目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

25 / 65ページ

【08`09/22】京都 四日目 (その弐)

 “菅原道真”
 彼を祭る「天満宮」は全国に数多くあります。
 代表的なのは、福岡の太宰府天満宮と京都の北野天満宮、この二つだと思います。だけどこの二つ、天満宮ならどっちも同じというわけではないのです。
 特に太宰府天満宮は特殊。なぜなら、菅原道真の遺骸があるところに建てられているのです。天満宮で地面に座った牛の像を見かけますよね。菅原道真の遺骸を運ぶ途中、牛が座り込んで動かなくなりました。ここに留まりたいのだろうという菅原道真の意思がそうさせたのだろうということで、そこに遺骸を埋めたことからきているものです。そのエピソードの舞台が太宰府天満宮なのだとか。
 一方、死後怨霊と化し、雷を落とす菅原道真の祟りを静めるために建立したのが北野天満宮なのだそうです。
 簡単に説明するとそんな感じです。
 意外と知らない(かもしれない)天満宮のお話でした。

 この四日目に行った時には、この違いを知らなかったです。
 九州国立博物館で開催している「国宝・天神」に行ってきまして、その時に知りました。違いあったんだとびっくり。
 
“北野天満宮”
08-09-22 045
 祖母も一緒です。
 なんでも北野天満宮近くにあるお店の甘酒が飲みたいからだそうです。

08-09-22 051

 あちこちに牛像があります。
 牛の頭と自分の頭を交互になでると頭がよくなるといわれています。
 が、その牛像が壊されるという事件があったそうです。犯人はきっと雷にでも打たれているでしょう。

 牛像がすべすべしているのは、石の材質だけじゃないと思う。
08-09-22 056

“楼門”
08-09-22 060-2
 太宰府天満宮は朱塗りですが、こちらはこちらでシックな感じにときめきかされます。
 そして、今日も修学旅行生発見!

 毎月25日は菅原道真の月命日。それで、その日出店とか出たりして賑わうそうなのですが、その日に行ったことのある祖母の話によると、この門に来る頃には日が暮れていたとか。人多すぎ!

08-09-22 063

08-09-22 065
 ここにも牛が!

08-09-22 066
08-09-22 067
 なぜか心引かれるイラスト。

08-09-22 068

08-09-22 072-2

08-09-22 074
 マーブル模様の牛。
 誰かが置いた松ぼっくり。

 上の牛の反対側。
08-09-22 075

 境内に一体だけ立ち姿の牛があると聞いていたのですが、どこにあるんですか? 今回もまた見つけきらなかった??

“三光門”
08-09-22 076
 ここに辿り着くまでが意外と長かった。

 本殿前の空間は太宰府天満宮の方が一回りほど広いかもしれません。それに太宰府には“飛梅”もあるし。
 だけど、街中にある神社であると考えると、北野天満宮は北野天満宮で広いと思います。あと、牛については北野天満宮の方が多いです。あと種類も豊富。
 
“本殿”
08-09-22 083
 本殿中央の彫りには、やっぱり牛が彫られていました。
 後で調べてみたら、この殿欄間の彫刻刻まれている牛の姿が、例の立ち姿の牛なのだそうだ。てっきり像とばかり思っていたので、知らずに見てました。

 本殿前授与所には、学業守りのほかにも、牛のミニチュアが売ってありました。白金で作られひときわ目立つその小さな牛を見つけたとき祖母が好きそうだなぁと思って、ふと横を見たら、祖母が巫女さんにその牛のミニチュアについて尋ねている最中でした。(やっぱり?! というか、早っ!!)とりあえず、止めておきました。
 あのちょこんと座って、こちらをつぶらな目で見ている銀色に輝く牛には、私もキュンと来てましたけどね。
 
08-09-22 094-2
 修学旅行生たちを見ていたら、4・5人のグループに分かれていて、それぞれにタクシーの運転手が一人ずつ付いていました。そのタクシーの運転手があれこれ説明をしているようでした。梅には鶯、竹には虎、修学旅行にはバスガイドのおねーさんじゃないんですかっ?!
 私の中学修学旅行時はバスでの行動だったので、観光案内はバスガイドのおねーさんがしてくれていました。てっきり他の学校も同じようなものだとばかり思っていたのですけど、学校によってプランは違うのですね。(ちなみに、北野天満宮には自由行動の時に行きました。)

もう一回“三光門”
08-09-22 100
 門の彫刻がカッコいい!


 祖母お目当ての甘酒のあるお店(北野天満宮入口近く)
08-09-22 114-2
 定休日でした。
 後から来た自転車に乗った3人組もこの店に用があったみたいです。
 ここの甘酒、人気みたいですね。

2008/11/06


【08`09/22】京都 四日目 (その参)

 祖母と別れ、私はバスに乗って次の目的地へ
08-09-22 119-2
 京都のバス停は、バス停によっては、〇番のバスがもうすぐ来ますよ~と表示してくれるところがあります。(観光名所に近いバス停で多く見かけました。)

 バスに乗ってみると、外国人旅行客が多かったです。
 そして、皆同じバス停で降りました。
08-09-22 122-2
 金閣寺で思い出すのは、『プロジェクトX』ですね。
 火災(放火)によって焼けてしまった金閣寺。再建したのはしたのだけれど、時間が経つと金箔が剥がれ落ち、無残な姿に・・・・・・。そこで集められたのが全国から選ばれた職人達。果たして彼らはかつての輝きを取り戻すことができるのだろうか―――、という感じの内容だったと思います。
 この番組はけっこう見ていましたが、はっきりと内容を覚えているのはこの金閣寺の回ぐらいです。剥がれないよう厚手の金箔にしたり、金箔を貼るのに隙間作らないように貼るのだとか、金箔を貼り付けるのに最適な漆を探したりとか、華々しさの陰に秘話ありでした。

08-09-22 125
 中島みゆきの『地上の星』を頭の中で再生させながら、歩きます。
 拝観料400円。

08-09-22 140
キラッ☆ 

08-09-22 150
地上のフラッシュ☆
 ありとあらゆる言語が聞こえてきます。大人気。金閣寺は目に見えてキレイですからね。
 焼失される前は、今のようにきらびやかではなかったらしい。それを考えるとなんとも皮肉な気もしてなりませんが・・・・・・。

金閣寺こと“鹿苑寺”
08-09-22 151-2
 池に金閣寺が映るよう、池の水はあえて濁らせているのだとか。

08-09-22 155-2
 金閣寺はきらきらしててキレイですが、庭も庭で整えられていて美しいです。あまり見られていなかったけれど。

08-09-22 162

お気に入りの一枚。
08-09-22 158

 なんだかんだで、金閣寺はキレイ。
08-09-22 170

08-09-22 177

鳳凰
08-09-22 185

08-09-22 190
「飛翔」


 金閣寺は中学修学旅行時の自由行動中のチェックポイントでした。
 ちゃんと無事に回れているかどうかの確認のために、いくつかチェックポイントが設定されていました。
 この金閣寺のチェックポイントで、数学の先生に「(予定より)早過ぎないか? ちゃんと観て回っているのか??」と怪しまれました。その時は、「余分に時間を設定してたので~」とかなんとか言って、ごまかしました。
 実のところ、予定を繰り上げて行動してたのです。
 朝一番最初に行く目的地を、河原町周辺にしてしまっていたから。朝早すぎて、誰も歩いてないというか、店はどこも開いてない!! 来た意味無っ!!!
 考えてみれば当然といえば当然なのですが、ルートをどうしようかぐらいしか頭になかったので・・・・・・。うっかり、うっかり。
 それで繰り上げて行動し、朝の人気のなさが嘘のようにごったがえしている河原町へ行きました。

 今日はチェックポイントこそありませんが、叔父に午後五時には戻ってくるようにと言われています。
今日もどこかに食べに連れて行ってくれるというので、厳守するつもりです。

2008/11/08


【08`09/22】京都 四日目 (その肆)

 “金閣寺”はばっちり見ごたえがありますが、見どころは他にもあります。

“陸舟の松”
08-09-22 197
 樹齢約600年の盆栽。
 前の白州が海に見立ててあり、帆に風をはらませ進んでいるようでした。
 松は海の夢を見る。

 ちなみに、この“陸舟の松”の前でタイマーを駆使した撮影を試みました。
 人少ないときを狙ったのですが、10秒待っている間に来た人がカメラのタイマーに気付いて(赤く明滅するのです)、あたたか~く見守ってくれました。

奥へと進んでいきます。
08-09-22 225

“龍門の瀧”“鯉魚石”
08-09-22 229
 鯉は滝をのぼり龍へと姿を変える。
 滝の前の石を鯉に見立てているのです。
 こういうセンスがすごいと思います。ただ広いだけの庭にしていないところとか。それにはっきりと鯉と分かってしまうように石を彫ってしまうのではなく、自然にあるようなかたちで置くというところも。余計な説明は不要、こちらの想像力に任せてくれるのが、自分に介入しすぎてこないので気持ちがいいです。

08-09-22 245
ちらっ☆
これより先に進むと、もう金閣寺は見えなくなってしまいます。


順路に従い進んでいくと、見えてきました。
08-09-22 265

せっかくなので、入ってみた。
08-09-22 271

08-09-22 272
 ちゃんとここにも金閣寺が!
 このお菓子はすぐ隣の土産屋で売ってありました。ぬかりないなぁ。

08-09-22 278
桔梗が咲いていました。

08-09-22 280-2

08-09-22 284-2
 金閣寺はやっぱり人が多かったです。
 だって観たいものは観たいのだもの!!

2009/11/09


【08`09/22】京都 四日目 (その伍)

“竜安寺”(りょうあんじ)

08-09-22 302
 歩きながらシャッター切ったので、斜めってます。
 このような傾斜はなく、平坦な道です。

“鏡容池”
08-09-22 305
 石庭(正しくは“方丈庭園”)目当てで来たので、他は何も考えてなかったのですが、ちょうど睡蓮の咲く時期でした。

奥に見えているのが“庫裡(くり)”
08-09-22 312-2
 玄関です。
 一般と団体で入口が分けられていました。私が行ったときは団体は見かけなかったのですが、効率化されているなぁと思った。

ミニチュア。
08-09-22 317
 目が不自由な人のため、とあった。

 ここも人が多かった。
08-09-22 349
 少人数行動中の修学旅行生を見つけ、案内役のタクシー運転手の説明を近くでこっそり聞いてみた。
 端に立って石の数を数えてみると14。反対の端に立って石の数を数えてみたら14。この石庭には15あるはずなのに、一個少ない。その一個はどこかというと、端っこの石がそれぞれ別の石の陰に隠れてしまうからなのだとか。

08-09-22 350
 作者も謎で、作庭も謎なこの石庭。
 だからこそ、人を惹きつけるのでしょうか。はっきり示されるのもいいけれど、どうなのだろうとあれこれ想像してみる楽しみがあります。
 私は解釈うんぬんではなく、この大小15個の石の上を飛び渡っていったら楽しいだろうなぁと考えていました。(勿論、実行はしませんでしたよ!)

 このすぐ後ろが“方丈”
 写真撮影禁止とのことだったので、撮りませんでしたが、襖に龍の絵が描かれていました。『日本むかしばなし』みたいな龍。
 墨はいいですね。色が付いて華々しいのも好きですが、シンプル・イズ・ザ・ベスト!! 濃淡で描ききるのが素晴らしい。

08-09-22 330-2
 ひっそりと消火器。

 建物内を一巡したら、外に出ました。
08-09-22 421
 京都で着物着ていると違和感無いですね。上のは浴衣ですけど。
 そして、着物を着ているとあちこちでサービスが受けられたりするようです。タクシーの会社によっては料金割引とか。

08-09-22 378

08-09-22 437

08-09-22 380

08-09-22 383

08-09-22 387
一体どうやって上ったのだろう・・・・・・。

2008/11/10


【08`09/22】京都 四日目 (その陸)

“きぬかけの路”
 竜安寺を出て、立命館大前を通る道が“きぬかけの路”。
 
 『歩く京都』で紹介されていた店を発見。
“Cafe 山猫軒”(本当はeの上に点あり)
08-09-22 446
 つたに覆われた店で、階段で入口へと下りていきます。
08-09-22 447
 隠れ家みたいなカフェです。
 ここのワッフルが美味しいとあったので、食べてみました。お昼はちょっとすぎてますが、まだ何も食べてなかったですし。

 階段で地下へと下りたのだから店内は暗いのかなと思いきや、店内には窓から日差しが入ってきていて明るかったです。明るすぎるのではなく、丁度いい感じで気持ちが良いくらい。(どうやらここが坂か何かになっていて、店の入口の反対側は坂の下にあたるらしい。坂に店が埋め込まれているといった感じ。) 
 本棚に絵本が飾られていました。絵本というとお子様用と思ってしまいますが、絵柄が面白く、一つの芸術作品のようで、並べてみるとお洒落な感じになっていました。


一番シンプルそうだった、メープルシロップバターを注文。
08-09-22 448
 できたてほかほかのワッフルが出てきました。

 お腹を満たしたら、また“きぬかけの路”を歩きます。
地層
08-09-22 450
 この地層の模様が面白かったので。
 この上にはえているのが、どんぐりの木(たぶんクヌギ)どんぐりが落ちていて、小さな子供をつれた家族がどんぐりを拾っていました。大きなどんぐりを見つけるたびにちっちゃな子は誇らしげな顔をして、親に見せていました。
 
立命館大前のバス停の前。
“京都府立堂本印象美術館”
08-09-22 452
 今日が休館日らしく(まぁ、月曜日だから)あいてませんでしたが、この建物を見るだけでも楽しめました。バスを待つ時間がけっこうあったおかげで、じっくりこの建物を見ることができました。

 建物を見ている以外にした事といえば、「京都駅に行くには、どのバスに乗ればいいのか?」と訊かれたので、バス停の行き先を見たりしてなんとか教えました。教えても不安そうにしていたのですが、バスが来たら、バスに通過するバス停として「京都駅」と表示されていたので、やっと安心して乗り込んでいきました。
 今思えば、私はこのバス停の目の前にある学生と間違われてたのですね。

2008/11/11



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について