目次
0
京都 前らへんの日
一日目
【08`09/19】京都 一日目 (その壱)
【08`09/19】京都 一日目 (その弐)
【08`09/19】京都 一日目 (その参)
二日目
【08`09/20】京都 二日目 (その壱)
【08`09/20】京都 二日目 (その弐)
【08`09/20】京都 二日目 (その参)
【08`09/20】京都 二日目 (その肆)
【08`09/20】京都 二日目 (その伍)
【08`09/20】京都 二日目 (その陸)
【08`09/20】京都 二日目 (その七)
【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 
【08`09/20】京都 二日目 (その玖)
【08`09/20】京都 二日目 (その拾)
三日目
【08`09/21】京都 三日目 (その壱)
【08`09/21】京都 三日目 (その弐)
【08`09/21】京都 三日目 (その参)
【08`09/21】京都 三日目 (その肆)
【08`09/21】京都 三日目 (その伍)
【08`09/21】京都 三日目 (その陸)
【08`09/21】京都 三日目 (その七)
【08`09/21】京都 三日目 (その捌)
【08`09/21】京都 三日目 (その玖)
四日目
【08`09/22】京都 四日目 (その壱)
【08`09/22】京都 四日目 (その弐)
【08`09/22】京都 四日目 (その参)
【08`09/22】京都 四日目 (その肆)
【08`09/22】京都 四日目 (その伍)
【08`09/22】京都 四日目 (その陸)
【08`09/22】京都 四日目 (その七)
【08`09/22】京都 四日目 (その捌)
【08`09/22】京都 四日目 (その玖)
【08`09/22】京都 四日目 (その拾)
五日目
【08`09/23】京都 五日目 (その壱)
【08`09/23】京都 五日目 (その弐)
【08`09/23】京都 五日目 (その参)
【08`09/23】京都 五日目 (その肆)
【08`09/23】京都 五日目 (その伍)
【08`09/23】京都 五日目 (その陸)
【08`09/23】京都 五日目 (その七)
【08`09/23】京都 五日目 (その捌)
【08`09/23】京都 五日目 (その玖)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾)
【08`09/23】京都 五日目 (その拾壱)
六日目
【08`09/24】京都 六日目 (その壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その参)
【08`09/24】京都 六日目 (その肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その七)
【08`09/24】京都 六日目 (その捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その玖)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾壱)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾弐)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾参)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾肆)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾伍)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾陸)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾七)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾捌)
【08`09/24】京都 六日目 (その拾玖)
7
京都 後日談
あなたのお好みは??

閉じる


<<最初から読む

9 / 65ページ

【08`09/20】京都 二日目 (その伍)

 京都に行ったら、絶対行こう!と思っていた所の一つ。

 『歩く京都』に小さくしか載っけられておらず、かと言って何かの本で読んだわけでもなく、それでも私が行きたいと思ったのは、叔父が前に送ってくれたメールに添付されていた画像がステキすぎたからに他ならない。
 門で四角く切り取られた庭はまるで絵画のよう……。
 行きたい!見てみたい!と思うのは当然のことで、行ってみた。ちゃんと行けたよ、今度は。

 “法然院”とちゃんと看板が出ていて、石畳の道を上がっていきます。
 なだらかで、長いですが、両側には木々が並んでいるので、木の影が出来ている上、涼しい風が吹いてきてくれたので、気持ちよく歩けました。
 台風が去った後ということもあり、この日は暑かったので、この道は涼しくて気持ちが良くて助かりました。
 この日一日中外を歩き回っていたのですが、それでも途中でぶっ倒れたりしなかったのは、ここのおかげかも。

“法然院”
08-09-20_2 139
 ちょうど、門の四角いところがポイント。

08-09-20_2 142
 手前が暗く、門の向こう側が明るいので、切り取られたように見えるようです。

08-09-20_2 144
 送られた画像の法然院は、紅葉の時期でしたが、この季節はこの季節でキレイでした。
 赤もいいけど、光り輝く緑が元気に満ち溢れていましたよ。

裏側から
08-09-20_2 147
 屋根に生えている苔もまたステキ!

 苔むした門の屋根と、石の階段。
 今までいったいどんな人がここを通っていったのでしょうか。


【08`09/20】京都 二日目 (その陸)

08-09-20_2 163
 ここで道は終わり。そして、またここから始まっていくのです。
 
 静かに流れる川、その川に沿って並ぶ緑の木々、そして真直ぐに続く白い石のタイル。
 他の事にわずらわされることないので、考え事に集中でき、思索にふけるのにはもってこいの道。
 どんな考え事をして、この道を歩くのだろうか。
 そして、どんな考えがこの道の上で生まれていくのだろうか。

 
 一本道なので、考え事をしながら歩くのに適した道。
 長い一本道で、考え事をせずに歩くには長いぐらいです。
 道沿いにお店があるのですが、何か考え事を持っていかないと、足りません。
 
 私が何を考えながら歩いたのかは、秘密ということで。

 
 ちなみに、“銀閣寺”は通り過ぎました。
 今度は、あえて通り過ぎたのです!
 バス停の場所を確認したかったので。
 思ってたよりも、“銀閣寺”から歩きました。
 あと時刻の確認をしたら、けっこうバスは通ってくるようなので、時間はあまり気にしなくてよかったです。

 バス停に行く途中で見つけた、アイスキャンデー屋。
“銀閣寺キャンデー店”
08-09-20_2 161
 「昔なつかしの」と書きたくなってしまうくらい、アイスキャンデー屋らしいアイスキャンデー屋。今時という感じはないのですが、そこがかえって味があって良い!
 私が買ったのは、バニラのアイスキャンデー。
 お店の前に、ベンチがあるのでそこで座って食べれるようになってました。お店とベンチの間は、普通の道です。人だとか自転車が普通に通ってます。
 地元の人にも、というか専ら地元の人に愛されているようで、帰りがてらにおじいちゃんと孫がちょっとしたお土産に大量購入してたり、自転車に乗った小学生達が買っていったりしてました。

 アイスキャンデーだけでなく、パインジュースとひやしあめも売ってました。
 これは、ひやしあめ。
08-09-20_2 162
 ひやしあめってなんだろうと思って飲んでみたら、ちとせあめの味がしました。ちょっと、しょうがが強い。

 
 一息入れたら、哲学の道をちょっと戻って、今度は銀閣寺に。
 人の流れで、どこにあるのか一発で分かります。

 途中、人力車の呼び込みにつかまりました。「法然院にも行きますよ」と言われましたが、さっき行ってきたのよ、そこに。(私があえて通り過ぎて、戻ってきたというのを知るわけがないでしょ、向こうも!) 


 “銀閣寺”へと続く道沿いにはいろんなお店が並んでいます。
 お土産屋はもちろんのこと、食べ物を売っているお店もけっこうありました。
 男性二人組が面白いものを食べているのを見て、私も食べたくなったもの。
08-09-20_2 165
 きゅうりの浅漬け。

08-09-20_2 164
 お金を払うと、店員が瓶の蓋を開けて「お好きなものをどうぞ」と言ってくれる。

 良い感じに漬けられてました。
 味がちゃんとしみこんでて、美味しかった!
 おすすめは、帰る時に買ったほうがいい。手がちょっとべたべたするから。



 次回、銀閣寺。


【08`09/20】京都 二日目 (その七)

 人が期待するのは、よく映像で見るような風景。
 日常生活からかけ離れた、まるで別世界のような所。
 絵ハガキで見たそのものを求めて訪れる。

 今回、銀閣寺に行って、残念だという言葉をよく耳にした。

『観音殿(銀閣)は只今修復中』の張り紙

 私は、残念ながら彼らの気持ちを理解することはできなかった。
 京都から帰ってきた後の私にとっつかまって、京都の土産話を聞かされた級友達ならものすごく分かってくれたと思う。私がどれだけ銀閣寺を気に入ったのかという事を。
 6日間京都に行って、話すことはたくさんありすぎて、もちろんほぼ全部話したけれど、その中でも一番気合を入れて話したのが銀閣寺でした。

正門
08-09-20_2 169
 歩きながら撮ったので、まがってしまった。
 入るには500円必要です。

08-09-20_2 174
 受付から入って左手。先に進むとメインが見えてくる。
 それにしてもこの白の砂利は見事ですね。


“慈照寺”こと“銀閣寺”
08-09-20_2 178
 2010年春まで修復工事中。(どれくらい修復するかもめたりしたらしい。)
 庭園内は鑑賞できます。

 私としては、この修復工事中という無防備(?)な姿を見れたことに、思わずガッツポーズでした。
 なかなか見れるものじゃないから!
 修復なんてそうそうやるものじゃないですし、季節みたいに毎年巡ってくるものではないし、次いつ修復するか分かるものでもないですから。

“銀沙灘”“向月台”そして“銀閣寺”
08-09-20_2 184
 手前が“銀沙灘”。
 奥に見えるこんもり盛られているのが“向月台”。
 そして修復中の“銀閣寺”。

 行く前に銀閣寺は修復中だというのを聞かされていたのですが、部分的に順次やっていくのかなと思っていたのですが、まるっとまるごとでした。
 銀閣寺の形に合わせて組まれているのが、これはこれで芸術と思えなくもない。
 マンション・アパートの外装のやり直しの工事をいくつか見かけたことあるのですが、その時は四角だったし、一戸建ての建築中の周りも四角だし。
 修復は、新しく造り出す事よりも神経使うようですね。

08-09-20_2 186
 そして、庭園もステキでした。
  
08-09-20_2 189
08-09-20_2 190
08-09-20_2 191
 庭園の手入れの大変さが表れてます。

“洗月泉”
08-09-20_2 193

“お茶の井”
08-09-20_2 199
 今でも、お茶を点てる際に使われていることがあるとか。

 小高い山を上がっていくと、“銀閣寺”を見下ろすことができます。
“展望所”より
08-09-20_2 202

ズーム
08-09-20_2 203

 目というのは不思議なもので、だいたい上のズームして撮った時ぐらいに見えているのですが、カメラで撮ってみると、ちっちゃくなっちゃっているという。

 この“展望所”でよく修復中の姿が見えるので、目薬点してまでして見てました。

 ここでもデジカメのタイマー機能を駆使して、自分を写していたのですが、さすがに修復中であっても銀閣寺。人が多いです。ぶつくさ文句言いながらも、皆さん銀閣寺に行かれてるのですね。
 人の列が切れることがあり、そこを狙ってセットしてました。
 だけど、ここでの10秒は意外と長い。
 よし、いない今だとセットして10秒後、そこには元気にカメラの前を横切る他人の姿が。そりゃあもうバッチリ。
 それでもなんとか3枚ほど自分が写っているのが撮れました。

 そんな私の姿を見て、よほど難儀していると思われたのか、「撮りましょうか?」と親切に申し出てくれる人がいました。流暢に日本語を話される、外国人旅行客。思いがけない国際交流。
 「ありがとうございます」を英語で私は言えました。さすがにそれだけはちゃんと言えた。

 “展望所”からは下り道になってます。
08-09-20_2 223

08-09-20_2 224

 そして再び“銀閣寺”の前へ。
08-09-20_2 226

08-09-20_2 233
 チラリズムですね。分かります。

 本当は全部覆ってしまいたいのでしょうけど、観光客に配慮してか上の写真のように、見れるようになっていました。

 長い長い長い時を経て、今もなお残っているのは、残そうとする人と、それを可能にする技術があってこそ。
 今回その様子をちょっこだけでしたが見れて、ラッキーでした。


【08`09/20】京都 二日目 (その捌) 

『歩く京都』によると、
京都は大きくわけて5エリア!
ゆっくり廻るなら
基本的に一日に一つのエリア。
なのだそうだ。

 朝から南禅寺→永観堂→哲学の道→法然院→銀閣寺と、南から北上してきました。だいたいここで、昼の3時前くらい。
 今日は夜にどこか食べに行くとのことだったので、4時までには戻ると約束していました。
 予定としていたところは全て廻ったのですが、約束の時間までにはまだちょっと時間があります。

 さて、どこに行こうか。
 頭の中でアバウトすぎる地図を広げて、信号待ちしていました。

 そんな私の前を通り過ぎていく、一台のタクシー。

 京都市内だけで、何千とあるタクシー。
 上半分は白で、下半分はオレンジのヤサカタクシーは、よく見かけるタクシーの一つ。
 目印は、三つ葉のクローバー。

『歩く京都』によると、
三ツ葉が目印のヤサカタクシー。その中に四ツ葉のクローバータクシーが4台ある。出会う確率はなんと4/1400だとか。

 なんとその四ツ葉のクローバータクシーが通り過ぎていきました!

 読んだときに、見てみたいなぁと思ってたけど、まさか二日目にしてそれが叶うとは!
 どんどん去っていってしまうそのタクシーをじっと見ていたのですが、なんと一つ先の信号が赤に変わるではないですか!
 停車するタクシー、そして私の前の歩行者用信号が青へと変わる。
 何も考えずに、私は走り出した。
 観光客の間を全速力で駆け抜ける私。
 一つ先と言いましたが、けっこう距離がありました。が、走っている最中はそんなことなど考えていられない。ただひたすら前へ、追いつきたいの一心で疾走。

 そして、追いついたんだ。
08-09-20_2 241
 
 追いついたのはいいのだけど・・・・・・、いろいろと続かなくて、体力だとか、息だとかが。
 それに、どこに行くのかまだ決めてなかったし。「何にも考えずに」走り出しちゃったので。
 タクシーの運転手がこちら見た気がしたけど、あの時はいろいろといっぱいいっぱいだったので、見送りました。(ごめんなさい。運転手さん)

 歩きながら息を整え、バス停へと向かいます。そして、やってきたバスにとりあえず乗り込んでみる。
 まだ行き先決まってなかったのですが、鴨川が見えたので、他の降りる人に紛れて私も降りてみました。
08-09-20_2 245
 川の水量はそんなに多くなかった。
 河口近くの川を見慣れているせいか、山の中流やや下側ぐらいの水量しかないよここと思ったのですが、地理からしてみればそれぐらいしかなくて当然なんですよね。
 京都、河口じゃないし。
 だいたい大きい街は河口にあるよなぁと私の頭にはあったので。何事にも例外はありますよね。

 『歩く京都』を開いてみて、現在位置を確認。
 このまま道を真直ぐ行くと、“京都御苑”に行くのが分かり、目的地を“廬山寺”に設定。ナビは無いですが、行ってみることにしました。

 思っていたよりも歩きましたが、(バス乗ったのだけど、バスが通ってた道から目的のところに行くまでが)目的地に到着。
 すぐ左が“京都御苑”ですが、脇目を振らずに“廬山寺”を目指しました。

“廬山寺”
08-09-20_2 248

 “廬山寺”?聞きなれないなぁ、どこそこ??と思う人もいるかと思います。
 私も『歩く京都』を読むまで知らなかったですし。
 それでも行きたいと思ったのは、↓だからです。
08-09-20_2 247
 
 言わずと知れた平安時代の長編物語。
 一部だったら、学校の授業で読んだことがありますよね。
 全部古文で読み通したという人は少ないと思いますが、大和和紀の『あさきゆめみし』で読んだという人はけっこういると思います。そうでなくても、源氏物語を題材としたものは多いですよね。マンガだけでなく、劇だとかもありますし。

 私が一番お世話になったのは、小泉吉宏『まろ、ん?大掴源氏物語』(幻冬舎)です。高校時代クラスメイトに借りて読んだのですが、返した後に自分も買いました。
 全54帖のそれぞれ1帖を2ページにまとめてあります。だから「大掴」。
 途中に当時の風俗とかも扱っていたりして、一番最初にこの本を読んでおくと、他の源氏物語作品を読む手助けになります。現に、なりました。
 古典作品を題材にしたマンガはこゆいのが多いのですが、この本のイラストはかわいい!(それが物足りないという、こゆいのが好きな人の意見がありますけど)

 本堂に入るには、400円必要。(500円で写経もできるとか。してる人いました。)
 白砂と緑の苔の庭「源氏庭」には、紫式部にちなんでキキョウが植えられているのですが、時期が合わなかったみたいです。
08-09-20_2 256

 庭もいいですが、国宝の絵巻物が陳列されていたりと侮れないところでした。
 白い着物を着た源氏が赤ん坊(夕霧?おぼろげ)を抱いているという源氏物語絵巻の一つ。
 なぜ、これがここに?!とびっくりして、ガラスにおでこをぶつけました。
 
(この“廬山寺”に行く途中に、“京都市歴史資料館”という所があったのですが、「源氏物語千年紀記念特別展 「源氏物語と平安京」」というのをやっていたようです・・・・・・。後で知ったさ。)

08-09-20_2 257

 京都に6日間いましたが、ここ“廬山寺”でだけおみくじを引きました。
 ちょっと験かつぎの意味を込めて。
 木の箱をしゃかしゃか振って、さかさまにしたら小さな口から木の薄くて長い棒が出てくるので、その棒に書かれてある番号を申告するというタイプのおみくじでした。
 出てきた棒に書かれてあった番号は、八〇。
 手渡された紙に書かれていたのは『大吉』!!
 
 一千年。
 どれくらい長い時間なのか、あまりにも長すぎて、すぐには実感がわかないくらいの長い時間。
 そんな長い時をずっと読まれ続けている物語があるというのがステキなことだなと。
 全く習慣が違う時代を生きる、歳は同じくらいの人間が同じ物語を読むって、ちょっと不思議なことじゃないですか。同じ物語なのだけど、感じ方は違ったんだろうなとか、理由は違うかもしれないけど、末摘花が好きな人もいたんじゃないだろうかとか考えてみたり。
 源氏物語内で経過していく時間だけでなく、源氏物語が通ってきた時代について思いを馳せるのが楽しい。

 源氏庭を眺めていたら、書店先で目まぐるしく変わっていくベストセラーの棚が思い浮かんだ。
 あの中から、ずっと未来の人間も読むような本が出てくるのだろうかなと。
 もしかしたら、源氏物語が読まれていない未来もあったりするかもしれないけど。
 未来の事は誰にも分からない。


【08`09/20】京都 二日目 (その玖)

 “廬山寺”のお隣は、“京都御苑”。
 “京都御苑”と言ったら、“蛤御門”じゃないですか。(“京都御所”はどうした!)

“京都御苑”清和院御門付近
08-09-20_2 268

 “京都御苑”は、元は天皇や公家の居住地だった広大な公園(『歩く京都』より)。“御苑”(「ぎょえん」と読む)内は自由に入れます。テニスコートだとか、野球場もあったりする、緑の多い広大な公園。
 公家の邸宅はその跡地にほとんど看板が立っているだけですが、“御所”は残っています。だけど、“御所”の中に入るには、事前予約が必要。

 真直ぐ突っ切っていきました。(東から西へ)
 広い砂利道、片道2車線ぐらいの道幅がありますが、車の乗り入れはできません。歩くか自転車だけ。 犬の散歩をしている人や、テニス用のバッグを背負って自転車に乗ってる人とかを見かけました。

“建礼門”
08-09-20_2 2752
 この門の奥が“京都御所”。
 中学の修学旅行の時に入ったのですが、あの時はあんまり京都に興味が無かったので、今入ると絶対反応違うと思う。
 ちょっとだけ背伸びしてみたけど、門の守備は完璧でした。

“清水谷家の椋”
08-09-20_2 280
 一八六四(元治元)年の禁門の変の時、長州藩士で遊撃隊(長州尊皇攘夷激派の一つ)の総督だった来島又兵衛がこの木の付近で討死したとも伝えられています。と看板に書いてあった。

 来島又兵衛、その人をメインにした本を読んだことはありませんが、『定本 河上彦斎』荒木精之(新人物往来社)の中で、来島又兵衛が出てきてました。
 図書館から借りた本だったのですが、鉛筆で線が引っ張られたり、書き込みがされてたんですよね。全ページにやられてたので、さすがに返す時に司書に言いましたけど。その書き込みの中で、ものすごく気になるのがありました。"来島又兵衛"に矢印で、「シャンプーハット」とあったのですが、あれは一体何を意味していたのでしょうか・・・・・・。

 この椋の木の前を通って、真直ぐ行くと見えてくるのが目当ての所。
“蛤御門”
08-09-20_2 281
 江戸時代末期の一八六四(元治元)年、この門の周辺で長州藩と、御所の護衛に当たっていた会津・薩摩・桑名藩との間で激戦が行われました。この戦いが「禁門の変(蛤御門の変)」で、門の梁にはその時の鉄砲の弾傷らしき跡が残っています。(看板より)

 私がその日、蛤御門を前にして、思い出していたのは、『土方歳三の鬼謀①』柘植久慶(ハルキ文庫)。(PHP研究所より出されていた時の題名は『土方歳三の鬼謀 逆転「鳥羽・伏見」戦記』)
 表紙の土方歳三がかっこよかったから借りたという、ジャケ買いならぬジャケ借り。
 本の題名にあるように、土方歳三の思いも寄らぬ作戦によって、鳥羽・伏見の戦いで新選組側が勝つというIFストーリー。
 そのクライマックスで、蛤御門が出てくるのです。

 本を読むだけでは、いまいち距離が分からず、あと、場所書かれても「どこだろう」と思いながらも読み流してしまっていました。
 だけど、今回実際歩いてみて、建礼門から蛤御門が思っていたより遠くなかったので、蛤御門の重要性がやっと分かりました。

08-09-20_2 286

 名残惜しいけど、そろそろ帰らないと約束の時間に間に合わなくなるので。
 この後、だいたい二条城の前あたりまで歩いて帰りました。 地図を見た限りでは距離はあまりないように思えたのですが、けっこう歩きました。
 実際に歩いてみないと、やっぱり地図の上だけでは分かりませんね。



読者登録

壱白福果さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について