目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

41 / 91ページ

開業228日目 売上の停滞期には

去年ほどの勢いがない。

常連さんや食べ歩きしているような人には安いよねと言ってもらえることが多いが、想定していた金額より客単価が高い日が多い。

ただ、1ヶ月の売上を合計して見るとさほど変わらないと言えなくもないので、来店人数か頻度が減っているのか。

また仕事に慣れたせいもあり開業当初は大変だったことが、今では簡単にこなすことが出来るようになったことも関係あるかも。

こんな状況であるから、楽は楽である。

しかし夫は物足りないという。

楽して稼ぐのではなく、楽しく稼ぎたいといったところか。

様々な経験から裏打ちされた意見を垣間見せる師匠ともいえるべき人が言っていた、停滞期がやってきたのかもしれない。

数々の予言(師匠にしてみれば法則ともいえるのだろうか)が実証されてきたので、今回もそれだと思いたい。

こんな停滞期はダイエットと同じで誰にでも訪れ、対応は同じとのこと。

焦って足掻いたり諦めたりすることなく、今までやってきたことを着実にやれよと言っていた。


2006.02.10 Fri


開業229日目 責任という自由

一昨日の日記で、会計的観点から開業初年度を記してみたが、今日は生活について書いてみようと思う。

生活の質は向上したというのが実感である。

まず一番大きいと思うのは、夫の愚痴が減ったことだ。

雇われていた頃は、何か問題にぶつかっても思うとおりにすることができなかったらしい。

出来たとしてもそれに不満を持つ人がいて、その人からまた悪影響の風が吹くといった循環があったようだ。

そんな環境にいれば誰だって不満も出るだろう。

もちろん悪かったことばかりではなく、楽しかったことだって多いことはわかる。

しかし何かあったときに自分の力で何とかできる状況と、いろいろなしがらみがあるがゆえに余計な労力を必要とする環境ではどちらが良いか。

そこで私たち夫婦は前者を選び、それを実行した結果が今日に至っている。

前者にも当然様々な労力が必要である。

しかしその労力の使い方を、自分で選択し自由に実行できるのが良い。

選択肢がたくさんあるのが楽しいと思う。

それをとやかく言う人もない。

他人から見たら苦労という部分でも、本人にしてみればそれは当然のことで、苦労を苦労と思わないことがほとんどである。

ただ、売上に一喜一憂するストレスは相当のものであるようだ。

しかし、それさえも自分でコントロールできることのひとつであると思っている。

全て自分の責任であるという自由が、生活の満足度を高めたのではないかと思う。


2006.02.11 Sat


開業230日目 勘定科目の数

勘定科目を減らすことにした。

会計の原則に照らし合わせるとそう簡単に変えるべきものでないのは承知している。

しかし、現状に合っていないことがハッキリしたので、減らすことにした。

もう今後変えることはないと思うし。

小規模事業であれば、青色申告決算書にデフォルトである勘定科目でほとんど済ませることができると実感した。

うちのような個人規模で多くの勘定科目を使うというのは、煩雑になるというデメリットの方が勝ってしまうように思う。

もちろん細かく分けていた方が精度は上がるが、日々の管理、決算、確定申告時の確認を考えると、断然少ない方が良い。

チェックすべき項目が少なければ、それだけ間違いを防げるということを、今回の決算で実感したせいもある。

ということで、法定福利費とリース料以外は、吸収させた。

つまり、事務用品費、車両費、諸会費がそれほどの金額ではなかったので、それぞれを消耗品費、旅費交通費、雑費で仕訳することに決めたのだ。

本来ならこういう見直しは、決算前に済ませるべきだあったのだろう。

2006.02.12 Sun


開業231日目 こだわりの弊害

店の内装はあまりこだわらなくても良かったのではないかと思った。

というのは、木材の部分に集成材を使わなかったことで、色々なところで狂いが出てきている状況になったためだ。

工事をしてくれた方は、ある部分に使った材木以外はちゃんと乾燥されたものを使った、でも木も生き物だからある程度のことは仕方がないという。

それにしても一目で分かるほど接合部分がずれていたり、床板に亀裂が入るのはどうかと思う。

工事をしたのが雨期で、今は暖房のために乾燥しきっている状態だと説明されても、夫は納得できないようだ。

私は工事現場に出入りしていた経験があるので、業者によってはこんなこともあるものだと思っている。

お金と工期に十分な余裕があった訳ではないのだから。

何が問題かというと、木材の含水率13%だから大丈夫だとか、地元で指物師として賞を取ったとか(昔取った杵柄的なことだが)を散々言っていたことである。

それほどの人がこんな結果を出しては、この先どうなるのだという夫も心配もわからなくもない。

あまり大きなことを言わないでくれていたら良かったのにと、今さらながら思わずにはいられない。

夫とは違う部分にこだわりを持っている人だと分かっていたにも関わらず、その点の相違について話し合いを十分に持たず、相手の考えを押し切らせてしまったのが原因なのだろう。

次に頼むときは、こだわりを持たないようにしてくれる方を基準に選びたいと思った。

2006.02.13 Mon


開業232日目 風邪とは強制終了である

久しぶりに風邪を引いた。

ここ最近私個人の方の仕事が忙しく、疲れが溜まっていたのだろう。

先週から肌が荒れ、そろそろペースダウンしなさいというシグナルにちゃんと対処しなかった。

規則正しくみんながびっくりする時間に寝るというスタイルはほとんど変えなかったが、気を張った生活は何週間も続けられないようになっているようだ。

重要だと分かっていても、緊急でないことは後回しにしやすい。

今回のペースダウンはまさにそれだったのだろう。

それを後回しにしたつけが風邪を引き起こし、重要で緊急な休息を余儀なくされたといったところか。

私にとって働くことは趣味であり、さまざまな問題をクリアしていくのが楽しいと思える対象のひとつ。

次々と立ちはだかるであろう障壁をどうやって攻略しようかと考えると、アドレナリンが放出されて休めなくなるようだ。

好きなことはそれが過ぎると毒になりやすい。

好きなことを仕事にしてしまった人は、十分注意が必要だと思う。


2006.02.14 Tue



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について