目次
開業278日目 お花見シーズン
開業279日目 楽しい時間にする
開業280日目 分類の必要性
開業281日目 保健所からの手紙
開業282日目 労働保険の書類1
開業283日目 労働保険の書類2
開業284日目 売上記録を更新した
開業285日目 労働保険の年度更新1
開業286日目 労働保険の年度更新2
開業287日目 労働保険の年度更新3
開業288日目 労働保険の年度更新4
開業289日目 労働保険の年度更新5
開業290日目 労働保険の年度更新6
開業291日目 お客はどこえ消えた?
開業292日目 4月折り返し地点
開業293日目 労働保険の仕訳・年度更新編
開業294日目 振替納税のお知らせ
開業295日目 9月との比較
開業296日目 源泉所得税改正のあらまし
開業297日目 お客さんの都合と店の甘え
開業298日目 トイレの移設にはご注意
開業299日目 ショッピングモール効果?
開業300日目 ちょっと振り返ってみた
開業301日目 外付型ハードディスク
開業302日目 バックアップの安心感
開業303日目 振替納税の領収証
開業304日目 無理をしない秘訣
開業305日目 適正な借入れ金額とは
開業306日目 ランチ営業
開業307日目 アクセス解析
開業308日目 4月の収支
開業309日目 償却資産申告書
開業310日目 お客さんは何を求めているのか
開業311日目 こだわりとは
開業312日目 情報との付き合い方
開業313日目 アクセス解析の分析
開業314日目 異色
開業315日目 女性向けのサービス
開業316日目 気に入られるということ
開業317日目 固定資産申請書の顛末
開業318日目 取引先からのアンケート
開業319日目 音楽の効用
開業320日目 地方税特別徴収の書類1
開業321日目 地方税特別徴収の書類2
開業322日目 店舗の契約期間
開業323日目 ドイツワールドカップの影響は?
開業324日目 クレジットカード
店舗賃料の振込先変更
固定資産税納税通知書
固定資産税納税振替依頼書
5月の収支
おひとりさま
店がある限りなくならないこと
区民税都民税納税通知書
売上が下がってきた
ワールドカップと居酒屋
源泉税納付のお知らせ
振込手数料一部無料化
レンタルおしぼり
Pay-easy(ペイジー)で納税
開業一年、妻の心境
一周年記念のイベント
お祝いごと
売上更新
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

39 / 65ページ

開業316日目 気に入られるということ

気に入られようとする。店を気に入ってもらえるようにする。数日前の日記でこれはマイナスであると書いた。

何が駄目かというと、これが目的になった場合。これが目的であることが見えると、気に入られようとしてきた人間が鬱陶しいと感じることがある。

だから気に入ってもらうというのは、あくまでも結果であるのが望ましい。商売をするにおいて「気に入ってもらう≒繁盛する」になるわけだから、ま、目的でもいいんだけど、それを悟られたら負けだと思う。

うーん、勝ち負けじゃないのかもしれないけれど、やはりお客さんには気持ちよくなってもらうのが店の勝ちであり価値であるはず。そのために代金を頂いているわけだから、それを悟らせないのもサービスのひとつだと思うんだけどね。

そこで何をするかというと、お客さんのためを思ってとか、顧客第一主義とか謳っている戦略が功を奏すのだろう。お客さんに利益を与えてから店が利益を貰う。これがWin−Winってやつなんだな。

で、何ができるかというと、相手に合わせるのではなくて、相手が求めることをすれば良い訳だ。

そして相手が何を求めているか知るためには、自分が気に入られようとか考えているようじゃぁ駄目ってことだと思うのだが。


※お知らせ 明日の更新はお休みいたします。※


2006.05.09 Tue


開業317日目 固定資産申請書の顛末

309日目の日記に書いた、固定資産(償却資産)申告書について、都税事務所へ電話した。

行き違いであるのでは?と店の名前を告げると、確認して電話するとのこと。そして数分たって電話がかかってきた。

店の名前と事業主の名前が紐づいてなかったので、行き違いになったのかもしれない。夫のフルネームを告げると確かに申請があると確認してもらった。

どういった経緯でこの申請のお願いが届いたのか質問してみた。確定申告の書類が届いたから?と訊ねたところ、そうではないとのこと。外から見てと言っていた。

最初ははて?と思ったが、ああ、今週のヤンマガに載ってた固定資産調査のことなのだろう。この時期調査員が出歩いて、一軒一軒去年の資料や地図と相違ないか確認するという仕事があるらしい。

それで去年はなかった店が営業しているということがわかって、件の書類が届いたということなんだろう。これで納得。

あともうひとつ。封筒と申請書の備考欄にあるアルファベットは何かと質問したら、担当者の頭文字ですとのこと。調査員のことなのかな?ま、こちらも納得納得、である。


2006.05.10 Wed


開業318日目 取引先からのアンケート

取引している酒屋から請求書に関するアンケートが届いた。

請求日の到着希望日、受け渡し方方法、書式、インターネットの活用についての質問が書かれていた。

今は月末締めの翌15日払いになっていて、請求書は5日前後の納品時に届けられている。

メールやインターネットを活用して、経費削減が主な目的なのかな。あとは請求金額の確認が早くできるようにというサービスの向上?

何らかのシステムを変更する予定があり、お客様の声を聞いてみて検討ということなのだろうか。

今のままで良いというのがこの店の経理担当としての感想。インターネットを使えば地球に優しいのかもしれないが、IDやパスワードの管理を考えるとちょっと気が進まない。

というのもすでにいくつかの経費、携帯や固定電話、プロバイダであったり、ブログ、ウェブメール、アクセス解析などなど、IDとパスワードがそれぞれ別々に存在していて、すでに面倒になっているところ。

店関係の他にも個人的に使っているIDもいくつかある訳で…。これ以上増えるとなるとなぁ…と思ってしまうのは当然のことではないだろうか。


2006.05.11 Thu


開業319日目 音楽の効用

開業以来店内でかける音楽はずっとポップスである。

活気のある店、気取らない店にという意図での選曲である。ちょっといいなと思う店は決まってジャズだったりするのに反発してという部分もあったかもしれない。

店の状態と音楽は密接な関係であり、夫は比較的重要視しているように見える。店の状況によってボリュームを変えているらしい。

開店準備中はちょっと大きめにして気分が乗るようにしたり、お客さんの状態でボリュームを上げたり下げたりしているそうだ。

ここ最近予想外にお客さんの入りが多くて、活気があるというより騒然とした状態になりやすくなっているという。そのため試しにジャズに変えてみると落ち着くということがあった。

それ以来立て続けにお客さんが入ってきたり、オーダーが重なった時はジャズに切り替えているとのこと。落ち着いた音楽は、お客さんに待てる状態をつくる効果があるらしい。

オーダーが落ち着いてきて、また活気が欲しいなという状態になると、再びポップスに戻したりするようだ。

音楽を聴きに来ているなんてことはないはずなのに、すさまじい威力があるものだと思った。


2006.05.12 Fri


開業320日目 地方税特別徴収の書類1

「特別区民税・都民税 特別徴収関係書類」が届いた。中身は特別徴収義務者用と納税義務者用の通知書、特別徴収のご案内の冊子、納付書、それから、納期の特例の承認書が入っていた。

最後の承認書とは、開業201日目の日記で書いた、給与支払報告書について調べていた時に偶然見つけた制度である。

区役所のホームページから用紙をダウンロードして、給与支払報告書に同封して申請していたのが承認されたということだった。

この承認書に書かれた条件は4つ。簡単にメモしておこう。

1.18年6月以降に支払う給与に対する預った住民税の支払期限は、支給期間が6〜11月分が12月11日、12月〜5月分が6月11日。

まだまだ先だな。期日が近づいたらお知らせか何か来るのだろうか。予定表に書いておこう。そうだ、来月の徴収も忘れないようにカレンダーに書いておかなければ。

2.給与を受ける人数が常時10人以上になった場合、届け出る必要がある。

3.滞納した場合はこの承認を取り消すことがある。

4.承認条件に変更がない場合は次年度以降も特例扱いになるが、2年以上納税義務者がいなくなった場合は、新たに特例の申請を出す必要がある。

この承認書に書かれたことを守らないと取消しされるから注意しないと。一番危険なのはやはり納付忘れの滞納なのかな。

毎月納付しに行くなんて絶対嫌だもんな。気をつけよう。

(明日へつづく)

2006.05.13 Sat



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について