目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

34 / 91ページ

開業221日目 1ヵ月分の入力

昨日会計ソフトの次期繰越を無事終え、今日から入力が出来るようになった。

もう決算、確定申告に関して、私的新事実発見なんてことがないように祈るばかりだ。

最低限申告書の作り直しだけはありませんように。

さて、伝票、領収書の入力だ。

この1ヶ月現金出納帳をつけていない訳で、ちょっと心配。

よく年末になってまとめて入力するなど聞くことがあるが、逆にすごいなぁと感心してしまう。

記憶力に自信がないし、まとめてやるという威圧感に私だったら押しつぶされてしまうだろう。

この1ヶ月溜めていたのをやるだけでも、気が重いのに。

毎日ちょっとずつやった方がすぐに終わる訳で、精神的に楽だと思うのだが。

でも、収穫もあった。

今まで一日の束をホチキスでとめ、10日ごとに封筒にいれて保管していたのだが、1ヵ月分をまとめて輪ゴムで留めるだけでも全然問題ないということがわかった。

開業当初とは違って、そこから得るべきデータの最適化がなされてからというもの、この束を見返すことがなくなったということだ。

ただ、輪ゴムは劣化するので注意が必要かな。

もうひとつは、納品書の入力が楽だった。

取引先別に日付順で重ねていたので、補助元帳からサクサク入力できた。

でもやっぱり収支は、リアルタイムで把握できないと私は嫌だなぁ。


2006.02.03 Fri


開業222日目 妻が帳簿をつけるということ

個人事業主である夫の帳簿を妻である私が毎日つけている。

基本的に数字が好きなので苦ではない。

ただどうやら、一般的にはそれが苦である人の方が多いようである。

しかし、夫の懐具合が分かるとなれば、やってみる気にはならないのだろうか。

きちんと個人のお金と店のお金を分離して管理できる夫には通用しない話であるが…。

我が家の場合、もちろん夫は自分の財布を持っているが、店の財布とお金が行き来しているのが分かる。

現金出納帳&通帳と売上金&領収証を運ぶポーチ中身。

これらを見比べ、その相違具合で夫の状況がわかるようになる。

大抵何を買った、スロットで勝った負けたと自己申告してくれる人ではあるが、実際その通りに帳簿が増減しているのがなかなか面白い。

たとえ報告がなくても、帳簿を見てこんな動きをしているのかしら?と想像すると概ね予想通り。

生活パターンも仕事も全く違うすれ違い夫婦であるが、こんな共有の仕方もあるのかと最近思う。

さて、夫は私がどういう生活をしていると思っているのか。

よく私に言うのが「寝てばっかりだね〜」である。

それはあなたの活動時間帯が逆なだけでしょと私は言いたい(言ってるけど)。


2006.02.04 Sat


開業223日目 請求書のチェック

会計ソフトで1ヵ月分の買掛金入力をしていたときのことである。

ある取引先は、昔ながらの複写形式の手書き納品書、請求書を使っている。

私はあまり手書きを信じていない。

自分が手書き(計算)に自信がないので、ひとのことも疑ってしまうのだろう。

今月の納品書を見ると、修正が多い。

普段ならざっと電卓をたたいて確認するだけであるが、エクセルで数量×単価の計算表を作って確認することにした。

すると違和感を覚えたとおり、金額が間違っていた。

もう請求書が届いている段階なので「○日分の納品書に計算違いがあったようなので、振込みは○○円になります」という手紙を書いて、主人から渡してもらうことにした。

今回のようなことは初めてであった。

今までは見落としていたのか、今回たまたまのことであるのかわからない。

取引開始時から電卓でざっと計算していたので、間違いはなかったと思うがどうも良い気はしない。

ということで、この取引先の納品書はその都度エクセルで確認することにした。

するとどうだろう。昨日届いた納品書も間違っているのだ。

さっき書いた手紙にこの件も書き足すことにした。

2006.02.05 Sun


開業224日目 源泉税過納付発覚

帳簿の繰越を終え一ヶ月溜まった領収証を入力していると、その中に源泉税の納付書があった。

特納分で一般的に半年分をまとめて支払うものだ。

総勘定元帳の預り金勘定を開いて、納付金額を入力しようと何気なく前期繰越残高に目をやると、今回納付した金額より少ない。

年末調整による、月末の給料から徴収する分を足しても足りない。

むしろ預り金から還付する金額の方が多いのであるから、前期繰越残高はもっと多くなければいけないのだ。

差し引き計算すると、ある金額がはじき出された。

なんとなく見覚えのある数字だと思いつつ、去年の賃金台帳に目をやると、あ、わかった。

7月分も今回納付していたのだ。

というのは、通常7〜12月分の源泉税は翌年1月に納付するのだが、特納の申請が遅かった(一応開業後1ヶ月以内には出したけどね)のため、7月分は特納に認められなかった経緯がある。

そのため去年既に7月分の源泉税は納付済み。

にも関わらず、今回の納付で賃金台帳が丁度半年分だったため、単純にその賃金台帳に記載された合計金額を納付書に転記してしまったというしだいだ。

納めすぎた源泉税はどうすればいいのか調べなければ。

2006.02.06 Mon


開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は

源泉税を納めすぎたということがわかり、どうすれば良いか税務署の源泉税特別徴収を扱っている人へ聞いてみた。

税務署「○○っていう手続きか××っていう手続きがあって、納付書のコピー、計算の元になる資料を一緒に提出していただければいいですよ。」

私「どちらの手続きが簡単ですか?その手続きに必要な書類は送ってもらえますか?取りに行く時間はないので。」

税務署「どちらの手続きも大差ありません。用紙は国税庁のHPからダウンロードできますから…」

という具合に色々教えてくれたのだが、向こうは当たり前の手続きで、ずらずらっと言葉を並べられても電話では書き留めるのが大変。

結局は自力でタックスアンサーから調べることになるのだと思い、ほとんどメモは取らずに電話を切らせてもらった。

源泉所得税関係(手続名称)」のページを見ると、あったあった、ふたつ方法があるといってたのは、この「18源泉所得税の誤納額の還付請求」と「19源泉所得税の誤納額の充当届出」のことか。

こんなに簡単に見つけられるとは…。

どちらの手続きも添付書類は一緒だし、請求書の書くべき内容もほとんど変わらず。

違うのは、還付請求書の方に、自分の口座を書くくらいか。

だったら還付の方が、帳簿や後々のことを考えると、わかりやすいかな。

いくら間違ったのか電話で聞かれると思って用意したメモ書きが役に立ちそう。

簡単でよかった。


2006.02.07 Tue



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について