目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

88 / 91ページ

開業275日目 他人目線が出来ない理由

居酒屋マーケティング情報誌(犬は肛門を見せて歩いてる)」さんのブログで、店に関する考察があった。

記事タイトルだけを見ると、うぉっっと思うがかなり含みがあると予感。内容は予想通り私の好きな客観的視線ということだった。

こちらに書かれた記事、まさに夫のことであり、そうそう、そうなんだよねぇと相槌を打ってしまった。

だから実は私、夫と初めての店に行くのは嫌なのだ。視線が厳しいので辟易しちゃうときがある。

それはさて置き、じゃぁ自分の店はどうなのというと、やはり件の記事の通り、自分の思う通りに作った店だから当然欠点は感じていない様子。

いつだったか私が店のカウンター(に座るの)は寒い。何か言われたことはないのかと聞いたときも、そういう意見はほとんどないと言っていた。

うちの店を気に入ってくれるお客さんは、やはり夫と気にならない部分が似ているのだろう。

何に居心地の良さ感じ、何に嫌悪感を持つのか人それぞれである。各自自由に店を選び足を運ぶのであるから、淘汰されるのは当然のことと思う。

もっと違う目線で見たらと意見を言いたくなるときもあるが、自分の肌で感じ必要に迫られないとそういう視点でものを考えられないのだろう。

現状に満足しているということなのかもしれない。

2006.03.29 Wed


開業276日目 開業できない人とできる人

事業主は、職人型と商売人型の二つのタイプに分けることが出来る。

私の知っている範囲での話だが、職人型は少なく、自分で店を持ちたいと言いつつ、いつまでたっても独立しないのが前者と観察される。

日々の生活を切り詰めて、うち程度の規模なら無借金で店が作れる程の貯金がある人や、腕も客も融資してくれる人もいると豪語しながら、それでも行動に移さない人がいる。

夫がどちらの型に分類されるかというと、職人と言える程の腕がないという点において後者である。

ずっと飲食に携る仕事をしてきたが、専門的な調理の経験はあまりなく、手持ちのレシピは開業時のグランドメニューで出尽くしたような人。しかもそのうちの何品かは作ったことがないものもあったという。

資金だって開業準備でほとんど使い、運転資金は僅かしか残らない程度しか用意することが出来なかった。

なぜそんな人が開業できたかというと、こだわりがなかったからだと思う。

信念は当然あっただろうが、こうでなければいけない、できないと思わないこだわりのなさが開業にこぎつけた要因ではないだろうか。

あとは人に使われるのは嫌だという気持ちと色々な店を見てあの程度でいいなら俺にだってという自信なのかなぁと思う。


2006.03.30 Thu


開業277日目 3月の収支

今月の売上は目標に3万円弱足りなかった。一日あたりに換算すると約千円。

千円というとお酒2杯分で稼げる金額だが、うちのような来客数が少ない店だとその千円が難しい。

いや、勧めようと考えるから腰が引ける訳で、そうではなく、お客さんからのオーダーを見逃しているとか、料理を出すのが遅いとか、そんな店側のミスがあるのではないかと思える。

というのも、暇なのに慣れてしまい、稼ぎ時に対応できていない部分があるのではないかと想像できるからだ。

一方利益率は今月も良い。

営業日数が27日もあったにもかかわらず、給料や光熱費等の固定費は先月使用分つまり2月だったものだから全体的に少ない。

電気代ひとつをみるとさほど大したことはない金額だが、いくつもの支払先が積み重なると結構な金額になるようだ。

小さい店はほんのわずかな金額が利益率に大きく影響するのだと実感。

原価率も好調。でも昨日焼酎の在庫を見たら結構な数があった。これが含まれているにしては金額が少ないかな。

何か入力漏れ、入力間違いがあるのかも。確認しなければ。

2006.03.31 Fri


奥付


独立開業に関する記録 開業188~277日目編


http://p.booklog.jp/book/39089


著者 : 松
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/matsu99/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/39089

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/39089



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について