目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

78 / 91ページ

開業265日目 仕事とお金と時間の関係

昨日の日記の通り雇われていた頃と金銭感覚が変わってきたと不安になった夫は、妻である私がどう思っているのかと心配になったらしい。

私は自分で稼いできたお金であるなら、基本的にはどう使おうと自由だと思っている。

自分の貴重な時間を使って稼いだお金なのだから、本人が自分の人生にとって大切であると思うものにお金を費やすのは当然のことである。

そのために仕事をしているのではないの?

だから決して使うなとは言わない。あえて言うなら「その使い方で本当に良いの?」と問うだけだ。

幸い夫のお金の使い道は、飲み食いとスロットだけである。スロットと聞くと一部の人は眉をひそめる遊びであるが、限度をわきまえているというか、まぁ小心者の部類なので今のところ許容範囲内だと判断している。

だから口を出していないのだと言ったら、それでは困る、調子に乗っちゃうじゃないかと夫。ちょっと遠くまで来すぎた子供のような心境なのだなぁと観察。

ちゃんと見てるからねとたまには口を出した方が良いらしい。

今週は特に会話が少なかったのも原因かも。というのも私の仕事が忙しく、睡眠を優先させてもらったからだ。

今日一通り話して安心した様子であった。

2006.03.19 Sun


開業266日目 別口座管理、決断迫る

再三話題にしている通帳の管理。やはり別口座を早急に用意した方が良さそうだ。数ヶ月前に税金や保険料の準備金口座を作ろうと決意したまま、何ら具体的に行動していなかった。

夫が通帳の残高が増えるのを励みにし、そこからの差し引きで損益を判断している。しかしちゃんと目で見える形で純粋な店のお金を確認できた方が、気が大きくならずに結果的には安心を得られるのかもしれない。

つまり、ひとつの通帳にお金が集中する→通帳にお金が溜まる→儲かっている感じがする→お金を使って良い(?)→使いすぎ?→不安という流れがあるようだから。

これを残しておかなければいけないお金と預っているお金を別に保管して、感覚で把握できる仕入や経費と心置きなく使って良いお金が残す。これが利益であり事業主の給料ということになるのだけれど。

で、口座はどうするかというと、貯蓄預金にすれば今使っている通帳でも記帳されるので、夫も分かりやすいし管理も楽。普通預金と同様出し入れ自由だし、スイングサービスを使えば自動積み立ても設定できる。

問題は金利が今の残高別金利型口座より下がるのと、貯蓄預金口座の新規開設が4月中旬で停止されること(窓口での扱いは既に停止されている)。

あとは積み立てが考えられるが、使い勝手を優先させて一つ先の口座を作ろうと考えている。どうせ毎月取引先への振込みがあるのだ。そのついでに振替をやればさほど苦ではないと思う。


2006.03.20 Mon


開業267日目 従業員との飲み

このブログのリンク集にある「独立開業に役立つリンク集」を週に1回チェックしている。

そこにある「知らなきゃ馬鹿にされる節税の常識」さんのブログで「毎日のように従業員を飲みに連れて行っても良いのでしょうか」という記事があった。

この質問の意図とは違うが、先日似たような質問が夫の口からでたので、早速読んでみた。税金面での注意点だった。

従業員を頻繁に飲みに連れて行ってご馳走すると、現物支給つまり給料と解釈されるらしい。

福利厚生とするなら、節目、例えば歓送迎会、四半期、半期、決算期などの名目があれば問題なさそうという見解のようだ。

うちの店でもまぁこれくらいで、あとはお酒の勉強代として試飲会の会費を福利厚生費にしたことがある。

でも実際にはもうちょっと店の利益を従業員に還元したいと思う部分、またそうすることが店の利益になるタイミングがあって、もうちょっと多くても良いのではないかと思っている。

しかしそれを給料にしてしまうと、固定費になってしまう訳で、お金の体力がないとできない問題。一旦上げた給料を下げるのは難しいのだから。

2006.03.21 Tue


開業268日目 交際費

給料、福利厚生費、交際費、ポケットマネーの判断。

税務調査の焦点になるだけあって、日々会計ソフトに入力する時というか、昨日のような記事を読むと悩んでしまう部分である。

税務調査と同じように、結局はその領収証を持ってきた夫の話を聞かないと状況はよく分からない。

飲食店の領収証は、大抵交際費で処理している。この交際費は同業者に対する意味合い(まぁ今は個人事業なので、福利厚生費にしようが交際費にしようがさほど気にすることはないのであろうが)。

同業者の方が店に来てくれたのでそのお礼を含めて飲みに行ったり、常連さんが他所の店でうちの店の話をしてくれたらしき時にも、そのお店に行ったりしているようだ。

これも売上を得るために必要な経費だと思うので、交際費として良いだろうと判断している。実際に交流の範囲が広がったし、そのお店訪問で得るものがあるからだ。

一時期やたら領収証を持ってきていた時期があったが、最近ではだいぶポケットマネーで払っているようだ。会計を意識しているとは思えないが、これは福利厚生費、これは交際費、これは個人的な飲みと使い分けているように思えなくもない。

2006.03.22 Wed


開業269日目 労働局から葉書が来た

東京労働局から葉書が届いた。

内容は4月1日以降に労働保険手続きの書類が届くので、期間内に手続きするようにというものだった。

このような封筒が送付されますとして、封筒の写真がカラーで印刷された葉書だ。

だいぶ前に勤めていた会社にいた時はこのような案内はなかったと記憶している。昨年から労働保険の申告義務が厳しくなったからなのだろう。

労働保険は社員、アルバイトなどに関係なく、一人でも人を雇ったら加入が義務付けられている保険である。

雇った翌月の10日位までに加入手続きをしなければいけないのだが、行きそびれていて数ヶ月経ってから加入手続きをした。

保険料は当然雇い入れた日に遡って起算され、概算保険料を支払ってある。

そして来月4月に届く書類に、実際支払った給料などを書き込み保険料を計算。概算保険料と差し引き今年度の労働保険を確定させる。と同時に4月からの次年度の概算保険料と併せて納付するという流れだ。

労働基準監督署で、年度更新説明会や相談コーナーが設けられるとのこと。労働保険の確定申告といったところか。

また4月1日以降労働局のサイトで書き方説明が掲載されるようだ。郵送で済ますことが出来れば良いのだが。

2006.03.23 Thu



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について