目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

71 / 91ページ

開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)

初めてのお客さんの緊張(ストレス)を軽減するという視点に立って、ファーストオーダーをとることを考えてみる。

早い段階でリラックスできる状態へ誘導できれば店への印象も良くなり、次への来店に繋がるのではないだろうか。

昨日の日記でもストレス軽減を考慮した座席の案内を書いてみた。今日はその続きである。

座席案内の次に出来ることは、おしぼりや取り皿を提供しながら飲み物のオーダーを取ること。

飲み物のメニューはどこにあるのかスマートに案内できると良い。書かれていない部分について、また、お勧めの飲み物があるなら一言添えたい。

ただ、慣れきった言い方にならないように注意が必要だ。はっきり丁寧を心がけるべきだろう。

そして飲み物の提供。これは早さが肝心。

初めての店はなんとも落ち着かないもの。そういう状態のときの人間は喉の渇きを感じやすい。

それをサッと出された飲み物が心まで潤すのである。飲み屋で飲み物の提供が遅いのはもっての外であり、同時にストレスを感じやすい部分だ。

次は料理。

本日のおすすめを勧めるのは、座席案内編に書いたクローズドクエスチョンと同じで、迷わせるというストレスを軽減することが出来る。


2006.03.12 Sun


開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)

今日は初めてのお客さんのストレスに対して、メニューで出来ることを考えてみた。

ポイントは品揃えを感じさせつつ、何を選んだか良いか迷わせないメニュー作りだと思う。

友人知人を店に連れて行った時の様子を見ていると、メニューを前に決めかねるようでいつもお勧めは何?と聞かれる。

そう考えるとやはりメニューにそれとわかるようなキャッチコピー、もしくはレイアウトを考慮する必要があるのだろう。

また、それぞれのカテゴリー内でこれを売りたいというものがあれば(当然あるはずだよね?)、それを目立たせるようにするのもポイント。

これらを選んでいけば、まるでコースのようにバランス良く料理が選択できるようになるとお客さんは楽ができる。

喉の渇きもお腹も満たされ落ち着けば、じっくりメニューも見れるもの。

そこで本当にお客さんが食べたいもの、次に来たら食べたいと思わせるものがあれば良い。

後はお客さんの戸惑いに対して迅速に対応できる態勢をとること。

追加注文はもちろんのこと、お手洗いの場所や会計の方法など配慮できる部分はいくらでもあるだろう。

最後にお見送り。一番気をつけたいところである。緊張感を持って真摯にあたってもらいたいものだ。


2006.03.13 Mon


開業260日目 話を伝える技術

人間には聞く耳というのがあると思う。

聞く側の話を聞く準備が整っているかどうかの確認が、話す側に必要だと感じる。

では話が聞ける準備とはどのような場合だろうか。

その前に、どういう状態だと話が伝わらないか考えてみよう。まず挙げられるのは、相手が何かに熱中している時。

テレビを見ている夫に、妻が今日の出来事を話しても聞いてくれないのと一緒。と書けば分かりやすいだろうか。

まぁそれはさて置き、要は耳がこちらを向いておらず、目の前しか見えていない状況だ。

こちらに向かせることは出来ないこともないが、向かせたところで心ここにあらずは想像に難くない。

やはりそれが終わるのを待つのが得策だろう。そして次に興味が移るタイミングを見計らって話せば良いのか。

でもここで全てを聞いてくれると安心してはいけない。

その話に興味を持ってもらわなければ、いくら話し手が良いこと、相手のためになると思うことを話しても伝わらない。

だからここでは相手が興味を持つかどうかの確認として、あらすじというかその話のさわりで感触を確かめた方が良いと思う。

話を聞く準備が出来ていない人間は、聞くことは出来ても自分の問題として吸収することは出来ないのである。

話を伝える技術の本質は、話の内容がいかに聞き手の問題であるかを理解させる、そこにあるのではないだろうか。

2006.03.14 Tue


開業261日目 ブログ限定サービス第2弾

先週のブログ限定サービス第2弾の結果を書いていなかったので記そう。

予想通り、第1弾以上の反響であった。

第1弾は、ブリ刺しのサービス(仕入の関係で実際には別の物をお出ししたようだが)。第2弾は、一般にはあまり出回っていないと言われている日本酒を通常の値段で出した。

まぁ日本酒を売りにしている店だから当然の結果だろう。

でもこの日はなぜか、それ目当て以外のお客さんも多かったらしく、そのお陰もあって一日の売上は良かった。なぜだか理由はよくわからない。

それぞれのイベントによる売上効果は、第1弾が3万ちょっと、第2弾が4〜5万円上乗せと推測。うちのような小さな店でこの金額がコントロールできるなら、御の字である。

先週はこのイベントがあったお陰で、一週間の平均売上が久々に良い数字だった。

先々週は目標に達しなかったのだが、それを合わせても一日当たりの平均が目標を上回っている。

まぁ、大体いつも月の前半は売上が良い傾向にある店ではあるが。

さて、今日は15日で折り返し地点。後半戦はどうなることやら。


2006.03.15 Wed


開業262日目 都税事務所からの電話

都税事務所から留守番電話にメッセージが残されていた。確認したいことがあるので、連絡下さいという内容だった。

はて、なんのことだろう。

確定申告の書類が都税事務所に回った時期?でも、今回申告した所得金額では控除額の範囲内だから関係ないはずだし。何か記入漏れでもあったのかなぁ。

あっ!償却資産の申告の方か。1月末に出したのが今頃?いや、確定申告の書類と突き合わせてからということで今頃なのかな?

まぁ、聞いてみれば分かるかということで、今日電話をしてみたらやはり提出した固定資産の申告書の件だった。

内容は、減少した金額が書いてあるが、これは間違いではないのか?という内容。その書かれた金額を聞いたら、7ヵ月分の償却した金額である。

そう!確かにそれは間違い。というのは、所得税の申告とは違うため、都税への申告には償却の計算をしなくて良いことになっているから。

だからほとんどの場合、開業初年度の申告は増加のみということになる。もし資産の減少を書くとしたら、その資産自体が償却以外の理由でなくなったということなのだ(たぶん)。

「ではこちらで訂正しておきますのでよろしいですね。」と言われた。

この電話だけでOKらしい。もちろん「よろしくお願いします。」ということで事なきを得た。

念のため手帳に今日のことと担当者の名前を書いておこう。とここに書いておけば良いな…。

2006.03.16 Thu



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について