目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

47 / 65ページ

【08`09/24】京都 六日目 (その参)

“伏見稲荷大社”
 中学の修学旅行で、自由行動の計画を立てるときに、ここに行きたいと意見出したのですが、うまく計画に組み込むことができなくて、行けませんでした。チェックポイントが京都駅より北にあるものだから、どうしても京都駅より南には行きにくかったんですよね。
 もし次に京都に行くことがあったら、行ってみようと思っていました。

表参道
08-09-24 012
 タクシーの運転手さんに教えてもらった一礼一拍手をやってみた。
 
08-09-24 014

08-09-24 017
 奥に見えるのが“楼門”で、その奥に“本殿”があります。

08-09-24 018

“楼門”
08-09-24 021

 どこもかしこも真っ赤っか!
 “本殿”で例の5円をお賽銭箱に入れました。
 それにしても、何をムキになってしまっていたのだろう。今思うと、不思議でならないのですけど。

 本殿の左側から奥へと行けるようになっていました。
 階段を上っていくと、赤い鳥居がずらーーーーーと並んでいました。
08-09-24 050
 鳥居の裏側はどうなっているのかと言いますと、鳥居を奉納した人や会社の名前と、日付が書いてあるのです。そのためちょっとブログにはUPしにくい。

08-09-24 064

“千本鳥居”
08-09-24 079

 “伏見稲荷大社”と聞いて、思いつくのがこの“千本鳥居”。 

08-09-24 081

08-09-24 082
 長い長い赤い鳥居の列。
 他の鳥居の列と違って、“千本鳥居”は小さくて、あまり次の鳥居との間隔があいていません。そのため、鳥居の下をくぐっていると言うより、トンネルを潜っているような感じがしました。

08-09-24 088

 “千本鳥居”を抜けると、“奥社奉拝所”。通称“奥の院”。
 逆三角形の絵馬には白い狐の絵が描かれていまして、中にはその狐の顔に書き込みをしてあるものがありました。一番インパクトがあったのは、ゴルゴ13。

 私はてっきりこの“千本鳥居”でおしまいだと思っていました。
 だけど、前に読んだ漫画で、京都に行った作者が柱書きに、伏見稲荷大社で使いきりカメラを3本使いきったと書いてあったのを思い出しまして、“千本鳥居”だけでそんなに写真撮るのだろうかと疑問に思いました。
 デジカメでバシバシ撮っていた私ですが、“千本鳥居”を撮った写真は30枚くらいだったので使いきりカメラ一本分ぐらいです。
 もしかして、まだ奥にあるのかなと思っていると、一人の修学旅行生が「この奥ってまだあるんですか?」と訊いているのを耳にしました。「ありますけど、2時間くらい登ることにますよ」との答えが返ってきまして、見てみれば、確かにさらに奥へと続く鳥居の列がありました。

 ここまで来たのであれば、登らないより他はないでしょう。

2008/12/04


【08`09/24】京都 六日目 (その肆)

 さて、登りましょうか。
08-09-24 111

08-09-24 130

08-09-24 149

08-09-24 162
 新しい鳥居の中に古い鳥居があったり、古い鳥居の中に新しい鳥居があったり、建てられた日付を見てみてもばらばらで順々には並んでませんでした。

 途中で、まだ朱塗りしてそんなに日が経ってないらしい鳥居に、「奉納」と墨を塗っている職人さんがいらっしゃいました。
 鳥居の「奉納」に届くよう細い丸太で足場が組まれていて、その上に座って作業していました。
 別の鳥居では、やはり鮮やかな朱色の鳥居の裏側、奉納者の名前等を脚立に乗って墨で字を書いている職人さんもいらっしゃいました。
 
08-09-24 164

 朱色はかすんでしまっていますが、墨は保つみたいですね。黒だけ塗りなおすというのは考えにくいし、他の鳥居を見てみてもやはり黒は残っていたので。

08-09-24 177

08-09-24 179

08-09-24 180
 ここで、ちょっと赤の鳥居の列が途切れました。
 ここに来るまでに一つ池があったらしいのですが、登るのに夢中で気付かなかった。

08-09-24 181
 結構、上まで来ましたね。
 この先が“三ツ辻”
 一番上までまだまだ。半分ですらなかったです。

2008/12/06


【08`09/24】京都 六日目 (その伍)

 どんどん登っていきます。
08-09-24 182

08-09-24 189
 また鳥居の列が途切れた。

08-09-24 191
 景色がいいですね。良すぎるくらいです。

“四ツ辻”
08-09-24 192
 上の方にチラッと見えている建物は、お店。
 ところどころにこうやってお店がありました。
 他にも祭られている所にお店があったのですが、そちらではむしろお供え物を扱っているようでした。
 
08-09-24 193

08-09-24 196

08-09-24 195
 眺めがとても良かったです。
 天気も良かったので、遠くまでよく見えました。

08-09-24 198
 まだまだ登ります。
 “四ツ辻”でだいたい半分くらい?
 ここから先に行ったところに“~ノ峰”と言うところがいくつかありまして、そこではそれぞれ神様が祭られているようでした。

2008/12/06


【08`09/24】京都 六日目 (その陸)

 がんがん登っていきます。
 “四ツ辻”から左回りのルートです。
08-09-24 210

“三ノ峰(下之社神蹟)”前にて
08-09-24 214
 たぶん、野良猫。
 何匹かたむろしていました。

08-09-24 217

“間ノ峰(荷田社神蹟)”
08-09-24 220
 奥にちらっと見えている石の鳥居が“荷田社神蹟”です。

 登っていけば登っていくほど、上がっていくものがあります。
 高さもそうなのですが、自動販売機のジュースの値段も上がってます。缶ジュースが200円、ペットボトルが250円!
 登山レベルです。

 祖母が水筒持たせてくれたので、水分補給はバッチリです。
 今これを書いている時点では忘れがちですが、この時は半袖着てたんですよね。今は半纏羽織ってますけど。
 脱水症状で倒れなかったのは、水筒のおかげでした。

08-09-24 223

“二ノ峰(中之社神蹟)”
08-09-24 237

08-09-24 242

08-09-24 244
 ここでも作業されている職人さんがいらっしゃいました。
 こことは違う場所では、新しく鳥居を建てるために丸太を立てようとしていました。ドミノ倒しできそうな間隔しかあいてませんが、職人さんの技が光ってそうでした。
 
 この先“一ノ峰(上之社神蹟)”があります。稲荷山の最高峰(標高233メートル)に位置するのだとか。
 よく登ったなぁ。

 ここからは下っていくことになります。
 
 “一ノ峰”の写真は、あえて載せないということで。
 頑張っててっぺんまで登ってこその“一ノ峰”だと思いますし。

 べ、べつに良いのがなかったわけじゃ、ないんだからっ!!(笑)

2008/12/08


【08`09/24】京都 六日目 (その七)

 “一ノ峰”を過ぎると、下っていくことになります。
 折り返したのではなく、“四ツ辻”までぐるっと回っていけるようになっているのです。
08-09-24 258
 今までと違って、鳥居の写真少なめです。
 鳥居の裏側を見ながら下っていっていたので。朱色の鳥居には、日付と、会社名、代表社名そして住所書いてあったのでUPするのを控えます。

08-09-24 269

“釼石(長者社神蹟)”前にて
08-09-24 271

 さらに下っていった所にありました。
08-09-24 304
 昔は飲めていた、のかな?
08-09-24 306
 確か、目にご利益ありみたいな事が書いてあった神社の前でした。


 さらに下っていくと、今度はこちらのある神社。
08-09-24 315

 “一ノ峰”を越える前の神社と違って、“一ノ峰”を過ぎた後にある神社は、お稲荷さんという感じはしませんでした。神木祭っているところとか、滝とかもありましたし。

 そして、“四ツ辻”にぐるっと回って戻ってきました。
08-09-24 337
 鳥居の列は木々の間を通っているので、日差しが降り注ぐということはなかったのですが、“四ツ辻”はちょっとひらけていたので、よく空が見えました。

08-09-24 339
 伏見区の住宅街を見ながら、ベンチに座って休憩。
 あのコンビニで買ったチョコ。水筒の近くに置いていたためか、とけてなかった。
 気持ちあのコンビニを見下ろしながら、おいしくいただきました。

2008/12/08



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について