目次
開業278日目 お花見シーズン
開業279日目 楽しい時間にする
開業280日目 分類の必要性
開業281日目 保健所からの手紙
開業282日目 労働保険の書類1
開業283日目 労働保険の書類2
開業284日目 売上記録を更新した
開業285日目 労働保険の年度更新1
開業286日目 労働保険の年度更新2
開業287日目 労働保険の年度更新3
開業288日目 労働保険の年度更新4
開業289日目 労働保険の年度更新5
開業290日目 労働保険の年度更新6
開業291日目 お客はどこえ消えた?
開業292日目 4月折り返し地点
開業293日目 労働保険の仕訳・年度更新編
開業294日目 振替納税のお知らせ
開業295日目 9月との比較
開業296日目 源泉所得税改正のあらまし
開業297日目 お客さんの都合と店の甘え
開業298日目 トイレの移設にはご注意
開業299日目 ショッピングモール効果?
開業300日目 ちょっと振り返ってみた
開業301日目 外付型ハードディスク
開業302日目 バックアップの安心感
開業303日目 振替納税の領収証
開業304日目 無理をしない秘訣
開業305日目 適正な借入れ金額とは
開業306日目 ランチ営業
開業307日目 アクセス解析
開業308日目 4月の収支
開業309日目 償却資産申告書
開業310日目 お客さんは何を求めているのか
開業311日目 こだわりとは
開業312日目 情報との付き合い方
開業313日目 アクセス解析の分析
開業314日目 異色
開業315日目 女性向けのサービス
開業316日目 気に入られるということ
開業317日目 固定資産申請書の顛末
開業318日目 取引先からのアンケート
開業319日目 音楽の効用
開業320日目 地方税特別徴収の書類1
開業321日目 地方税特別徴収の書類2
開業322日目 店舗の契約期間
開業323日目 ドイツワールドカップの影響は?
開業324日目 クレジットカード
店舗賃料の振込先変更
固定資産税納税通知書
固定資産税納税振替依頼書
5月の収支
おひとりさま
店がある限りなくならないこと
区民税都民税納税通知書
売上が下がってきた
ワールドカップと居酒屋
源泉税納付のお知らせ
振込手数料一部無料化
レンタルおしぼり
Pay-easy(ペイジー)で納税
開業一年、妻の心境
一周年記念のイベント
お祝いごと
売上更新
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

42 / 65ページ

開業319日目 音楽の効用

開業以来店内でかける音楽はずっとポップスである。

活気のある店、気取らない店にという意図での選曲である。ちょっといいなと思う店は決まってジャズだったりするのに反発してという部分もあったかもしれない。

店の状態と音楽は密接な関係であり、夫は比較的重要視しているように見える。店の状況によってボリュームを変えているらしい。

開店準備中はちょっと大きめにして気分が乗るようにしたり、お客さんの状態でボリュームを上げたり下げたりしているそうだ。

ここ最近予想外にお客さんの入りが多くて、活気があるというより騒然とした状態になりやすくなっているという。そのため試しにジャズに変えてみると落ち着くということがあった。

それ以来立て続けにお客さんが入ってきたり、オーダーが重なった時はジャズに切り替えているとのこと。落ち着いた音楽は、お客さんに待てる状態をつくる効果があるらしい。

オーダーが落ち着いてきて、また活気が欲しいなという状態になると、再びポップスに戻したりするようだ。

音楽を聴きに来ているなんてことはないはずなのに、すさまじい威力があるものだと思った。


2006.05.12 Fri


開業320日目 地方税特別徴収の書類1

「特別区民税・都民税 特別徴収関係書類」が届いた。中身は特別徴収義務者用と納税義務者用の通知書、特別徴収のご案内の冊子、納付書、それから、納期の特例の承認書が入っていた。

最後の承認書とは、開業201日目の日記で書いた、給与支払報告書について調べていた時に偶然見つけた制度である。

区役所のホームページから用紙をダウンロードして、給与支払報告書に同封して申請していたのが承認されたということだった。

この承認書に書かれた条件は4つ。簡単にメモしておこう。

1.18年6月以降に支払う給与に対する預った住民税の支払期限は、支給期間が6〜11月分が12月11日、12月〜5月分が6月11日。

まだまだ先だな。期日が近づいたらお知らせか何か来るのだろうか。予定表に書いておこう。そうだ、来月の徴収も忘れないようにカレンダーに書いておかなければ。

2.給与を受ける人数が常時10人以上になった場合、届け出る必要がある。

3.滞納した場合はこの承認を取り消すことがある。

4.承認条件に変更がない場合は次年度以降も特例扱いになるが、2年以上納税義務者がいなくなった場合は、新たに特例の申請を出す必要がある。

この承認書に書かれたことを守らないと取消しされるから注意しないと。一番危険なのはやはり納付忘れの滞納なのかな。

毎月納付しに行くなんて絶対嫌だもんな。気をつけよう。

(明日へつづく)

2006.05.13 Sat


開業321日目 地方税特別徴収の書類2

(昨日のつづき)

冊子をざっと眺めてみた。

こういう案内は前もって見ておくと良い場合が多いし、この手の手続きには期限というものがつきもの。完璧に把握できなくてもそういえばそんなことが書いてあったなぐらいでも役に立つことがある。

まずは税制改正。定率減税の縮減や同一生計の妻の均等割りの非課税措置廃止など、従業員の耳に入れておきたいことが書いてあった。

また納付書は基本的にこのまま使えるとか、変更がある場合の修正の仕方、納税義務者用の通知は直ちに本人に交付するように、などなど。

通知書は6月に支払う給料から天引きするので、その時に渡せば良いかなと思っていたけれど、こんな文章を読むと今月の給料袋に入れて、来月からいくら徴収するか知らせてあげた方が親切かなとも思う。

あとは各種変更に対して。

給与支払報告書を出した時と状況が変わった場合は、その変更内容に応じて届出をする必要があるようだ。この冊子の最後に綴じてある届出書を使えば良いのだろう。必要になってから再度ちゃんと読み込めば良いかなと思う。

変更届の後ろには、給与支払報告書の連続用紙申込について書かれていた。規模の大きな事業所で機械でやるところには必要なものだな。うちには関係ないけれど。今年も無料配布と書いてあるということは、いずれ有料になるということ?

ちなみに申し込み期限は5月31日で、10月23日以降にお越しくださいと書いてある。送ってくれるわけじゃないんだなぁ。

ということで、カレンダーにメモして再来週の給料計算時まで封筒に戻してしまっておこう。


2006.05.14 Sun


開業322日目 店舗の契約期間

飲食店を2店経営している人から、店舗の契約期間についてアドバイスを受けた。現在2年契約になっているところを、3年に延ばすということだった。

その人の見立てでは、駅から離れているしあまり売上が見込めない店という判断でのアドバイスのようだ。

店舗は借家と違い一度空いてしまうと簡単に埋まるものではない。駅前や繁華街の中であるなら引く手あまたであろうが。1年営業してみたが、やはり駅からの遠さがネックになっているようで…と交渉してみる価値はあるのでは?と言っていたそうだ。

家賃の更新が2年毎というのをあたり前に思っていたので、3年というのは全く頭になかった。

そこで店舗の契約期間は2年と3年どちらが多いのか調べてみると半々という感じ。でも地域によって違うのかもしれない。また、契約期間の書かれていない物件も見受けられる。

うーん、明らかに3年が多ければ言いやすいんだけどなぁ。実際のところどうなんだろう。

夫はそういう値引き交渉とかやったことがない人だし、私はこの店の担当者とは話がかみ合わないタイプなので接触したくないしなぁ。

お金が絡んでくることだけど、ちょっと気が重いなぁというのが正直なところ。契約前に聞きたかったなぁ。


2006.05.15 Mon


開業323日目 ドイツワールドカップの影響は?

そろそろサッカーワールドカップが開催されるのではないかと思うのだが、いつからなんだろう。

テレビで放映される時間帯によっては、売上に影響があると思われるので気になるところ。

去年店の工事をしている時に、カウンターにテレビが置けるようテレビアンテナを設置したのを思い出した。

その時は、薄型テレビを買って店で盛り上がろうなんて言っていた気がする。

しかし、最近になって、なければいいのになんて言いだしている(ここではちょっと書けないようなことも)。

店の売上そのものが生活に深く関わってくるので、考え方がシビアになったのだろう。

稼ぎ時にイベントがあると、店内は閑古鳥が鳴いていたことも何度かあったからなぁ。

ということで、調べてみると「ドイツワールドカップテレビ放送予定表」なるものを見つけることができた。

生中継番組のみの表で、どの局でやるのかカレンダー形式でわかるようになっている。

そうか、今年は深夜に放送なのか。12日月曜日は店の定休日だから良いとして、あとは18日日曜日22時からと、22日木曜日28時ってことは翌金曜日の朝4時か。

どれくらい影響があるんだろうか。


2006.05.16 Tue



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について