目次
開業278日目 お花見シーズン
開業279日目 楽しい時間にする
開業280日目 分類の必要性
開業281日目 保健所からの手紙
開業282日目 労働保険の書類1
開業283日目 労働保険の書類2
開業284日目 売上記録を更新した
開業285日目 労働保険の年度更新1
開業286日目 労働保険の年度更新2
開業287日目 労働保険の年度更新3
開業288日目 労働保険の年度更新4
開業289日目 労働保険の年度更新5
開業290日目 労働保険の年度更新6
開業291日目 お客はどこえ消えた?
開業292日目 4月折り返し地点
開業293日目 労働保険の仕訳・年度更新編
開業294日目 振替納税のお知らせ
開業295日目 9月との比較
開業296日目 源泉所得税改正のあらまし
開業297日目 お客さんの都合と店の甘え
開業298日目 トイレの移設にはご注意
開業299日目 ショッピングモール効果?
開業300日目 ちょっと振り返ってみた
開業301日目 外付型ハードディスク
開業302日目 バックアップの安心感
開業303日目 振替納税の領収証
開業304日目 無理をしない秘訣
開業305日目 適正な借入れ金額とは
開業306日目 ランチ営業
開業307日目 アクセス解析
開業308日目 4月の収支
開業309日目 償却資産申告書
開業310日目 お客さんは何を求めているのか
開業311日目 こだわりとは
開業312日目 情報との付き合い方
開業313日目 アクセス解析の分析
開業314日目 異色
開業315日目 女性向けのサービス
開業316日目 気に入られるということ
開業317日目 固定資産申請書の顛末
開業318日目 取引先からのアンケート
開業319日目 音楽の効用
開業320日目 地方税特別徴収の書類1
開業321日目 地方税特別徴収の書類2
開業322日目 店舗の契約期間
開業323日目 ドイツワールドカップの影響は?
開業324日目 クレジットカード
店舗賃料の振込先変更
固定資産税納税通知書
固定資産税納税振替依頼書
5月の収支
おひとりさま
店がある限りなくならないこと
区民税都民税納税通知書
売上が下がってきた
ワールドカップと居酒屋
源泉税納付のお知らせ
振込手数料一部無料化
レンタルおしぼり
Pay-easy(ペイジー)で納税
開業一年、妻の心境
一周年記念のイベント
お祝いごと
売上更新
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

50 / 65ページ

固定資産税納税振替依頼書

固定資産税も口座振替を推奨しているようで、振替依頼のハガキが同封されていた。

コンビニで納付できるし別に口座振替にしなくても良いかなぁと思ったが、口座振替にすれば保管する紙を減らすことが出来る。

確か7年(か10年?)は保存しなければいけないのだから、少しでも紙は減らしたい。

やっぱり口座振替にしよう。1回目だけは納付書で納めなければいけないのだが。

口座振替にするデメリットはないよなぁ。これからずーっとあることだし、さっさと手続きしてしまおう。

コンビニ納付が可能ったって、その時間だってチリも積もればなんとやらっていうしな。時間は大切にしないとね。

都税口座振替(自動払込)依頼書を書いた。記入例を見ながら書けば迷うことはない。

でもどうせだったら、納税者の欄も印字しといてくれれば良いのにと思った。引き落とし口座情報と押印だけにしといてくれれば、口座振替にしようっていう人も増えるんじゃないの?

それから私が嫌いなのが、番号を右詰で書くというやつ。人間工学に反していると常々思っているんだけど。これだと間違えないようにってとっても気を使う。

こういう番号ってとっても大事なんだからさ。ま、右から書いていけばいいだけの話なんだけどさ〜。


2006.06.03 Sat


5月の収支

家で仕事をするのが本当に嫌で、5月中旬から溜め込んでいた伝票をやっと処理した。

5月は3日間ほど連休をとったので24営業日しかなかったが、来客人数、売上金額を更新することが出来た。

連休後の落ち込みを予想していたが、思ったほど急激なものはなかった。週を経るごとに徐々に落ち着いてきた感じがする。

原価率が先月よりも2%アップの30.8%で、売上は良かったものの利益率は先月より下がってしまった。原因は何かと追求してもらうことにした。

人件費は、額面を見ると増えているが、対売上比率は先月と同じ15.3%だった。

しかし、近々スタッフがひとり辞めるので頭が痛い。今のメンバーだからこの人件費でやっていけるが、新しい人となるとそうもいかないだろう。

彼女の存在は店の雰囲気向上に大きく影響しており、金銭面以上にダメージが大きいと思われる。

お客さんの入り方も変わってきたことだし、どんな人が来てくれるのか、人員配置をどうするのかが今後のキーポイントとなるだろう。

単月の収支の積み重ねで店の存続が左右される。しかし各月諸事情があって金額は増減するのが普通である。

どれだけ悪いことに備えられるか、というか、うまくいっているときに準備をしておくかに、その店の力量なり店主の判断能力が問われるのではないかと思う。


2006.06.04 Sun


おひとりさま

ここ最近ひとりで来店されるお客さんが増えた気がする。

テーブル別に金額と人数を入力しデータをとっている。先日何気なく眺めていて気がついたことだ。

時系列にならんだ表(レジが終わった順に重なった伝票からのデータ)であり、深夜のお客さんであることがわかる。

うちのカウンターは、長さ6mほど、奥行きは何センチだったか忘れたが結構ゆったり、高さは低めで落ち着いて飲めるデザインになっている。

隣の席との間隔もあまり近くならないように、椅子の数を心持ち少なめにしていたが、さらにひとつかふたつ減らしたとのこと。

それによりさらにゆったりしたスペースを取ることが出来るようになった。これが功を奏したのだろうか。

椅子を減らした理由は、お客さんが増えて店側が捌ききれない状況になる場合が発生するようになったからだ。

お客さんのペースに合わせるのではなく、店が主導権を握れるようペースダウンが狙い。

真っ当な営業をするなら、店に余裕がなければならないと思う。キャパを超えた売上は、店にとって喜ぶべきことではないという考えである。

目先のお金ではなく、自分の店がどういうスタンスであるべきか、原点を見つめなおした結果の選択であったと思う。

2006.06.09 Fri


店がある限りなくならないこと

「今日はお客さんが来てくれるだろうか」という心配が常にあるらしい。

売上の最低ラインが去年に比べて上がっているにもかかわらず、こう思うということは、店をたたむまではずっと続くことだろうと思えてならない。

いや、逆にこういう気持ちがなくなると店は駄目になるんじゃないのかな。

こういう不安があると、実際にお客さんが来てくれた時には嬉しくなるし、その嬉しいという気持ちがお客さんに伝わって、お客さんと店の良い関係が築かれるのではないだろうか。

良い関係ができれば、店をやっていても楽しい。楽しくしていると人が集まるというサイクルが存在するような気がする。

まずは自分が楽しくないと、心地よい空間は提供できないだろうし。

でもやはり水商売。お客さんの都合で良い時、悪い時はつきもの。そういうものなんだと思っても、昨日がいくら売上が良かったとしても、さて今日はと思った時「今日は来てくれるだろうか」と思うそうだ。

これがないのは予約がある日とのこと。また、夫が何より嬉しいのは、来店した日に次回来る日の予約を入れてくれることらしい。

だから予約が常に入っている店になって欲しいとは思うけれど、「来てくれるだろうか」という気持ちはずっと忘れないでいられるのが良いと思った。

これが初心ってやつのひとつなのかもしれない。


2006.06.10 Sat


区民税都民税納税通知書

「特別区民税・都民税納税通知書(普通徴収分)」が届いた。これは事業主である夫に対するいわゆる住民税だ。

確定申告の金額と当然ながら同じである。

去年は3ヶ月間開業準備で無収入だったし、半年しか営業していないし、開業初年度で利益も薄かった。それに伴って区民税・都民税も少ない。

通知書の裏を見ると、表に書かれた数字の説明や、この通知書の取扱が書いてある。その中に、徴収の猶予や減免申請について書かれていた。

税金を待ってもらったり、減らしてもらうのは嬉しいが、やはりそれ相当の理由が必要なわけで、事業を始めたからにはこれに該当しない方が何倍も良い。

お!これもコンビニで納税できるのか。銀行や郵便局なんて行ってられないからなぁ。

納付書に目をやると、「全期分納付用」と「第1期分〜第4期分それぞれ4枚」ある。

1期分だけ現金で納めて残りは自動振替にしよう。

同封されていた「特別区民税・都民税口座振替(自動払込)依頼書」を出さなくては。でもこれも公共料金と同じように、インターネットバンキングで申込めればいいのになぁ。

ま、一度申込んでしまえば引越しをしない限り毎年各期に自動引き落としされるのでいいか。


2006.06.12 Mon



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について