目次
開業278日目 お花見シーズン
開業279日目 楽しい時間にする
開業280日目 分類の必要性
開業281日目 保健所からの手紙
開業282日目 労働保険の書類1
開業283日目 労働保険の書類2
開業284日目 売上記録を更新した
開業285日目 労働保険の年度更新1
開業286日目 労働保険の年度更新2
開業287日目 労働保険の年度更新3
開業288日目 労働保険の年度更新4
開業289日目 労働保険の年度更新5
開業290日目 労働保険の年度更新6
開業291日目 お客はどこえ消えた?
開業292日目 4月折り返し地点
開業293日目 労働保険の仕訳・年度更新編
開業294日目 振替納税のお知らせ
開業295日目 9月との比較
開業296日目 源泉所得税改正のあらまし
開業297日目 お客さんの都合と店の甘え
開業298日目 トイレの移設にはご注意
開業299日目 ショッピングモール効果?
開業300日目 ちょっと振り返ってみた
開業301日目 外付型ハードディスク
開業302日目 バックアップの安心感
開業303日目 振替納税の領収証
開業304日目 無理をしない秘訣
開業305日目 適正な借入れ金額とは
開業306日目 ランチ営業
開業307日目 アクセス解析
開業308日目 4月の収支
開業309日目 償却資産申告書
開業310日目 お客さんは何を求めているのか
開業311日目 こだわりとは
開業312日目 情報との付き合い方
開業313日目 アクセス解析の分析
開業314日目 異色
開業315日目 女性向けのサービス
開業316日目 気に入られるということ
開業317日目 固定資産申請書の顛末
開業318日目 取引先からのアンケート
開業319日目 音楽の効用
開業320日目 地方税特別徴収の書類1
開業321日目 地方税特別徴収の書類2
開業322日目 店舗の契約期間
開業323日目 ドイツワールドカップの影響は?
開業324日目 クレジットカード
店舗賃料の振込先変更
固定資産税納税通知書
固定資産税納税振替依頼書
5月の収支
おひとりさま
店がある限りなくならないこと
区民税都民税納税通知書
売上が下がってきた
ワールドカップと居酒屋
源泉税納付のお知らせ
振込手数料一部無料化
レンタルおしぼり
Pay-easy(ペイジー)で納税
開業一年、妻の心境
一周年記念のイベント
お祝いごと
売上更新
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 65ページ

開業304日目 無理をしない秘訣

数日前の日記で、安定した売上が出せるのは無理をしていないからだということを書いた。その無理をしないためには、負担を軽くするのが一番だと思う。

商売をやる上で一番の負担はお金に関すること。この負担には二種類あって、コントロールできる負担とコントロールが難しい負担とがあるように見受けられる。

前者が支払に関すること、後者が売上に関することというのが私の認識。

開業前、夫に算出してもらった毎月の支払予定は、こんな大雑把な数字で大丈夫?と思ったこともあったが、月々の合計を見ると的外れな金額ではなかった。

これは夫が主に飲食に関わる仕事をしていたから経験(感覚)的に把握できた部分と、その範囲に納まるように支払をコントロールすることが出来た成果もあるはず。

もちろんこの前提には支払は多く見積もり売上は少なく見積もるというお約束あってのこと。どこかのブログに、見込めると思った売上の3割減4割減を覚悟して開業に当たった方が良いと書いてあったし。

そのつもりで支払える家賃の物件を探し、人件費の構成を考えた。実は今借りてる店は想定していた物件と異なるのだが、坪単価が予算内だったので今の所に決めた経緯がある。

その分改装工事にかかる費用を調整したり、開業前に考えていた営業プランを見直したりした。

こんな風に支払はコントロールできるのである。


2006.04.27 Thu


開業305日目 適正な借入れ金額とは

昨日の日記で支払はコントロールできると書いたが、その中で自分の意思で最もどうにでもなるのが借金の返済だと思う。

初めての金融機関からの借入れは、自己資金と同額というのが一般的なようだ。実際に夫もそうだった。

開業当時はもうちょっと借りたいと思ったものだが、今考えるとあの金額で良かったと思っている。

その金額とはここ数年夫が雇われながら貯めた金額である。そのため借りた金額も同じくらいの年数で返せるということに等しい。

毎月の借入金返済額から比べると、人件費や家賃の方が金額が大きく負担なるもの。しかしこれは最悪の場合、廃業してしまえば支払わなくて良くなる部類のものだ。

でも借金はそうではない。借金は完済するまでなくならない。

あまりにも当たり前のことであるが、この当たり前のことをちゃんと自覚し、現実的に返済可能な金額であれば、借金だけ残っても全然怖くない。

現実的でない最悪を想像することは良い結果を生まないが、現実的な最悪に備えているとどんなことだって出来そうであるし、変に焦ったりしなくて良いのではないだろうか。

2006.04.28 Fri


開業306日目 ランチ営業

店の近くにある飲食店の方が飲みに来てくれた。

最近出来たショッピングモールで働く人たちの来店のお陰で、ランチ営業がすごく忙しくなったという。

そのショッピングモールの中にも当然飲食店はあるが、一般のお客さんが列を成していて、昼休みの間に食事を取るのが困難ということらしい。

ということで噂によると、四方八方に散らばった彼らは、ちょっと離れていてもランチを求めてやって来るという見方のようだ。

また、ショッピングモールの隣には、32階建てのオフィスビルがある。こちらの引渡しは6月予定になっていて夏にはもっと多くの人手があると予想される状況。

だからうちもランチやれば?とよく言われるようになった。

でもそうなる可能性は低いと思う。というのも、今までの経験からか、ランチをやるくらいなら深夜の営業を伸ばした方がよっぽど楽だと言っていたことがあったからだ。

それから、昼のお客さんを夜につなげて…という戦法を教示してくれる方もいるが、夫はランチのお客と夜のお客は別物だと認識している。

店のカラーは店主で決まるものだと思う。

これが正しいとするなら、昼と夜は別と思っている店には、やはりそう思うお客が集まるのではないだろうか。

2006.04.29 Sat


開業307日目 アクセス解析

店のブログにアクセス解析ツールを設置した。使用しているのは、『shinobi.jp(シノビ.ジェーピー)』のアクセス解析。

なおこのサイトではアクセス解析の他にもホームページスペース、ブログ、アクセスカウンター、アフィリエイトのサービスが無料で使え、ひとつのIDで全て管理できるのにちょっと惹かれている。

さて、アクセス解析を設置して何をしているかというと、ただその結果を見ているだけである。

今年に入ってからブログを見て来たというお客さんが増えたので、どんなきっかけで店のブログを知ったのか、ただ単に知りたいという好奇心から設置しただけなのだ。

みんな、特に他所のお店では、アクセス解析を使って具体的にどう役立てているのか知りたいところだ。

アクセス解析の機能として、

サイトの訪問者情報が一目瞭然。生ログから生成された各内容から利用者の動向を図ったり、ページ間の移動情報を見ることができ、どのページに興味が持たれているかが分かります。
自分のサイトがどのようなワードで検索されたかが分かり、それにより最適なマーケティングや、仕掛けるワードを最適化する情報として役立てることが出来ます。


ということがこのツールを提供してくれてるサイトに書かれていたので、漠然とわからなくもないが…。

ま、まだ設置して間もないし、のんびり付き合っていこう。解析されたデータを見ていればそのうち何か思いついたりするのかもしれない。

今はただどんな言葉がヒットし店のブログが閲覧されたのか眺めているだけだが、これが結構面白かったりする。

2006.04.30 Sun


開業308日目 4月の収支

4月も終わった。結果は4月15日の日記の予想に反して、良い結果だった。

連休前だし、上旬に爆発的に良い売上があった月はジリ貧になるという過去のデータを覆す結果となった。これもやはりショッピングセンター効果だろうか。

次の予想は、連休後。ぐっと売上が下がると見ている。商売の大先輩的常連さんにも覚悟しておいた方が良いと言われ、その励まし(?)で忙しさを乗り切ったという。

ここ数日の来客数はちょっと異常であり、5月分を前倒しで稼いだ感じ。

今年も4ヶ月終り、2月、4月の偶数月が売上が良く、奇数月が目標に達しないというデータが出た。今年はこのサイクルで行くのだろうか。

営業日数は3月より1日少なかったが、来客数は3月を越えた。その分売上高も良く利益率は30%をわずかに超えた。何かの間違い、例えば入力ミスとかあるんじゃないかとちょっと心配になる数字。

少し調べてみると、月末引き落としの経費が、銀行の営業日の関係で翌月に繰り越されてた。こういうのが小さな店には大きく影響する部分だな。

今月の利益率は良かったが、1月は12%しかなかったし、4ヶ月というスパンで見ると、やっと目標どおりという数字でしかない。

会計年度が1年で収支を確認するのはやはり妥当なんだなぁと実感。

原価率も28.7%と、日本酒が出た割にはなかなか良い数字であると思う。

2006.05.01 Mon



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について