目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

29 / 65ページ

【08`09/22】京都 四日目 (その陸)

“きぬかけの路”
 竜安寺を出て、立命館大前を通る道が“きぬかけの路”。
 
 『歩く京都』で紹介されていた店を発見。
“Cafe 山猫軒”(本当はeの上に点あり)
08-09-22 446
 つたに覆われた店で、階段で入口へと下りていきます。
08-09-22 447
 隠れ家みたいなカフェです。
 ここのワッフルが美味しいとあったので、食べてみました。お昼はちょっとすぎてますが、まだ何も食べてなかったですし。

 階段で地下へと下りたのだから店内は暗いのかなと思いきや、店内には窓から日差しが入ってきていて明るかったです。明るすぎるのではなく、丁度いい感じで気持ちが良いくらい。(どうやらここが坂か何かになっていて、店の入口の反対側は坂の下にあたるらしい。坂に店が埋め込まれているといった感じ。) 
 本棚に絵本が飾られていました。絵本というとお子様用と思ってしまいますが、絵柄が面白く、一つの芸術作品のようで、並べてみるとお洒落な感じになっていました。


一番シンプルそうだった、メープルシロップバターを注文。
08-09-22 448
 できたてほかほかのワッフルが出てきました。

 お腹を満たしたら、また“きぬかけの路”を歩きます。
地層
08-09-22 450
 この地層の模様が面白かったので。
 この上にはえているのが、どんぐりの木(たぶんクヌギ)どんぐりが落ちていて、小さな子供をつれた家族がどんぐりを拾っていました。大きなどんぐりを見つけるたびにちっちゃな子は誇らしげな顔をして、親に見せていました。
 
立命館大前のバス停の前。
“京都府立堂本印象美術館”
08-09-22 452
 今日が休館日らしく(まぁ、月曜日だから)あいてませんでしたが、この建物を見るだけでも楽しめました。バスを待つ時間がけっこうあったおかげで、じっくりこの建物を見ることができました。

 建物を見ている以外にした事といえば、「京都駅に行くには、どのバスに乗ればいいのか?」と訊かれたので、バス停の行き先を見たりしてなんとか教えました。教えても不安そうにしていたのですが、バスが来たら、バスに通過するバス停として「京都駅」と表示されていたので、やっと安心して乗り込んでいきました。
 今思えば、私はこのバス停の目の前にある学生と間違われてたのですね。

2008/11/11


【08`09/22】京都 四日目 (その七)

 夢枕獏『陰陽師』とそれを漫画化した岡野玲子『陰陽師』を読みました。
 どちらも割と最近。
 中学時代にはすでにどちらもありましたが、その時は読んでなかったです。京都へ修学旅行に行った次の年、後輩が修学旅行へ行く計画を立てていて、「安倍晴明ゆかりの地を巡るコースがあるんですよね」とかなんとか言っていたのを「へぇ~」と聞いていた。

 『歩く京都』に付いていたバスの路線図を見ていたら“晴明神社”とあるのを見つけたので、計画に加えていました。
 見つけるまで、すっかり忘れてました。
 好きなのはその程度だと言われると悲しいかな。
 今ちょっとだけ、幕末の本を読む機会が多いだけなんです!

 バスから降りてみると、露店が並んでいるのが見えました。
 今日、何かのお祭り? それともいつもこんな感じ??
08-09-22 457

 飲み物買おうとコンビニを探している途中で見つけたお店。堀川今出川の交差点から“晴明神社”へ行く途中にありました。
08-09-22 460
 着物の柄を使った小物入れとかポーチとかが売っていました。一つ一つ違う柄が使われているので、気に入った柄を探してみるといいかもしれません。
 私は気に入った柄はあったのですが、欲しい物と合致しなかったので、何も買いませんでした。

08-09-22 461-2
 見てるだけで、ワクワクしてしまう。

“桔梗印”(晴明桔梗とも言う)があるということは間違いなくここは“晴明神社”
08-09-22 462

“旧一條戻り橋”
08-09-22 464 
 この欄干親柱は大正11年から平成7年まで実際に使われていたものを使って、再現したものだそうです。

08-09-22 467

08-09-22 468

08-09-22 470

“清明井”
08-09-22 475
 流水口がその年の恵方を向いているのだそうです。

08-09-22 479
 
 ここは、千利休終焉の地でもあるのだとか。(境内に当たる部分に千利休の屋敷があったという記録が出てきたらしい。)
 「太閤秀吉に振舞ったり、最後に自服した茶もこの聖水で点てたものだろう」(看板より)

 歴史の年表を見ていると、歴史というのは横一直線に繋がっているものと思ってしまいがちですが、一つの場所にいくつかの、別の時代があるのを見ると、歴史というのは積み重なっていくものでもあるのですね。
 
 どうやら今日はお祭りらしい。
 奥の建物の中に見えるのは、御神輿。
08-09-22 485
 後で調べてみたら、“晴明祭”だったようです。

本殿から見て右手
“厄除桃”
08-09-22 488
 珍しいものを発見。さすがは「晴明」神社。
「古来陰陽道では桃は魔除厄除の果物とされています」(看板より)

08-09-22 491
 境内に桔梗が植えられています。これは神社の神紋が桔梗印であることと全く無関係というわけではないようです。
 境内の桔梗が開花している間だけわけてくださる“桔梗御守り”というものがあります。勿論、わけていただきました。

 この近くに“顕彰板”というものがありまして、安倍晴明の言い伝えをイラスト付きで紹介していました。

“御神木 楠”
08-09-22 494
 樹齢推定300年なのだそうだ。
08-09-22 495

2008/11/14


【08`09/22】京都 四日目 (その捌)

“一條戻橋”
08-09-22 512-2
 「フツーの橋じゃん」とそんな身も蓋もないことは言わないで。
 
 『戻橋』の由来は、父の死を知って、急いで帰ってきた子・浄蔵。父の棺がこの橋を通っているところであった。その棺にすがって、神仏に祈願したところ父が一時的に蘇生したという話からきているのだそうです。(銀色に光る看板より)

 他にもあれこれ話があるようで、エピソード満載の橋。
 『陰陽師』夢枕獏を読んだことがある人なら、語るに及ばずと言ったところでしょうか。
(この時は知らなかったのですが、ベス久……じゃなかった、島津歳久の首級が晒されたのもここらしい。)他多数。
 地理というか、なんというかそれらしく、あまりよくないエピソードばかりですけど。

“堀川”(整備中:立ち入り禁止)
08-09-22 506
 せっかくなんで水流しましょうプロジェクトみたいなことが看板に書いてあった。

 あれこれ一條戻橋のことを調べていたら、堀川の写真も出てきたのですが、それを見るとここがかなり整備されていることが分かります。
08-09-22 529
 となると、ここに写っている木は、どこかから持ってきたものということになりますね。
 昔からあるよ~という顔をしていますけど。


 ちなみに、“一條戻橋”は“清明神社”を出て、南へ少し歩き、道路の向かい側へ渡った所にあります。近くにバス停「一條戻橋」とあるので、それを見つけたらすぐ近くにある橋が目的の橋です。

2008/11/15


【08`09/22】京都 四日目 (その玖)

 二条城近くまで戻ってきました。
 約束の時間までまだまだ時間があったので、この辺りを探検してみることにしました。

“二條陣屋”
08-09-22 537
 予約制とのことなので、中には入りませんでした。(1000円)
 「江戸初期建築の大名宿舎であった町家。忍者屋敷のような設備が随所に。」(『歩く京都』より)
 中を見てみたかったですが、外だけじっくり見ておきました。

駄菓子屋
08-09-22 542
 中入ってみたら、誰もいませんでした。呼びかけても誰も出てこなかったのですが、大丈夫なのかここは。
 中は玄関程度の広さしかなく、所狭しと駄菓子が置かれていました。駄菓子というか、どっちかというと「昔なつかしの菓子」ですね。近所の駄菓子屋というイメージを思い浮かべられると、ちょっと違います。おせんべいとか、かりんとうとか、そっちな感じ。
08-09-22 561

“神泉苑”
08-09-22 544
 二日目の朝、散歩した“神泉苑”。
 苑内自由。

08-09-22 545

 もとは大規模な平安貴族の園遊場だったとか。
08-09-22 546

 ここでも修理が。
08-09-22 547

 奥へと進んでいくと、見えてきました朱塗りの丸橋!
08-09-22 550

“法成橋”
08-09-22 553
 心に一つだけ願いを念じながらこの橋を渡ると、願いが叶うらしい。
 私が何を念じながら渡ったのかは、秘密ということで。

右手にあるのが“善女竜王社”
08-09-22 560
 ここに来ようと思ったのは、叔父が前に送ってくださった写真の一つがここだったから。
 いーなーいーなー、京都ってこういうところがあるんだ! と見てました。場所はどこかまでは分からなかったけど、叔父がどこなのかを書いてくれていたので、名前は覚えていました。自分の目で見れたから、覚えておくものですね。

 そして、先日叔父から最近の“神泉苑”の写真が送られてきました。紅葉の時期なので、キレイに染まってきていました。一ヶ月経つだけで随分と印象が変わるものなのですね。
 私の季節の感じ方と言ったら、洗濯物が乾くか乾かなくなってきたかとかなので風流もへったくれもないのですけど。
 それでもやっぱり、赤や黄に葉が染まっているのに気付くと、見とれてしまいますね。


【追記】
 この後、“におい袋 ゆりの”というお店に行ってみました。
 小さな袋の中に香木が入れられていて、いい香りがするようになっているものです。香木はいろんな種類があり、店ごとにブレンドが違うのだとか。
 ここ“ゆりの”では着物として使われていた布で、かぐや姫の人形とか花びらとか、季節によっては朝顔、柿だとかをつくっていました。(柳川の“さげもん”みたいなのと言ったら、イメージ付くかな)手のひらに納まるくらいの大きさのかわいらしい形の中に香木が入れられていて、やわらかな良い香りがしています。
 お土産にいくつか買っていきました。
 
 小さなお店ですが、奥の方では修学旅行生達がにおい袋を作るのに挑戦していました。あれ意外と広いかも。(それほど広いというわけではなく、感覚として)

 大通りから道を入ったところにあります。緑ののれんを見つけたら入ってみるといいかもしれません。

2009/11/17


【08`09/22】京都 四日目 (その拾)

 約束していた時間より早く帰ってきました。
 着替えたかったから。
 シャワーだけあびるつもりが、ついお風呂入りたくなって、あと普段使わないドライヤー使ったりして、結局、約束していた時間ぎりぎりに仕度が終わりました。(あれはぎりぎりアウトだったかなぁ)
 叔父が少し遅れるということは予想していたから、それでも大丈夫なように計画してあったと言っていました。
 あれ、行動が読まれてる・・・。


 叔父が連れて行ってくれたのは、『梅の花』というお店です。湯葉と湯豆腐のお店だということなので、楽しみにしていました。京都と言ったら、湯葉と湯豆腐と勝手に思っていたので、食べたかったのです。
 タクシーに乗って行ったのですが、通ったことのある道だなぁと思っていたら、“六角堂”の近くのお店でした。今朝の散歩で行った所です。

 掘り炬燵のある個室の一つに通されました。
 フランス料理みたいに、料理が一つずつ順に運ばれてきます。
 湯葉は薄い膜のようなもので、それを浜勝のミルフィーユかつみたいに折り重ねて使われていました。(歯ごたえがそれっぽかったから。同じではなく、あくまでも似ている感覚です。)
 湯葉、湯豆腐だけではなくて、いろいろ出てきました。豆腐シュウマイ、茶碗蒸し、生麩田楽、グラタン(確か湯葉の)といろいろ出てきました。あと叔父が注文したお酒は竹の筒に入ってて、おもしろかったです。
 京都満喫な料理でした。

 おいしい料理に、おいしいお酒とくれば、楽しい話です。
 あれこれ話が弾みました。
 祖母と叔父は、私を小さい頃から知っていて、あれこれ私の小さい頃の話が出てきます。
 まったくもって私に覚えは無いですが、あまりの過去の自分のフリーダムさに机の引き出し探したくなりましたね。確か引き出しから過去とか行けたはずと本気で思いかけた。
 私がデジカメ持ってあちこち撮っていることから、小さい時の私とアルバムの写真にまつわるちょっとしたことを、叔父が思い出したそうなのですが、その引き出しは開けちゃだめ! って、もう遅いけど。

 あまりの恥ずかしさに料理の味が分からなかった・・・・・・ということはなく、しっかり味わって食べました。
 おいしいというのは勿論ですが、豆腐シュウマイとか湯葉のグラタンとかが興味深かったというのもあります。食べようと思っても、近くでそれらを扱っているお店は無いですから。次何出てくるのかなとワクワクしました。

 フランス料理みたいに店員が様子を見て持ってくるとはちょっと違いまして、だいたい食べ終わる頃に次の料理が来るようになってました。
 
 湯豆腐はおなべに入れられてくるのですが、途中から火をつけて(電化だったけど)おなべ全体が白くなったら食べごろとなるのだそうです。それまでにあれこれ料理が出てくるのですが、次が湯豆腐という頃ににちょうど食べごろになるようになってました。タイミングが計られてます。
 

 冬になると自分で湯豆腐作ってみたりしてましたが、今度からそれは「湯に入れた豆腐」と呼ぶことにします。
 あれを「湯豆腐」と呼ぶのはおこがましい、と思った。

2008/11/18



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について