twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 hiroshi-uyama
価格 無料
タグ 宇宙相対性理論物理科学
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

159 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 29ページ (Web閲覧)
36ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 星の放つ光はどのようにして我々の目に入ってくるのだろうか?宇宙はどのような構造をしているのだろうか?という本質的な問題を多くの先人たちが解明してきました。自分も子供のように自分なりに解明したいと思いました。基本に戻って光と運動の関係を調べ、天体や宇宙が我々にどのように見えるのかというメカニズムを明らかにしていきました。その結果は、現在の宇宙論や相対論と異なる理論になってしまいましたが、逆に現在の宇宙論や相対論で説明できないさまざまな現象も説明できるようになりました。
  ●ローレンツ変換(特殊相対性理論)の適用限界
  ●光時間計測装置による仮想物理実験
  ●異説相対論と光速限界
  ●GPS相対性
  ●赤方偏移仮説
  ●異説:宇宙のメカニズム
などを、黒色星、高エネルギー宇宙線、GPS、赤方偏移などの観測結果と照らし合わせて検証します。
ブログ「異説:宇宙のメカニズム」http://herecy.blog.fc2.com/の電子書籍版です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

もっとみる