目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

46 / 91ページ

開業233日目 水曜日分析、再び

水曜日は売上が悪い曜日という認識がある。

本当にそうなのかとグラフを見てみると、確かに比較的悪いようであるが、実は月によってまちまちである。

以前日記にも書いたが、開業後数ヶ月は水曜日に雨が降ることが多く、売上に響いていた。

しかし冬になって天気が安定すると、水曜日が悪いと一概に言えないという数字が出ている。

ただ、その月で最も売上が悪い日というのは、必ず水曜日であるのは変わらない。

極端に少ない金額なので、余計に印象に残ってしまうのではないかと思う。

そんな認識がある中、水曜日の貸切予約が入った。

売上が見込めない日と思っているので、1週間以上も前からある程度の人数が確保できるというのは、とてもありがたいことだ。

しかし人の動きというのは、重なるものらしい。

よりによってその日に、常連さんが数人で店に来てくれるという話が2組もあった。

泣く泣く予約があることを伝えたしだい。

なぜ上手く分散されないのだろうと残念に思わずにいられない。


2006.02.15 Wed


開業234日目 確定申告書提出

温存していた確定申告書類一式を郵送することにした。

まず取り出したのは返信用封筒。いや、まだこの段階では封筒とは呼べないか。

申告書が折らずに入れられるサイズになった大きな紙に、キリトリ線、山折り等書かれていて、作って送ってねという感じ。

裏面は確定申告のチェックシートになっている。

面倒でもこういうチェックをすることで、余計な手間を防いだり、余計な時間がとられなくて済むのではないかと思う。

では、このチェックシートにそって点検してみよう。

国税庁のサイトから申告書を作ったので、もれはなかった。

添付書類は、源泉徴収票しかない。これを申告書第二表に貼り付けた。

青色決算書は添付書類なしになるように入力したので、印刷したものだけでOK。

振替納税の依頼書を入れて、これと申告書、決算書の押印を再度確認。

収受事実を確認したい人は、確定申告書の控えと自分宛の返信用封筒を同封すれば良いことになっている。

これってどんなときに必要なんだろうか。

税務署指定の封筒を使えば、紛失ってことは考えにくいしなぁ。

でも、ま、初めてのことなので、試しにやっておこう。後で必要だったなんてことになって慌てるのは避けたいし。

全部でA4用紙が11枚。

税務署へ送る封筒が大きいし、切手は100g以内の140円で済むかなぁ。

後で店に行って量ってみるか。

2006.02.16 Thu


開業235日目 歴代2位の売上

今日私は、勤め先の会社の人たちと駅付近にある居酒屋へ飲みに行った。

6時半を少し過ぎた頃に着いただろうか。

この時間で既に満席である。

明らかにサラリーマン、しかも来店頻度の高いお客がターゲットなのだろう。安くてうまい店だと思う。

前にも何度かこの日記で書いたことのあるお店だ。

ここが忙しいということは、たいてい駅から離れ客層の違う夫の店は閑散としていることが多い。

しかし今日は違った。

開店以来歴代2位の売上金額であった。

1位には金額にして一組ほど届かずといったところか。

しかし何でこんな週に?という気持ちだ。

大抵給料日後、つまり月初めの週末が一番の売り上げであるのに。

それから今週は波が激し過ぎるが、平均はなかなかのものである。

もちろん閉店間際のお客さんも帰さないという、いつもの手を使っているが。

これをすると従業員がぶーたれるのだが、経営側にならないと理解できないことなんだろう。

2006.02.17 Fri


開業236日目 ブログ限定サービス

店のブログを見てくださっている方限定のサービスをやってみることにした。

知り合いが紹介してくれた水産会社で、安くブリを入手できることになったためだ。

売上が落ち込む水曜、木曜日に2名以上で電話予約してくれた方限定として告知してみた。

とりあえず次週の2日間限りだが。

フリーペーパーのクーポン以来初めての試みである。

今回はフリーペーパーのときと違って、インターネットであり酒好きな方で絞り込まれている。

前回とはまた違った結果があるのではないかと思う。

ただ、ちょっと急すぎるので反響はあまりないかもと思う。

店のブログはアクセス解析を全くしていないので、どれくらいの人が目にしてくれているのか全く知らない状況なのだ。

でも、どうなんだろう。

お酒情報に偏ったブログであるから、秘蔵酒を出すというなら効果もありそうだが、今回のサービスはどう受け止めてもらえるのだろう。

しかしまぁ考えても仕方がないことである。

一度やってみてお客さんに教えてもらえれば良いだけの話だ。

2006.02.18 Sat


開業237日目 特殊事情欄の使い方

とみの業務日記(確定申告チェックポイント)」さんのブログで、またまた覚えておきたいことが掲載されていた。

要約すると、決算表の比較と特殊事情欄活用のすすめといったところか。

ちなみにうちは今期初めての決算であり、特殊事情欄には開業初年度であることを記載した。

来年、教えてもらったとおりに決算書の比較をすると、どの数字も倍になっているはずである。

なぜなら前期(初年度)が半年しか営業していないから。

こういう事情を特殊事情欄に書くと良いってことなのだな。

どこかの記事でも月別の比較は大事で、極端に変動がある場合は税務調査時に目に付きやすいので気をつけようというようなことが書いてあった。

もちろん正当な理由があるはずであるから問題ない。

ただ訊ねられたときにそれが何であるか明確にしておこうということなのだろう。

確かに自分で月別比較表を眺めたときに気になる点である。

自分だって何だっけ?と帳簿を見返す。それと同じだってことだ。

だからそういうことを予め特殊事情書に書いておいた方が、お互い時間の節約になる。そう思った。

2006.02.19 Sun



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について