目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

52 / 91ページ

開業239日目 道路占用許可申請書が届いた

東京都建設局道路管理部観察指導課から道路占用許可申請書を出しなさいという趣旨の書類が届いた。

同封されていたのは、申請書と看板等実態調査台帳。

この台帳は看板等の占用料を算出した計算式と指摘している看板の写真が載っている。

出幅が5センチと書かれているが、境界線よりそんなに出てたかなぁ。

手紙にも「台帳に誤りがないかどうか確認してください」と書いてある。

面積で料金が変わるので、ちゃんと調べた方が良いと思った。

今年の3月31日までに申請すれば減免額があるから、17,700円ということか。

算出された面積は2.93平方メートル。

占用面積は繰上げが適用されるのか、3平方メートルとなっている。

来年は17,700×3=53,100円になるのだろう。

開業108日目 看板についてその1等の日記にある通り、調査にご協力くださいという案内が来て以来、音沙汰がないなぁと思っていた件である。

ついに来たかという感じ。

その時の日記を読むと、メニューを載せた譜面台のことを指摘してきたのかと思っていたようだが、そうではなかったようだ。

実際に調査があった時間を写真の影から推測すると、3時か4時。

まだ店に誰も来ていない時間で当然譜面台も出されていない時間である。

これがもうちょっと遅かったら、譜面台を指摘されていたかもしれない。

2006.02.21 Tue


開業240日目 ブログ限定サービス結果

ブログ限定サービス実施の初日である。

前日までに予約があったのは1組。

やはりあまり効果はないのかと思っていたら、当日予約が2組あり合計3組の予約になった。

次にブログで同様の案内する時は、「前日までの予約」という一文を入れてくれと言われた。

というのは、予約の有無で発注が変わってくるため。

ロスを考えると当然のことだ。

どのお客さんも結構お金を使ってくれる方だったこともあって、これだけの売上が期待できるのであれば、次もやろうと前向きな気持ちになったらしい。

スタッフとあれこれ話し合ったようだ。とても良いことである。

これで金土が普段通りに来てくれれば成功であると思う。

ちょっと減ったとしても、集客のコントロールが可能ということがわかれば、次の打つ手も考えられるというものだ。

思ったことは試してみて、また次を考える。

はやり計画、実施、確認の螺旋を作り出すことが、次のステージへの一歩なのだろう。

店主自ら考え実行し結果を受け止める。

店をより良くするには、やはりこれが一番だと思う。


2006.02.22 Wed


開業241日目 道路占用料の負担者は?

一昨日の日記に書いた「道路占用許可申請書」の吟味が終わったところで、肝心の占用料の負担は誰にあるのかという点を確認する必要がある。

うちとしては使いたくないと言っていた看板であるが、いろいろと経緯があり看板料を支払い使っている。

その上占用料も借主負担ということはないよなぁと思いつつ、事実確認しなければ。

ということで、契約書と重要事項説明書を引っ張り出して、隅から隅まで読んでみた。

関係あるのは「本物件の公租公課は貸主の負担」という部分。

公租公課とは何?と調べてみると、

国または地方公共団体によって公の目的のために賦課される金銭負担の総称。公租は租税、公課は租税以外の負担金を指す。  三省堂提供「大辞林」より 


ということで、占用料は公課にあたると思われる。

よし!

とりあえず管理会社へ連絡して、書類の送り先を確認。

「看板の道路占用料申請書が届きました。○○(貸主)さんへいきなり送っても大丈夫ですか?」

と担当者に連絡したところ、

「こちらで処理するので、うち(管理会社)へ送ってください。」

と言われた。


2006.02.23 Thu


開業242日目 2月の売上分析

今日はピークがないまま終わった。金曜日であったが雨が降っていたからだろうか。

長居するお客さんが多くまったりムード。ゆっくりとしたペースで飲んだり食べたりといった感じで、なかなか良い雰囲気だったようだ。

でも、ホールの女の子を始め一同手持ち無沙汰になることが多かったとのこと。気を使って帰りましょうか?と言ってくれたぐらいである。

しかし売上は結構あってびっくり。

客単価が普段以上に高かったということだ。調べてみると、ここ数ヶ月で一番高い客単価である。

客単価の高い店は日々の波が激しいと思う。でもこちらが意図して高くしている訳ではない。

師匠が言っていた「客単価は客が決めるものだ」というのを改めて思い出した。

今月の売上はパターンにはまった月であった。水曜日と金曜日が高く、木曜日が目だって低いという分かりやすい折れ線グラフが作られた。

こんなに綺麗に動きが重なるというのは、なかなか興味深い。

このパターン通りなら、明日土曜日の売上は今日より下がるという予想が立てられる。今週の売上目標を達成するにはあまり下がって欲しくないところであるが。

いったいどうなることだろう。楽しみだ。

2006.02.24 Fri


開業243日目 飴とムチ

予想に反して今日もありがたい売上であった。

第4週はいまいちという印象があったのだが、よ〜く観察してみると、一番活気がある第1週と同様の売上パターンになっていた。

今週はブログサービスや新しい出会いがあって、来客数が普段より多くなったのも要因だろう。

億劫だと思っていたことが良い結果を生んだので店に弾みがついている、そんな印象がある。

焼酎に押され気味だった日本酒がまた盛り上がってきたと言うし。

やはり店主のやる気というか、積極的に提案しようという姿勢が復活したからではないかと私は思う。

何のためにこの店を始めたのか?どういう店にしようと思ったのか?今はどうなの?と散々痛いところを突いたのが功を奏したなら嬉しい。

やはり初心は大事だ。

さて私がムチなら飴は誰が?というと、これはお客さんの役目になっている。

日本酒の会で知り合った方が、近々行くと言っていて本当に来てくれたり、次回来る時の予約を飲みに来たその日に入れてくれたりということがあったそうだ。

こういうお客さんの存在が店を育てるということなのかもしれない。

その期待に応えるため、この界隈ではなかなかお目にかかれない日本酒を出す企画があるらしい。

またまた楽しみである。


2006.02.25 Sat



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について