目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

42 / 65ページ

【08`09/23】京都 五日目 (その玖)

新選組に会ってみたくて(さらに中編)

「(略)せやから、わてが心の底から好いて、命よりも体よりも大切や思うお人が、いてはってもよろしおすやんか。それもあかん言わはんのやったら、わてはそれこそ犬や猫とおんなしやおへんやろか」
                               『輪違屋糸里』浅田次郎(文春文庫)より


 全てはこの本から始まりました。
 もしこの本を読まなかったら、わたしは幕末に走らず、それこそ別ジャンルを駆け抜けていたのかもしれない。

 新選組の芹沢鴨暗殺事件を扱っている小説。
 芹沢鴨暗殺にいたるまでのストーリーで、ずっと一人の視点で語られるのではなく、複数の人物の視点で語られています。
 この小説が特に面白いなと感じたのは、新選組というと男性の物語なのですが、この『輪違屋糸里』では新選組に関わった女性達がメインなのです。
 芹沢鴨暗殺についての資料で名前ぐらいしか残されておらず、一体彼女達がどうこの事件に関わっていたのか、それを作者が想像を膨らませて書かれています。

 上で本から引用した一文は、主人公である糸里の言葉。
 はっと彼女の強さを感じた台詞です。


 京都で徳川幕府公認の花街があった地区・島原。
 島原は単に遊郭の地というわけではなく、和歌俳句などの文化活動が盛んで、当時のサロン的役割を持っていた。
 当時の面影が薄れつつあるが、大門、角屋、輪違屋の3か所は当時の面影を色濃く残している。
 “角屋”は、現在の料亭にあたり、太夫や芸妓を抱えていない店=揚屋であった。
 “輪違屋”は、島原に残る現在も営業している唯一の置屋。置屋というのは、太夫や芸妓を抱える店のことで、ここから揚屋やお茶屋に派遣していた。(『風光る京都』より抜粋)

 
 『輪違屋糸里』に出てくる女性達は、新選組(序盤では壬生浪士組)に関わりあれこれ翻弄されるのですが、翻弄されつつもどこかに強さを持っていました。
 どの女性も似たような強さではなく、それぞれが違う性質の強さを持っていて、それぞれの強さがその女性を美しく見せてくれるのです。それぞれ弱いところもあるのだけど、それがあるからこそまた強さが引き立たせていました。
 その中でも一番美しかったと思うのは、輪違屋の芸妓・糸里だと思います。
 自分には糸里みたいな強さは持てないなぁと思うから。芸妓として生きる覚悟とかそういったものは、芸妓しか本当に理解はできないだろうし、また持てないのだろうなと。だからこそ、他の人と違う美しさを持つことができるのだろうと思った。
 糸里は本当に美しかった。

“輪違屋”
08-09-23 277
 京都に行ったら、何が何でもここに来ようと思っていた。
 そして、できることなら壬生の屯所から歩いて行こうと思っていた。
 今はフツーの住宅街で、公園では小学生が遊んでいるし、家の前では育てている花に水をやったりだとか、自動車も通るし、道が真直ぐなのは京都らしいのだけど、それ以外は本当にどこにでもある町。
 だけど、壬生から島原まで歩いていく感覚というものを体感してみたかった。
 せっかく京都に来たのだから、本の上では知りえないことを知ってみたかった。

 歩くよりも自転車が欲しくなる距離でしたが、歩くのは無理というほどはありませんでした。身体鍛えている人なら、苦にならないでしょう。
 それに、親しい人とあれこれ話しながら歩くとなると、極端に短くも無くかといって話題が尽きて話すことが無くなるということのない、本当に丁度いい距離だと思います。
 そういったことを考えると、隊士達の賑やかな声が聞こえてくるような気がしました。人によっては、騒がしかったかもしれませんけど。

08-09-23 280

 創業元禄年間(約300年前)。
 安政4年(1857)に再建された建物で、現在京都市指定の有形文化財。(『風光る京都』より)
 建物の外観を見るだけでも楽しめました。


 『輪違屋糸里』はドラマ化されているらしく、私は見ていないので強く勧めることはできませんが、興味のある方は探して見てみるのもいいかもしれません。


 男はんはええなと、糸里は思った。剣をふるい、ひとごろしをしてしまえばすべてが終わる。しかし糸里には、まだ立ち向かわねばならぬ戦があった。
                                   『輪違屋糸里』浅田次郎(文春文庫)より


2008/11/29


【08`09/23】京都 五日目 (その拾)

新選組に会ってみたくて(後編)

08-09-23 290

08-09-23 308

“角屋”
08-09-23 309
 建物は国の重要文化財の指定を受け、内部の美術品も多く文化財となっている。(『風光る京都』より)
 「角屋もてなしの文化美術館」として一般公開されているとも書いてあったのですが、開館時間が10時~16時なので、入れませんでした。(入館料1000円。2階の見学は別途800円で要予約)

08-09-23 313

08-09-23 318

“島原大門”
(裏側)
08-09-23 326
 門だけが残っています。
 角屋のあたりはそれらしい建物も近くにあったのですが、“大門”前には自転車とかバイクとか置いてあって(ここに止めないよう警告文が貼ってあったり)、“大門”だけポツンとありました。

(表側)
08-09-23 336

08-09-23 337
右側にあるのが、“見返り柳”そして、“サラバ垣”と呼ばれる垣根。

 『風光る京都』に載せてあるモデルコースはここまで。


 京都の歴史感覚につていご指摘がありまして。
 『幕末は、京都の歴史感覚ではまだ「歴史」ではないのです』とのこと。
 えぇ! そうなの!! と驚きました。
 歴史の教科書に載ってるのだから、歴史じゃんという私の感覚は、京都に遠く及ばない……。さすが京都です。

 
 新選組に関係あるポイントを巡ってまいりました。
 級友達に「新選組が好きなんだね」と言われるのですが、「いや、新選組側の話だと薩摩がぼろくそ書かれてるから、そこまで好きじゃない」と返してます。
 今日、こうやって巡ってきたのは、『風光る』と『輪違屋糸里』、これらの作品が好きだからに他ならない。

2009/11/29


【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)

 “島原大門”から真直ぐ行くと、“西本願寺”の裏に出てきます。
 
 地図広げている外国人旅行者と目が合って、“東本願寺”はどこですか?みたいなことを訊かれました。地図指しながら、なんとか説明。

 脇にある門から“西本願寺”に入ってみました。

“西本願寺” 
“阿弥陀堂”
08-09-23 346
 車椅子用のエレベーター(たぶん。ちゃんと確認してませんけど)が設置されているのには、びっくりした。

08-09-23 347

10 08-09-23 348-2
 中は広くて、お寺独特の香りがしました。

“阿弥陀堂”隣の“御影堂”は平成大修復中
08-09-23 352
 ここでも修復中。

08-09-23 354
 右:“阿弥陀堂”、左:“御影堂”

“阿弥陀堂門”
10 08-09-23 355-2
 御影堂が2008年末の改修工事中なのでここの阿弥陀堂門から入る(『歩く京都』より)
 
10 08-09-23 356-2
 閉じかけているのは、5:30~17:30のため。
 けっこうぎりぎりに入ってしまいました。

10 08-09-23 361-2
 表の通りから。

08-09-23 360

08-09-23 366

“総門”
08-09-23 372
 堀川通りを挟んで向かい側にあるのが“総門”。
 暗くてよく見えませんが、巨大な門です。

08-09-23 375
 バスを待って、ぶらぶらしていたら、閉まってました。

 “阿弥陀堂門”のすぐ近くにバス停がありました。この西本願寺前バス停からバスに乗ると、二条城まで一直線なのです。

 新選組の屯所は壬生から“西本願寺”に移ったというのを思い出したのですが、どこにあるのか分からなかったので、特に探しませんでした。
 さすがに一日中歩き回ったので、疲れたというのもあります。

 見つけられたら見つけられたで面白かったのになぁと、バスに乗って、窓の外を見ていたら、見つけました。

“太鼓楼”(バスの中にて)
08-09-23 378
 この建物、『風光る』で見たことある!!
 私はバス停より南の方をぶらぶらしていたのですが、この“太鼓楼”はバス停よりも北の方にあったのです。
 さすが『風光る』。ちゃんと描いてくれていたおかげで見逃さずにすみました。あらためて『風光る』に感動です。

 
 二条城に戻ってまいりました。
 昨日月曜日にも行ってみたのですが、定休日だったみたいで開いてなかったので、この日もう一度行ってみました。
“麻小路”
08-09-23 380
 麻を100%使った小物などが置いてあります。
 ハンカチとかポーチとか。大きなものだと手提げ鞄とか。
 色使いも可愛らしくて、どれを買うのか迷ったのですが、ペンケースとポーチを購入。探していたサイズと形、それに色も柄も私の好みというペンケースが見つかって、満足♪
  
 この後、叔父の家に帰りました。
 この日はちゃんと祖母に帰りは6時過ぎになるというメール送ったので、心配かけることはしませんでしたよ。

2008/12/02


【08`09/24】京都 六日目 (その壱)

2008年9月24日(水)
京都の休日

 今日が最終日。
 私はこの日京都から帰ることになっていたのですが、祖母と叔父は今日まで京都に泊まると思っていたらしい。
 これに乗じて明日帰ればいいかな~とちらりと思ったのですが、新幹線の予約変更がそこまでできるのだろうかと調べるよりも前に、明日は講座あるからとおとなしく今日帰ることにしました。

 そんなことがありましたが、この日は朝からテンション高めでした。
 なぜなら、叔父が“伊右衛門サロン”に連れて行ってくれたからです!!
 朝食メニューがあるとのことで、食べに連れて行ってもらいました!!!
 
 頭の中では久石譲メドレーが流れていました。
 
 嬉しくて、早く行きたくて、歩くペースが速くなっていて、祖母をおいてきぼり気味にしてしまいました。完全に周りが見えなくなるほどテンションを上げてはいなかったので、祖母のペースに合わせます。(・・・・・・合わせれてたはず。)

“IYEMON SALON KYOTO”
08-09-24 002
 店内の雰囲気は和風というより、ややアジアンテイストっぽかったです。
 伊右衛門のCMみたく、古風な日本ではなく、お座敷もなかったですし。でも、カウンターに茶釜があったりして、ちょっとしたところに和があって、お洒落でした。
 お店の奥は建物の中庭に面しているのですが、苔生す庭がありました。

 叔父も始めて行くお店だったので、朝どれほど混んでいるのか分からなかったので、開店(朝8時)したばかりのお店に入ったのですが、確か一番乗りかそれくらいでした。朝は空いているみたいです。(叔父の話によると、昼間は行列ができているとか)
 窓際の席に座れたので、大きな窓ガラスの向こうに庭がよく見えます。
 苔生す庭は、和っぽくて、やっぱりここは伊右衛門なのだなとあらためて思いました。

 お冷として出されたのは、煎茶。
 やっぱりサロンは違うなぁと感心していたら、叔父が「“伊右衛門”の味がするね」と。
 言われて、そうだと気が付きました。
 庭に注意が行っていてしまってただけですから。べ、べつに“伊右衛門”のCMがただただ好きなだけとかじゃないんですからっ。
 「ですよねー」とさも気付いていたように返したけれど、たぶんばれてたと思う。
 コーヒーのイメージがある叔父が気付いて、自分が気付けなかったのはちょっと悔しかったです。

 コーヒーも置いてあるようでしたが、伊右衛門でコーヒー? つながらないなぁ。
 
 最終日となるこの日の朝ごはんは、豪華でした。
 鯛のオーブン焼きと焼きおにぎり、あとおみそしるにいくつか付いてきました。朝御飯というか、むしろランチ。だけど、ランチほど重いものはなかったので、やっぱり朝御飯でした。
 かりかりのお米のついた焼きおにぎり、そして朝食べる魚は最高! まさに理想の朝御飯。
 伊右衛門の味に気付けなかった分、しっかり味わって食べました。

 この“伊右衛門サロン”があるところは、前は呉服屋さんだったそうです。
 叔父は私と同じ宮崎出身なのですが、京都を随分見てきているようです。

08-09-24 004

 レジのところに、“伊右衛門”のペットボトルが置いてあったのですが、いつも見ている“伊右衛門”の竹のような形をした緑のペットボトルではなかったのです。
 “伊右衛門”の和っぽさのない、どっちかといえば近代的な、見た目は瓶のような。容器はペットボトルと思わなかったのは、丸みをおびたすっきりとしたシルエットだったからだと思う。ぱっと見ただけなので、おぼろげなのですが。
 ショップ限定の“伊右衛門”なのかなぁ? と思いました。
 後で(新幹線のゲートを入ったところ)伊右衛門のポスターを見かけまして、それによると、伊右衛門海外進出するみたいでした。私が見かけたのは、その海外版伊右衛門だったのです。 
 
 伊右衛門に浸れて、幸せでした。
 朝から連れて行ってくれた叔父に感謝! 叔父、最高!! と今ここで叫んでおく。

2009/12/03

【08`09/24】京都 六日目 (その弐)

 やたらテンションの高い朝だったなぁ。

 この日は「洛南エリア」に行ってみました。
08-09-24 005
 電車で移動です。
 奥のホームというのは分かったのですが、2台電車が停まっていて、どっちだろう? と思ったので、駅員さんに訊いたら、一番奥だというのを教えてくれました。もう一方の方は、私の行きたい稲荷駅には停まらないようでした。

 窓の外をぼんやり見ていたら、青い字で「NINTENDO」ロゴの建物がチラッと見えました。
 そうだ! 任天堂本社は確か京都にあるのだった!!
 私が見た建物が本社なのかどうなのかは分かりませんが、とりあえず拝んでおいた(笑)

 任天堂と言えば花札もそうですが、やっぱり私はすぐに思いつくのはポケモンですね。
 初代をゲームボーイでプレイしていた人間ですから。
 あの頃は、ゲームボーイをコードで相手のゲームボーイつないで交換なり対戦なりと、身近にいる相手としかで通信ができませんでした。
 いつか世界中のトレーナー(=プレイヤー)と通信ができればいいのにと、あの頃は夢みたいなことを想像していました。
 今もポケモンは新しいのが出されていますが、世界中のトレーナーとポケモンを交換することができ、また離れた相手とも通信ができるようになりました。
 夢だったけど、夢じゃなくなった!
 ポケモン初代が発売されて10年経つけれども、ここまで技術が進歩していくなんて思ってなかった。
 すごいよ、任天堂! ありがとう、任天堂! これからもよろしく、任天堂!!

 そんなことを考えているうちに、稲荷駅に到着しました。
 
08-09-24 007

08-09-24 008

08-09-24 009
 目的の“伏見稲荷大社”は、稲荷駅を出てすぐのところにありました。

 5円玉きれてたなぁと思って、近くにあったコンビニに入りました。
 5円玉の両替しませんというような張り紙あったので、お釣りが5円になるようガムを買おうとしたら、値段表見間違って、お釣りが10円になってました。
「できたら、5円玉2枚で・・・」
 私の申し出は即行拒否されました。まぁダメもとで言ったのだから、仕方ないよなと思ったのですが、「両替に行く暇なくてですね」と付け足してきたそのオバチャンのその一言は余計だったと思う。
 別に付け足す必要なかろう、そんな作業しながら。
 そしてオバチャンは素早くレジ離れて行きました。返品させないつもりですね、分かります。
 どうしても5円を一枚持っておきたかったので、もう一つ、今度はお釣り五円になるようお菓子を買いました。

 もやもやした気持ちのまま、コンビニを出て、眩しさにつられて顔を上げてみたら、快晴。
 抜けるような真っ青な空を見たら、なんかどうでもよくなった。つまらないことに腹を立ててもしょうがないなぁと思えた。
 狭いコンビニでのもやもやは、大空のどっかへ吹っ飛んでいきました。
 全てが自分の思い通りになると思ったら大間違いと戒めてくれたのだろう。
 今回の旅はびっくりするくらい順調だったので、油断大敵、ちょっと気を引き締めなおすことにしました。

2009/12/04



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について