目次
開業278日目 お花見シーズン
開業279日目 楽しい時間にする
開業280日目 分類の必要性
開業281日目 保健所からの手紙
開業282日目 労働保険の書類1
開業283日目 労働保険の書類2
開業284日目 売上記録を更新した
開業285日目 労働保険の年度更新1
開業286日目 労働保険の年度更新2
開業287日目 労働保険の年度更新3
開業288日目 労働保険の年度更新4
開業289日目 労働保険の年度更新5
開業290日目 労働保険の年度更新6
開業291日目 お客はどこえ消えた?
開業292日目 4月折り返し地点
開業293日目 労働保険の仕訳・年度更新編
開業294日目 振替納税のお知らせ
開業295日目 9月との比較
開業296日目 源泉所得税改正のあらまし
開業297日目 お客さんの都合と店の甘え
開業298日目 トイレの移設にはご注意
開業299日目 ショッピングモール効果?
開業300日目 ちょっと振り返ってみた
開業301日目 外付型ハードディスク
開業302日目 バックアップの安心感
開業303日目 振替納税の領収証
開業304日目 無理をしない秘訣
開業305日目 適正な借入れ金額とは
開業306日目 ランチ営業
開業307日目 アクセス解析
開業308日目 4月の収支
開業309日目 償却資産申告書
開業310日目 お客さんは何を求めているのか
開業311日目 こだわりとは
開業312日目 情報との付き合い方
開業313日目 アクセス解析の分析
開業314日目 異色
開業315日目 女性向けのサービス
開業316日目 気に入られるということ
開業317日目 固定資産申請書の顛末
開業318日目 取引先からのアンケート
開業319日目 音楽の効用
開業320日目 地方税特別徴収の書類1
開業321日目 地方税特別徴収の書類2
開業322日目 店舗の契約期間
開業323日目 ドイツワールドカップの影響は?
開業324日目 クレジットカード
店舗賃料の振込先変更
固定資産税納税通知書
固定資産税納税振替依頼書
5月の収支
おひとりさま
店がある限りなくならないこと
区民税都民税納税通知書
売上が下がってきた
ワールドカップと居酒屋
源泉税納付のお知らせ
振込手数料一部無料化
レンタルおしぼり
Pay-easy(ペイジー)で納税
開業一年、妻の心境
一周年記念のイベント
お祝いごと
売上更新
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

47 / 65ページ

開業324日目 クレジットカード

ここ最近新しいお客さんが増えてきて、支払にカードが使えないのかとよく言われるようになったらしい。

今までも常連さん、特に会社の集まりで利用してくれるお客さんにも言われていた。

会社での飲み会の場合、幹事が立て替えて後から集金というスタイルが多いらしく、一人当たりいくらと予算が決まっていたとしても、カードが使えると安心して幹事ができるという声を聞いた。

また、カードが使えるという基準で、店を選ぶ人もいるらしい。ポイントがたまるから?

いままでカードを躊躇していたのは、手数料が高いと聞いていたのと自分には馴染みがないからだ。

夫はカードを持っていないし、私もほとんどカードを使うことがないので、それがどれほどの販売促進になるのかいまいちピンとこない。そんな不確定なものに経費をかけるのは気が進まないといった感じ。

でも、近所にオフィスビルもできることだしそろそろちゃんと調べてみようか。違う客層を取り込むきっかけになるかもしれないし。

でも、いったいどこの誰に聞けば良いんだろう。親しくしている同業者の人たちは、どこもカードを扱っていない気がする。いや、自分が使わないから気がつかないだけ?

ネットで調べたが知りたい部分についてはよく分からなかった。やっぱり実際に導入している人の声を聞きたいなぁ。


2006.05.17 Wed


店舗賃料の振込先変更

店の大家さんから賃料の振込先変更のお願いが届いた。

厳密には管理会社からで、封筒に切手が貼っていないことから直接店(このビル)に来たことがわかる。

管理会社を変更し賃料管理も委託する、よって振込先を貸主の会社から管理会社の口座への変更という主旨だった。

このような、管理会社へ家賃を支払うというケースはよくある事なのだろうか。

普通、と言えるほど経験はないが、今まで家賃なるものは全て大家さん名義の口座に振り込んでいる。

いろいろな詐欺が横行している昨今、大家さんに間違いないかどうか確認したほうが良いのではと思った。

たとえばこれが詐欺行為であり、借主が確認を怠ったとして過失があるなんて言われたくないからだ。

しかし、賃貸契約書と同じ代表印が押してあるし、そもそも管理を委託するとは、そういうもろもろの雑務、つまり問い合わせを受けることもしたくないのだろうから、ま、この書面の通りに変更して振り込めばいいかとの考えに落ち着いた。

念のため管理会社を検索にかけてみると、ビルをいくつも所有しているなかなか大きな会社のように見えた。

2006.05.30 Tue


固定資産税納税通知書

都税事務所から、固定資産税(償却資産)納税通知書が届いた。

封筒には「コンビニ納付を開始しました」と書いてある(但し税額が30万円以下の場合のみ)。

こうでなくっちゃ納税する気も起きないよなと思う。銀行や郵便局に行かなければいけないと考えただけでぞっとする。そうでないのは大変喜ばしいことである。

封を開けると通知書の納税額が目に飛び込んできた。

一年分なので結構な金額だ。何かの間違いじゃないかと、固定資産申告書の控えや帳簿を見てみたが、納付書に書かれた課税標準額は妥当な金額であった。

それでもさらに、申告が間違っていたのではないかと過去の日記を読み、リンクしてある都税事務所の固定資産の概要ページを読むも、当然ながら間違いはない。

初期投資の金額が少ない方が良いというのは、その時に払う金額そのものもそうだが、こうして税金にも影響が出てくるのかと改めて実感した。

つまり、改装費が増えるということ=固定資産税が増えるということなのだ。店内全面改装ともなれば、1.4%の税率も馬鹿に出来ない金額になる。

もちろん払えない金額ではないし、4期に分けて支払えば2〜3組のお客さんの売上で賄える額ではあるが、どうも釈然としないものがある。

固定資産税納付が初めてだからだろうか。ちなみにこの決定に不服がある場合は、60日以内に再審査の申し出が出来るそうだ。


2006.06.02 Fri


固定資産税納税振替依頼書

固定資産税も口座振替を推奨しているようで、振替依頼のハガキが同封されていた。

コンビニで納付できるし別に口座振替にしなくても良いかなぁと思ったが、口座振替にすれば保管する紙を減らすことが出来る。

確か7年(か10年?)は保存しなければいけないのだから、少しでも紙は減らしたい。

やっぱり口座振替にしよう。1回目だけは納付書で納めなければいけないのだが。

口座振替にするデメリットはないよなぁ。これからずーっとあることだし、さっさと手続きしてしまおう。

コンビニ納付が可能ったって、その時間だってチリも積もればなんとやらっていうしな。時間は大切にしないとね。

都税口座振替(自動払込)依頼書を書いた。記入例を見ながら書けば迷うことはない。

でもどうせだったら、納税者の欄も印字しといてくれれば良いのにと思った。引き落とし口座情報と押印だけにしといてくれれば、口座振替にしようっていう人も増えるんじゃないの?

それから私が嫌いなのが、番号を右詰で書くというやつ。人間工学に反していると常々思っているんだけど。これだと間違えないようにってとっても気を使う。

こういう番号ってとっても大事なんだからさ。ま、右から書いていけばいいだけの話なんだけどさ〜。


2006.06.03 Sat


5月の収支

家で仕事をするのが本当に嫌で、5月中旬から溜め込んでいた伝票をやっと処理した。

5月は3日間ほど連休をとったので24営業日しかなかったが、来客人数、売上金額を更新することが出来た。

連休後の落ち込みを予想していたが、思ったほど急激なものはなかった。週を経るごとに徐々に落ち着いてきた感じがする。

原価率が先月よりも2%アップの30.8%で、売上は良かったものの利益率は先月より下がってしまった。原因は何かと追求してもらうことにした。

人件費は、額面を見ると増えているが、対売上比率は先月と同じ15.3%だった。

しかし、近々スタッフがひとり辞めるので頭が痛い。今のメンバーだからこの人件費でやっていけるが、新しい人となるとそうもいかないだろう。

彼女の存在は店の雰囲気向上に大きく影響しており、金銭面以上にダメージが大きいと思われる。

お客さんの入り方も変わってきたことだし、どんな人が来てくれるのか、人員配置をどうするのかが今後のキーポイントとなるだろう。

単月の収支の積み重ねで店の存続が左右される。しかし各月諸事情があって金額は増減するのが普通である。

どれだけ悪いことに備えられるか、というか、うまくいっているときに準備をしておくかに、その店の力量なり店主の判断能力が問われるのではないかと思う。


2006.06.04 Sun



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について