目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

81 / 91ページ

開業268日目 交際費

給料、福利厚生費、交際費、ポケットマネーの判断。

税務調査の焦点になるだけあって、日々会計ソフトに入力する時というか、昨日のような記事を読むと悩んでしまう部分である。

税務調査と同じように、結局はその領収証を持ってきた夫の話を聞かないと状況はよく分からない。

飲食店の領収証は、大抵交際費で処理している。この交際費は同業者に対する意味合い(まぁ今は個人事業なので、福利厚生費にしようが交際費にしようがさほど気にすることはないのであろうが)。

同業者の方が店に来てくれたのでそのお礼を含めて飲みに行ったり、常連さんが他所の店でうちの店の話をしてくれたらしき時にも、そのお店に行ったりしているようだ。

これも売上を得るために必要な経費だと思うので、交際費として良いだろうと判断している。実際に交流の範囲が広がったし、そのお店訪問で得るものがあるからだ。

一時期やたら領収証を持ってきていた時期があったが、最近ではだいぶポケットマネーで払っているようだ。会計を意識しているとは思えないが、これは福利厚生費、これは交際費、これは個人的な飲みと使い分けているように思えなくもない。

2006.03.22 Wed


開業269日目 労働局から葉書が来た

東京労働局から葉書が届いた。

内容は4月1日以降に労働保険手続きの書類が届くので、期間内に手続きするようにというものだった。

このような封筒が送付されますとして、封筒の写真がカラーで印刷された葉書だ。

だいぶ前に勤めていた会社にいた時はこのような案内はなかったと記憶している。昨年から労働保険の申告義務が厳しくなったからなのだろう。

労働保険は社員、アルバイトなどに関係なく、一人でも人を雇ったら加入が義務付けられている保険である。

雇った翌月の10日位までに加入手続きをしなければいけないのだが、行きそびれていて数ヶ月経ってから加入手続きをした。

保険料は当然雇い入れた日に遡って起算され、概算保険料を支払ってある。

そして来月4月に届く書類に、実際支払った給料などを書き込み保険料を計算。概算保険料と差し引き今年度の労働保険を確定させる。と同時に4月からの次年度の概算保険料と併せて納付するという流れだ。

労働基準監督署で、年度更新説明会や相談コーナーが設けられるとのこと。労働保険の確定申告といったところか。

また4月1日以降労働局のサイトで書き方説明が掲載されるようだ。郵送で済ますことが出来れば良いのだが。

2006.03.23 Thu


開業270日目 国税還付金振込通知書

「国税還付金振込通知書」が届いた。

普通なら「わ〜い!お金が戻ってくる〜」と喜ぶものだが(冷静に考えると元から自分のお金だけど)、今回ばかりはそうも言っていられなかった。

なぜなら、今回の申告は追加で納税する結果の確定申告書を出していたのに還付があるということは、確定申告の内容が間違っていたということだから。

じゃぁ帳簿とか直さなきゃいけないわけ?どうすればいいの?税務署に電話?でも昼間は仕事があるから電話できないし…。

などなど走馬灯のようにぐるぐる考えながら発生事由を見ると「ゴノウ(ジシユ)」とある。

(実はこの事由をみて気がつかなければいけない、つまり正当な還付金でああったのだが、すっかり勘違いにはまった私。恥ずかしながら話を続けよう。)

誤納?ということは、夫が前に勤めていた会社で徴収された金額が間違っていたということ?源泉徴収されすぎてた?ってことは帳簿はOK?う〜ん。やっぱりよく分からない。

この発生事由の意味を調べるべくタックスアンサーで「還付金 発生事由」と検索するもそれらしき記事は見つけられず。

国税庁のサイトの方で、何かトピックとして記事がないかなぁと期待するも収穫はなし。

なんだよぉ…、それじゃぁいったいどうすればいいんだ…?

(ことの顛末は明日へつづく)


2006.03.24 Fri


開業271日目 還付金の顛末

(昨日の続き)

国税庁のサイトでそれらしき記事が見つからなかったので検索サイトで調べてみると、発生事由が「カクテイシンコクゲン」の場合の還付加算金に関する疑問の回答があった。

私も送付された通知書裏面に書かれたこの文言が気になっていてから、思わぬ収穫といった感じ。

しかし目的のものはこれではない。

もう一度タックスアンサーに戻って「還付金」だけで検索すると、「源泉税誤納…」「還付請求書…」などのリンク文字が紫、つまり見たことがあるページが並んでいた。

あ!ようやくここで私は気がつくことが出来た。

今回の還付金の葉書は確定申告の還付ではなく、従業員から預った源泉税の誤納が還付されただけであった。

改めて支払金額に目をやると見慣れた数字。そう毎月徴収している源泉税の額である。

なんだよぉ…こんな紛らわしい時期に通知してくるなよぉという気持ち。

でも落ち着いて考えてみれば、納税する予定の申告書を出している訳だから振込先を教えていない。だから振込してくるはずないじゃん。

それにまず何か違っていたらお尋ねの電話があるのが道理ってもの。

わかってみれば何のことはない話である。


2006.03.25 Sat


開業272日目 お客さんとの距離

スタッフの一人が常連さんとアドレス交換したがるらしい。困っているというような話を聞いたという。

もちろん悪意を持って聞き出そうとしているのではなく、個人的に親しくなったと勘違いしてのことだと思うのだが。

お客さんとの関係に限らず、人との接し方というか距離の保ち方が下手な人がいる。そのスタッフはどちらかと言えばそういうタイプなのだろう。

どうしたら良いと思う?と夫から軽く聞かれたが、現場のことは現場に携っている人間で解決するのがベストだと私は思っている。

たとえ外野の人間が妥当だと思えるアドバイスが出来たとしても、それをすんなり聞き入れることが出来るかどうか。

ちょっとでも見当が外れた意見を言おうものなら、現場にいないからわからないのだと言われるのがおちだという気がしてならない。

強いて意見を求められるまでは、黙しているのが最良の対応だろう。


2006.03.26 Sun



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について