目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

21 / 65ページ

【08`09/21】京都 三日目 (その七)

 “霊山護国神社”を後にし、“維新の道”の坂道を、今度は下ります。
 そうするとお昼にお好み焼を食べた店のある道に戻ってきました。
 ここまで来たのだから“清水寺”に行くことにしました。

 二年坂を通り、安寧坂を通ったみたいです。
 今ここはどこそこだと考えずに歩いていたので、どこで写真撮ったのかわからない。
 人の流れと、店の並びに沿って歩いていけば、まず迷わない。

080921055.jpg

080921056-2.jpg

080921057-2.jpg

080921058-2.jpg

 “清水寺”に近くなればなるほど、人も多くなり、店も賑やかになってきました。
 あれこれいろんな店があるので、見て歩くだけでも楽しい。何しろ普段あまり目にすることの無い品物が売られているから。さすが京都、和の心です。

 中学の修学旅行の時に、“清水寺”へは団体行動中に行きました。
 安寧坂にはどこか見覚えがあった。
 ただなんとなく人気スポットだから“清水寺”へ行こうとしているのではありません。ちょっとした「リベンジ」をするという目的がちゃんとあるのです。

2008/11/01


【08`09/21】京都 三日目 (その捌)

“清水寺”

“仁王門”
080921059.jpg
 前(中学の修学旅行)で来たときは、門はこんなに色鮮やかではなかったはず。あの時はこれぞまさしく歴史を感じるとか何とか思って、門をくぐった覚えがあるので、あの後塗りなおされたのだと思います。
 この門の前の階段はバリアフリーとは真逆の位置にある急さがあったのですが、そこを赤ん坊を乗せたままベビーカーを持ってのぼっていくおとうさんがいらっしゃいました。門は通りませんが、迂回するバリアフリーとまではいかなくても段差の低い階段があるのに。門を通りたいという気持ちは分からないのではないのですが、がんばるなぁと思った。

門前の階段の上から
080921060-2.jpg

拝観料が必要になる所に入る前にて
080921062.jpg
 いい感じに靄がかかっていて、そこに木々の間からちょこんと出ている塔があって、是非是非写真に撮りたい!と思って、何回かシャッターを押したのですが、上手く撮れなかった。
 バズーカみたいなカメラを三脚で固定して写真を撮っている人がいました。そこまでして写真を撮ろうとは思いませんが、カメラの扱いにもっと慣れたらいいなと思いました。

 拝観料は300円。
 清水寺のチケットは、しおりとして使るようになっているし、季節によって絵柄が微妙に変わるようなので、ちょっと楽しみでした。
 今回は秋バージョンで、三重塔に清水寺の舞台が描かれているという基本パターンに加えて、紅葉のもみじが描かれていました。(前回は春バージョンだったので、これで二種類目。)

 本堂では御本尊御開帳をしていたようなのですが、私が行った時にはすでに終わっていました。

“舞台”
080921063.jpg
「清水の舞台から飛び降りる」
 設置されていた音声ガイドによると、願掛けとして、願い事唱えて、この舞台から飛び降りるということがあっていたらしい。(勿論、今は禁止)
 生還8割だったとか。
 すみません、あとの2割は?!
080921064.jpg
 舞台の欄干をしっかり掴んで、下を覗き込もうとしても下が見えません。比喩でなく、構造的に。せり出した板で下が見えない。乗り出したらどうか分かりませんが、雨で濡れていたので大変滑りやすくなっておりましたので、やめておいた。

 舞台を行き過ぎたら、お待ちかねのリベンジタイムです。
 地主神社はしまっていたので、前回のような失敗はないはず。
 雨が降ってきましたが、そんなの関係ない。ちょっと傘をさす必要があるかもしれない程度の雨で水をさされるわけがありません。
 全ては中学の修学旅行、そこから始まりました。
 団体行動でこの清水寺を訪れました。その時、地主神社へ行ったあの時の私は、地主神社から出ると、その前にあった階段を下りてしまったのです。いやぁ、うっかりうっかり。
 そのため、「清水寺に行ったら、絶対このアングルで写真を撮るんだ!」と思っていた場所で写真を撮り損ねてしまったのです。
 あの時の悔しさと言ったら・・・・・・。

“阿弥陀堂”前にて
080921066.jpg
 リベンジ、成功☆
 やっとすっきりしました。


 満足したら、階段で下へ。
 舞台のすぐ横にある階段なので、惚れ惚れするような組まれ具合を見ることができました。
080921067.jpg
 下から舞台を見上げると、そんなに高さがないのだなと思いました。
 イメージとして舞台の下は人跡未踏、誰も下りたことがないくらい深い谷の底というのを思い描いていました。ですが、舞台の下には舗装された道があって、普通に歩けます。
 勝手に高いだとかを思ってしまっていたのは、たぶん、本堂と舞台の写真では木々が生い茂っているので上部しか見えないようになっているからだと思います。下までちゃんと見えないから、見る方が勝手に想像してしまうようになっているでしょう。
 ものすごく低かったと言っているわけではありません、あくまでも私が想像していたよりも低かったということです。
 崖の上にせり出した舞台を支える柱一本一本、立派で高いです。そして、組まれ方もまた見事で、丈夫そうでした。あれだけどっしりとした舞台を鉄筋ではなく、木が支えているのを考えると、よくこれほどのものを造れたのだなぁと感動します。

行列のできる“音羽の滝”
080921068-2.jpg
 やっぱり大人気。
 並びたくない、並んでいる時間なんてないわという人は自動販売機を探してみるといいと思います。“音羽の滝”の水の自動販売機がひっそりと設置されていましたよ。

080921070.jpg
 急ぎ足になってしまいましたが、目的は果たしのたので満足。
 今日は一日中雨ということもあってか、早くも暗くなってきました。

2008/11/03


【08`09/21】京都 三日目 (その玖)

 茶わん坂を通るルートがお勧めだと『歩く京都』に書いてあったのだけど、あえて違うルートで帰ることにしました。
 安寧坂を戻り、五条坂を通るルート。

080921071.jpg
 だいぶ暗くなってきたので、土産屋の明かりが眩しいくらいでした。
 
 安寧坂は中学の修学旅行時に通った記憶がありまして、まぁ清水寺に行くのだったらと通るのですけど、あの時クラスメイトがお土産買っていたお茶屋だとか、周りが古風なのでやたら目立つアイドル雑貨を売ってる店だとかを見かけたので。
 あの時の自分はどこにもいないけれど、あの時はちゃんと私ここにいたのだなぁと思って。
 まさかまた京都に来るとは考えもしなかったけれど。
 中学の時は本当になんとなく京都だなぁぐらいにしか思ってなかった。修学旅行だしなぁ、とそれくらい。

五条坂の駐車場
080921072-2.jpg
 中学の時は、ここにバスが駐車して、ここから清水寺に行ったんです。
 今見ると、ちゃんと京都タワー見えているんですよね、ここから。なのに見てなかった私って……、どれだけ前しか見ていなかったことか!

 
 清水寺から二条城(目印)へと行くには、バスの路線がいろいろと込み入っているようで、一日中歩き回って疲れた頭はあれこれ考えるのを拒否してくれたので、清水寺から京都駅へ行ってそれから二条城を目指すことにしました。

 混んだバスの中で、視線そらすために窓の外を見たら、雨が降っていることもあってか、真っ暗。
 考えてみれば、まだまだ暑いとはいえ、夏はすぎて日が暮れるのはどんどん早くなってきているのだから、午後6時にもなれば暗くなるもの。
 ここで、今日一回もケータイを見てないことに気付きました。ケータイ放置は私にとっていつものことですが、今日はそのいつもと事情が違う。
 ケータイを取り出そうにも、バスの中では身動きできず、というかこの混雑の状態でケータイを扱うのは憚られて、京都駅に到着するまで何もできませんでした。
 
 バスから降りたら、すぐにケータイを取り出してみると案の定祖母からの着信と叔父からのメールがありました。
 頭の中で駆け巡る、放課後話が盛り上がって、ついつい帰るのが遅くなった時の、あの時の母の怒り具合。
 叔父からのメールには祖母が心配しているということが書かれてあり、やらかしてしまったと心の中で力の限り叫んでおいた。
 あと、すっかり忘れていましたが、今朝は大雨洪水雷警報が出されていました。それを考えると、本当にご心配おかけしました。
 祖母に電話をしたら、もう遅いからタクシーを使うよう言われました。
 声を聞く限り、怒っているようではなかったので、ちょっとだけほっとしました。私が安堵してもしょうがないのですけど。(怒られるようなことはよくやるけど、かといって怒られることが好きだとかそういうわけではない)

080921073.jpg

 京都駅前のタクシー乗り場では、雨が降っているのもあってか、列ができていました。
 タクシーの列に並んだのはこれが初めて。
 私の移動手段の基本は自転車。自転車が無いならバス、電車なので、タクシーに乗ることは親と一緒以外なかった。

 運転手に行き先を告げる時にちょっとしたハプニング発生。京都の地名は漢字の読み方が独特なのが多く、つっかえつっかえながら叔父の住所を言っていました。
 が、「みいけ」が通じない。
 同じ漢字でも、地域によっては読み方が変わるのです。この場合、私の知っている読み方の方が独特なもので、漢字を素直に読んでみたら通じました。

 叔父の家に辿りついて、ワンクッションおくためにチャイム鳴らしました。癖で。帰りが遅くなったとき、インターホンに出る母の声を聞いて覚悟を決めるためにやっていた事がつい出た。
 あの時の母みたく怒られはしませんでしたが、連絡はするように祖母から言われました。

 今回京都で一日中あちこち行けたのは、叔父が呼んでくれたからというのは勿論ですが、祖母のおかげというのもあります。朝御飯や洗濯といったことは祖母がしてくださっていたので。私は、お世話になっておきながら、あまり家の手伝いしませんでした。(後でその事を知った母に、小言もらいました。)孫娘というポジションをここぞとばかりに活用し、甘やかさせていただきました。本当にこの日は、特に心配かけてごめんなさい。


 あの時の私とかなんとか言ってましたが、あんまり今の私と変わってないのかもしれない。

2008/11/04


【08`09/22】京都 四日目 (その壱)

 青に白の花のイラストが散りばめられたA4サイズの肩掛け鞄は、湯布院旅行から使い始めたのでまだまだ新しい。
 その鞄を斜めにかける。
 二日目に叔父が書いてくれた地図をもう一度見てから、すぐ取り出せるよう鞄の外ポケットに入れた。
 今日も元気に朝の散歩です。


2008年9月22日(月) 京都 四日目
キンカクジ:ゴールデン・テンプル

 まだ起きたばかりの中を歩いていきます。日中の日差しと違って、色合いが淡いのはまだ寝ぼけなまこなのでしょう。
 朝の空気らしく冷くて、まだ頭がしゃっきりとしていない状態の私にとって顔を洗っているような感覚になりました。
 平日なので、通勤通学の人達も歩いていました。
 私は基本マジメなので、自主休講とかそういうものではありません。
08-09-22 001
 京都の中心地は道が真直ぐなので、地図を見るのが楽です。分かりやすい目印を叔父が書いてくれていたというのもあります。

目印の一つ“池坊本部”
08-09-22 004
 この建物前の飾りを、前に叔父から写メで送られてきたことがあったので、「あれだ!」とすぐに分かりました。
 その飾りは季節ごとに変わるらしく、今はどんなのだろうと思ったのですが(見えることは見えるのだけど、間近で見たいじゃないですか)、横断歩道が少し先でした。
 先に目的地に行くことにします。

“鐘楼”
08-09-22 006

“六角堂”

“山門”
08-09-22 007

08-09-22 012
 境内はやたら鳩が多かったです。
 手を合わせてるとき、やたら鳩が警戒してくるなぁと思って、ふと上を見てみたら、どうやら巣を作っているらしかった。そして、幼い鳴き声。姿は見えませんが、雛がいるようでした。

08-09-22 013
 なんでもここは生け花発祥の地らしい。

“太子堂”
08-09-22 019
 聖徳太子の太子です。
 “六角堂”は聖徳太子創建の寺なのらしい。
 生け花発祥地でもあり、聖徳太子と関係があったりと、盛りだくさんな所です。

08-09-22 021

08-09-22 023
 窓に映っているのが、“六角堂”
 見えている建物のエレベーターに乗って、上の階へ行くとエレベーターの中から六角堂を上から見えるらしい。(そして、展望台はないらしい)「らしい」を連発しているのは、まだその建物が開いていなかったから。

08-09-22 024

08-09-22 026
 “六角堂”は本当にその名の通り、六角形の形をしていた。
 六角形書こうとして、五角形書いちゃうなんてことありませんか? またはその逆とか。なんとなくで書き始めるとと失敗しますよね。あれ? ないですか??

 帰ってから叔父に聞いたのですが、“六角堂”は京都のど真ん中に位置していて、「京都のへそ」と呼ばれているそうです。
 
 どんだけ持ちネタが多いんですか! “六角堂”は!! 

「縁結びの柳」こと“六角柳”
08-09-22 029
 
 上に挙げた所以外にもいろいろと見るところがありました。
 六角形した面白い石があるなぁと思ってたら、どうやらそれが“へそ石”(京の都の中心点)だったみたいです・・・・・・。
 たぶん、あの時まだ寝ぼけてた。


“六角堂”を出たら、さっき見つけた“池坊本部”へ。
華道の家元で、“六角堂”と深い繋がりあり。
08-09-22 034
 飾りの高さはだいたい人の高さぐらいでした。
 もっと小さいものと思っていたので、意外と大きさがあってびっくりした。これを毎月変えるというのだから、さすがは華道の本部です。

 私は華道についてはさっぱりですが、花なんて壷につっこんどけばいいんじゃないのとはもう思ってません。
 高2ぐらいまでは、そもそも切った花を生けるというのがあまり好きではなかったのです。
 道端の花を摘んで帰るという事をしていたこともありました。だけど、枯れてしまうのですよね。地面にあれば種を残したのだろうけど、切ってしまうと何も残さず枯れるだけ。その事に気付いてからは、摘んで帰るのをやめました。
 だから、生け花というのはカッコつけて自己マンに浸っている酔狂な行為と思ってました。(わざわざこじゃれんでも、壷にまとめていれてしまえばいいのに。どうせ枯れさせてしまうのだから、何も残させないまま。)
 ですが、文化祭の華道部の展示を見たときに考えが変わりました。
 校舎の正面玄関、一番目立つ所に置かれた知ってる子の作品が素晴らしかったから。その子以外の華道部員の作品も展示してあったのですが、やっぱりその子の作品が目を引く。
 作品が取り立てて大きいというわけでも、華美というわけでもなく、他の子と同じような素材なのに、何度見てもやっぱりその子の作品で目がいくんです。センスというか、才能というか、彼女にはそういったものが備わっていたのでしょう。華道指導の先生達の彼女に対する扱い方が、他の子と違っているのも納得です。
 私は同級生だとか後輩だとか年下だとかを褒めることは滅多にしません。悔しいから。褒めるどころではなく、褒めちぎりまくったのは、あの時ぐらいです。
 あの子みたいにステキな作品ができるのであれば、いいなと思う気持ちが残るのだから、それはそれでいいかもしれないと思うようになりました。


08-09-22 036-2
 建物の反り具合が美しい。


 行く時はなんとなく通り過ぎてしまってましたが、
08-09-22 037
“伊右衛門サロン”です!!
 まごうことなく“伊右衛門”マークです。
 どれくらい私が“伊右衛門”が好きかというと、休み時間中に“伊右衛門”CMの再現を一人でするくらい大好きです。(一度教室入るときに、暖簾をくぐるパントマイムして「入りましたえ」と言ってみたけど、誰にも気付いてもらえなかった。でも、そんなのかんけいない!!)
 “伊右衛門サロン”なるものがあるなんて知りませんでしたが、俄然テンションが上がります。
 久石譲の音楽が頭の中で再生されます。たまにシャンプーCMの音楽だとかポニョだとか9月なのにSummerが混じるのはご愛嬌ってことで。

08-09-22 043

 帰ってからあれこれ話して、やっぱり“伊右衛門サロン”の事を話しました。そしたら、叔父はその店の存在は知っていたようでした。
 昼間は若い女性客で長蛇の列とのこと。そんなっ、私以外に他に女がいるのねっ(←違っ)

2008/11/05


【08`09/22】京都 四日目 (その弐)

 “菅原道真”
 彼を祭る「天満宮」は全国に数多くあります。
 代表的なのは、福岡の太宰府天満宮と京都の北野天満宮、この二つだと思います。だけどこの二つ、天満宮ならどっちも同じというわけではないのです。
 特に太宰府天満宮は特殊。なぜなら、菅原道真の遺骸があるところに建てられているのです。天満宮で地面に座った牛の像を見かけますよね。菅原道真の遺骸を運ぶ途中、牛が座り込んで動かなくなりました。ここに留まりたいのだろうという菅原道真の意思がそうさせたのだろうということで、そこに遺骸を埋めたことからきているものです。そのエピソードの舞台が太宰府天満宮なのだとか。
 一方、死後怨霊と化し、雷を落とす菅原道真の祟りを静めるために建立したのが北野天満宮なのだそうです。
 簡単に説明するとそんな感じです。
 意外と知らない(かもしれない)天満宮のお話でした。

 この四日目に行った時には、この違いを知らなかったです。
 九州国立博物館で開催している「国宝・天神」に行ってきまして、その時に知りました。違いあったんだとびっくり。
 
“北野天満宮”
08-09-22 045
 祖母も一緒です。
 なんでも北野天満宮近くにあるお店の甘酒が飲みたいからだそうです。

08-09-22 051

 あちこちに牛像があります。
 牛の頭と自分の頭を交互になでると頭がよくなるといわれています。
 が、その牛像が壊されるという事件があったそうです。犯人はきっと雷にでも打たれているでしょう。

 牛像がすべすべしているのは、石の材質だけじゃないと思う。
08-09-22 056

“楼門”
08-09-22 060-2
 太宰府天満宮は朱塗りですが、こちらはこちらでシックな感じにときめきかされます。
 そして、今日も修学旅行生発見!

 毎月25日は菅原道真の月命日。それで、その日出店とか出たりして賑わうそうなのですが、その日に行ったことのある祖母の話によると、この門に来る頃には日が暮れていたとか。人多すぎ!

08-09-22 063

08-09-22 065
 ここにも牛が!

08-09-22 066
08-09-22 067
 なぜか心引かれるイラスト。

08-09-22 068

08-09-22 072-2

08-09-22 074
 マーブル模様の牛。
 誰かが置いた松ぼっくり。

 上の牛の反対側。
08-09-22 075

 境内に一体だけ立ち姿の牛があると聞いていたのですが、どこにあるんですか? 今回もまた見つけきらなかった??

“三光門”
08-09-22 076
 ここに辿り着くまでが意外と長かった。

 本殿前の空間は太宰府天満宮の方が一回りほど広いかもしれません。それに太宰府には“飛梅”もあるし。
 だけど、街中にある神社であると考えると、北野天満宮は北野天満宮で広いと思います。あと、牛については北野天満宮の方が多いです。あと種類も豊富。
 
“本殿”
08-09-22 083
 本殿中央の彫りには、やっぱり牛が彫られていました。
 後で調べてみたら、この殿欄間の彫刻刻まれている牛の姿が、例の立ち姿の牛なのだそうだ。てっきり像とばかり思っていたので、知らずに見てました。

 本殿前授与所には、学業守りのほかにも、牛のミニチュアが売ってありました。白金で作られひときわ目立つその小さな牛を見つけたとき祖母が好きそうだなぁと思って、ふと横を見たら、祖母が巫女さんにその牛のミニチュアについて尋ねている最中でした。(やっぱり?! というか、早っ!!)とりあえず、止めておきました。
 あのちょこんと座って、こちらをつぶらな目で見ている銀色に輝く牛には、私もキュンと来てましたけどね。
 
08-09-22 094-2
 修学旅行生たちを見ていたら、4・5人のグループに分かれていて、それぞれにタクシーの運転手が一人ずつ付いていました。そのタクシーの運転手があれこれ説明をしているようでした。梅には鶯、竹には虎、修学旅行にはバスガイドのおねーさんじゃないんですかっ?!
 私の中学修学旅行時はバスでの行動だったので、観光案内はバスガイドのおねーさんがしてくれていました。てっきり他の学校も同じようなものだとばかり思っていたのですけど、学校によってプランは違うのですね。(ちなみに、北野天満宮には自由行動の時に行きました。)

もう一回“三光門”
08-09-22 100
 門の彫刻がカッコいい!


 祖母お目当ての甘酒のあるお店(北野天満宮入口近く)
08-09-22 114-2
 定休日でした。
 後から来た自転車に乗った3人組もこの店に用があったみたいです。
 ここの甘酒、人気みたいですね。

2008/11/06



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について