twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 hiroshi-uyama
価格 無料
タグ 宇宙相対性理論物理科学
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

158 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 29ページ (Web閲覧)
36ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 星の放つ光はどのようにして我々の目に入ってくるのだろうか?宇宙はどのような構造をしているのだろうか?という本質的な問題を多くの先人たちが解明してきました。自分も子供のように自分なりに解明したいと思いました。基本に戻って光と運動の関係を調べ、天体や宇宙が我々にどのように見えるのかというメカニズムを明らかにしていきました。その結果は、現在の宇宙論や相対論と異なる理論になってしまいましたが、逆に現在の宇宙論や相対論で説明できないさまざまな現象も説明できるようになりました。
  ●ローレンツ変換(特殊相対性理論)の適用限界
  ●光時間計測装置による仮想物理実験
  ●異説相対論と光速限界
  ●GPS相対性
  ●赤方偏移仮説
  ●異説:宇宙のメカニズム
などを、黒色星、高エネルギー宇宙線、GPS、赤方偏移などの観測結果と照らし合わせて検証します。
ブログ「異説:宇宙のメカニズム」http://herecy.blog.fc2.com/の電子書籍版です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

もっとみる