目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

68 / 91ページ

開業255日目 店の価値とは

昨日の日記で飲食店において重要だと思うことを書いてみた。要約するとトータルバランスで価値を感じることができるかどうかという結論になった。

さて、この価値は誰が決めるかというと当然お客さんである。

ただ、飲食店においての価値は、いや飲食店に限らずとも、価値とは絶対的なものではなく、相対的なものだと思っている。

その人にとって価値があるかどうかなのである。

ではその人にとってとは誰のことであるかというと、やはりお客さんである。また話が戻っただけだと思う?いやいや今度のお客とは先のお客さんとは違うのだ。

今度のお客さん像として思い浮かべたいのは、その店を経営する店主自分自身を指すのである。

自分が良いと思うこと、例えばどこか飲みに行く時に判断基準になることを自分の店でやれば良いのだ。

心から良いと思っていることであるなら、そのサービスには説得力がありお客さんの心に響くのではないだろうか。

逆に自分にとって、さして動機付けにならないような価値であるなら、さほど力をいれる必要はないと思う。

そういうサービスは、他所の店に任せておけば良いのだ。

自分の店で何でもやろうとする、つまり万人に受けようとすると、その店の魅力である価値は下がると思われる。


2006.03.09 Thu


開業256日目 顧客ストレス

先日再読したコンサルティング会社の「リトルライオン」さんのサイトで、「顧客ストレス」という印象的な言葉があった。

売上を阻害する要因ということで、これを逆手に取れば売上を伸ばす秘訣になりうると読めたのだが。

つまり、お客さんが感じるストレスを排除すると、次の来店に繋がるという考え方。

ただこれもまた相対的な価値観である。

ポイントはそのお客さんがその店にどれだけ慣れているかが判断基準になるだろう。

要はそのお客さんが初めての来店なのか、数回来たことがあるのか、常連さんなのかで感じるストレスは変わってくるはず。

まぁここでは常連さんは考えなくても良いかな。

ストレスがさほどなかったか、ある人は感じるストレスに耐性があったか等の理由で常連さんとなっていると想像できるから。

さて、ストレスを一番感じやすいのは誰かといえば、当然初めて来店されたお客さんである。

また、一番厳しい目を持って来店されるのも、初めてのお客さん。

このお客さんの次があるかどうかで、店の売上は変わってくるのであるから、細心の注意を持ってストレスを排除する心積もりが必要だ。


2006.03.10 Fri


開業257日目 初めてのお客さん(座席編)

売上を伸ばすためには顧客ストレスの軽減が必須である。

ストレスが一番かかっている初めてのお客さんを想定して、出来そうなことを具体的に考えてみよう。

まず慣れない場所に飛び込んできたというストレスを理解する必要があるのではないだろうか。

人数を確認して、席を案内することと思う。その時に漠然とお好きな席へどうぞではなく、具体的な言葉を入れる方が好ましい。

カウンターかテーブルしか選択がない場合でも、あえて言葉にすることによってお客さんの思考を助けることが出来る。

選択肢の多いオープンクエスチョンではなく、クローズドクエスチョンを心がけるのだ。

そのような配慮が要らないお客さんは、こちらが声をかける前に行動があるか、返事が早いので判断がつくことだろう。

案内する席にももう一工夫できる部分がある。

初めてのお客さんの要望に応えやすい席、つまりホールの人間がそのお客さんの動向を確認してすぐに対処できるような席へ誘導出来れば、「呼んでもすぐ来ないストレス」を軽減できる。

また、お客さんの年齢や来店の時間帯によっては、店の中で比較的明るい席というのも安心感を与えるようである。

ただ選択権がお客さんにあることもポイントになるため、その場面に相応しい質問の仕方を磨く必要もあるのかもしれない。

2006.03.11 Sat


開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)

初めてのお客さんの緊張(ストレス)を軽減するという視点に立って、ファーストオーダーをとることを考えてみる。

早い段階でリラックスできる状態へ誘導できれば店への印象も良くなり、次への来店に繋がるのではないだろうか。

昨日の日記でもストレス軽減を考慮した座席の案内を書いてみた。今日はその続きである。

座席案内の次に出来ることは、おしぼりや取り皿を提供しながら飲み物のオーダーを取ること。

飲み物のメニューはどこにあるのかスマートに案内できると良い。書かれていない部分について、また、お勧めの飲み物があるなら一言添えたい。

ただ、慣れきった言い方にならないように注意が必要だ。はっきり丁寧を心がけるべきだろう。

そして飲み物の提供。これは早さが肝心。

初めての店はなんとも落ち着かないもの。そういう状態のときの人間は喉の渇きを感じやすい。

それをサッと出された飲み物が心まで潤すのである。飲み屋で飲み物の提供が遅いのはもっての外であり、同時にストレスを感じやすい部分だ。

次は料理。

本日のおすすめを勧めるのは、座席案内編に書いたクローズドクエスチョンと同じで、迷わせるというストレスを軽減することが出来る。


2006.03.12 Sun


開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)

今日は初めてのお客さんのストレスに対して、メニューで出来ることを考えてみた。

ポイントは品揃えを感じさせつつ、何を選んだか良いか迷わせないメニュー作りだと思う。

友人知人を店に連れて行った時の様子を見ていると、メニューを前に決めかねるようでいつもお勧めは何?と聞かれる。

そう考えるとやはりメニューにそれとわかるようなキャッチコピー、もしくはレイアウトを考慮する必要があるのだろう。

また、それぞれのカテゴリー内でこれを売りたいというものがあれば(当然あるはずだよね?)、それを目立たせるようにするのもポイント。

これらを選んでいけば、まるでコースのようにバランス良く料理が選択できるようになるとお客さんは楽ができる。

喉の渇きもお腹も満たされ落ち着けば、じっくりメニューも見れるもの。

そこで本当にお客さんが食べたいもの、次に来たら食べたいと思わせるものがあれば良い。

後はお客さんの戸惑いに対して迅速に対応できる態勢をとること。

追加注文はもちろんのこと、お手洗いの場所や会計の方法など配慮できる部分はいくらでもあるだろう。

最後にお見送り。一番気をつけたいところである。緊張感を持って真摯にあたってもらいたいものだ。


2006.03.13 Mon



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について