目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

15 / 65ページ

【08`09/21】京都 三日目 (その壱)

 Komakai mono ga tairyou ni Konkuri-to wo tatakitsukeru Oto ga kikoetekita.
 Nandarou? to mada bonyari to shita Atama de shibashi kiiteita.
Suruto,Oto ga sukoshi dake O-kiku natta. Ribingu ni ita Sobo ga mado wo aketa rashii. Hageshiku ue kara ochite kuru Oto ha,Sobo ga mado wo shimeru to yaya kugumotte kikoeruyo-ni natta.
 Sobo to Oji ga naniyara hanashi wo shiteita. Yo ha hakkiri to sorera wo kiita wakedeha nai ga, kaiwa no tyo-shikara,mada nemureru to omoeta. Natsu you no Mouhu ni kurumari,tyoudo yoi atatakasa no naka ni mogurikonda.


2008年9月21日(土) 京都 三日目
日本雨天


 現在(10月27日)『啄木 ローマ字日記』編訳者桑原武夫(岩波文庫)を読んでいます。自分でもちょっとローマ字で書いてみました。(ただ「Yo」というのを使ってみたかっただけだったりするけど)
 気がついたら、京都へ行ったのはもう一ヶ月も前なのですね。
 写真があるのと、一日中あちこち行ったその日の夜に祖母に「こんなことあったよ!」と話をしていたので、大きく記憶が欠落しているということは今のところないです。

 特に、この日は6日間中一番雨が降った日。
 叔父が「(19日の)台風よりも雨が降っている」と言っていました。
 天候に特徴があると、思い出しやすいと何かで読んだ覚えがあります。

 日本全国的に雨。
 朝から激しく降っていて、これでは散歩に行けないだろうと思った祖母は、私を起こすのをやめたそうです。
 昨夜、叔父に朝散歩に行くなら良い所があるよと地図まで書いてもらっていたのですが、窓を閉めていても確実に聞こえてくる激しい雨音を聞いたら、明日行こうと思いました。そもそも二度寝をしたのは自分だし。

 朝ごはんは、トーストにベーコン付き目玉焼き、青汁に牛乳を混ぜて飲みやすくしたものと、ヨーグルト。健康志向のメニュー。
 朝ごはんを食べる食べないでは、全然違うので、京都滞在中朝ごはんを用意してくれた祖母に感謝です。(特に前日は昼飯食べずに一日中歩き回ってたのを考えると、よく倒れなかったなぁと思う。朝ごはんはしっかり食べよう!)

 
 雨が強く降っているので、昨日みたいにあちこち歩くのはやめて、美術館に行ってみることにしました。(そうすすめられたこともありますし)一日目に叔父が、教えてくれた美術館のうちの一つです。

 タクシーを呼んでくれて、それに乗って、美術館へ。
 京都市役所前を通った時に電光掲示板を見たら、大雨、洪水、雷注意報が出されてました。タクシー呼んでもらわなかったら、ちょっと行ききらなかったと思います。

平安神宮の大きな鳥居
080921001.jpg
↑だと、そこまで大きいか? と思えてしまいますけど、↓を見れば分かります。

080921002.jpg

 目的の美術館は、この鳥居のすぐ近くにありました。

“京都市美術館”
080921003.jpg
 変に新しくないのが、ステキポイントです。
 中も特に新しくしていませんでした。

 この美術館で、『芸術都市 パリの100年展』(2008.9.23~11.3)をやっているのです。
(『日仏交流150周年記念/京都市・パリ市姉妹都市盟約締結50周年記念
 芸術都市 パリ100年展
 ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街1830-1930年』)

080921004.jpg

 入場料>当日:一般1300円、高大生900円、小中生500円
 勿論、学生証を出しましたよ。
 思いっきり京都でない学校の学生証ですけど。

 入口から入ると、すぐ絵画が並んでいるのではなく、広いホールな所がありました。その中央に、エッフェル塔の足の部分の模型がありました。その下には、パリの街のジオラマ。
 ああマロニエに~、シャンゼリゼ~♪
 エッフェル塔の脚線美(?)にはほれぼれします。 

 私は音声ガイドを借りル派です。
 絵画の横に解説文書かれてありますが、音声ガイドはもうちょっとだけ詳しく解説してくれているので。私は最近よく美術館やら博物館に行きますが、絵画についての知識はあまりありませんから。

 その作品が作られたのがいつの時代なのか、その時代はどのようなものだったのかとかそういった事を知ると、より深くその作品をみることができるとかなんとかと、芸術の講義で先生がおっしゃっていました。
 知ることは作品をもっと楽しむのには必要です。


 1830年から1930年、パリが近代都市として変わっていく時期。作品はテーマごとに分かれていて、その中で時代ごとに違っているのをみせてくれます。

 途中、エッフェル塔建設中を撮った写真も展示されていたのですが、これらの写真が見事で、カラーでないからこそ、エッフェル塔の組まれた鉄骨の美しさが引き立てられてました。その美しさだけでなく、工程もまた面白くて、勿論足から組まれていくのですが、4本の足・塔脚それぞれから組まれていき、そして、一つへと合流していき、天へと伸びていくのです。頭ではわかっていても、その様子を写真で見せられると、なるほどと納得することができました。
 ああ、エッフェル塔に上ってみたい・・・。

 鉄の塔の話しかしてませんが、ルノワールとか、セザンヌとかもちゃんと見ましたよ! 藤田嗣治の作品もありました(名前はなんとなく知ってた)。

 私が一番気に入った作品は、ポール・シニャック≪ボン・デ・ザール≫1928年、カルナヴァレ美術館です。
 点描の、その明るい色使いに心奪われました。
 カメラのはっきりと写し出されたのも好きですが、人間の目を通し描かれた絵もまたそれはそれで好きです。
 点描は、近くで見てみると隣の色と微妙に違ったりしていて、また遠くから見てみるとちゃんと一つの絵を作り上げています。線は突き詰めれば点の集合体とか言われてますが、線を使わずに点で描いてしまうのは、その技術だとかセンスだとかがすごいなぁと。

 ジョルジュ・ダンテュ≪トロカデロ公園、サイ、雪の印象≫1933年カルナヴァレ美術館もいいなぁと思った。雪降る公園に、サイの像があるのですが、当たる光の加減がいいのかそれを意図したのかは知りませんが、いい感じに光が当たって、本当に雪が降っているみたいに見えました。
 誰もいない静かな公園に、ひっそりと佇むサイの像。しんしんと降る雪。不思議な世界に引き込まれそうでした。

 作品を見ていると、ものすごい団子になって一つの作品を見る集団が近づいてきました。
 なんだろう? とその集団を見てると、どうやら学芸員による解説が行われているらしくて、皆さんそれについていっているようでした。(全ての作品についてではなくて、ところどころの作品について解説しているようでした。音声ガイドに入っているのとは違う作品の解説もしてました。)
 私はあえてその集団の後ろに回りこんで、集団を先に行かせました。学芸員の解説も気になりましたが、もうすでに入る余地がなさそうでしたし、自分のペースで見て回りたかったので。
 
 始終自分のペースで回ることができました。
 叔父曰く「普通だったら、行列ができている」とのこと。大雨様様です。あとからちょっと増えたけど、私が一通り見終わった頃だったので、問題ありませんでした。

 会場を出ると、またエッフェル塔の模型のあるホールに出るのですが、入口と違って、売店が設置されていました。
 早速絵葉書を買おうと、あれこれ探したのですが、無い。
 くるくるラックを回してみるのですが、見つからない。
 なんでないの! ポール・シニャック≪ボン・デ・ザール≫!!
 絵葉書セットの中にはあるのですが、単品では見つかりませんでした。売店の人に聞いてみたら、そもそもその作品は売り切れの状態だったらしい。
 絵葉書以外でないのかと探してみたら、ドレス・ステッカー(カードに貼り付けて、目隠しするもの)でありました。
 自分用にエッフェル塔の絵葉書とポール・シニャック≪ボン・デ・ザール≫のドレス・ステッカーを購入。
 売店では展覧会図録も売ってあり、宝石だとかそういった高価なものも売ってありました。


 うっかり会場の外に出てしまったのですが、会場内にしかお手洗いはありません。
 理由話して、もう一回入れてもらいました。
 係りの人、ありがとうございました。


 京の都に行きながら、さらに遠くのパリの都も見ることができました。二つも都を見てしまうなんて、もしかして私って欲張り?

2008/10/29


【08`09/21】京都 三日目 (その弐)

“京都市美術館”を出てみると、雨は止んでいました。

080921005-2.jpg

 いい感じのところに、いい感じの塀があったので、今日も元気にタイマーを駆使した記念写真を撮っていました。

「カメラが置きっ放しになってるわ」

 通りすがりのご婦人に気付かれまして、ちょうどカメラを取ろうとしていたところだったので、ばっちりそのご婦人と目が合いました。
 爽やかに笑っておきました。
 うっかり平安神宮と反対方向に歩いてしまいましたけどね。(せっかくだったので、琵琶湖疏水を橋の上から眺めておいきました。)

 気を取り直して、Uターン。

“平安神宮”
080921006.jpg

080921008.jpg
 今日も修学旅行生を見かけました。
 彼らはデジカメではなく、使いきりカメラで写真を撮っていました。たぶんデジカメはそれなりに高価なものなので、規則かなにかで決められているのでしょう。
 私が京都修学旅行のあった中学の時は、デジカメは今ほど普及していませんでした。(デジカメが出始めた頃らしい)ものすごく残り枚数を気にして写真を撮ってた覚えがあります。

“応天門”
0809211010-2.jpg
 世の中持ちつ持たれつつ。

“応天門”前にあった看板。
080921011.jpg
 笙や琵琶といった雅楽を思い浮かべました。
(級友達にこの写真を見せたら、やっぱり同じ事を思ったようでした。)

・・・・・・あれ?
080921012.jpg

 宴というか、ライブですね。
080921013.jpg 
 “神苑”受付の巫女さんに聞いてみたら、今年で五回目(あれ? 3回目だったか)だとか。出演アーティストは、一青窈、キマグレン、CRAZY KEN BAND(KEN)、トータス松本の4名らしい。
「チケットは完売してしまってまして……」
 申し訳なさそうに巫女さんは言ってましたが、重要なのはそこじゃない。神宮でライブをやっている事それ自体が気になります。初詣でもなく、節分でもないイベントが神宮で行われているとは思ってもいませんでした。
 意外といろいろな事がされているのですね。

080921014.jpg
 婚礼もちゃっかり行われていたようです。(東側)

 境内内には、東に幹の太い梅の木、西には緑の実がたくさんついた橘ががありました。

西側。
“神苑”入口
080921015.jpg
拝観料600円。

080921017.jpg
 “神苑”内にはたくさんの種類の植物が植えられています。
 最初そのことに気付かずに、植物名の書いてある看板と植物を一つずつ撮っていこうとしていました。とんでもないけど、そんなことしていたら日が暮れそうだったので、全部はやめておきました。

“南神苑(平安の苑)”
竹取物語・伊勢物語・古今和歌集・枕草子・源氏物語に登場する草木が約180種類植栽されていると看板にありました。

080921018.jpg

八重紅枝垂桜
080921019.jpg
春は春で見事なのだろうなぁ。

なぜかあった日本最古の電車
080921020.jpg

080921021.jpg
バナナ? と思ったら、芭蕉でした。芭蕉ってこんな植物なのですね。

“西神苑”
“白虎池”
080921022.jpg

蓮の花が咲いていました。
080921023.jpg
 白に、ピンクに、赤! 
 白とピンクがあるのは知っていました。よく落雁で食べてたので(餡子が入っていないタイプが好き)。赤があるのは知りませんでした。

080921024.jpg

080921026.jpg

“中神苑”
“蒼竜池”
080921027.jpg
 杜若(折鶴)の時期ではなかったので、見られませんでした。

“臥竜橋”
080921028-2.jpg
「渡れるの?」「危なくない?」と躊躇する人がいましたが、
滑りやすいので注意してくださいと看板に書いてあったので、注意して渡れば大丈夫だと思い、ちゃっちゃっと私は渡りました。その後にさっきまで渡るのを躊躇していた人達が続きます。

 石は水面からちょこんと出ているので、その上に立つと、水面の上に立っているような感じがします。
 すぐそばでは蓮の花が咲いていて、一緒に空を眺めてみました。
 池を覗いてみたら、空が写っていました。
 蓮は空に包まれて咲いているのですね。

“東神苑”
栖鳳池上の“泰平閣”
080921029.jpg

080921030.jpg

080921031.jpg
 
080921032.jpg
 皆何を覗き込んでいるかと言うと、鯉や亀、すっぽんに餌をやっているのです。
 売っている餌を池に投げ入れると、面白いように集まってくるようでした。鯉が横取りしていくので、皆さん亀びいき。餌取ろうとした亀の足を、ぱくっと噛み付いて邪魔する鯉がいた。亀も頑張っているのだけど、鯉はなにしろ数からして違うから。

 私は他の人が池に見入っているのをいいことに、タイマー活用して自分を撮っていました。

出口
080921033.jpg
 境内の東側から出てきました。
 西側から入ったので、裏を通って、ぐるっと回るようになっているのです。

2008/10/30


【08`09/21】京都 三日目 (その参)

 熊野神社前からバスに乗って、東山安井で降ります。
 目指すは高台寺ではなく、別の所です。

 『歩く京都』にあるルートを参考に、“石塀小路”を探します。
 私は人が入っていくのを見かけたので、すぐに見つけられました。「いや、ここ他人家では?」と思ってしまうような所に入口があります。

 母親と息子の二人組みは、「あぁ、ここね。やっと見つかった」と話しながら、入ってきました。上手く見つけられないと、なかなか見つからないのかもしれません。

 家と家の間に、一見勝手口か何かと思うような感じですが、奥に進めるようになっています。
 表は細い道なのに、観光客と車とで歩くにはちょっと危険なのですが、“石塀小路”に入ってしまうと、表の煩わしさから逃れることができます。

080921034.jpg

080921035.jpg

振り返ってみると、奥に車が通っているのがちょこっと見えます。
080921036.jpg

080921037.jpg
 石畳の道は静かで、人通りも少なくて、いきなり別の場所に来てしまったような感じがしました。

“茶寮 都路里 高台寺店”を発見
080921038-2.jpg
 『歩く京都』によると高台寺店は比較的込まないと書いてあったのですが、それでもやっぱり並んでいます。都路里には行ってみたかったのですが、今回は見送り。

“高台寺”への階段。
080921039.jpg
 このままずっと最後まで上がっていかずに、途中で右へ曲がります。

“霊山観音”
080921040.jpg
 でちゃってます。見えちゃってます。

駐車場から
080921041.jpg
 遠ーーーくに、ぽつんと京都タワーが見えます。
 左にある塔はたぶん“八坂の塔”だと思う。
 
 “霊山観音”の前を突っ切って、階段を下りていくと、店が道沿いに立ち並んでいました。
080921042.jpg
 この先にあるのは“清水寺”。店が並んでいるし、人通りも多いので、迷ってしまうことは無いと思います。
 
 お昼を過ぎていましたが、さすがにそろそろ何か食べないとなぁと思っていたら、空からポツリポツリと雨粒が。
 階段を下りる途中から見つけていたお好み焼屋に入りました。

2008/10/31


【08`09/21】京都 三日目 (その肆)

 二階からは霊山観音を見ながら食事が楽しめます、と張り紙があったので、二階に行かせてもらいました。
 店は広くなく、むしろ狭いくらい。だけど、窮屈に感じないのは、落着いた雰囲気があったからだと思う。

 座敷に上がって、どこに座ろうかと見渡していたら、窓側に座っていたグループが「一緒にどうぞ」と誘ってくれました。
 元気のいいマダム三人と外国人の青年二人の、一体どういうつながりなのかちょっと気になるグループ。
 話を聞いてみると、英語教室で仲良くなったらしい。
 外国人(フランス)二人は兄弟で、お兄さんは日本語が喋れるのだけど、弟さんは日本語はほとんど分からないらしい。
 その弟さんの横に座ったので、頑張って英語を引っ張り出して、かろうじてコミュニケーションしました。

 外国行かないから、日本語で充分とか思っている人は、今すぐその考えを捨てたほうがいいですよ。日本にいても英語必要です。
 京都は観光客が多く、外国人旅行客もまた多い。ちょっとしたコミュニケーション取れないと、ものすごく損した気になります。せっかくの機会なのに、自分の英語の拙さに絶望しました。もっとしっかり勉強しとくのだった!

 おこのみやき
080921043.jpg
 食べている最中に、外から悲鳴が聞こえてきました。窓に背を向けていた私はなんだろうと振り返ってみると、外は豪雨。
080921044.jpg
 前の道を悲鳴を上げながら走っていくのは、修学旅行生達。
 傘はほとんど役に立たず、カッパを羽織っている人もいましたが、ずぶぬれを避けられない状態。
 窓から見えている急な坂道は、しばらくすると、ほとんど川になっていました。しかもかなり流れの速い。私、今からその坂を上っていくのだけど・・・・・・。
 しばらくすると、雷も鳴り出しました。

 天気をどうにかすることはできないし、焦る必要もないので、もうしばらくお店で雨宿りすることにしました。
 甘酒やコーヒーを注文。私は、ラムネを注文しました。
  
 そこへカナダ人の二人組が二階に上がってきました。
 その二人がカナダのフランス語も喋る地域出身だったこともあり、フランス人二人となにやら盛り上がっていました。
 一応、私フランス語勉強したことがあるのですが、語学って離れると忘れちゃうものなのですね。そもそも基礎しか学んでないということもあるのだろうけど、せっかく学んだのに忘れてしまったなんて勿体無い。今更出すけど、ホント。

 やたら注目を浴びたラムネ。
080921045.jpg
 ラムネは外国にないらしい。見たことないと、外国人4人は不思議そうに見ていました。

 しばらくすると雨が止んだので、親切にも相席させてくれた賑やかなグループと分かれることに。これから彼らは二条城に行くらしい。

2008/10/31


【08`09/21】京都 三日目 (その伍)

“維新の道”
080921046.jpg
 この道を真直ぐ進むと、右手に“霊山歴史館”、左手には志士たちの眠る史跡地があります。

 私の中では今、空前の幕末大ブーム。
 『輪違屋糸里』浅田次郎(文春文庫)を読んでみたら、面白くて面白くて、それからすっかり幕末ものにはまってしまいました。
 まだそんなにいろいろと読んでいるわけではありませんが、京都に行くとなったらやっぱりいろいろと行きたいじゃないですか。

分かれ道
080921047.jpg
 まずは右から。

“幕末維新ミュージアム 霊山歴史館”
(「霊山」は「りょうぜん」と読む)
080921048.jpg
 入館料500円(常設展)(特別展のときは700円)

 明治維新に関する資料が展示されています。もらったパンフレットによると、「わが国唯一の幕末維新の専門歴史博物館」なのだとか。
 展示してあるのは数はそこまでなかったのですが、特別展が充実してるようでした。何回か足を運べるとあれこれ楽しめるのでしょうけど、私はちょっと遠いからそんなに行けない・・・・・・。

 入口から入ると、福岡出身の勤皇志士平野二郎国臣の辞世をバックに、土方歳三、沖田総司、あと一人(忘れた)の三人の像が待ち構えていました。

 一階では篤姫をテーマにした資料が展示されていました。
 篤姫に関する資料と言うわけであまりなく、その周りの人たち小松帯刀らの資料でした。大奥の情報はやっぱり固いのでしょうか。
 そして、坂本龍馬を斬ったとされる刀もありました。短かった。あれは脇差だったのだろうか、よく分からないけど。刀としかなかったから。

 二階は年号と歴史の流れが書かれてあるパネル、当時の世相風俗が描かれた錦絵のパネル、さらに奥には新選組関係の資料が展示されていました。
 近藤勇の楔帷子とか「誠」の旗だとかいろいろあったのですが、私の目を釘付けにしたのは一冊の報告書でした。
 鳥羽・伏見の戦いの後、江戸に戻った後に作成されたという戦死者名簿。その中に「山崎進」と書いてあったのです。
 ちょっと島田さん(作成者)! どういうことですか!! 「蒸」じゃないの?! ものすっごい達筆なのは分かったけど、何があった!!!
 やっぱり山崎蒸は謎の人物のようです。

 二階には他にも、池田屋事件、近江屋(坂本龍馬暗殺)の模型もありました。
 近江屋の模型にしばし見入ってました。
 この歴史館にある模型では、刺客たちは坂本龍馬のいる部屋まで二部屋ほど通っていました。
 『幕末暗殺』黒鉄ヒロシ(PHP研究所)では、直接その部屋に行く廊下があったという証言が載っていたので、はたしてどっちが正しいのか。
 正解か不正解にこだわりたいのではなく、あれこれ違う意見が出てくるのを読むのを楽しみたいと思っているので、さてさてどういう意見が出てくるのかと考えていました。
 顔がにやけていたかもしれません。

 階段で一階におりると、錦絵の展示と、それらの前にちょっとした体感コーナーと撮影コーナーがありました。
 ちなみに入口から入ったところとはちょうど反対側の所になります。
 体感コーナーでは、本物の大砲の弾と銃を持つことができました。本で読んで思っていた以上に、重かった。あんなのを担いで戦うって、そうとう体力いりますね。見た感じそんなに重さはないだろうと思っていたら、ずっしりと重かったです。
 その横は撮影ゾーンで、土方歳三、坂本龍馬のパネルの横に立って記念撮影ができます。ここではさすがにタイマー活用撮影法では難しかったので、通りすがりの人に写真を撮ってもらいました。(長々と引き止めるわけにはいかないので、坂本龍馬のパネルだけ)

080921049.jpg
 
 撮影コーナーではちょっとした衣装が用意されていて、それを着て撮影することができるようでした。
 私は着なかったのですが、着て撮影している人がいたのでそれを見てました。(さっき写真を撮ってくれた人達二人組)
 その人達が浅葱色の羽織を着ようとしていたら、それに気付いた売店のおじさんが出てきて、着方を教えていました。さらにおもちゃの刀(プラスチック製)とちょうちん(旅先の売店で売ってあるような)のを二人に持たせて、ポーズ指導までしてくれていました。
 土方歳三のパネルでその羽織を着て撮影は分かるのですが、その恰好のまま坂本龍馬のパネルと撮影するのは、いいんですか?! 個人の自由だし、そんなこだわる人いないのだろうけど、というか私の気にしすぎなのでしょうが。とりあえず、心の中だけでツッコミを入れておきました。
 私だったら、浅葱着て坂本龍馬と写るなら、突きのポーズを取るかな。題は「決定的瞬間」にする。あぁ、やってみればよかった。
2008/11/01



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について