目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

29 / 91ページ

開業216日目 売上改善手段

今月の売上が目標を下回ることが確定した。

外的要因は様々考えることができる。

どこも景気が悪いと言っているようだが、どこかに必ずお客さんは存在しているわけで…。

ということで、やはり内的要因の追求と改善が必要だ。

時期的にも開業して半年、慣れやダレが出てきている頃合。

そこでとても参考になった記事を見つけた。

自営業だと家計はこうなる!(こんなときこそ経費をかける!)」さんのブログだ。

つい先日も夫婦で、店のブログを使って集客イベントをやろうと話をしていたので、後押しされた気分になった。

他には定休日、営業時間の見直し。

これは、半年間の売上、人数、客単価、テーブル単価などのデータをカレンダー形式で取ってきたので、客層、店の雰囲気の変化など加味して検討する。

開業当初とは若干客層に変化があるように感じるし、お客さんの来店状況が想定しているのとは違うと掴めつつある状態。

営業方法を含め見直す、改めて方針を定めるのに良い時期ではないかと。

次に店主としての仕事、従業員の仕事の棚卸し。

日本酒の提供を従業員にも覚えさせようと、夫が少し引いた立場になったせいか、売上が芳しくない。

やはり知識に差があるせいか、提案というスキルが弱くなっているのではないかと観察できる。

来客が少なく時間があるのだから、この店の売りは何なのか再認識して、その当たりの知識技術を高める必要があるだろう。

私が一番気になっているのは、停滞感。

ここはひとつ店主の働きかけで、店内に対流を起こして欲しいところ。


2006.01.29 Sun


開業217日目 状況分析、その先には

昨日売上改善について書いたわけだが、肝心なのはそこからどう予測を立て、どんな行動をするのか、そしてその結果はどうなのかということだ。

データはあれどそれは過去のもの。

何かアクションを起こせば当然状況は変わる。

その変わった状況を捕らえてチェック。

そして、新たな予測を立てて行動を選択しチェックの繰り返しが必要だ。

私が従業員に覚えてもらいたいなと思うのは、自分の行動がどんな結果をもたらすのかということの自覚。

その自覚がなければパターンを読み取るのは難しい。

そのパターンを手札に、様々なお客さんに応じて立ち回ってくれるようになれば、とても心強いなと思う。

また、日々データを蓄積していくのは、時に倦怠を感じることがある。

しかし自分の考えを客観的に見つめ直し、掴んだ何かを他者に伝えるためには、数字はとても役に立つ。

過信は出来ないけれど、道具の一つとして上手く活用したいものだ。

2006.01.30 Mon


開業218日目 開業費の任意償却

減価償却について、税理士であるヌマンタさんから誤りを指摘されたので、修正した。

繰延資産の減価償却である。

開業費の任意償却は、法人と個人では違いがあるということ。

個人の場合、減価償却は強制であると分かっていたつもりだが、開業費は任意償却という記事を先に読んでいて、すっかり先入観を持ってしまっていたのだ。

過去のブログに追記しなければ。

使える!と思った特例、税制が自分に当てはまるのかどうか確認が必要だということ。

今回の例でいえば、「耐用年数表について」の下の方にある「2 繰延資産の償却期間」に書かれている任意の金額を下限がないことから、0で償却という解釈は、書かれていないが個人事業には適用されない。

この書かれていない部分について、他の方向からの確認が必要だったというわけだ。

また、適用される資格だけでなく、期間や必要な手続きも関係してくる。

日々勉強だなぁ。

強制償却と任意償却の違いについては「無料会計ソフトのエピソード(減価償却費)」さんのブログ必見。

2006.01.31 Tue


開業219日目 納税準備預金

とみの業務日記」さんのところで、納税準備のための預金があることを知った。

金融機関によって条件が異なるので利用している銀行のホームページから、情報を入手することにした。

商品説明一覧書というページから探し出すことが出来た。

以下は私の調べた銀行の要件である。

特典は、原則非課税であること。

納税以外のために払い戻した場合は、払い戻した日にちの属する利息計算期間の利息全額に対して課税される。

つまり、半年分の利息丸ごと課税されてしまうということかな?

非課税というメリットひとつに対して、たくさんの制限がある。

例えば、預金、引き出しは窓口のみなので、特約をつけて普通口座等から自動振替(積立)及び、納税を口座振替にしないとかなり面倒だと思う。

振替なので手数料はかからないと思うが、最近の銀行のやり方を考えると一度確認した方が良いな。

また、預金者と同居親族の分も納付できる。

夫婦二人分の納税準備金では非課税という恩恵も僅かであろうが、消費税の準備を考えると利用する価値はぐんと上がるだろう。

税金だけでなく、雇用保険や健康保険、国民年金にも使えれば良いのにと思った。

税金や保険料納付準備は、別口座で積み立てておく方が資金繰りが把握しやすい。

だから保険料にもこの口座が使えれば、メイン口座とこの口座の管理だけですむので理想的なのだが。


追記:「飲食店経営の実態を赤裸々に告白!脱サラ社長の経営日記(消費税&法人税・・・辛いね〜)」さんのブログによると、売上の2%が納める消費税だとか。

かなり恐ろしい金額であります…。



2006.02.01 Wed


開業220日目 次期繰越(個人の場合)

無料会計ソフトのエピソード(法人と個人の貸借対照表の違い)」さんのところで、またも個人と法人の違いを知った。

危うく普通に次期繰越してしまうところだった。

繰り越せないとなると、どのタイミングでこれを調整する仕訳をするんだ?

まさか青色決算申告書を作る前?ってことはまたも作り直し?

ということで、「SOHO会計・WIN家計簿オンライン マニュアル(元入金の繰越)」さんのページを発見。

どうやら繰越に関しては、確定申告後で良いようだ。ひとまず安心。

12月31日の日付で、元入金を増減させる仕訳をするのか。

まず、会計ソフトで総勘定元帳の元入金のページを呼び出す。

先日印刷した青色決算申告書の貸借対照表を取り出し、事業主勘定科目の残高を0にする仕訳と、所得金額を元入金に足す、

元      入       金 ××× / 事業主貸 ×××
事    業    主     借 ××× / 元入金  ×××
青色申告控除前の所得金額 ××× / 元入金  ×××

という仕訳入力するのだな。

あれ?所得金額は何勘定で仕訳するんだ?

ちょっと調べてみるがわからない。

とりあえず差し引き損益計算する部門に利益処分という勘定科目を作って仕訳することにした。

残高試算表で事業主貸、事業主借、当期未処分利益が0になったことを確認して次期繰越だ。

越後屋会計」というソフトを使っているのだが、次年度作成ボタンが現れない。

と思ったら、5月度のページにあった。

6月から記帳を開始したからだな。

当然繰り越された期首も6月。これを1月に変更するには、設定ボタンから会社情報の期首の月度を1月に変更すれば良いようだ。

2006.02.02 Thu



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について