目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

64 / 91ページ

開業251日目 水商売を実感

久しぶりに、テーブル単位の客単価を散布図で確認してみた。

年末年始を境に相対的な図が出来ている。

つまりグラフが、12月と1月、11月と2月で相似した形になっているのだ。

12月と1月は忘年会、新年会の景気だと思うが、12月の方が一日当たりの売上金額が良かった。

11月と2月は、忘年会、新年会の反動で調整される月のように見える。

売上金額の悪かった月の後は売上の良い月で、綺麗な波が形作られているようだ。

回転率という観点から見ると、11月と12月の方が、1月と2月より1割ほど高かった。

感触的には、開店当初から来てくれた人たちの来店頻度が若干落ちたのではないかと思える。

開業半年でお客さんの入れ替わりが多少発生しているのではないだろか。

ここでもやはり水商売であることを実感する。

ただ、ある一定のスパンで見ると目標通りの売上金額であったり、回転率だったりする。

これが今現在の店の実力ということなのかもしれない。


2006.03.05 Sun


開業252日目 施工業者の選定

ウチごはん&ソトごはん(居酒屋ができるまで 07)」さんのブログでレポートが追加された。

予想通り工事に関してのことだった。こちらでも問題が勃発していた様子。

うちが店を作った時と同様のことが起こっていた。いや、うちより工期が短い分、比較にならないほど大変だったと想像できる。

二店舗目を持つ機会に恵まれたときに備えて、今日の日記を書こう。開業準備期間中の日記も読み返しつつ。

一番大切なことは施工業者の選定、厳密に言うなら施工管理者の選定であると思う。

素人である私たちが施工者に意思を伝えるのは難しく、大変な労力を要するものである。

なぜなら施主は設計図を拠り所としているのに対し、施工者は現場主義、とにかく出来上がれば良いと思う節があるからだ。

この相違を調整する役目を負った者がいないと、希望通りの店は出来上がらない。出来たとしても色々な面で無駄を生む。

被害を被るのは、その店とずっと付き合っていく施主なのである。

業者を選ぶ際に判断するものは、設計図、見積書、工程表、施工管理者の4つで、依頼した通りの結果を出せる業者かどうか。

どんな打合せであっても、それぞれの書面を見ながら相互確認する。

業者以上の集中力でどんどん口を出していく。

「〜だろう」ではなく、「〜かもしれない」という気持ちが店造りには必要だと痛感した。


2006.03.06 Mon


開業253日目 中小企業投資促進税制

八戸青色申告(中小企業投資促進税制とソフトウエア)」さんのブログで、優遇税制の延長と設備投資の範囲が広がったことを知った。

とりあえず今は関係ないけれど、2年もあればどうなるかわからないので、チェックしておこう。

上手に使おう!中小企業税制」は17年度版であったが、どんな条件があるのか概要がわかった。

ハードルは高いが、リースでも対象になるようだ。そういえばリースの総額はいったいいくらだったっけ。

開業時は運転資金もそこそこしか残っていなかったから、リースにした部分もあったんだよなぁ。もう一度確認してみよう。

先のブログに書かれていた設備投資の優遇措置は「特別償却制度」と「税額控除制度」のふたつだった。

後者の税額控除制度に惹かれたが、法人税から控除とある。

ということは、個人事業者には適用されないんだなぁ。残念。青色申告したときに、そんなことを書くらしき欄があったけれどこれとは違ったのか。

平成18年度中小企業関係税制改正の概要(PDF)」を見ると、それぞれの項目の横に対象となる税金の種類が書かれている。

個人事業が関係するのは所得税と書かれた税制を確認すれば良さそう。でも、意外に少ないなぁ。

まぁもっとも、うちのような個人であれば負担する税金も軽いので、そんなものなのかもしれない。


2006.03.07 Tue


開業254日目 飲食店で重要だと思うこと

フードビジネスコンサルティングをされている「リトルライオン」さんのサイトを久しぶりに拝見した。

こちらのサイトは確か、開業準備中か開業間もない頃見つけて、これは!と思いリンク集に加えていたサイトである。

その頃漠然と読んでわかっていたつもりであったが、やはり開業後の現実を知ってから読むと、まったくその通りであると膝を叩いてしまいたくなる内容だ。

まず、TOPページ冒頭に記されていた「商圏が狭い」という指摘。

お客の立場で考えた時に、生活圏の外にあるお店にはあまり行かないものだなぁと改めて思った。

実際に生活圏にあった時は頻繁に行ってた店があるが、今は環境が変わり自然と足が遠いた、つまりまた今度にしようかとなってしまうことが多いのだ。

だから、その距離をも越えるそこでしか味わえないものをいかに用意できるかが、その店の価値ではないだろうか。

その価値とは、そこでしか味わえない料理やお酒が大部分を占めるのは想像に難くない。

しかしこれらは所詮物であり代替がきくもの。ちょっと探せば他の店にだってある場合がある。

では何が重要かというと、その店で提供される時間そのものだと確信している。

このお酒と料理、この雰囲気、サービスをトータルしてこの値段ならまた来たいよね、と思ってもらえる店であるかどうかを常に意識して営業したい。


2006.03.08 Wed


開業255日目 店の価値とは

昨日の日記で飲食店において重要だと思うことを書いてみた。要約するとトータルバランスで価値を感じることができるかどうかという結論になった。

さて、この価値は誰が決めるかというと当然お客さんである。

ただ、飲食店においての価値は、いや飲食店に限らずとも、価値とは絶対的なものではなく、相対的なものだと思っている。

その人にとって価値があるかどうかなのである。

ではその人にとってとは誰のことであるかというと、やはりお客さんである。また話が戻っただけだと思う?いやいや今度のお客とは先のお客さんとは違うのだ。

今度のお客さん像として思い浮かべたいのは、その店を経営する店主自分自身を指すのである。

自分が良いと思うこと、例えばどこか飲みに行く時に判断基準になることを自分の店でやれば良いのだ。

心から良いと思っていることであるなら、そのサービスには説得力がありお客さんの心に響くのではないだろうか。

逆に自分にとって、さして動機付けにならないような価値であるなら、さほど力をいれる必要はないと思う。

そういうサービスは、他所の店に任せておけば良いのだ。

自分の店で何でもやろうとする、つまり万人に受けようとすると、その店の魅力である価値は下がると思われる。


2006.03.09 Thu



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について