目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

56 / 65ページ

【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)

 “庫裡”の裏手。

“偃月橋”(えんげつきょう)
08-09-24 524
 「通天・臥雲橋とともに東福寺三名橋と呼ばれている。」とパンフレットに書いてありました。
 目立たないところにあるためか、一人しかすれ違いませんでした。

 人がいない、チャンス! とここでも鞄とタイマーを駆使した自分撮りを決行!!
08-09-24 525
 高さが足りなかったけど。

 この橋の先にあるのは“龍吟庵”。そちらにも庭があるようなことが『歩く京都』に書いてあったのですが、「’08秋に公開、以降は不定期」とも書いてありました。
 見れなかった。残念。

 
 見たかった方丈庭園見れたし、そろそろ次へ行きましょうか。
 今何時だろう? と時計見ようと携帯電話を取り出そうとしたのですが、入れているはずのポケットに無い。
 いつもは腕時計しているのですが、この日は叔父の家に忘れてしまっていて、携帯電話で代用していたのです。
 あれこれ探してみるのですが、見当らない。
 本堂の石階段に腰掛けて、鞄の中を一度全部出してみましたが、見つからない。
 ・・・・・・もちつけっ、自分!(←いやいや、もうすでにパニくってますよ)
 東福寺内での行動を思い出してみた。普段の私は携帯電話をそんなに確認しない。一日一度かそれくらいしか見ません。今日は、いつもと違って時計として使っていたので、何度か出し入れすることがあった。“通天橋”では出した覚えが無い。“偃月橋”であやまって出すなり落とすなりしたのだろうか、それはちょっと考えにくい。となると、“方丈庭園”? 確か、“南庭”をのんびり見ているときに、携帯電話の時計を見た気がする。

 ここになかったら、伏見稲荷大社(広大)だよなぁと不安を抱えつつ、“庫裡”に戻り、受付の人に尋ねてみました。
「携帯電話届いていませんか?」
「もしかして、赤の携帯電話ですか。花のストラップの付いた?」
 もしかしてではなく、まごうことなくその携帯電話です!!
 受付のおねーさんがたが預かってくれていました。
 おねーさん達の話によると、若い男の人が「南庭に落ちていました」と届けてくれたとの事。

 届けてくださったその男の人に会うことはできませんでしたが、この場を借りて、お礼を言わせていただきます。
 本当にありがとうございました!

 受け取って、ほっと安心する私を見て、おねーさん達はにこにこと「やっぱりここ(東福寺)には悪い事をするような人は来ないんですね」といった東福寺の御加護のような事を言っていました。

 確かに、携帯電話には個人情報が詰まっているので手に入ればいくらでも悪用できてしまうもの。おねーさん達に言われて、「あ、そうか」とその事に気付きました。
 失くしたら見つけなきゃという事で一杯一杯だったので、そこまで考えがいってませんでした。正直、あの時かなりパニックに陥っていましたし。見つからなかったら、手帳に書いてある叔父の電話番号に連絡して、携帯電話会社へ利用停止の措置をしてもらって~と自分本位の事しか考えが及んでませんでした。
 家族、親戚、級友達の電話番号が入っているので、万が一持っていかれたらそちらの個人情報の心配もしないといけないんですよね。
 まだまだ自分、小さいなぁと恥ずかしくなりました。

 ちなみに、叔父の家に帰ってこの事を話したら、祖母が「カズシロは運が良いわ!! 普通は見つからない」と言っていました。
 なるほど、人によってこうも解釈が違うものなんですね。

2008/12/10


【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)

作庭の革命児が表す
 “永遠のモダン” 重森三玲のにハマる!
 『歩く京都』にそう書いてあり、やってきた“東福寺”。
 さっき見てきた“方丈庭園”も、そして見れなかった“龍吟庵”も重森三玲によるものらしい。
 せっかくなので、もう一つ見ていくことにしました。

 “東福寺”の“日下門”を出て、“臥雲橋”を渡り、駅へと向かう途中に道を曲がるとありました。

“霊雲院”
08-09-24 535
 拝観料300円。

九山八海
08-09-24 538
 中心に据えてあるのは遺愛の石という霊石らしい。

“臥雲の庭”
08-09-24 542
 “九山八海の庭”を復元させ、“臥雲の庭”を新しく作ったのだそうだ。
 その意味でも新しいのだけど、モダンらへんの意味でも新しいと思った。

 日本庭園をものすごく見てきたというわけではないし、ここ最近興味を持ったよというのですが、マンションだとかアパートだとかで育った私にとって、庭はすごく興味深い。見慣れていないからこそ、面白いと感じます。
 こういった庭を管理・維持していくという余裕と、庭を造って楽しむという余裕、どちらも必要で、どちらもあるからこそこういった庭園があるのだなぁと思いました。

08-09-24 545
 静かにゆったり、自分のペースでのんびり庭園を眺めることができました。

08-09-24 546

2008/12/10


【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)

 京都駅に戻ってきました。
08-09-24 567
 ここからバスターミナルでバスを探して“東本願寺”を目指します。
 
 バスに乗っている途中にマクドナルドを発見。
 赤くない?!
 渋めの色合いをしたマクドナルドの看板。
 中学の修学旅行の時、景観に配慮してとかなんとかそんな事をバスガイドのおねーさんが話していたっけな。あの時は探そうともしませんでしたけどね。バスで見かけたという人がいたのですが、自分は見れなくて悔しかったから。(一体、なぜそんな意地を張ったのか、今となっては理由不明。)

 バスから降りて、“東本願寺”へ。
08-09-24 571
 ま、まさか?!

“御影堂門”
08-09-24 574
 門の後ろにある保護屋根で覆われているのが“御影堂”。
 世界最大級の木造建築が一回り大きくなっています。(2008年末まで修復工事中)

 
 ちょっとズームして撮影してみた。
08-09-24 576
 この後、信号二つ渡らないと辿り着かなかった。

 この噴水もまた大きい。
08-09-24 578

08-09-24 579
 蓮の花が咲いていました。

“御影堂”
08-09-24 589
 ちょっとだけ影が見えないこともない。
  
“御影堂門”
08-09-24 591
 右下にいる人で大きさを考えると、いかに巨大なのかが分かります。

08-09-24 595
 かっこよかったので。

“御影堂”
08-09-24 600
 こちらも右下の人と建物の大きさを比較してみると、いかに巨大かが分かります。
 こんなに大きな建物を修復するとなると、どれだけの技術が使われて、どれだけかかるのでしょうか。とにかく大きいということは分かりますけど。

 青い空に白が眩しい。

右:“御影堂”、左:“阿弥陀堂”
08-09-24 602
 どちらも大きい!
 ちなみにこの“阿弥陀堂”そして“御影堂門”は2011年に修復工事が始まるとwikipediaに書いてありました。
 今は丁度修復ラッシュみたいですね。

2008/12/11


【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)

 “東本願寺”から“西本願寺”へ。
 Go to the WEST!!
 私は「西」も「最」もどちらも好きです。
08-09-24 607

 “西本願寺”へと向かう途中にあるお店にちょっと立ち寄ります。
 叔父から「セカンドハウス」というお店のケーキが美味しいと聞いたので、行ってみることにしました。『歩く京都』の地図にもそのお店が載っていましたし。
 (だけど叔父は、実は“セカンドハウス東洞院”の事を言っていたらしい・・・・・・。)

“SECOND HOUSE七条西洞院店”
08-09-24 608
 広々とした店内は、ログハウスっぽい雰囲気でした。
 時間帯が良かったのか混んでいませんでした。

 ケーキセットを注文。
08-09-24 609
 ケーキはメニュー表にも一部載っていましたが、ショーケースの中からも選ぶことができました。
 王道のイチゴケーキ!
 そしてケーキには紅茶が合う!
 ゆったりと過ごすひと時。ほとんど歩いてばっかりなので、まったりと休むことができました。
 ちなみに、上の写真のドル札っぽいのは、勘定です。
 
 メニュー表見ていたら、クッキーのお持ち帰りどうぞみたいな事が書いてあったので、帰る際に買いました。
 叔父の誕生日が9月。誕生日といったらケーキを連想するのですが、叔父はあまりケーキを食べないとのことでした。クッキーとかそういったものなら食べると言っていたので、良い所で見つけました。
 それにケーキだったら持ち帰る際に不安が付き纏う。うっかり遠心力を過信しすぎて、振り回すという事を私がしかねない。持ち帰るのならば、クッキーは比較的安全です。
 いろんな種類のクッキーが売ってあったので、ちょっと迷いましたが、チョコチップクッキーを選択。選んだ理由は、私が好きだから。(だって、叔父が好きなのクッキーまでしか聞いてなかったんだもん。)それにチョコレートには疲労回復だとか頭が冴えるっぽい効果があるじゃないですか! だから、チョコチップを選択したんです。

 叔父がケーキをあまり食べない理由というのが、お腹にたまるから、そうなると頭の働きが鈍くなるからみたいなことらしいのですが、似たような事を誰かが言っていたような。
 「満腹だと頭が鈍くなる」と弟が言っていたと聞いたことがある。
 ポジションが弟だと似るんですかね?

2008/12/12


【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)

 リベンジの時間がやってまいりました。
 再びやってきました“西本願寺”
 5日目でうっかり車内より観光となってしまった所です。

“太鼓楼”
08-09-24 610
 後ろにある立派な建物は、参拝会館で別の建物です。

 壬生から“西本願寺”へと屯所を移してきた新選組。
 『使用されたのは西本願寺の北集会所・太鼓楼など。』(『風光る京都』など)と書いてあるのですが、“西本願寺”に残されているのは“太鼓楼”だけ。
 北集会所は明治に解体されて、姫路市のお寺に移されて現在も残っているらしい。
 ちょっと深読みしたくなってきますね。

08-09-24 613
 これだけ。
 バスが来るまで時間があったので、うろちょろしていました。(バス停のすぐ近く。)
 “西本願寺”のはしっこにあるので、ほとんど誰も来ません。

 先月「風光る」の新刊出たんですよね。
 西本願寺屯所移転の話から抜けてしまっているのですけど、そろそろクライマックスが近づいてきたなぁというところでした。
 終わらせて欲しくないのだけど、早く続きが読みたい!

 そんなこんなで次の記事から京都あちらこちらポイントのラストです。

2008/12/13



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について