目次
開業278日目 お花見シーズン
開業279日目 楽しい時間にする
開業280日目 分類の必要性
開業281日目 保健所からの手紙
開業282日目 労働保険の書類1
開業283日目 労働保険の書類2
開業284日目 売上記録を更新した
開業285日目 労働保険の年度更新1
開業286日目 労働保険の年度更新2
開業287日目 労働保険の年度更新3
開業288日目 労働保険の年度更新4
開業289日目 労働保険の年度更新5
開業290日目 労働保険の年度更新6
開業291日目 お客はどこえ消えた?
開業292日目 4月折り返し地点
開業293日目 労働保険の仕訳・年度更新編
開業294日目 振替納税のお知らせ
開業295日目 9月との比較
開業296日目 源泉所得税改正のあらまし
開業297日目 お客さんの都合と店の甘え
開業298日目 トイレの移設にはご注意
開業299日目 ショッピングモール効果?
開業300日目 ちょっと振り返ってみた
開業301日目 外付型ハードディスク
開業302日目 バックアップの安心感
開業303日目 振替納税の領収証
開業304日目 無理をしない秘訣
開業305日目 適正な借入れ金額とは
開業306日目 ランチ営業
開業307日目 アクセス解析
開業308日目 4月の収支
開業309日目 償却資産申告書
開業310日目 お客さんは何を求めているのか
開業311日目 こだわりとは
開業312日目 情報との付き合い方
開業313日目 アクセス解析の分析
開業314日目 異色
開業315日目 女性向けのサービス
開業316日目 気に入られるということ
開業317日目 固定資産申請書の顛末
開業318日目 取引先からのアンケート
開業319日目 音楽の効用
開業320日目 地方税特別徴収の書類1
開業321日目 地方税特別徴収の書類2
開業322日目 店舗の契約期間
開業323日目 ドイツワールドカップの影響は?
開業324日目 クレジットカード
店舗賃料の振込先変更
固定資産税納税通知書
固定資産税納税振替依頼書
5月の収支
おひとりさま
店がある限りなくならないこと
区民税都民税納税通知書
売上が下がってきた
ワールドカップと居酒屋
源泉税納付のお知らせ
振込手数料一部無料化
レンタルおしぼり
Pay-easy(ペイジー)で納税
開業一年、妻の心境
一周年記念のイベント
お祝いごと
売上更新
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

17 / 65ページ

開業294日目 振替納税のお知らせ

北村税務会計事務所のブログ」さんを読んでいて思い出したことを。

税務署から振替納税のお知らせハガキが届いていた。ポストの下の方にあったことから、先週届いていたと思われる。

内容は、申告所得税を4月20日に指定の口座から振り替えますということだった。

お願いが3つ書いてあった。

1.前日までに残高の確認を
2.口座に変更があった場合は連絡
3.既に納税している場合も連絡

1と2はメイン口座なので問題なし。3もちゃんと納税していないので大丈夫。

注意書きは2つ。

1.引き落としが出来なかった場合は、法定納税期限の翌日から納付までの日数に応じて延滞税が加算される

2.このお知らせは次回以降送付されない場合がある

この2つの注意書きもメイン口座にしているから問題なし。

ただこの振替納税は申告する税務署が変わった場合、改めて届出が必要になる。今のところ引越しの予定はないけれど、頭の片隅に入れておきたいことだ。

2006.04.17 Mon


開業295日目 9月との比較

今週は全体的になんだかおかしな週だった。

まずひとつめは、先日の日記の通り金曜日とは思えない売上金額があったこと。そしてもうひとつは客単価が低い日が連続してあったことだ。

これまでにない数字の表れ方である。客層が違うのだろうか。

夫に聞いてみると、そういえば一般的なお客さんの数がちょっと増えてきたかもとのこと。今までは常連さんばかりで、フリーのお客さんが入ってくるとそれとすぐ気がついたが、いまはそういうことが目立たなくなったらしい。

さて、ここ数日と同じくらいの低い客単価が今までに何日あったかと調べてみると、9月を除いて月に1度あるかないかであった。

と、ここでもやはり9月が出てくる。やはり何か関連性というか、何かある月なのかもしれない。共通点をまとめてみよう。

1.第一週に記録的な良い売上がある。

2.その翌週記録的な悪い売上がある。

3.その後客単価の低い日が数日ある。

4.連休が控えている。

やはり原因は連休?連休が近づくにつれ出費を抑えたりするのだろうか?でもそれが月頭の売上の良さにどう関連するのだろう。

2〜4の理由が連休にあるのはわかるような気はするが、1の理由にはならない気がする。




2006.04.18 Tue


開業296日目 源泉所得税改正のあらまし

国税庁から源泉所得税関係の改正項目が書かれたパンフレットが届いた。

18年度から適用されるもの、19年度から適用されるものそれぞれが記されている。どの項目がいつから適用されるのか注意が必要だ。

とりあえずうちが関係しそうなのは、19年度から適用される部分だった。

まずひとつめが定率減税の廃止と所得税率の見直し。

この部分は、給与計算ソフトの最新バージョンを使っていれば間違いなく計算してくれる部分なので、特段やるべきことはないと思われる。

定率減税適用の有無や税率の関係は、送付されたパンフレットの2ページに図が載っていてわかりやすいと思った。

ふたつめは、従業員に渡す源泉徴収票や給与明細が紙でなければいけなかったのが、データで渡すのが可能になること。

来年1月1日以降に源泉徴収票を渡すのであれば、次回の年末調整から切り替えることができる。

ただし従業員の承諾を得る必要があるし、従業員が確定申告をすると言うなら、従来どおり紙で渡さなければいけない。

地震保険料控除は該当しそうな従業員はいないし、いたとしてもこちらも年末調整計算ソフトの最新バージョンを使えば難しいことはないと思う。


2006.04.19 Wed


開業297日目 お客さんの都合と店の甘え

久しぶりに会社の人たちと店に飲みに行った。近所にショッピングモールが出来たので、その見物の後寄ったのだ。

今週火曜日からずっと売上が良かったから、今日あたりは空いてるだろうと思っていたが意外にも混み合っていた。

今日は私を含めて3人。最後のテーブル席へ座ろうとした矢先、4名のお客様が。2人でテーブル席にいたお客さんが移動してくれようとしたが、当然私たちがカウンターへ。

後から聞いた話によると、かなり食べたり飲んだりしてくれる常連さんとのこと。私たちより断然客単価が良いので、ゆったりした席で飲み食いしていただかなければ、今日の売上は変わっていたことと思う。

ほどなくしてお客さんが二人。カウンターでゆったり座っていた私たちがちょっと詰めて、その隣に座った。これでほぼ満席。

他のお客さんも私たちと同じ理由、つまりショッピングモールのついでにじゃぁあの店でという感じで来てくれたのだろうか。

そういえば私が会社の人たちと来るときや、会社の人たちが来てくれた日は比較的混んでいると聞く。やはり会社勤めの人の感覚というか都合で、店の波ができているんだなぁと実感。

それからいくつか心配事が。

オーダーが忘れられてたり、私たちの席に来るはずの料理が別の席に運ばれてたりしたらしい。また、呼ぼうと思ってもなかなかつかまらなかったり。

まぁ満席で3人じゃ辛いのはわかるけど、他のお客さんには大丈夫だったのだろうか。

身内だから甘えられてるのはわからなくもないが、ちゃんとお金を払っているのだからそれなりのことをしてくれないと困るなぁ。

前の店からの常連さんが離れちゃったのも、こんな理由なのかもしれない。


2006.04.20 Thu


開業298日目 トイレの移設にはご注意

先週、いや、先々週だったかもしれない。トイレの流れが悪く業者さんを呼んだことがあった。

開業当初から調子が悪かったようで、工事をしてくれた人に度々その旨言っていたらしいのだが、そういうことはよくあるといなされたまま今日に至っていたようだ。

本来なら店の改装工事をしてくれたその会社へクレームをつけるべきところ。しかし諸事情があってコマーシャルか何かで宣伝している業者さんに見てもらった。

詰まりの原因を見つける前に、いくつか指摘を受けたらしい。

まず、トイレから下水本管へ繋がる部分には点検口が設けられるはずだがそれがないこと。それからパイプの接続が適切ではないため逆流しやすいのではないかということ。

点検口については確かあったような気がするし、工事をしてくれた社長もあると言っていたが、本職の人が気がつかないはずはないからやはりなかったのか。

そのため便器を外すことになり、修理代が嵩んでしまった。それでもまだましな方で、最悪床の一部を撤去することだってあると脅されてしまった。

さて原因は何だったのかというと、ボールペンが引っかかっていたらしい。しかも2本。そういえば一時期ボールペンがないとしきりに言っていた。これだったのかも。

原因がわかるまで、あれこれ考えてしまった。配管の写真を撮っておけば良かったとか、やはりトイレの移設はしなかった方が良かったのかとか。また、瑕疵担保責任だといえる材料はないだろうかとか。

とりあえず原因が、取り除くことが出来ることで良かったが、そうでないとしたら損害は計り知れない。トイレを移設しなければ付帯設備として貸主に相談できるが、そうではないのだから。

改装工事費を安く抑えた分そのリスクは負わなければいけないのだと痛感した一件であった。

2006.04.21 Fri



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について