目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

32 / 65ページ

【08`09/22】京都 四日目 (その玖)

 二条城近くまで戻ってきました。
 約束の時間までまだまだ時間があったので、この辺りを探検してみることにしました。

“二條陣屋”
08-09-22 537
 予約制とのことなので、中には入りませんでした。(1000円)
 「江戸初期建築の大名宿舎であった町家。忍者屋敷のような設備が随所に。」(『歩く京都』より)
 中を見てみたかったですが、外だけじっくり見ておきました。

駄菓子屋
08-09-22 542
 中入ってみたら、誰もいませんでした。呼びかけても誰も出てこなかったのですが、大丈夫なのかここは。
 中は玄関程度の広さしかなく、所狭しと駄菓子が置かれていました。駄菓子というか、どっちかというと「昔なつかしの菓子」ですね。近所の駄菓子屋というイメージを思い浮かべられると、ちょっと違います。おせんべいとか、かりんとうとか、そっちな感じ。
08-09-22 561

“神泉苑”
08-09-22 544
 二日目の朝、散歩した“神泉苑”。
 苑内自由。

08-09-22 545

 もとは大規模な平安貴族の園遊場だったとか。
08-09-22 546

 ここでも修理が。
08-09-22 547

 奥へと進んでいくと、見えてきました朱塗りの丸橋!
08-09-22 550

“法成橋”
08-09-22 553
 心に一つだけ願いを念じながらこの橋を渡ると、願いが叶うらしい。
 私が何を念じながら渡ったのかは、秘密ということで。

右手にあるのが“善女竜王社”
08-09-22 560
 ここに来ようと思ったのは、叔父が前に送ってくださった写真の一つがここだったから。
 いーなーいーなー、京都ってこういうところがあるんだ! と見てました。場所はどこかまでは分からなかったけど、叔父がどこなのかを書いてくれていたので、名前は覚えていました。自分の目で見れたから、覚えておくものですね。

 そして、先日叔父から最近の“神泉苑”の写真が送られてきました。紅葉の時期なので、キレイに染まってきていました。一ヶ月経つだけで随分と印象が変わるものなのですね。
 私の季節の感じ方と言ったら、洗濯物が乾くか乾かなくなってきたかとかなので風流もへったくれもないのですけど。
 それでもやっぱり、赤や黄に葉が染まっているのに気付くと、見とれてしまいますね。


【追記】
 この後、“におい袋 ゆりの”というお店に行ってみました。
 小さな袋の中に香木が入れられていて、いい香りがするようになっているものです。香木はいろんな種類があり、店ごとにブレンドが違うのだとか。
 ここ“ゆりの”では着物として使われていた布で、かぐや姫の人形とか花びらとか、季節によっては朝顔、柿だとかをつくっていました。(柳川の“さげもん”みたいなのと言ったら、イメージ付くかな)手のひらに納まるくらいの大きさのかわいらしい形の中に香木が入れられていて、やわらかな良い香りがしています。
 お土産にいくつか買っていきました。
 
 小さなお店ですが、奥の方では修学旅行生達がにおい袋を作るのに挑戦していました。あれ意外と広いかも。(それほど広いというわけではなく、感覚として)

 大通りから道を入ったところにあります。緑ののれんを見つけたら入ってみるといいかもしれません。

2009/11/17


【08`09/22】京都 四日目 (その拾)

 約束していた時間より早く帰ってきました。
 着替えたかったから。
 シャワーだけあびるつもりが、ついお風呂入りたくなって、あと普段使わないドライヤー使ったりして、結局、約束していた時間ぎりぎりに仕度が終わりました。(あれはぎりぎりアウトだったかなぁ)
 叔父が少し遅れるということは予想していたから、それでも大丈夫なように計画してあったと言っていました。
 あれ、行動が読まれてる・・・。


 叔父が連れて行ってくれたのは、『梅の花』というお店です。湯葉と湯豆腐のお店だということなので、楽しみにしていました。京都と言ったら、湯葉と湯豆腐と勝手に思っていたので、食べたかったのです。
 タクシーに乗って行ったのですが、通ったことのある道だなぁと思っていたら、“六角堂”の近くのお店でした。今朝の散歩で行った所です。

 掘り炬燵のある個室の一つに通されました。
 フランス料理みたいに、料理が一つずつ順に運ばれてきます。
 湯葉は薄い膜のようなもので、それを浜勝のミルフィーユかつみたいに折り重ねて使われていました。(歯ごたえがそれっぽかったから。同じではなく、あくまでも似ている感覚です。)
 湯葉、湯豆腐だけではなくて、いろいろ出てきました。豆腐シュウマイ、茶碗蒸し、生麩田楽、グラタン(確か湯葉の)といろいろ出てきました。あと叔父が注文したお酒は竹の筒に入ってて、おもしろかったです。
 京都満喫な料理でした。

 おいしい料理に、おいしいお酒とくれば、楽しい話です。
 あれこれ話が弾みました。
 祖母と叔父は、私を小さい頃から知っていて、あれこれ私の小さい頃の話が出てきます。
 まったくもって私に覚えは無いですが、あまりの過去の自分のフリーダムさに机の引き出し探したくなりましたね。確か引き出しから過去とか行けたはずと本気で思いかけた。
 私がデジカメ持ってあちこち撮っていることから、小さい時の私とアルバムの写真にまつわるちょっとしたことを、叔父が思い出したそうなのですが、その引き出しは開けちゃだめ! って、もう遅いけど。

 あまりの恥ずかしさに料理の味が分からなかった・・・・・・ということはなく、しっかり味わって食べました。
 おいしいというのは勿論ですが、豆腐シュウマイとか湯葉のグラタンとかが興味深かったというのもあります。食べようと思っても、近くでそれらを扱っているお店は無いですから。次何出てくるのかなとワクワクしました。

 フランス料理みたいに店員が様子を見て持ってくるとはちょっと違いまして、だいたい食べ終わる頃に次の料理が来るようになってました。
 
 湯豆腐はおなべに入れられてくるのですが、途中から火をつけて(電化だったけど)おなべ全体が白くなったら食べごろとなるのだそうです。それまでにあれこれ料理が出てくるのですが、次が湯豆腐という頃ににちょうど食べごろになるようになってました。タイミングが計られてます。
 

 冬になると自分で湯豆腐作ってみたりしてましたが、今度からそれは「湯に入れた豆腐」と呼ぶことにします。
 あれを「湯豆腐」と呼ぶのはおこがましい、と思った。

2008/11/18


【08`09/23】京都 五日目 (その壱)

 今朝はどこに行こうかなぁと準備しながら考えていると、リビングの方から祖母と叔父の会話が聞こえてきました。
「“(京都)御苑”とかいいんじゃない?」
「“御苑”は遠いよ」
 なるほど、やってみようじゃないですか!

2008年9月23日(火)
旅行者Xの健闘


 何がそこまで私を動かしたのか。
 できなかったらできなかっただし、できたらできたでおもしろいじゃないかという思い、ただそれだけ。

 堀川通りを北上。
 “二条城”の前を通ります。
08-09-23 005
 “二条城”は8:45~なので、まだ開いてないみたいです。
 
 堀川丸太町の交差点付近で見つけた、写真屋の看板。
08-09-23 007

 バス停・堀川丸太町からバスに乗ります。
 一日乗車券買ってるので、バス代についてはあまり心配しません。むしろガンガン使いたい。
 バスに乗ると、修学旅行生を見つけました。朝早くから元気だなぁと思いましたが、よくよく考えてみれば、自分も他人の事言えない。

“京都御苑”
08-09-23 010
 地元の人の犬の散歩コースになっているらしく、信号待ちしてたら、“御苑”から出てくる飼い主と犬のグループを見つけました。
 そのグループの一人、最初掃除の人か何かと思ったんです。車輪の付いた赤いBOXを押していたので。よ~く見てみると、そのBOXの中にゴールデンレトリーバーがおとなしく入っていました。一緒にいる人が特に驚いているわけでもなく、普通に接しているので、私の見間違いかなと思ったのですが、確かにゴールデンが乗ってます。
 すれ違うときに見てみたら、そのゴールデン、耳の上のあたりを飾りの付いたゴムでそれぞれ結ばれていました。
 ああ、かわいがられているんだなぁと。世の中にはいろんなかわいがりかたがあるんですねー。

“御苑”内は自然がいっぱいで、いろいろな鳥が観察できます。
08-09-23 015

“厳島神社”
08-09-23 020
 “御苑”の南側。
 この前に池があります。
08-09-23 022
 その池近くにある、橋。
08-09-23 026
 この橋を渡ってみると、それに反応して池の鯉が集まってきました。
 大量に。
 黒いぬめぬめしたもので、一面覆われてます。めいめいクチをパクパクさせてます。君達どんだけ貪欲なのですか! 

 遠くに見えるのが、“京都御所・建礼門”。
08-09-23 027

“仙洞御所”付近
08-09-23 038
 車は通れません。写真の車はパトロールの車です。
 宮内庁の管轄らしく、それらしい事が車に書いてありました。

08-09-23 043
 どこも頭を悩ませているのですね。

“仙洞御所”前
08-09-23 048

10 08-09-23 050-2

08-09-23 049
 頑張った一枚。
 ズームするとどうしても手ブレしてしまうのですが、根性でさせなかった。2・3回撮り直してますけどね。

“京都御所”
東側
08-09-23 053

 “建春門”
08-09-23 065

08-09-23 067

10 08-09-23 060-2
 “御苑”は本当に広大で、この先もまだまだあるのですが、今日もここまで。
 今日は祖母と叔父と出かける予定になっているので、そんなに遠くまで行く気はありません。
 
08-09-23 070

 “建礼門”
10 08-09-23 068-2

08-09-23 072

08-09-23 073

“蛤御門”
08-09-23 082

08-09-23 087
 名残惜しいので、もう一枚!

 そろそろ帰りますか。
 “御苑”は本当に自然が多く、私の感覚からすると宮崎神宮みたいだなぁと思いました。(宮崎神宮:航空写真で見てみると、住宅街の中にしっかり森があるのが見える。)神宮よりかは手入れされていますし、憩いの場として開放されてるので、違うと言われればそれまでですけど、なんとなくそう思ったのです。

 南へと歩いている途中で見つけました。
08-09-23 100
 ちょっと分かりにくいかもしれませんが、松の木が塀に巻きつくかのように曲がっているのです。

08-09-23 101
 この前を通ったら、もう少しで外に出られます。

 またバスに乗って、堀川丸太町へ。

“堀川”整備中
08-09-23 102
 ここから北へ真直ぐ行きと、昨日行った“清明神社”“二條戻り橋”に行きます。

 お腹すいてきたので、叔父の家に戻ります。

2009/11/20


【08`09/23】京都 五日目 (その弐)

「そうなるかもな。ところで、数学の新しい問題をひとつ思いついた。暇な時に考えてくれないか」
「どういうのだ」
「人に解けない問題を作るのと、その問題を解くのとでは、どちらが難しいか。ただし、解答は必ず存在する。どうだ、面白いと思わないか」
「興味深い問題だ」石神は湯川の顔を見つめた。「考えておこう」
 湯川はひとつ頷き、踵を返した。そのまま通りに向かって歩き出した。
                                                   『容疑者Xの献身』東野圭吾(文芸春秋)より


 これを書いているちょうど一ヶ月前の10月22日(水)に、級友と一緒に『容疑者Xの献身』を観に行きました。
 月9の『ガリレオ』の映画化。
 実を言うと、私、「ガリレオ」は2・3話ぐらいしか観てないんです。ドラマの続きではありましたが、話は映画だけで完結しているので、ドラマを観ていない人でも話を理解することができます。(ドラマ『ガリレオ』はどっちかというと間の小ネタみたいなCMが好きでした。)
 まさにタイトル通り。
 エンディングのスタッフロールが流れている間、ずっと泣いてました。

 その後で原作の『容疑者Xの献身』を読みました。
 映画と原作、そこに描かれる雰囲気はやはり違うものがありました。映画は湯川博士の苦悩にスポットが当てられていて、原作では湯川博士は苦悩というより困惑していた感じがありました。
 映画は映像として「みせる」必要があるから、ある程度「動き」のあるように改変する必要があるんだなぁと思いました。原作は映画ほど動かないんです。

 
 京都の話をしていたのに、なんで急に『ガリレオ』の話を? と疑問に思われている方がいることでしょう。勘が良い人はピンッと来てるかもしれません。
08-09-23 103
 叔父に連れて行ってもらいました。祖母も一緒です。

 福山雅治演じる湯川博士は、帝都大という架空の大学で物理学を教える准教授。
 その帝都大の全景がこの京都大学なのです。
 ドラマの撮影はここだけでなく、あちこちで行われているのですが、一番分かりやすいのがここ。
08-09-23 113
 時計塔とクスノキ。
 クスノキは、京都大学のシンボルマークでもあるようです。

 京都大学の授業が始まるのは10月かららしく、またこの日が秋分の日でもあったので、学生の姿はほとんど見られませんでした。
 上の写真で、クスノキの下に写っているのは、なにやら待ち合わせをしているようなのですが、学生ではないようでした。


 話には聞いていた京都大学。
 実際に見るのも来たのも始めてです。
 自分の通う学校とは違う学校、感覚が違うのでなんだか変な感じがしました。大学という雰囲気はあるのだけど、建物だとかそいういったものが違ってて、でも大学の空気はする。
 あまり確認しないで靴はいたら、なんだか履き心地が違うなぁと思っていたら、他人の靴だった。そんな感じ。
 『憲法9条を守ろう』みたいなことが書いてある看板があったりもして、いるんだなぁと思った。そこではっきり自分の大学と違うということ分かった気がしました。私の通う校内では連絡用の許可された看板があるくらいですから。高さ2mくらいの巨大な看板があったりします。
 それからだんだん感覚が分かってきて、24時間の図書館は本気で羨ましかった! コンビニじゃないんだから!! だけど、それだけここでいろいろと研究されているってことですよね。それに対応するよう設備の整った図書館があるのだから、それだけでさすが京大という感じです。

時計塔玄関より
08-09-23 143
 このクスノキを見上げる井上馨(柴崎コウ)を真似たポーズをして、叔父に写真をとってもらいました。

08-09-23 144

 時計塔は現在記念館になっていて、歴史館だとかレストランだとか土産屋とかありまして、ほぼ観光地化しているようでした。
 今日は祝日だったので、地下は開いてなかったのですが、そこでは京大ビールなるものが売ってあるそうです。なんでも、エジプトのビールを再現したもので(エジプトと言ったらあの方協力のもと)、美味しいらしい。
 一階にも土産屋はあるのですが、10時開店なのに、10時過ぎてから開店の準備を始めてました。待つのもなんだったので、その間に御手洗い行っていたら、痺れを切らした他の旅行客がそれぞれ戸棚を自ら開けてました。つっこみどころ満載ですが、あえて便乗します。
 いろいろ売ってありましたよ。ボールペンやシャーペン、キーホルダーといった定番のものから、ポストカード、「京大」と絵柄が出る金太郎飴、「京都大学」とロゴを模様にした巾着などなど。ここに来たら、お土産に困らない! 
 私は、京大の大学ノート(大学の大学ノート!)と級友に送るためのポストカードセット、「京大」金太郎飴を個別包装された10個入りを買っていただきました。
 その京大ノートに、『容疑者Xの献身』の一場面を写してあります。

08-09-23 148 

08-09-23 152

08-09-23 156

 帰りに“京都大学新聞”も買ってもらいました。
 学校新聞だとかそのレベルではなくて、ちゃんとした立派な新聞です。京都大学の情報が載っていました。図書館が改修されて24時間になったとか、とり人間コンテストの話だとか、京都大学っていろいろやっているんですね。やっぱり、さすが国立です。

2008/11/22


【08`09/23】京都 五日目 (その参)

 お昼はうどん屋に連れて行っていただきました。 
 混む前だったので、すぐ席に座れました。
08-09-23 157
 なかなかこしのあるうどんでした。
 釜飯も美味しかった! 
 京都は薄味と言われますが、私にとっては普通でした。もともと家が薄味にしてあるので、味について不便な思いはしませんでした。
 私たちが食べたのは、ごくふつうにメニューとして見かけるうどんです。 
 “うどんすき”という話を聞くとうどんのすき焼きみたいなのも、このお店は扱っているみたいでした。鍋なので、テーブルもその仕様でした。9月でまだ暑さの残る時期でしたし、お昼でしたから、その“うどんすき”を食べてる人は見かけなかった。

 この後タクシーに乗って移動したのですが、乗ったタクシーの運転手が京都のあれこれを話してくれました。
・お寺の塀に引かれている線の数は、お寺の格を表しているのだそうです。5本が一番格が高いのだとか。
・神社の鳥居。実は、鳳凰の止まり木なのだそうです。
 そして、ここから先は本当に知らなかったのですが、鳥居に止まっている鳳凰は何をしているのかと言うと、神社の受付係をやっているのです。
 鳥居に一礼一拍手、そして自分の名前と住所をここの中で言うのです。受付係の鳳凰に、名乗るのです。そうすると鳳凰が神社にいる神様にどこどこの誰々が来ましたよ~と教えに行ってくれるのです。これをしないでお参りしてしまうと、神様はどこのだれか分からないから相手にしてくれないのだとか。
 ・・・・・・知らなかった! やっちゃったよ、やらずにお参り!!
 稲荷神社の鳥居が多いのは、それだけ来る人が多いからなのだそうだ。
・八坂神社の入口は、実は目立つ所にあるのは出口だったりするので、間違って入ってしまわないようにとのこと。

 それから、京都関係ではないですが、ダイエットについても教えていただきました。
・寝る四時間前から甘いものを食べないようにすること。
 効果は運転手自身で体感したらしく、太鼓判を捺していました。
 その話にやたら食いついていたのは祖母だったり。身を乗り出して聞いていました。はたして、今も祖母は実践しているのでしょうか。

“南座”(車内より)
08-09-23 159
 この近くに出雲阿国の像もありました。

 河原町で祖母と私は降りました。叔父とはここで一旦お別れです。
 お目当ては、“よーじや”です。

 軽く迷いました。
 大通りから入っていく細い路があるらしいのですが、見つからず。注意してみてみたのですが、見過ごしてしまったのか見当たりませんでした。一度引き返してみると、祖母が見つけました。
 ・・・・・・道?
 そこは店に入ってしまうのでは? としか思えなかったのですが、よくよく見てみると、通りのタイルは店の奥へと繋がっています。それを辿っていくと、一つ裏の道に出ました。
 振り返ってみたら、道の両脇にまたがって店があると言う感じでした。
08-09-23 161
 これは見過ごしてしまいますね。

“よーじや本店”
08-09-23 162
 京都に来たら、行っておきたいお店!
 私は洗顔のが目当てです。
08-09-23 163
 本店とありますが、こじんまりとしたお店でした。それでも人気の油取紙とか、手鏡などいろいろ売ってました。
 東京や福岡にも支店があるみたいなのですが、やっぱり本店は行ってみたいですよね。
 以前、別の支店に入ったことがあるのですが、いろいろ新商品が出てました。繭玉のなんとか~とか。

 ここで買い物をすませた後、祖母と別行動になりました。



 さぁて、歩くぞ! 探すぞ! 見つけちゃうぞ!!

2008/11/24



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について