閉じる


<<最初から読む

9 / 9ページ

あとがき

本を読んでくださった方、DLしてくださった方ありがとうございました。

初めてのあとがきです。こんにゃくと申します。

 

今回、このお話にはとても思い入れがあってあとがきを書こうと思い立ったのですが

いかんせん言葉にするのが上手くないので、やはり書かないほうがいいのかもしれない、と

こうして文字をつづっている間もとても迷っています。

 

「マイ・カズン」を書いていて、「人を愛することは当然だけど当然じゃない」

ということを思っていました。

私は妃子のように同性愛者ではありません。

でも、誰もが愛されたいと願うのは一緒です。その対象が各々あるだけで。

一般的に男は女に愛されるのを当然と思っているし、女を愛します。

女は男に愛されるのを願い、男を愛します。

でも、そうじゃないことだって多々あります。恋人同士だけじゃないこともあります。

そういうことを、少しでも書けたらと思ってはいたのですけれども、結局言い訳ですね。

とにもかくにも此処まで読んでいただいて本当にありがとうございます。

 

最後に宣伝?です。

アップしているものはサイトからの抜粋になっています。

普段は純文学のような小説や少しBLとは言いづらいようなBLをちまちま書いています。

お気軽に遊びにきてくださいね。

オリジナル小説サイト「InU」 http://sbrxsbr.web.fc2.com/

 

2011.11.18 こんにゃく 拝


この本の内容は以上です。


読者登録

こんにゃくさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について