目次
開業278日目 お花見シーズン
開業279日目 楽しい時間にする
開業280日目 分類の必要性
開業281日目 保健所からの手紙
開業282日目 労働保険の書類1
開業283日目 労働保険の書類2
開業284日目 売上記録を更新した
開業285日目 労働保険の年度更新1
開業286日目 労働保険の年度更新2
開業287日目 労働保険の年度更新3
開業288日目 労働保険の年度更新4
開業289日目 労働保険の年度更新5
開業290日目 労働保険の年度更新6
開業291日目 お客はどこえ消えた?
開業292日目 4月折り返し地点
開業293日目 労働保険の仕訳・年度更新編
開業294日目 振替納税のお知らせ
開業295日目 9月との比較
開業296日目 源泉所得税改正のあらまし
開業297日目 お客さんの都合と店の甘え
開業298日目 トイレの移設にはご注意
開業299日目 ショッピングモール効果?
開業300日目 ちょっと振り返ってみた
開業301日目 外付型ハードディスク
開業302日目 バックアップの安心感
開業303日目 振替納税の領収証
開業304日目 無理をしない秘訣
開業305日目 適正な借入れ金額とは
開業306日目 ランチ営業
開業307日目 アクセス解析
開業308日目 4月の収支
開業309日目 償却資産申告書
開業310日目 お客さんは何を求めているのか
開業311日目 こだわりとは
開業312日目 情報との付き合い方
開業313日目 アクセス解析の分析
開業314日目 異色
開業315日目 女性向けのサービス
開業316日目 気に入られるということ
開業317日目 固定資産申請書の顛末
開業318日目 取引先からのアンケート
開業319日目 音楽の効用
開業320日目 地方税特別徴収の書類1
開業321日目 地方税特別徴収の書類2
開業322日目 店舗の契約期間
開業323日目 ドイツワールドカップの影響は?
開業324日目 クレジットカード
店舗賃料の振込先変更
固定資産税納税通知書
固定資産税納税振替依頼書
5月の収支
おひとりさま
店がある限りなくならないこと
区民税都民税納税通知書
売上が下がってきた
ワールドカップと居酒屋
源泉税納付のお知らせ
振込手数料一部無料化
レンタルおしぼり
Pay-easy(ペイジー)で納税
開業一年、妻の心境
一周年記念のイベント
お祝いごと
売上更新
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

24 / 65ページ

開業301日目 外付型ハードディスク

外付けハードディスクを買った。

バックアップの重要性を説いた文章を読んだり、友人知人からパソコンが壊れて困ったという話を聞くたびに、必要なのはわかっていたのだがなかなか買えずにいた。

しかしついに買うことが出来た。私の勤め先のパソコンに詳しい人が会社帰りに量販店へ行くという。それに便乗して一緒に選んでもらうことが出来たからだ。

数ヶ月前ひとりで買いに行ったのだが、なんか似たようなのが色々あるし、店員さんは忙しそうでこんな時に相談にのってもらってもろくなことがないのですごすご帰ってきた経緯がある。

小さいものが良いだとか、LANは楽だとかメリット・デメリットのアドバイスを受けつつ迷った結果、やはり最初に思っていた通り、

I-O DATA HDC-U250 (USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 250GB)
I-O DATA HDC-U250 (USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 250GB)

を買った。

コピーに時間がかかるとして、USB接続はお勧めではないと言われたのだが、エクセルや会計ソフトのデータをバックアップするだけなのでこれにした。

USBをパソコンに繋げるだけで使えるし、何と言っても一番安かったし。

パソコンが古くUSB1.1の速度だが、変更があったファイルだけバックアップするという設定とバックアップの後自動的にシャットダウンという設定にしたので、ストレスは全くない。

ただ、これを接続したままパソコンに電源を入れると起動が遅くなるのが難点だった。しかしUSBを抜いておけば良いだけの話なのでたいした問題ではない。

2006.04.24 Mon


開業302日目 バックアップの安心感

外付けハードディスクでバックアップするようになってから、安らか〜な気持ちを持てるようになった。

今までもローカルディスクというパソコン内のDドライブにバックアップは取っていた。

しかし当然全て手動。今思うと楽にバックアップするソフトを使えば良かったのだろうが、当時はそんなことも露知らずである。だからたまに思い出したようにやるだけ。

それでも助かったことはあった。メインのCドライブが不調になり、初期化するしかない状態になったことがあったからだ。

パソコンは趣味程度に使っていただけなので、そう頻繁にバックアップがなくてもさほど損害はなかった気がする。その時はそれだけで済んだが、精神的ダメージはかなりのものだった。

しかし今は違う。このパソコンで仕事をしているのである。

もし電源が入らなくなったり、パソコンを修理に出さなければいけない状況になったら即仕事ができなくなる。

それよりなにより今のパソコンには帳簿や店に関するデータが蓄積されているのだ。これを一からやり直しなんて考えただけで寒気がする。

そんな気苦労がこの外付けハードディスクを買ってからなくなった。ま、世の中に絶対はないからこれだって絶対ではないのだが、ちょっとパソコンが不安定な動きをしてもへっちゃらなのだ。

デスクトップに置いたショートカットをクリックするだけで、主要ソフトと「Documents and Settings」のフォルダを丸ごとバックアップしているので、明日別のパソコンに乗り換えても今日と同じように仕事が出来るはず。

なんて安心感なのだろう。とても幸せである。


2006.04.25 Tue


開業303日目 振替納税の領収証

所得税確定申告の振替納税領収証書が届いた。

還付は何回もあるが、振替納税は初めてなので、へぇ〜領収証が届くのかぁという感じ。

このハガキ、よくある圧着式のもので、ぺらりと開くと左側が領収証書。そして右側が今後控えている振替納税の予定日が書かれている。うちは延納も消費税もまだ納めなくて良いので関係ないな。

さて、これを帳簿に入力しなければ。

個人事業の場合、住民税は租税公課勘定で仕訳が出来ない、つまり税金を経費に出来ないと書いてある記事を読んだことがあった。

所得税もそうだろうなぁと思いつつ検索してみると、「税理士試験 簿記論 講師日記」さんのブログで仕訳を発見。

やはり「所得税と住民税は事業主貸勘定で仕訳処理する」で良いらしい。

こちらのページに事業税や固定資産税などは租税公課になると書いてあったが、消費税はどうなんだろうという疑問が。ま、まだ関係ないから必要になった時に調べてみよう。

ということで、所得税は口座振替にしたので、

事業主貸 ××× / 普通預金 ××× 

摘要欄は「17年度所得税」にして会計ソフトに入力した。

2006.04.26 Wed


開業304日目 無理をしない秘訣

数日前の日記で、安定した売上が出せるのは無理をしていないからだということを書いた。その無理をしないためには、負担を軽くするのが一番だと思う。

商売をやる上で一番の負担はお金に関すること。この負担には二種類あって、コントロールできる負担とコントロールが難しい負担とがあるように見受けられる。

前者が支払に関すること、後者が売上に関することというのが私の認識。

開業前、夫に算出してもらった毎月の支払予定は、こんな大雑把な数字で大丈夫?と思ったこともあったが、月々の合計を見ると的外れな金額ではなかった。

これは夫が主に飲食に関わる仕事をしていたから経験(感覚)的に把握できた部分と、その範囲に納まるように支払をコントロールすることが出来た成果もあるはず。

もちろんこの前提には支払は多く見積もり売上は少なく見積もるというお約束あってのこと。どこかのブログに、見込めると思った売上の3割減4割減を覚悟して開業に当たった方が良いと書いてあったし。

そのつもりで支払える家賃の物件を探し、人件費の構成を考えた。実は今借りてる店は想定していた物件と異なるのだが、坪単価が予算内だったので今の所に決めた経緯がある。

その分改装工事にかかる費用を調整したり、開業前に考えていた営業プランを見直したりした。

こんな風に支払はコントロールできるのである。


2006.04.27 Thu


開業305日目 適正な借入れ金額とは

昨日の日記で支払はコントロールできると書いたが、その中で自分の意思で最もどうにでもなるのが借金の返済だと思う。

初めての金融機関からの借入れは、自己資金と同額というのが一般的なようだ。実際に夫もそうだった。

開業当時はもうちょっと借りたいと思ったものだが、今考えるとあの金額で良かったと思っている。

その金額とはここ数年夫が雇われながら貯めた金額である。そのため借りた金額も同じくらいの年数で返せるということに等しい。

毎月の借入金返済額から比べると、人件費や家賃の方が金額が大きく負担なるもの。しかしこれは最悪の場合、廃業してしまえば支払わなくて良くなる部類のものだ。

でも借金はそうではない。借金は完済するまでなくならない。

あまりにも当たり前のことであるが、この当たり前のことをちゃんと自覚し、現実的に返済可能な金額であれば、借金だけ残っても全然怖くない。

現実的でない最悪を想像することは良い結果を生まないが、現実的な最悪に備えているとどんなことだって出来そうであるし、変に焦ったりしなくて良いのではないだろうか。

2006.04.28 Fri



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について