目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

17 / 65ページ

【08`09/21】京都 三日目 (その参)

 熊野神社前からバスに乗って、東山安井で降ります。
 目指すは高台寺ではなく、別の所です。

 『歩く京都』にあるルートを参考に、“石塀小路”を探します。
 私は人が入っていくのを見かけたので、すぐに見つけられました。「いや、ここ他人家では?」と思ってしまうような所に入口があります。

 母親と息子の二人組みは、「あぁ、ここね。やっと見つかった」と話しながら、入ってきました。上手く見つけられないと、なかなか見つからないのかもしれません。

 家と家の間に、一見勝手口か何かと思うような感じですが、奥に進めるようになっています。
 表は細い道なのに、観光客と車とで歩くにはちょっと危険なのですが、“石塀小路”に入ってしまうと、表の煩わしさから逃れることができます。

080921034.jpg

080921035.jpg

振り返ってみると、奥に車が通っているのがちょこっと見えます。
080921036.jpg

080921037.jpg
 石畳の道は静かで、人通りも少なくて、いきなり別の場所に来てしまったような感じがしました。

“茶寮 都路里 高台寺店”を発見
080921038-2.jpg
 『歩く京都』によると高台寺店は比較的込まないと書いてあったのですが、それでもやっぱり並んでいます。都路里には行ってみたかったのですが、今回は見送り。

“高台寺”への階段。
080921039.jpg
 このままずっと最後まで上がっていかずに、途中で右へ曲がります。

“霊山観音”
080921040.jpg
 でちゃってます。見えちゃってます。

駐車場から
080921041.jpg
 遠ーーーくに、ぽつんと京都タワーが見えます。
 左にある塔はたぶん“八坂の塔”だと思う。
 
 “霊山観音”の前を突っ切って、階段を下りていくと、店が道沿いに立ち並んでいました。
080921042.jpg
 この先にあるのは“清水寺”。店が並んでいるし、人通りも多いので、迷ってしまうことは無いと思います。
 
 お昼を過ぎていましたが、さすがにそろそろ何か食べないとなぁと思っていたら、空からポツリポツリと雨粒が。
 階段を下りる途中から見つけていたお好み焼屋に入りました。

2008/10/31


【08`09/21】京都 三日目 (その肆)

 二階からは霊山観音を見ながら食事が楽しめます、と張り紙があったので、二階に行かせてもらいました。
 店は広くなく、むしろ狭いくらい。だけど、窮屈に感じないのは、落着いた雰囲気があったからだと思う。

 座敷に上がって、どこに座ろうかと見渡していたら、窓側に座っていたグループが「一緒にどうぞ」と誘ってくれました。
 元気のいいマダム三人と外国人の青年二人の、一体どういうつながりなのかちょっと気になるグループ。
 話を聞いてみると、英語教室で仲良くなったらしい。
 外国人(フランス)二人は兄弟で、お兄さんは日本語が喋れるのだけど、弟さんは日本語はほとんど分からないらしい。
 その弟さんの横に座ったので、頑張って英語を引っ張り出して、かろうじてコミュニケーションしました。

 外国行かないから、日本語で充分とか思っている人は、今すぐその考えを捨てたほうがいいですよ。日本にいても英語必要です。
 京都は観光客が多く、外国人旅行客もまた多い。ちょっとしたコミュニケーション取れないと、ものすごく損した気になります。せっかくの機会なのに、自分の英語の拙さに絶望しました。もっとしっかり勉強しとくのだった!

 おこのみやき
080921043.jpg
 食べている最中に、外から悲鳴が聞こえてきました。窓に背を向けていた私はなんだろうと振り返ってみると、外は豪雨。
080921044.jpg
 前の道を悲鳴を上げながら走っていくのは、修学旅行生達。
 傘はほとんど役に立たず、カッパを羽織っている人もいましたが、ずぶぬれを避けられない状態。
 窓から見えている急な坂道は、しばらくすると、ほとんど川になっていました。しかもかなり流れの速い。私、今からその坂を上っていくのだけど・・・・・・。
 しばらくすると、雷も鳴り出しました。

 天気をどうにかすることはできないし、焦る必要もないので、もうしばらくお店で雨宿りすることにしました。
 甘酒やコーヒーを注文。私は、ラムネを注文しました。
  
 そこへカナダ人の二人組が二階に上がってきました。
 その二人がカナダのフランス語も喋る地域出身だったこともあり、フランス人二人となにやら盛り上がっていました。
 一応、私フランス語勉強したことがあるのですが、語学って離れると忘れちゃうものなのですね。そもそも基礎しか学んでないということもあるのだろうけど、せっかく学んだのに忘れてしまったなんて勿体無い。今更出すけど、ホント。

 やたら注目を浴びたラムネ。
080921045.jpg
 ラムネは外国にないらしい。見たことないと、外国人4人は不思議そうに見ていました。

 しばらくすると雨が止んだので、親切にも相席させてくれた賑やかなグループと分かれることに。これから彼らは二条城に行くらしい。

2008/10/31


【08`09/21】京都 三日目 (その伍)

“維新の道”
080921046.jpg
 この道を真直ぐ進むと、右手に“霊山歴史館”、左手には志士たちの眠る史跡地があります。

 私の中では今、空前の幕末大ブーム。
 『輪違屋糸里』浅田次郎(文春文庫)を読んでみたら、面白くて面白くて、それからすっかり幕末ものにはまってしまいました。
 まだそんなにいろいろと読んでいるわけではありませんが、京都に行くとなったらやっぱりいろいろと行きたいじゃないですか。

分かれ道
080921047.jpg
 まずは右から。

“幕末維新ミュージアム 霊山歴史館”
(「霊山」は「りょうぜん」と読む)
080921048.jpg
 入館料500円(常設展)(特別展のときは700円)

 明治維新に関する資料が展示されています。もらったパンフレットによると、「わが国唯一の幕末維新の専門歴史博物館」なのだとか。
 展示してあるのは数はそこまでなかったのですが、特別展が充実してるようでした。何回か足を運べるとあれこれ楽しめるのでしょうけど、私はちょっと遠いからそんなに行けない・・・・・・。

 入口から入ると、福岡出身の勤皇志士平野二郎国臣の辞世をバックに、土方歳三、沖田総司、あと一人(忘れた)の三人の像が待ち構えていました。

 一階では篤姫をテーマにした資料が展示されていました。
 篤姫に関する資料と言うわけであまりなく、その周りの人たち小松帯刀らの資料でした。大奥の情報はやっぱり固いのでしょうか。
 そして、坂本龍馬を斬ったとされる刀もありました。短かった。あれは脇差だったのだろうか、よく分からないけど。刀としかなかったから。

 二階は年号と歴史の流れが書かれてあるパネル、当時の世相風俗が描かれた錦絵のパネル、さらに奥には新選組関係の資料が展示されていました。
 近藤勇の楔帷子とか「誠」の旗だとかいろいろあったのですが、私の目を釘付けにしたのは一冊の報告書でした。
 鳥羽・伏見の戦いの後、江戸に戻った後に作成されたという戦死者名簿。その中に「山崎進」と書いてあったのです。
 ちょっと島田さん(作成者)! どういうことですか!! 「蒸」じゃないの?! ものすっごい達筆なのは分かったけど、何があった!!!
 やっぱり山崎蒸は謎の人物のようです。

 二階には他にも、池田屋事件、近江屋(坂本龍馬暗殺)の模型もありました。
 近江屋の模型にしばし見入ってました。
 この歴史館にある模型では、刺客たちは坂本龍馬のいる部屋まで二部屋ほど通っていました。
 『幕末暗殺』黒鉄ヒロシ(PHP研究所)では、直接その部屋に行く廊下があったという証言が載っていたので、はたしてどっちが正しいのか。
 正解か不正解にこだわりたいのではなく、あれこれ違う意見が出てくるのを読むのを楽しみたいと思っているので、さてさてどういう意見が出てくるのかと考えていました。
 顔がにやけていたかもしれません。

 階段で一階におりると、錦絵の展示と、それらの前にちょっとした体感コーナーと撮影コーナーがありました。
 ちなみに入口から入ったところとはちょうど反対側の所になります。
 体感コーナーでは、本物の大砲の弾と銃を持つことができました。本で読んで思っていた以上に、重かった。あんなのを担いで戦うって、そうとう体力いりますね。見た感じそんなに重さはないだろうと思っていたら、ずっしりと重かったです。
 その横は撮影ゾーンで、土方歳三、坂本龍馬のパネルの横に立って記念撮影ができます。ここではさすがにタイマー活用撮影法では難しかったので、通りすがりの人に写真を撮ってもらいました。(長々と引き止めるわけにはいかないので、坂本龍馬のパネルだけ)

080921049.jpg
 
 撮影コーナーではちょっとした衣装が用意されていて、それを着て撮影することができるようでした。
 私は着なかったのですが、着て撮影している人がいたのでそれを見てました。(さっき写真を撮ってくれた人達二人組)
 その人達が浅葱色の羽織を着ようとしていたら、それに気付いた売店のおじさんが出てきて、着方を教えていました。さらにおもちゃの刀(プラスチック製)とちょうちん(旅先の売店で売ってあるような)のを二人に持たせて、ポーズ指導までしてくれていました。
 土方歳三のパネルでその羽織を着て撮影は分かるのですが、その恰好のまま坂本龍馬のパネルと撮影するのは、いいんですか?! 個人の自由だし、そんなこだわる人いないのだろうけど、というか私の気にしすぎなのでしょうが。とりあえず、心の中だけでツッコミを入れておきました。
 私だったら、浅葱着て坂本龍馬と写るなら、突きのポーズを取るかな。題は「決定的瞬間」にする。あぁ、やってみればよかった。
2008/11/01


【08`09/21】京都 三日目 (その陸)

 霊山歴史館の二階にいたとき、窓から外を見てみたらまた雨が強く降っていたのですが、出ようとしていたときにはまた雨があがっていました。

 次は“霊山護国神社”
080921050.jpg
 薩摩・長州・土佐の勤王志士の墓が多数あります。坂本龍馬の墓もここにあります。

墓域拝観料300円。
080921051.jpg
 硬貨を入れると、入れる仕組み。効率化されています。

階段を上がっていく途中で
080921052.jpg
 お墓は山の斜面に立てられていました。

 案内があるので、坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓は見つけやすいです。人もたくさんいるので、行ったけど見つからなかったというのはない。

 坂本龍馬のお墓へは後で行くとして、先に木戸孝允のお墓を探しました。

 木戸孝允のお墓へも案内が出ているので見つかりやすいです。
 たぶん一番立派なのではないかというお墓が木戸孝允のお墓。他の人は天を指す一本の石柱に名前が書いてあるだけなのに対し、木戸孝允だけはちゃんと囲いのある石塔に名前が書かれてありました。
 その横には奥さんの木戸松子のお墓もありました。
 お墓は立派なのですが、お墓の前の木が立派に育っていて、まったく景色が見えません。私が行ったのは夕方で、しかも曇り空だったから、暗かったです。

 坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓は、木戸孝允のお墓と違い、景色は抜群。他の人のお墓と同じように石柱なのですが、人だかりが違いました。

 ここではたと、私そんなに坂本龍馬のこと知らないということに思い当たりまして。
 前々から「好きな歴史上の人物誰?」と訊かれたら、「坂本龍馬!」と答えていたのですが、よくよく思い返してみれば、『お~い! 龍馬』を小さい頃に見たっきりで、マンガはまだ3巻しか読んでなくて、それ以外何も読んでいない。
 そんな状態でお墓参りしていいものかと、疑問に思いました。
 お墓の前で記念写真を撮る人達を横目に、お墓は見るだけにしました。

坂本龍馬・中岡慎太郎お墓前にて
080921053.jpg

 そして、次に探すは河上彦斎。
 探したのですが、見つからず。
 そう言えば『定本 河上彦斎』荒木精之(新人物往来社)の中で、著者も探してみたけれどなかなか見つからなかったと書かれてあった。
 著者は人に聞いて見つけたそうですが、私はそこまでしききらなかった。
 坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓までは人がいるのですが、それから先は誰も行こうとしない。河上彦斎のお墓があるのは、そこから先なのに。加えて、木がうっそうと茂っていて、暗い。

 正直に話すと、怖かったんです。


 階段を下りている途中、“パール博士顕彰碑”がありました。設置された音声ガイドによると、極東国際軍事裁判にて、唯一、被告全員の無罪を唱えたインド代表判事だとか。
 幕末のつもりでここに来ていたので、こんな所に?! と思った。
 護国神社だから幕末の志士以外も祭られていたようだったし、関係するのであるのだから全く見当違いというわけでもないから、おかしくはないのですけど、なんと言うか、気分の問題です。

2008/11/01


【08`09/21】京都 三日目 (その七)

 “霊山護国神社”を後にし、“維新の道”の坂道を、今度は下ります。
 そうするとお昼にお好み焼を食べた店のある道に戻ってきました。
 ここまで来たのだから“清水寺”に行くことにしました。

 二年坂を通り、安寧坂を通ったみたいです。
 今ここはどこそこだと考えずに歩いていたので、どこで写真撮ったのかわからない。
 人の流れと、店の並びに沿って歩いていけば、まず迷わない。

080921055.jpg

080921056-2.jpg

080921057-2.jpg

080921058-2.jpg

 “清水寺”に近くなればなるほど、人も多くなり、店も賑やかになってきました。
 あれこれいろんな店があるので、見て歩くだけでも楽しい。何しろ普段あまり目にすることの無い品物が売られているから。さすが京都、和の心です。

 中学の修学旅行の時に、“清水寺”へは団体行動中に行きました。
 安寧坂にはどこか見覚えがあった。
 ただなんとなく人気スポットだから“清水寺”へ行こうとしているのではありません。ちょっとした「リベンジ」をするという目的がちゃんとあるのです。

2008/11/01



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について