閉じる


<<最初から読む

9 / 15ページ

第七幕

「謝りに行こう」そう思ったヴァーキーは、いつもならぐうぐう寝ているはずの昼間に、少女の様子を見にあの家へと向かいました。

「確か…あの窓枠の家だったよな…」

ヴァーキーは教会の十字架の上から飛び立つと、こっそり小さな家の小さな庭にしのびこみました。小さな庭にはその庭には似つかない大きなスコップや手押し車がありました。ヴァーキーはそれらを押しのけ青色の窓枠に鼻をかけて家の中をうかがいました。そこには小さな手で洗たく物をたたんだり、まだあどけない背中をめいっぱい伸ばし台所でお母さんのお手伝いをしている少女がいました。

「あれ…!?」

壁際のテーブルに少女がお皿を並べます。そのお皿にお母さんが温かいスープを注ぎます。しかし、そのお皿の数にヴァーキーは首をかしげました。

「…お父さんはいないのだろうか…!?」

ヴァーキーは大きなスコップに視線を送ると頭をよぎった疑問がそのまま口からで出そうになりました。でも、少女とお母さんが話し出す素振りを見せたのでヴァーキーは慌てて口をつぐみ耳をそばたてました。

「兵隊さんになったお父さんが無事に大きな戦争から帰ってきますように」

湯気の中、お母さんと少女が手を重ねると声を合わしながらそう言いました。

「ヘイタイ…。大きなセンソウ…。お父さんはあの大きなセンソウってやつに行ってるんだ…だとしたらオレは…きっと大切な夢を食べてしまったんだな…」

そう感じたヴァーキーは一段と心が重くなりました。

 謝りに来たはずのヴァーキーは、何もせずにまた空へと飛んで行ってしまいました。

 

 

 


第八幕

 ヴァーキーはそれから何日も何日も、気になってその家の中の様子をうかがいに行きました。

自分の背丈よりも高いほうきを持って部屋の掃除をしている姿や、お母さんが座る椅子に上って電球を替えている姿、お手伝いの合間を見計らって勉強している姿など、ヴァーキーの心にはその一つ一つの光景が全て焼き付いていきました。焼き付くたびに何度も何度も謝ろうとしました。しかし、あと一歩のところでヴァーキーは勇気を出ませんでした。

 

 


第九幕

 その日もヴァーキーは鼻先を窓枠に乗せて、家の中をうかがっていました。すると、こんな会話がヴァーキーの耳に入ってきました。

「ねえ…スージー…お父さんがいなくて本当に寂しくないの?」

「大丈夫だよ、わたしにはお母さんがいるもん!」

その家の薄い壁を通じて二人の会話が外にいるヴァーキーにもよく聞こえてきました。狭い庭に冷たい風が通り抜けて行きます。その風先がヴァーキーの鼻先をなでていきました。

「でもスージー…お母さんは知っているのよ。たまにスージーがひとりで泣いていることを…」

お母さんがスプーンを置いてそう言いました。

「何を言っているの!?お母さん、わたしは泣いてなんかいないよ!」

「でも…あの晩は…お父さんが戦争から帰ってくるはずだったあの日には…」

そう言うと、お母さんは暖炉のわきにかかっているカレンダーを見つめました。たくさんの日付が記されているそのカレンダーには一日だけ赤い模様がほどこされていました。

「ううん…あの晩はね、わたしの大切な夢をバクに食べられてしまったの」

少女はかじっていたパンを置くとそう言いました。

「…バク?」

「うん!」

「…そう…だったのね…」

お母さんは娘の想像力を目の当たりにして、お手伝いを欠かさない働き者がまだ小さいことを思い出したようでした。

「あのね、お父さんが帰ってくるはずのあの日…わたしステキな夢を見ていたの。白いシャツを着たお父さんと見たことのない花や草がたくさん咲いている野原で赤いボールを投げ合ったり、一緒に走ったり、肩車をしてもらったり。その他にも楽しいことをいっぱいしたわ。そしてね、その後にお父さんがしっかりとわたしのことを抱きしめてくれたの。夢の中なのに温かかったんだよ!それでね、抱きしめたままわたしの耳元で何かをささやいたの。わたしは“いつまた一緒に遊ぶのか”を言っているような気がして何度も聞き返したの…良く聞こえなかったから、何度も、何度も…そこで目が覚めちゃった…でもバクに全部食べられちゃったんだ。わたしの大切な夢…あんなに色あざやかだったのにあいまいにしか覚えていない……」

お母さんは娘の言うことを静かに聞いていました。一度置かれたスプーンはもう握られることはありませんでした。

 ヴァーキーも壁の向こう側で少女の言っていることを一言も聞きもらすことはありませんでした。そしてヴァーキーは鼻先もしっぽもうなだれたまま、小さな庭に濃い影を残し、日が落ちたばかりの空を飛んで行きました。

 

 

 


第十幕

 その日もヴァーキーは恐れや不安まみれの夢を食べていました。

「ウップ…」

でもヴァーキーの胃が痛むのは、悪夢だらけの食事のせいだけではありません。

 あの少女に“ごめんなさい”を言うだけではなく何かしてあげられないだろうか…?

 いつもは口が悪く身勝手で、仲間のバクからも距離を置かれているヴァーキーが少女のために何かしてあげようと考えるようになりました。

 

「“夢を食べるバクは、人から何かを奪うだけの存在なのだろうか。もしかして夢を与えられることができるんじゃないだろうか”」

 

 いつしかヴァーキーはそう考えるようになりました。そして、どんな小さなヒントでもつかみたいヴァーキーはふだんはあまり口をきかない顔見知りのバクたちにも話しを聞きに回りました。

「おい、一つ聞いてもいいか?オレらは人の夢を食べることができても、人に夢を見させてあげることはできないのか?」

ヴァーキーがそう話しかけます。

「誰かと思ったらヴァーキーか。突然話しかけてきたと思ったら急に何を言ってるんだ!?人に夢を与えるなんて…なんてバカげたことを」

「おかしなことを言っているのはわかっている。でも…できないものなのかな?」

「君のように仲間から外れ、ひとりで行動することが多いと…ずいぶんユニークな発想が生まれるもんなんだな」

顔見知りのバクたちはヴァーキーに冷たく当たりました。その冷ややかな反応を受けたヴァーキーは背中を丸めて飛び去りました。

 

 仲間のバクたちに相手にしてもらえなかったヴァーキーは再び、ライオンとトラに相談しに行きました。

「オレらバクは夢を食べてしまうだけではなく、夢を与えてあげることもできるんじゃないかと思うんだ!」

おりの中のライオンとトラは目を丸くしました。

「それはさすがにできないんじゃないか?バクが夢を与えるだなんて、そんな話聞いたことないぞ!」

そうライオンが言いました。

「まるで夢みたいなことを言ってやがる!夢を食べ過ぎちゃったんじゃないか?」

トラもそう言うと浮かない表情でヴァーキーを見つめました。そのときです、飾り羽を揺らしながらクジャクがやってきました。

「なあ、ヴァーキー。君はどう思っているんだい?」

「オレは…オレは、できそうな気がするんだ」

「そうか!だから前から言っているじゃないか。質問の答えはいつも自分が持っているものなのさ!」

クジャクは羽を誇らしげに広げながら言いました。すると、

「その通り!クジャク君の言っていることは一理あるよ」

長老のラクダがそう言ってヴァーキーのことを励ましました。

「君ができると思ったのなら、必ずできる。周りの意見に惑わされず、自分に正直になるのが一番だよ、ヴァーキー」

「そうか…そうなのかもしれない。ありがとう!」

 

 

 その日からヴァーキーは寝る間を惜しんでひとり特訓にはげみました。

 


第十一幕

 そして、季節は移り変わり美しい三日月の夜が来ました。もう、ヴァーキーが少女の夢を食べてしまったあの日から幾日もたっていました。ユッサユッサと揺らしていたはずのあの体は少し細くなり白と黒の模様のおかげでよりしまって見えました。

「青色の窓枠の家!どこだ?どこにある?」

久し振りに夜空から眺める町はだいぶ変わっていました。大砲がうち込まれた跡が残る町は昔あったはずの建物がいくつも無くなっていました。

「迷ってしまったぞ…目印は他にもなかたっけ…」

かつて止まり木の代わりに使っていた教会の十字架ももうありませんでした。ヴァーキーはひずめで頭をかきながらあちこちを飛びまわりました。記憶を頼りに頭の中に地図をつくって必死に探しました。

「そうだ!そう言えば!」

ヴァーキーはひしゃく型に並ぶ北斗七星から北極星を見つけ出しました。そして、その光が導いてくれる元へ向かいました。以前の様子とは変わってしまった地上とは違って、どこまでも広がる空からその星を見つけることは簡単でした。

「あそこだ!あのエントツだ!」

ヴァーキーは急いでスージーと呼ばれていた少女が住む家に向かいました。

 

 

 



読者登録

75°さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について