼”
08-09-24 610
 後ろにある立派な建物は、参拝会館で別の建物です。

 壬生から“西本願寺”へと屯所を移してきた新選組。
 『使用されたのは西本願寺の北集会所・太鼓楼など。』(『風光る京都』など)と書いてあるのですが、“西本願寺”に残されているのは“太鼓楼”だけ。
 北集会所は明治に解体されて、姫路市のお寺に移されて現在も残っているらしい。
 ちょっと深読みしたくなってきますね。

08-09-24 613
 これだけ。
 バスが来るまで時間があったので、うろちょろしていました。(バス停のすぐ近く。)
 “西本願寺”のはしっこにあるので、ほとんど誰も来ません。

 先月「風光る」の新刊出たんですよね。
 西本願寺屯所移転の話から抜けてしまっているのですけど、そろそろクライマックスが近づいてきたなぁというところでした。
 終わらせて欲しくないのだけど、早く続きが読みたい!

 そんなこんなで次の記事から京都あちらこちらポイントのラストです。

2008/12/13


【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)

 ラストに訪ねたのは、“二条城”!
 二日目に周囲を散歩したり、目印としてしていた“二条城”ですが、中にはまだ入っていませんでした。
 中学の修学旅行の自由行動の時に行ってはいるのですが、あの時は“二条城”よりも地下鉄に乗ったこと方が重要だった。ホームに扉がある! とびっくりしたのは今でも鮮明に覚えています。

 入場料600円。
 8:45~16:00(ここで一番気をつけなければならないのは、時間だと思った。)

“東大手門”
08-09-24 616
 順路に従い左へ。 

“唐門”
08-09-24 621

08-09-24 623
 “車寄せ”から入るのですが、その前で係りの人達がが「“二の丸御殿”は4時で閉まりますので、先に見学してください」と呼びかけていました。

“二の丸御殿”
08-09-24 625
 15代将軍慶喜が大政奉還をしたのがここ(大広間一の間)。

 二の丸御殿内ではきらびやかな障壁画を見ながら、設置されている音声ガイドがそれぞれの部屋がどのような用途で使われていたのかを解説してくれます。

 どこの障壁画も眩しいくらい金色だったり、色鮮やか。それは現在、障壁画の保存のために古色復元模写と原画の保存修理をしているからみたいです。重要文化財だけで1000点近くあるとのことらしいのですが、その意味では本当に「お城」ですね。

 障壁画も素晴らしいのですが、私は鴨居の彫刻が印象に残りました。表と裏が同じではなく、異なる絵柄なのに、それが一枚の木を彫られたというもの。けっこう深く彫られているのに、それでも表と裏違うものが彫られている、どれだけ厚いことか! それをしっかりと支えている柱もまたすごい気がします。

 じっくり見ていたかったのですが、人の流れが早くてそうもできませんでした。
 係りの人が急がせるんだ。
「もうすぐ4時近いのに、人の波が止まらないのですけど」とトランシーバーに向かって話しかけている係りの人。
 バッチリ聞こえちゃってたんですねぇ、これが。

 確か一回りして4時過ぎてましたけど、まだ入りたそうにしている人が何人かいました。
08-09-24 631

08-09-24 639
 二の丸御殿は、中の作品保護のためか完全に締め切られています。

“本丸御殿”
08-09-24 649
 「メンテナンス中のため、当分の間は公開を見合わせている」(『“歩く京都”より』)
 えーと、前回はどうだったかなぁ・・・・・・。

 庭園があるのですが、ちょうど日が傾いてて眩しかった。

2008/12/13



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について