目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

53 / 65ページ

【08`09/24】京都 六日目 (その玖)

 稲荷駅から隣の東福寺駅へ。
 駅を出た所にて発見!
08-09-24 390
 この地図を頼りに行ってみることにしました。

“東福寺”
“北門”
08-09-24 391
 ここからすぐかなぁと思ったりしたのですが、結構歩きました。真直ぐではなく、途中曲がったりしましたが、分かりにくいということはなかったです。道なりに進んでいけば辿り着くことができました。

“臥雲門”
08-09-24 399

08-09-24 401
 先にいる人達は何を見ているのだろうか?

08-09-24 403
 “通天橋”が見えているのでした。
 ここが紅葉しているところは有名! この時は、紅葉の時期には早すぎたので、緑が眩しいのですけれど。

 “日下門”から入り、“通天橋”へ行きました。
 拝観料400円。
08-09-24 411

“通天橋”にて
08-09-24 416
 奥にチラッと見えているのが、さっき通ってきた“臥雲橋”。
 ここが真っ赤に染まるのもまた見事なのでしょうけど、緑一面輝くのもステキでした。何より混雑していないというのが良い。
 『歩く京都』には紅葉の東福寺の写真が載せてあるのですが、“通天橋”の上の人がすし詰め状態なのもよく写っています。どこの満員電車ですか!というくらい。
 太陽の日差しを満遍なく浴びたみずみずしい葉を、ゆったり眺めていたこの時を思い出すと、ちょっと想像がつかないのですけどね。

 高っ!
08-09-24 418
 渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)

08-09-24 427

08-09-24 428
 さらに奥、“開山堂”へと行けます。

2008/12/09


【08`09/24】京都 六日目 (その拾)

08-09-24 430
 ここのは色づいていますね。
 通天橋拝観受付でもらったパンフレットに 「黄金色に染まる珍しい三ツ葉楓は聖一国師が宋から伝えた唐楓といわれている。」とあるのですが、もしかしてこの木の事なのでしょうか? でも、時期が早いから違うかもしれません。

 奥に見えているのが“開山堂”
08-09-24 433

“開山堂”前にて。
08-09-24 435
 奥にある門がさっき入ってきた門。右手にあるのが“普門院”

“普門院”前の庭園
08-09-24 437
 大げさに差があるわけではないのに、縦か横か平らかの違いだけなのに、その影で違う色に見える。

 猫らしい足あとを見かけたのですが、これはあえての足あと? 
08-09-24 438
 なんだか妙にマッチしていたので、あまり違和感なかったのですけど。可愛らしかったです。


 門から出て、“通天橋”へ行くのではなく、渓谷へと下りれる道があったので、そっちに行ってみました。
08-09-24 447

08-09-24 448
 見えているのは、確か“臥雲橋”

08-09-24 449
 ここが一面真っ赤に染まるのを考えると、人でごった返すのも分かる気がします。
 だけど、今は一面の若々しい緑を私独り占め!!

2008/12/10


【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)

 “通天橋”を後にして、次へと行きましょう。

“本堂”
08-09-24 457
 階段に座っている人が見えるでしょうか? 大きな建物です。

“庫裡”
08-09-24 458
 方丈拝観受付がここ。
 拝観料は400円。(“通天橋”の拝観料とはまた別)

 『歩く京都』で紹介されていて、行ってみたいなと思っていた所。
 “方丈”の東西南北をぐるりと囲んで庭があり、その四つの庭で構成されている“八相の庭”。
 写真で見るだけなんて、せっかく京都に来たのに意味がない! ということで行ってみました。

 “庫裡”から廊下を渡って、右手にあるのが“東庭”
 円柱の石で北斗七星を表現しているそうです。
08-09-24 462
 今これを書いている時はすっかり冬になってしまったのですが、冷える夜に空を見上げるときれいに北斗七星が見えます。指でなぞってみると、柄杓の形をしているので間違いないです。
 この“東庭”にあるのは足元で輝く北斗七星。

 逆に左手にあるのが“南庭”
08-09-24 461

08-09-24 468
 横たわっている石の長さは6メートル!
 「古代中国に伝わる理想四島の神秘性をリアルに表す(歩く京都より)」のだそうだ。

“西庭”
井田市松
08-09-24 486
 面白い形をしているのですが、「日本庭園」っぽくないですよね。そこがまた興味を引かれるのですけど。

“通天台”
08-09-24 488
 ここからも渓谷“洗玉澗”を眺めることができました。
 “南庭”は八海でしたが、こちらは緑の海。
 秋に向けての整備もされていました。

“北庭”
08-09-24 509
 「奥になるほど敷石をまばらに配し「西で生まれた仏教が東に広まる様子」や「紅葉が散るさま」を表す」(『歩く京都』より)のだそうです。

08-09-24 479
 “竜安寺”の方丈庭園は人でごった返していましたが、こちらの方丈庭園は数人いるぐらいでした。なので、静かにのんびり庭園を眺めることができました。
 ふと隣の人を見てみると、なんと『歩く京都』を開いているではないですか。なんだかちょっと不思議な縁を感じました。

 名残惜しいので、もう一枚。
08-09-24 520
 ・・・・・・この後またここに来る事になるとは思ってませんでしたけどね。

2008/12/10


【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)

 “庫裡”の裏手。

“偃月橋”(えんげつきょう)
08-09-24 524
 「通天・臥雲橋とともに東福寺三名橋と呼ばれている。」とパンフレットに書いてありました。
 目立たないところにあるためか、一人しかすれ違いませんでした。

 人がいない、チャンス! とここでも鞄とタイマーを駆使した自分撮りを決行!!
08-09-24 525
 高さが足りなかったけど。

 この橋の先にあるのは“龍吟庵”。そちらにも庭があるようなことが『歩く京都』に書いてあったのですが、「’08秋に公開、以降は不定期」とも書いてありました。
 見れなかった。残念。

 
 見たかった方丈庭園見れたし、そろそろ次へ行きましょうか。
 今何時だろう? と時計見ようと携帯電話を取り出そうとしたのですが、入れているはずのポケットに無い。
 いつもは腕時計しているのですが、この日は叔父の家に忘れてしまっていて、携帯電話で代用していたのです。
 あれこれ探してみるのですが、見当らない。
 本堂の石階段に腰掛けて、鞄の中を一度全部出してみましたが、見つからない。
 ・・・・・・もちつけっ、自分!(←いやいや、もうすでにパニくってますよ)
 東福寺内での行動を思い出してみた。普段の私は携帯電話をそんなに確認しない。一日一度かそれくらいしか見ません。今日は、いつもと違って時計として使っていたので、何度か出し入れすることがあった。“通天橋”では出した覚えが無い。“偃月橋”であやまって出すなり落とすなりしたのだろうか、それはちょっと考えにくい。となると、“方丈庭園”? 確か、“南庭”をのんびり見ているときに、携帯電話の時計を見た気がする。

 ここになかったら、伏見稲荷大社(広大)だよなぁと不安を抱えつつ、“庫裡”に戻り、受付の人に尋ねてみました。
「携帯電話届いていませんか?」
「もしかして、赤の携帯電話ですか。花のストラップの付いた?」
 もしかしてではなく、まごうことなくその携帯電話です!!
 受付のおねーさんがたが預かってくれていました。
 おねーさん達の話によると、若い男の人が「南庭に落ちていました」と届けてくれたとの事。

 届けてくださったその男の人に会うことはできませんでしたが、この場を借りて、お礼を言わせていただきます。
 本当にありがとうございました!

 受け取って、ほっと安心する私を見て、おねーさん達はにこにこと「やっぱりここ(東福寺)には悪い事をするような人は来ないんですね」といった東福寺の御加護のような事を言っていました。

 確かに、携帯電話には個人情報が詰まっているので手に入ればいくらでも悪用できてしまうもの。おねーさん達に言われて、「あ、そうか」とその事に気付きました。
 失くしたら見つけなきゃという事で一杯一杯だったので、そこまで考えがいってませんでした。正直、あの時かなりパニックに陥っていましたし。見つからなかったら、手帳に書いてある叔父の電話番号に連絡して、携帯電話会社へ利用停止の措置をしてもらって~と自分本位の事しか考えが及んでませんでした。
 家族、親戚、級友達の電話番号が入っているので、万が一持っていかれたらそちらの個人情報の心配もしないといけないんですよね。
 まだまだ自分、小さいなぁと恥ずかしくなりました。

 ちなみに、叔父の家に帰ってこの事を話したら、祖母が「カズシロは運が良いわ!! 普通は見つからない」と言っていました。
 なるほど、人によってこうも解釈が違うものなんですね。

2008/12/10


【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)

作庭の革命児が表す
 “永遠のモダン” 重森三玲のにハマる!
 『歩く京都』にそう書いてあり、やってきた“東福寺”。
 さっき見てきた“方丈庭園”も、そして見れなかった“龍吟庵”も重森三玲によるものらしい。
 せっかくなので、もう一つ見ていくことにしました。

 “東福寺”の“日下門”を出て、“臥雲橋”を渡り、駅へと向かう途中に道を曲がるとありました。

“霊雲院”
08-09-24 535
 拝観料300円。

九山八海
08-09-24 538
 中心に据えてあるのは遺愛の石という霊石らしい。

“臥雲の庭”
08-09-24 542
 “九山八海の庭”を復元させ、“臥雲の庭”を新しく作ったのだそうだ。
 その意味でも新しいのだけど、モダンらへんの意味でも新しいと思った。

 日本庭園をものすごく見てきたというわけではないし、ここ最近興味を持ったよというのですが、マンションだとかアパートだとかで育った私にとって、庭はすごく興味深い。見慣れていないからこそ、面白いと感じます。
 こういった庭を管理・維持していくという余裕と、庭を造って楽しむという余裕、どちらも必要で、どちらもあるからこそこういった庭園があるのだなぁと思いました。

08-09-24 545
 静かにゆったり、自分のペースでのんびり庭園を眺めることができました。

08-09-24 546

2008/12/10



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について