目次
開業188日目 決算仕訳の仕方
開業189日目 決算仕訳の仕方(減価償却)
開業190日目 申告と節税の実際
開業191日目 青色申告の記帳指導
開業192日目 仕事始め
開業193日目 10万円以上の備品
開業194日目 日本テレコム「おとくライン」
開業195日目 メニューと接客の関係
開業196日目 考察 限界を超える
開業197日目 合わないと思っても
開業198日目 源泉徴収票の作成方法
開業199日目 給与支払報告書(個人別)
開業200日目 特別徴収と普通徴収と摘要欄
開業201日目 給与支払報告書(総括表)
開業202日目 源泉所得税の納付書
開業203日目 法定調書と合計表
開業204日目 青色申告決算書作成1
開業205日目 青色申告決算書作成2
開業206日目 青色申告決算書作成3
開業207日目 確定申告書が届いた
開業208日目 振替納税
開業209日目 青色申告決算書作成4
開業210日目 青色申告決算書作成5
開業211日目 確定申告書作成1
開業212日目 確定申告書作成2
開業213日目 償却資産の申告?
開業214日目 償却資産の申告
開業215日目 年末調整の還付はあるが…
開業216日目 売上改善手段
開業217日目 状況分析、その先には
開業218日目 開業費の任意償却
開業219日目 納税準備預金
開業220日目 次期繰越(個人の場合)
開業221日目 1ヵ月分の入力
開業222日目 妻が帳簿をつけるということ
開業223日目 請求書のチェック
開業224日目 源泉税過納付発覚
開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は
開業226日目 前払金と前払費用
開業227日目 開業初年度の利益率
開業228日目 売上の停滞期には
開業229日目 責任という自由
開業230日目 勘定科目の数
開業231日目 こだわりの弊害
開業232日目 風邪とは強制終了である
開業233日目 水曜日分析、再び
開業234日目 確定申告書提出
開業235日目 歴代2位の売上
開業236日目 ブログ限定サービス
開業237日目 特殊事情欄の使い方
開業238日目 初心に帰る
開業239日目 道路占用許可申請書が届いた
開業240日目 ブログ限定サービス結果
開業241日目 道路占用料の負担者は?
開業242日目 2月の売上分析
開業243日目 飴とムチ
開業244日目 自分の店を持つ人がまた一人
開業245日目 提出書類に迷ったら
開業246日目 帳簿入力のチェック
開業247日目 2月の収支
開業248日目 ブログ限定サービス第2弾
開業249日目 仕入カタログ
開業250日目 今週の傾向
開業251日目 水商売を実感
開業252日目 施工業者の選定
開業253日目 中小企業投資促進税制
開業254日目 飲食店で重要だと思うこと
開業255日目 店の価値とは
開業256日目 顧客ストレス
開業257日目 初めてのお客さん(座席編)
開業258日目 初めてのお客さん(飲み物編)
開業259日目 初めてのお客さん(メニュー編)
開業260日目 話を伝える技術
開業261日目 ブログ限定サービス第2弾
開業262日目 都税事務所からの電話
開業263日目 予算という判断基準
開業264日目 金銭感覚が変わっている?
開業265日目 仕事とお金と時間の関係
開業266日目 別口座管理、決断迫る
開業267日目 従業員との飲み
開業268日目 交際費
開業269日目 労働局から葉書が来た
開業270日目 国税還付金振込通知書
開業271日目 還付金の顛末
開業272日目 お客さんとの距離
開業273日目 顧客情報
開業274日目 奢ることは見栄なのか?
開業275日目 他人目線が出来ない理由
開業276日目 開業できない人とできる人
開業277日目 3月の収支
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

18 / 91ページ

開業205日目 青色申告決算書作成2

(昨日のつづき)

さて、仕入金額の入力であるが、その前にひとつ。

仕入れの値引きがある場合、どのように処理しているだろうか。

私は「開業042日目 仕入の値引き」で書いた通り、買掛金××/仕入値引××としている。

つまり仕入科目から直接引いていないので、仕入科目の毎月の残高をただ単に転記するだけでは、損益が合わなくなってしまう。

これは仕入割引がある場合も同様だと思う。

よって毎月の残高試算表にある仕入と仕入値引の一覧表を作成し、差し引きした金額をこの損益計算書の仕入金額に入力する必要がある訳だ。

また、思ったのは、一科目ずつ会計ソフトで作られた期末残高と、今入力している損益計算書の勘定科目金額が一致しているかどうか確認すると良いということ。

そうすれば、各項目の小計の間違いを減らすことが出来、損益もピタリと一致した数字がでるというもの。

最後の損益が一致していないことがわかってから、逆算して間違いを探すより、一歩一歩確実に積み上げていった方が、楽だと思う。

経費は、会計ソフトで使っている勘定科目の数が、入力できる勘定科目の数にギリギリ間に合った。

勘定科目はあまり細かくしても仕方がないということか。

もし入力欄に足りなくなっていたら、金額の一番少ないのを雑費にしてしまうか、消耗品費と事務用品費を合算して入力したであろう。

(明日につづく)

2006.01.18 Wed


開業206日目 青色申告決算書作成3

(昨日のつづき)

減価償却費で今年度関係あるのが、建物附属設備と開業費である繰延資産。

建物附属設備は、「開業181日目 固定資産(減価償却)管理」にあるソフトの一覧表から転記するだけなので簡単。

減価償却費(資産の種類の選択) のページ下の方にある、「減価償却費を計算済の方」という所から、合計金額を入力しても良い。

しかし、別途印刷して添付は煩わしい。入力する手間と別紙を添付する作業(添付忘れの恐れ)を計りにかけ、私は種類を選んで入力したしだい。

開業費は、今年度は償却しないことにした。

同じように入力しようと思ったが、0(ゼロ)は計上できないので、「本年中における特殊事情」に「今年度開業費は償却しない」と入力した。(追記;後日、個人事業は減価償却は強制と知り訂正した。)

給料賃金は給与台帳を見ながら入力したが、会計ソフトの給与残高(累計)と合計が合わない。

原因を調べると、会計ソフトの方で雇用保険と源泉税の預り金を入力していなかったことがわかった。

12月の預り金の仕訳をして、給与残高が賃金台帳と一致。この項目もOKと。

利子割引料は公庫への利息しかないので、「利子割引料(金融機関分)の入力」欄に期末残高だけを入力すれば良いので簡単だ。

地代家賃は住所、氏名、物件名を入力。

本年中の賃借料・権利金等の欄は、権の欄に支払った保証金の金額。

賃料の欄には地代家賃勘定の期末残高を入力。

左の賃借料のうち必要経費算入額は、保証金が償却確定にはなっていないため、賃料の欄と同じ金額を入力。

青色申告特別控除前の所得金額が、会計ソフトの損益と合ったので入力データを保存してつづきは後日。


減価償却の金額について調べていたら「八戸青色申告会(減価償却費と償却限度額)」さんのブログを発見。減価償却が任意?という部分が気になって見たのだが…。

2006.01.19 Thu


開業207日目 確定申告書が届いた

「所得税の確定申告書」が届いた。

まずは封筒を拝見。情報が満載だ。税務署が最も伝えたいことが書かれていると言っても良いかもしれない。

平成17年度分の所得税の主な改正事項。国税庁のサイトで申告書が作れること。そして、税理士会が行う小規模納税者対象の無料申告相談開催日程。

私が住んでいる税務署では、3月1日から土日を除く1週間ほど、3ヶ所で10:00〜16:00で行われるようだ。

ちなみに一部の税務署では、日曜日も相談受付があるらしい。

後は、所得税の申告納税締切が3月15日(水)であること。納税の口座振替。国税電子申告(e−Tax)。

また、東京駅など大きなターミナル駅では、還付申告所の書き方アドバイスをやるようだ。

中身は、誰でも利用できる確定申告書Bが入っている。3枚複写になっていて、住民税、事業税の申告も出来るようだ。

この申告書には住所、氏名、電話番号、整理番号等が印字されていた。

後は、確定申告専用の納付書、手引き、返信封筒。

申告書を眺めると、各項目で色分けされている。

この色は手引きの各項目と対になっていて、自分が向き合っている項目はどのページを見れば良いのか分かるようになっているのだろう。

郵送された申告書を使うにしろ、サイトで申告書を作成するにしろ、手引きの大きな項目にざっと目を通した方が良いと思った。

自分に関係ありそうな項目を発見し、節税に繋がるかもしれないからだ。


確定申告が面倒だ〜という意見が多い中、「GRASS HOPPER(確定申告)」さんのブログでは、営業行動を振り返るいい機会と仰っている。どうせやるならプラス思考でやりたいものだ。


2006.01.20 Fri


開業208日目 振替納税

(昨日のつづき)

手引きの最後の方に、振替納税の申込書がついていた。

所得税や消費税の納付ができるということか。

記入押印し、申告書と一緒に税務署に提出するか、金融機関へ提出すれば良いとある。

しかし、何日までに提出すれば今期の納税に間に合うのか書いていない。

口座振替をするつもりで納税しないでいたら手続きに手間取り、納税期日が過ぎていたなんて場合はどうなるのだろうと思ってしまった。

まぁ、早く提出すれば杞憂なのかもしれないが。

あ、手引きの表紙に振替納税利用者は、4月20日(木)が振替日と書いてある。

振替依頼書に不備がなければ間に合うスケジュールのようだな。

ちなみに、振替依頼を確実にするには、振替依頼書を金融機関窓口に持って行って手続きをすることだ。

そして口座振替手続き済みであることを税務署に告げれば良いはず。

それから納税振替は、申告する税務署が変わると再度振替依頼が必要になる。

申告する税務署が変わることは少ないと思うが、住民税の納付で引っ越すたびに振替依頼書を書いた覚えがある。これと同じってことだな。

そうか…。口座振替にすると、1ヶ月強納付期限が延びるのか。

納税金額が多かったり、資金繰りが厳しい会社には、大きな違いかも。

納税に関する記事で「とみの業務日記」さんのブログを見つけた。消費税納付スケジュールと振替の注意点は必見。

2006.01.21 Sat


開業209日目 青色申告決算書作成4

「青色申告決算書」作成の続きである。

お気に入り登録しておいた「確定申告書作成コーナー」のページから再び、「青色申告決算書・収支内訳書」をクリック。

次画面で「決算書・収支内訳書データ読込」をクリック。

参照ボタンを押してデスクトップに保存していたデータ選び、保存データ読込をクリック。

数十秒待っていると画面が表示された。

データありになっている帳票名をクリックしたら、「ページを表示できません」になった。

がーん…そんなはずは…と気を落ち着けて、その画面で右クリックし「前にもどる」。

深呼吸をひとつして、もう一度帳票名をクリック。

今度はちゃんと損益計算書が表示された!もぉ焦らすなよぉ…。

ま、ちゃんとデータが表示されたので許してやろう。

もう一度会計ソフトの当期未処分利益と「青色申告特別控除前の所得金額」が合っているか確認。

う〜ん…これしか儲かっていないのか。

月収換算すると、まだ雇われていた方が良かったと言える金額だ。

あれ?そうか、決算書の作成が終わったのだから、「次へ」をクリックだ。

「青色申告特別控除」の画面で、65万円を選択。

「当コーナーで貸借対照表を作成しますか? 」では「作成する」を選んだ。

入力する手間はかかるが、独自のものを提出するよりは、受け手が推奨する手段を選んだ方が、スムーズにことが運ぶという経験則からの選択である。

次の画面では、65万円の控除を受けるのであるから当然「はい」をクリック。

次は「貸借対照表(一般用)」だ。

開業初年度なので、期首は何も入力せず、期末は残高試算表を見ながら入力。

当然会計ソフトの資産合計と一致。

ここでお約束のデータ保存。まめな保存が自分の時間を守るのだ。

(明日へつづく)


Begin it Now(年末とお金と納税)」さんのブログで、貸借が一致していなくても税務署に通る?なんて記事を発見。ちょっと驚きの世界。


2006.01.22 Sun



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について